10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:MVNO

77b5882897453fa8ae2eab9c4f803037_s

こんにちは☆のっち☆です。
世知辛い現代では「住宅手当」「地域手当」といった住居費を補助する制度は徐々に廃止されてきています。みなさんがお勤めの会社はいかがですか?
今回は『借上げ社宅制度』によって生活を作ってきた夫婦がその制度の改定を受けてからの苦悩をお話にさせていただきます。

借上げ社宅制度で生活も充実


僕はやまだ(仮名)、32歳。商社に勤める営業マン。我が社は中堅ではあるものの日本全国に支店がある総合商社。僕ら営業マンは5年周期で転勤が命じられる。妻とは5年前に社内結婚して、現在は専業主婦。転勤については社内に在籍していたこともあり妻も理解している。就職活動していた頃は転勤のある大企業に憧れていたものだが、いざ入社してみると転勤のない地域密着型の企業が羨ましくなってしまう。人間というのはわがままなものだ…

しかし、我が社は転勤が多いため住宅手当制度は充実している。転勤者には基本的に“借上げ社宅制度”が適用され、独身では6万円、所帯持ちでは10万円までの枠で会社が負担してくれる。給料自体は全国平均と比べて低いとは思うが、リアル年収という概念で考えると相当恵まれた制度だ。年収500万円のシングルインカムだけど毎年100万円くらいはしっかり貯蓄もできる。以下が我が家の毎月の収支。

[家族]
32歳(正社員)
30歳(専業主婦)
マイカー

[収入]
給料(手取り)
260,000円

[支出]
住居費(自己負担分)
20,000円
食費
30,000円
水道光熱費
20,000円
雑費
10,000円
外食費
20,000円
通信費
20,000円
小遣い(夫)
40,000円
小遣い(妻)
20,000円
保険
20,000円
貯金
60,000円


幸せな家族に子供が生まれる


生活も安定していることもあって、妻から「子供がほしい」と嬉しい要望があった。金銭的にも精神的にもやっぱり妻が子供欲しいと思う気持ちがなければ中々実行には移せない。我が家にも新しい家族を迎える環境が整ったようだ。

…そして、1年後。無事に愛おしい娘が生まれた。生活費で多少の出費はあるものの、彼女が我が家に来てくれた幸せには変えられない。また、学資保険もしっかり入れておこうと17歳満期300万円に加入した。ボーナスからの補てんも行い年間貯蓄は100万円を維持する。

[家族]
33歳(正社員)
31歳(専業主婦)
0歳
マイカー

[収入]
給料(手取り)
265,000円
児童手当
15,000円

[支出]
住居費(自己負担分)
20,000円
食費
40,000円
水道光熱費
25,000円
雑費
10,000円
おむつ・ミルク
10,000円
外食費
20,000円
通信費
20,000円
小遣い(夫)
40,000円
小遣い(妻)
20,000円
保険
35,000円
貯金
40,000円


借上げ社宅制度の危機


円高の煽りを受け景気が低迷して、当社の業績も厳しくなってきた。。。
先日、可愛がってくれている役員と夕食を摂る機会があり、その時に「業績低迷で現場社員に影響のある施策の検討はされていますか?」と聞いてみた。すると、「借上げ社宅制度の見直しが出ているよ」とのこと。
「えぇ!それってマズいじゃないですか。そこを減額されると生活が行き詰まってしまいますよ」と精一杯の抵抗はしたものの、役員からは「社員からはそんな声が多く上がるだろうが背に腹は代えられない。会社の存続が無ければ、借上げ社宅制度どころの話じゃ無くなるからね」とのことだった。

っ!…ヤバイ!そこをイジられるとマジでヤバイ。
確かにこんな恵まれた制度は同業他社を見てもあまり無いことは全社員が知っていた。だから、労使交渉のときも「借上げ社宅制度」については敢えて触れてこなかったらしい。実際の減額はどのくらいなのだろうか…

社宅制度改定を見据えた家計改善


あれから数ヶ月経つが、会社からはまだ何の通達も発表されない。めちゃくちゃ不安だ…
そんな中、家計管理を担当する妻から以下の内容で家計改善をすると提案があった。

住居費(自己負担分)
20,000円
食費
40,000円
水道光熱費
25,000円
雑費
5,000円
おむつ・ミルク
10,000円
外食費
10,000円
通信費
10,000円
小遣い(夫)
30,000円
小遣い(妻)
10,000円
保険
35,000円
貯金
85,000円


使途不明金の温床である“雑費”と“外食費”を半額に削減。“通信費”もMVNOへ切り替え大幅削減。さらに夫婦の小遣いを減額。
僕にとっては小遣いが減らされるのがなによりも痛いけど、これからあるであろう住居費負担を考えると仕方がない…

借上げ社宅制度の完全廃止が決定


役員から噂を聞いてから半年。ついに通達があった。それは「借上げ社宅制度廃止」だった。支店長含め支店メンバーからどよめきが起こる。
そりゃあそうだ。。。 この制度で生活してきた僕らにとっては10万円の減給を言い渡されたようなものだ。自己負担が数万円増える程度で制度自体の廃止は無いだろうって同僚とも話していたが、まさかの廃止とは… これで我が家も完全に赤字家計だ。

制度廃止について、会社からはこんな救済措置も発表された。
「現制度は今年度末をもって廃止とする。ただし、現時点での制度利用者には1年間を期限として継続する。また、再来年度以降は全社員対象に住宅手当2万円を支給する。」

制度廃止後2万円の手当… とりあえず、あと1年位は社宅制度を利用できるようだ。幸いにも先日の妻の家計改善によって制度廃止後も赤字家計にはならないだろう。最悪、制度廃止後はもっと家賃の安い物件へ引越しすれば大丈夫だろうし、家族旅行や大きな買い物で消費していたボーナスをしっかり貯蓄に回せれば年間100万円も十分に目指せるだろう。
制度廃止後の家計はこんな感じだろうか…

[収入]
給料(手取り)
265,000円
住宅手当
20,000円
児童手当
15,000円

[支出]
住居費
120,000円
食費
40,000円
水道光熱費
25,000円
雑費
5,000円
おむつ・ミルク
10,000円
外食費
10,000円
通信費
10,000円
小遣い(夫)
30,000円
小遣い(妻)
10,000円
保険
35,000円
貯金
5,000円



いかがでしたでしょうか。
今回は「借上げ社宅制度」という比較的多くの企業で採用されている制度に着目してお話にしてみましたが、会社によっては「車両費」に対して補助を出している企業も多くあります。あなたの家計の中で会社からの補助に頼った項目があるのであれば、補助が無くなった時のことも常に想定してマネープランを組み立てていきましょう。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

貯蓄体質 固定費削減


中編からのつづき


同じ収入でお金を捻り出す


妻の厳しい仕打ち以降は生活水準を下げることに本当に苦労した。50,000円→25,000円だから、毎日1,000円以下で生活しなければ金が尽きてしまう。しかも毎月の貯金は妻の口座へ貯まっていくから僕にはまったく自由がない… これはアイツもよく考えたもんだ。

それからというもの毎日のように考えた。どうにかならないか…
そして僕は気づいてしまったんだよ、たった一つの抜け道を。


それは、固定費をすべて僕担当にしていること。妻は分担表を作ったことで固定費を払っていれば僕がこれ以上無駄遣いできないことを知っている。だから、お金が余るはずがないと思い込んでいるんだよね。よし!徹底的に固定費削減をやってやる!

決意の固定費削減!39,500円を捻出


まず僕が目をつけたのは“駐車場代”。家からも10分離れていて20,000円なんだから、この徒歩10分圏内の駐車場を徹底的にリサーチした。すると結構あるもんだね、安い物件が次から次にでてきた。そして僕が決めたのは15,000円の駐車場。途中の道が少し狭いからという理由だけで5,000円も安いんだ。まずは5,000円ゲット

そして次は“通信費”。通信費の内訳は「携帯電話13,000円」「固定電話3,000円」「ネット4,000円」だ。このカテゴリーでは「携帯電話代」を削減する。
ただ一つネックなのが、僕と妻で同じ携帯電話会社を利用して家族間通話を無料にしているから、単純に僕だけMVNOへ変えてしまうと無料ではなくなるし、妻とともにMVNOにすると削減したことがバレてしまって僕のお金にならない。。。
考えた末にやったのは、既存の契約を通話のみの契約へ変更。ネット契約すら解除してしまうので僕のスマホはWiFiでしかネット通信できなくなる。でも、通話は可能なんだ。だから、家でスマホをイジっていても妻にはまったく気づかれない。だって、家では家WiFiでネット通信するからね。そして外でネットに繋げるにはオークションで買った中古のモバイルWiFiに格安SIMを挿入して利用するんだ。これで携帯電話代は「妻6,500円+僕1,000円+格安SIM1,000円」で8,500円まで節約できる。ここで4,500円ゲット

最後はやっぱり“ローン”。250万円のローン残の内訳は50万円が自動車。200万円がブランド品。そのブランド品を買うために組んだローンを今ではほとんど身に着けていないロレックスの時計を売って、幾つかの契約を精算しようかと思うんだ。
売ろうと考えている時計は「ロレックス デイトナ」。4年くらい前に80万くらいで買ったんだ。4年前だからローンは終わってるし、なによりも今、中国人の爆買いでロレックスの価格が急騰しているらしいんだよね。噂によると買値よりも高く売れるらしいから、早速、査定に出してみると110万円。なんと、買値から純粋に30万円も儲かってしまう。
もちろん迷わず売却してその110万円でローンの精算したところ、ローン残額が130万円へ減少した。毎月の返済も4万円程度へ縮小。ちょっと荒業だけどこれで30,000円ゲット

僕の生きる道…


鬼の形相の妻を見てから3ヶ月。僕が分担する固定費は随分と無駄のないものになった気がする。まぁ、まだ僕のローンは終わってないし、ブランド品を買いたい気持ちが日に日に増してきているからまた買っちゃうかもしれないけど…

一応これが実態家計。もちろん妻には内緒なんだけどね。

[収入]
あなた
250,000円
わたし
180,000円
430,000円

[支出]
家賃
100,000円
駐車場代
15,000円
水道光熱費
15,000円
食費
40,000円
雑費
10,000円
通信費
15,500円
ローン
40,000円
小遣い(夫)
64,500円
小遣い(妻)
30,000円
330,000円

あなた担当分
250,000円
わたし担当分
80,000円

[貯蓄]
わたし口座
100,000円



妻が知っているローン完済まであと2年9ヶ月。小遣い25,000円にプラスして約40,000円が上乗せになる。2年9ヶ月後にはローンが無くなることになるから、この上乗せ40,000円を内緒で手にすることもできなくなる。その間になんとかヘソクリを作ろう。順調にいけば130万円くらい貯まっている計算になる。妻の作った家計分担に従って粛々と計画を進めよう。それが僕の生きる道だね。



いかがでしたか。
優雅な独身貴族を過ごしていた矢先、幸せな結婚を迎え、以降は過酷な家計管理に晒されているK君。自分の与えられた範囲の中でお金の工面するK君は見事でした。やっぱり最後は“ヘソクリ”という発想になってしまったのが残念ですが、あれが家計へ還元できる意識があればボーナスも含めて年間200万円も目指せる家計になります。
ただ、今回K君が行なった思考回路は一般家庭でも通用するものでしたね。ぜひ皆さんも自分の家計に削減できる部分がないのか本気で検討されてはいかがでしょうか。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

節約 貯金 家計管理


こんにちは☆のっち☆です。
節約して貯金することって根気のいることですよね。宝くじに当たって大金を一気に手に入れることができれば何もツラい思いもしないで済むんですが、現実としてはなかなか可能性の低いお話ですよね。
今回は長くツラい資産形成の道のりを頑張らないで適当にやり過ごせる考え方をお伝えしようと思います。

何事も無理をしては続かない


何かを我慢して続けることはとても忍耐力が必要です。世間でよく耳にするのは「禁煙」「禁酒」「ダイエット」ですが、目標を達成する前に挫折してしまう人が非常に多いものですよね。それはなぜかというと、自分自身は「吸いたい…」「飲みたい…」「食べたい…」っていう欲求を無理矢理ねじ伏せて我慢するからです。

この心理は資産形成という長くてツラい道のりにおいても当てはまってしまいます。「○○が欲しい…」「もっと贅沢したい…」「海外旅行に行きたい…」など、お金を消費する行動は非常に多く、その欲求を抑えお金を貯めることを続けなくては資産形成なんてあり得ないからですね。

では、資産形成を成功させる人は禁煙、禁酒、ダイエットと同じように成功率は低いのでしょうか。。。
いえいえ、そんなことはありません。資産形成とそれ以外のものとでは決定的に違うものがあります。それは、お金を使う消費活動すべてを抑制するのではなく、メリハリのある消費活動にすればいいだけだからです。つまり、やり方によっては我慢するという感覚すら感じること無く節約や貯金ができるということですね。

そんな都合の良い方法なんてあるの??と思われるかもしれませんね。では具体的な方法をあげていきたいと思います。

がんばらない節約術


まずは“がんばらない節約術”を紹介します。

◯ クレジットカードの還元
お金を消費するときにクレジットカードを利用するだけですね。一般家庭でも年間10,000円~30,000円の還元を受けられますよ。
詳しくは以前の記事『クレジットカードでお金が生まれる考え方』へ

◯ 携帯電話をMVNOへ変更
多くの家庭で毎月10,000円以上を消費する携帯電話料金。使い勝手は大きく変わらないのに、料金を大幅削減できます。
詳しくは以前の記事『携帯電話代だけで毎月12,000円節約する方法』へ

◯ 住宅ローンの借り換え
マイナス金利で儲かった!わが家のお話』は少し参考になりますかね。契約を変更するだけで月々の返済額が大幅に減少します。うまく返済額を減らせても頑張っているのは金融機関だけですね。

がんばらない貯金術


そして“がんばらない貯金術”ですね。

◯ ボーナス全額貯金
ボーナスがある勤務先であれば、毎回のボーナスを全額貯金しましょう。毎月の給料ですべてを賄える家計管理を行えれば、ボーナスで貰えるお金は完全に余剰金です。ボーナスで年間100万円貰えれば、何もしないでも年間100万円の貯金が可能になります。我が家も“ボーナス=貯金するお金”ですよ。

◯ 生命保険貯金術
保険というのは不思議なもので、保険料を払うことが何故か消費活動に感じてしまいますよね。なので、貯金術にこの消費したと感じる感覚を上手に利用してしまいましょう。
要するに、貯蓄性保険に加入して保険という安心を手に入れると共に将来の貯蓄も手に入れるんです。我が家で加入しているのは払込み150万円で解約時期によっては200万円以上にもなるものです。消費したつもりが将来200万円以上の資産になっているわけですから、まったく頑張っていないですよね。

◯ 365日貯金
最後に意外なものですが“365日貯金”です。
ご存知の方も多いかと思いますが、1から365までの数字が書かれた表に従って、毎日該当数字の金額を貯金していくというものです。我が家でも夫婦で実施しましたが、これがまたストレスが少ないのなんのって。それなのに、1年後には66,795円も貯まるんです。ストレスも無くこれだけ貯まるんであれば文句なしですね!


いかがでしたでしょうか。
がんばらない節約・貯金術を紹介させていただきました。とても長い時間のかかる資産形成を成功させるコツはストレスを感じないように計画を実行することです。十人十色の手法はあると思いますが、一つの方法として紹介させていただきました。参考にしていただけると幸いです!




 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ