10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:OL

OL 300万円 低収入 1,000万円



どうも夫です。
お金を貯めるということは本当に難しいことです。ただ、貯金することの理屈は頭では理解できているんです。要するに出て行くお金を入ってくるお金より少なくすればいいだけなんですよね。
そんな簡単なことなのに何故かできない“貯金”ですが、今回は年収300万円と低収入なのに1,000万円もの貯金に成功している我が社OLかおりさん(仮名)にお話を聞いてみました。

自動積立は必ずやるべきこと


同僚の相談をよく受けていて職場でもお金に詳しいと評判のかおりさん。今回は職場で話を聞く内容ではないので、かおりさんには“資産運用のことで相談したい”と言って夕飯につき合ってもらうことに。あとはお金とのつきあい方を暴くのみです…


夫: いやぁ、ごめんね。つき合ってもらって…
かおり:いえ、いいんです。夕飯ご馳走してもらえるから。
夫:いっぱい聞きたいことあるから早速本題に入らせてもらうね。
か:はい。

夫:夏のボーナスも入ったからどこかいい預け先でもないかなぁって思ってさ。
か:えー、今なんてどこにも預けられる所ないですよ。預けてもあんな金利じゃ労力がムダになる気がして。。。私は基本的に貯蓄口座に入れっぱなしです。
夫:その貯蓄口座って普通口座と連動してるような口座?定期預金とかじゃないんだよね?
か:そうですね。毎月自動積立しているんでその口座です。
夫:おぉ、やっぱり自動積立をやってるんだね。
か:そうですよ。そうじゃないとお金なんて貯まりませんもん。


やっぱりそうか。自動積立は当り前のようにやっているんだな。ボクも就職直後に始めた毎月5万円の自動積立。もう20年以上継続してるんだよな…

コツコツ貯金が資産形成の基本姿勢


夫:そういえば、かおりさんは1,000万円持ってるって聞いたけど…
か:やだぁ~、誰が言ってるんですか??確かに持ってますけど。。。
夫:素直に認めるんだね(笑)
か:隠しても仕方ないですしね。給料低いのにガンバったし。

夫:そうそう。そこなんだよ。うちの給料って安いでしょ。なのにすごいなぁって。なんか秘訣でもあるの?
か:秘訣なんてないですよ。コツコツ貯めるしかないんですよ、貯金なんて。
夫:やっぱそうか。簡単に貯める方法でもあるのかと思って期待したんだけど…
か:毎月3万円とボーナス40万円で年間76万円を10年間コツコツコツコツ。
夫:10年間ねぇ。
か:はい。


かおりさんは30歳。短大卒業後いまの会社へ入社して10年間。ずっと自動積立とボーナス貯金をしてたんだね。そりゃ、1,000万円という大台を達成したら誰かに話したくもなるよな。
ん?待てよ。76万円×10年だと760万円にしかならないよな。


夫:ねぇねぇ。コツコツ貯金以外に何かしたの?数字が合わないからさ
か:さすが、計算が早いですね。実は…
夫:おぉぉぉぉぉぉぉぉ!



---------------

独身OLかおりさんは30歳にして1,000万円の金融資産所有者でした。そして、その基礎となる貯金は入社以来毎月コツコツ貯めたもの。「決して貯金は楽なことではない」とかおりさんは断言します。しかし、このあとかおりさんの口から期待通りの面白い話が聞けたので夕飯をご馳走しただけの元は回収した気になれました。かおりさんは残りの240万円をどうやって作ったのでしょうか…


中編へつづく



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

OL 1,000万円 資産形成 資産運用 投資



前編からのつづき


年収300万円のOLが1,000万円を貯めるだけでも尊敬できることですが、やっぱりこの人はすごかった。コツコツ貯金以外で手に入れた方法は資産運用でした。堅実に利益を出している人がこんな身近にいるとは…。がっちり聞き出してやろうと思います。

まさかの外貨預金


夫:ねぇねぇ。コツコツ貯金以外に何かしたの?数字が合わないからさ
か:さすが、計算が早いですね。実は…
夫:おぉぉぉぉぉぉぉぉ!

か:ちょっと!大声出さないでくださいよ!みんなこっち見てるじゃないですか!
夫:いやぁ、ごめんごめん。しかし、外貨預金だなんて。資産運用ばっちりやってるんだね。
か:資産運用というか、一時期、銀行が外貨預金をすごくPRしてた時期があるじゃないですか。あの時にちょっと興味があって、手元の300万円をUSドルに預けてたんです。
夫:その頃ってすごく円高で1ドル80円台くらいじゃなかった?
か:私が預けたレートが83円でした。預けた時はもっと円高になっちゃって焦りましたけど…
夫:確かにね。そのあと東日本大震災とかがあって一気に70円台までいっちゃったんだっけ。
か:そうなんです。300万円を83円でUSドルに換えたから36,000ドル強。それが75円くらいになったんですから、いきなり30万円の含み損なんですよね。泣きそうになりましたよ。
夫:だよね~。でも今では逆に儲かってるんでしょ?
か:もう円に戻しちゃったんです。120円の時に。
夫:120円?こりゃまた上手いタイミングで円買いするんだね。
か:300万円が430万円くらいになっちゃって。ビックリしました…


「ビックリしました」ってこっちのセリフだよ。5年くらい前の話だから当時の彼女は380万円くらいしか貯金できてない計算になるんだよな。その状態で300万円を外貨預金とはすごい投資センスだな。そりゃ、含み損状態になると泣きそうにもなるよね。

アベノミクスで大儲け


夫:でもさ、まだ他にもやってんでしょ?
か:えぇ。
夫:何やって儲けてるか教えてよ!
か:ちょっとやめてくださいよ、儲けてるだなんて。ですよ。まぁ、正確に言うと日経平均といいますか…
夫:ん?ナニソレ?
か:ほら、民主党政権が終わってアベノミクスが始まった時って何でもかんでも上がっていったじゃないですか。その時に「あっ、これチャンスだな」って思ったんです。
夫:あの景気が冷え冷えの時に“これチャンスだな”って思えたんだ?
か:そうです。政権替わった瞬間になんかマーケットの雰囲気がガラっと変わりましたから。
夫:そんなの感じることできるの?
か:ふふふ。そのときは感じたんですよ、何故か。それで、株を買おうと思ったんですがどれを買ったら良いか分からなかったんです。で、色々調べたら『日経レバレッジ指数ETF』っていうのがあるのを知って、それを買ったんです。
夫:日経レバレッジ指数いーてぃーえふ??
か:どうも投資信託らしいんですが、詳しくは知りません。ただ、日経平均株価と連動した値動きする銘柄で株と同じように証券会社で買えるんですよ。
夫:個別銘柄を決められないから日経平均全体を買うって発想がすごいな。どのくらい儲かったのよ?
か:すごい直球ですね(笑)。120万円が240万円です。
夫:マジか…


この女、大人しそうな顔してやってること半端ないな。投入する金額が恐ろしすぎるね。アベノミクスって2013年だろ。2011年に380万円のうちの300万円を外貨預金に投資して、その2年後にまた120万円投資してるんだからね。手元資金に現金って100万円ちょっとしか残さないで積極的に投資してるわけだね。良い度胸してるというか、無謀というか…。これから先の投資はどう考えているのか気になるなぁ。



後編へつづく



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

OL 1,000万円 資産運用 資産形成 投資 配当



中編からのつづき


OLかおりさんが1,000万円を築いたのは“コツコツ貯金”“積極投資”でした。その財を成した経緯は判明しましたが、ボクがより興味があるのが“これから”のこと。これから先、かおりさんはどうやって資産形成していこうと思っているのだろうか。

株式投資は配当狙い


夫:ということは、今は投資してないの?
か:え、やってますよ。「NTT」「武田薬品工業」「みずほ銀行」の株で500万円くらい。
夫:すごいね。500万円って貯金の半分だよね。大丈夫なの?
か:株価の上げ下げはありますけど、売らなければいいわけですし、年間配当も3%強ありますからね。
夫:3%か。500万円で年間15万円。大きいね。
か:はい。できればあと200万円くらい増やして、1ヶ月分の給料を配当でもらえるようにしたいんです。
夫:なるほどなぁ。その投資で負けないかおりさん独自の理論ってあるの?
か:そんなの簡単ですよ。安い時に買うだけです(笑)
夫:それが分からないからボクは困ってるんだよ。もっとヒントくれよ
か:う~ん。世の中の雰囲気かな…
夫:ダメだこりゃ。


純粋にこの子は投資センスがあるってことなのかな。“今が安い”って分かることができれば一番簡単なんだけど、そんなの分かったら苦労しないんだよね。ただ確かに、アベノミクスの始まりの時はマスコミも景気好転を騒ぎ出したし、1ドル70円台になった時もさすがに円高すぎだろって声が多かった…。そんな何気ない情報をしっかり感じ取れるかどうかが分かれ目なんだろうね。

運用目標は利回り3%


夫:ところで、かおりさんの目指すところはどこなの?
か:ん?まずは結婚です。
夫:あっ、ごめん。そうなんだろうけど、お金に関してのゴールってことで…
か:え~。そんなの分かりませんよ。私、結婚したいし、結婚したら子供も欲しいし、マイホームも欲しいし、お金に困らない老後も過ごしたいし…
夫:そりゃ、そうだ。結婚するかしないか、子供いるかいないかで必要なお金なんて全然違うもんね。
か:そうなんですよ。ただ現時点で言えることは、お金に関してムダなことはしたくないってことです。だから、色々調べてローリスク・ハイリターンを狙ってるんです。
夫:いい言葉だね。ローリスク・ハイリターン。
か:私は毎月の生活は13万円の定額なんです。で、貯金も毎月3万円。毎月のリズムは就職して依頼一切変わってないんです。給料もほとんど上がってないんでリズムも変わりませんし。。。
夫:ははは。リズムが変わらないからつまらないかもしれないけど、貯金のリズムも変わらないから計画が立てやすいよね。
か:そうですね。私の生活費は13万円。その半年分の78万円を最低でも流動性の高い普通預金に確保して、それ以外は目標利回り3%で運用することを目指しています。なので、まだまだ運用していかなくちゃって考えています。


ちゃんと目標利回りを決めて運用しているところは素晴らしい。3%で運用できれば24年で資金が2倍になりますからね。目標利回りを設定できればどうやってその数字に近づけるかって考えるだけ。株式投資でも投資信託でもそれ以外の投資でもですね。何事も目安ができれば達成しやすくなりますからね。


---------------

いかがでしたか。
年収300万円の30歳独身OLのかおりさんは貯金1,000万円を達成してもなお、貯金スピードを落とすことなく堅実な貯蓄ライフを送っています。お世辞にも高収入とは言えないかおりさんでも貯金のマイルールを徹底・継続することで1,000万円という大金を30歳にして所有しているわけです。貯金は“ダイエット”と同じ感覚だと言われますが、立てた計画を粛々と継続する強い意志さえあれば必ず貯金ができるということです。キーワードは“継続”ですね。ボクも気を緩めず老後まで走り続けたいと思います。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ