10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:FX

資産運用 株式投資 FX 仕組預金 メガバンク ポートフォリオ



どうも夫です。
最近、“資産運用”ってよく耳にしませんか? 銀行のトップページだったり、メールマガジンだったり…。それに対して「運用するような資産なんてないよ!」なんて思っている人も多いですよね。
そんな今回は「かなり手堅い資産運用」について書かせてもらおうと思います。

絶対オススメの資産運用の始めるタイミング


細かく言えば“普通預金”とか“定期預金”といった貯金するのに当り前に利用している銀行への預け入れも資産運用になるんですが、そんなことを言っていたらキリがないので、今回は『株式投資』『FX』『投資信託』『国債』『社債』『仕組預金』などのリスクの伴う金融商品を対象にお話をさせていただきますね。

これらのリスク商品は銀行の預金と違って、預けたお金(元本)が減ってしまうリスクを背負って比較的高いリターン(利益)を狙うものです。だからこそ、お金の運用には堅実な日本人はなかなか手を出せない人が多いんですが、勇気を出して市場へ参加することで比較的安全に資産運用をすることができるものなんですよね。
そこで重要なのが“資産運用を始めるタイミング”です。今回は一言で書かせてもらいますね。

100万円の余剰資金ができたら始めよう!

ボク的にはもうこの一言に尽きますね…
余剰資金としての100万円ができたら初めて資産運用というものを考えればいいと思います。逆に言ってしまえば、100万円の余剰資金も無いのであればリスク商品はヤメておきましょう。せっかくの貯金したお金が無くなってしまいますよ。

はじめての資産運用はコレ!


「最悪、このお金が無くなってしまってもなんとかなる」と諦めることができる純粋な余剰資金である100万円が作れたらいよいよ資産運用を始めましょう。

そんな100万円が作れたのがボクの場合は10年くらい前だったので、まだまだリスク商品でも比較的リスクの小さい商品が多かったんですよね。ボクが一番最初にやったのが『仕組預金』です。新生銀行の外貨建てのもので年利4.0%くらい付いていました。4.0%ですから、100万円預けて4万円です。まぁ、税金が引かれますから3万円強ですね。受け取ったときはとても嬉しかったのを覚えています。

しかし、現在ではそんな美味しい商品なんてありませんよね。必死に探しても1.0%も付きません。1年間預けて、しかも為替リスクも背負って1.0%なんてありえませんから、現在オススメするものは『株式投資(NISA)』です。
もう言っちゃいますけど、銘柄は『みずほ銀行』『三井住友銀行』『三菱東京UFJ銀行』のメガバンク銘柄でOKです。配当利回りで3.0%を超えていますし、この3行については潰れませんし、万が一潰れそうになっても潰れてしまうと国がおかしくなってしまうくらい影響が大きいために政府が必死に守るはずです(たぶん…)。

なので、今から資産運用を始める人は黙って株式口座を開設して、上記3行のどれかに100万円をブチ込んじゃいましょう。あとは半年に一度の配当金を受け取るだけです。もし株価が下がったとしても持ちっぱなしでいれば、今の水準くらいにはいつか戻ってくると想いますよ。
※投資判断は自己責任でお願いしますね。

100万円を繰り返す


家計管理を頑張っていると余剰資金の100万円がいくつかできてくるようになります。もちろんすべての余剰資金を株式投資では資産のバランスが崩れてしまいますから、資産構成(ポートフォリオ)をしっかり考えて「現金50%、投資30%、貯蓄型保険20%」などライフプランに合わせた配分で無駄なく資産運用すればいいと思います。

もし金融資産1000万円を持っていたとして上記のポートフォリオの場合、投資だけで運用益を出せたとしてもそれが3.0%で運用できれば、年間で9万円の運用益(1000万円×30%×3%)です。1000万円の金融資産で9万円作るわけですから利回りは0.9%です。つまり、ちょっとだけ勇気を出せば1.0%くらいの運用は簡単にできるということなんですよね。

ちなみにわが家は2.0%くらいです。元本保証の預け先が70%ほどを占めているのにもかかわらず、年間で30万円以上を受け取っています。



いかがでしたか。
「投資とかは怖いからやらない」って人、結構いますよね。ボクが今まで会ってきた人の中にも相当な割合で存在していました。そんな言葉を聞くたびに「あ~ぁ、もったいないなぁ」って思うんです。だって、どうせ銀行に預けて安心しているだけのお金をちょっとだけリスクのある株式へ替えるだけで3%もの配当が受け取れるんです。投資をしない理由がボクには分からないんですよね。
もちろんリスクはあります。過去のJAL株のように紙キレになる可能性もあります。ただ、そんな危険な銘柄に投資をしなければいいだけの話です。今だったら、メガバンク株がボクの中ではオススメですよ。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

副業 サラリーマン 株式 FX ブログ アフィリエイト



こんにちは☆のっち☆です。
サラリーマンのみなさんは年々、給料の手取り額が減って困っていたりしませんか?何を隠そうわが家においてもそんな状態に近年悩まれているんですよね。それは給料がほぼ横ばいで社会保険料の料率が上がっていたり、介護保険を徴収される40歳になってしまったり… 手取り額を減らす要因はたくさんあるんです。
どんなに本業を頑張っても手取りが下がっていくばかり、そんな中ちょっと考えてしまうのが「副業」ですよね。今回は副業解禁企業が増えつつある中でサラリーマンをしながら副業で稼ぐにはどんな副業がいいのかを考えてみました。

“副業”するとどのくらい稼げる!?


“副業”と言えば「リアルなバイト」「ポイントサイト」「株式・FX」「アフィリエイト」「オークション」など、本業の空いた時間を利用してバイトしたり、株式やFXに投資して儲けたり、与沢翼氏で一躍有名になったアフィリエイトで稼いだりといろいろな稼ぎ方がありますよね。以前、夫がつぶやいていたサラリーマン大家として不動産投資をすることも紛れもなく副業です。つまり本業の傍らもう一つの収入源を作ろうとすることが“副業”ということですよね。

そんな副業ですが、毎月5万円を稼ぐことができればすごく余裕ができると思いませんか?だって、今までなかった5万円が貰えるわけですから「あんなこともできる、こんなこともできる」って夢が膨らんでしまうわけですね。時給1000円のリアルバイトなら毎月50時間、週12時間程度働けば達成できますが、本業が大変な中でなかなかそんな時間を割くことは難しいですよね。かといって、投資で毎月5万円を稼ぐこともなかなか厳しいものです。実際にどのくらい副業で稼げるものなんでしょうか。

「ブログ運営」で毎月100万円!


副業の中でも私達と同じようにブログ運営をしている人が利用しているのが「アフィリエイト」です。ブログやサイトを立ち上げてそのページ内に広告を貼り付け、成果が上がると報奨金が貰えます。ブログやサイト以外でもYouTubeに動画を投稿してそこに広告を貼り付けることで収入を得ることもできます。最近ではピコ太郎の『PPAP』なんて相当稼いだことでしょうね。

実際にブログ運営をして毎月100万円ものお金を稼いでいる人もいます。SEO対策を駆使しアクセス数を稼ぎ、Google AdSenseを始めとする広告で収益化します。もうすごいですよね。このレベルになると本業と副業が逆転してしまっているんじゃないかと思います。

副業は個人事業として申告する必要がある


そんなサラリーマン副業ですが、サラリーマンという“本業“と何かしらの“副業“をしていた場合、副業の事業所得が20万円を超えると確定申告で申告する必要があります。年間20万円ですから毎月17000円くらい経費を差し引いて利益が出てしまうと申告の義務があるということですね。

しかも、この副業の利益に対する税金が意外と高いんですよ。これが感覚的には「所得税20%、住民税10%」って感じです。ただ、正確には以下のような本業と合わせた所得額で所得税が計算されて、さらに住民税は10%定額という計算になります。


課税される所得金額税率速算控除額
195万円以下
5%
0円
195万円超330万円以下
10%
97500円
330万円超695万円以下
20%
427500円
695万円超900万円以下
23%
636000円
900万円超1800万円以下
33%
1536000円
1800万円超
40%
2796000円



例えば、毎月100万円を副業で稼ぐ人で年間200万円を経費計上できたとして、1000万円は所得として申告しなければなりません。とすると、本業(課税所得450万円)と合わせると所得税率は33%になります。本業は給与から控除されているとして、副業分は330万円を別で収めなくてはいけません。さらに住民税で10%の100万円。1000万円を稼いでも430万円は税金で持っていかれ、残りの570万円(月50万円弱)が収入ということになります。
さらにこの税金の怖いところは“翌年に払う”ということ。つまり、個人事業は1月~12月の期間で集計して翌年3月に申告します。そして、4月~6月にかけて税金の請求がきますので、稼ぎが好調だった年の翌年の納税額をその年にしっかり取り置いておかないと多額の請求に対応できないということになります。稼いでいる時はイケイケになって納税のことを忘れがちになってしまいますが、準備ができていないと泡を食うことになりますから注意しましょうね。



いかがでしたか。
収入は多ければ多いほうが嬉しいものですが、稼ぎ過ぎてしまうのもなんだか割に合わない気がしてしまいますね。毎月100万円程度では起業するわけにもいきませんし、安定したサラリーマン業を投げ捨てるレベルでもないでしょうね。副業は副業、本業を優先しつつ収入を補填するような感覚でやるのがベストなんでしょうね。私も早くホドホドに稼げるようになりたいものです(笑)



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

アメリカ大統領選挙 クリントン トランプ 株価 為替



どうも夫です。
いよいよアメリカ大統領選の本選挙が火曜日(11月8日)に迫っていますね。
今回は最近の動向を踏まえて大儲けするチャンスなのでは?と考えているので記事にしてみますね。

アベノミクスの再来か!?


最終局面を迎えたアメリカ大統領選挙ですが、ココに来てクリントンさんのメール問題が再燃していますね。FBIが捜査に乗り出すとか…
そんなニュースが流れるまでは散々トランプさんを叩くようなニュースが連日流れていましたから、一気に空気が替わった感じがしますね。そして、この“空気が変わる”というのは為替や株式市場にすごく影響するものなんです。直近で起こったのは安倍さんが内閣総理大臣に就任して『アベノミクス』が始まった時です。それまでの民主党政権でどんなテコ入れをしても株式市場がピクリともしなかったのに、安倍内閣になった瞬間に株式市場が値上がりをはじめました。あの民主党政権から自民党政権へ切り替わる直前は国民の多くが分かっていたはずなんです、「自民党が勝つ」って。その「自民党が勝つ」っていうことを為替や株式市場とリンクして考えられていた人達は相当な額の利益を手に入れることができたんです。
つまり、今回のアメリカ大統領選挙も結果を予想してどちらかのポジションを取っておけば大儲けするチャンスがあるということですよね。

アメリカ大統領選挙はどっちが勝つの?


まぁ、こればかりは分かりませんよね。
ただ、勝者によって市場が反応するということだけのは分かっています。クリントンさんが勝てば『円安株高』。トランプさんが勝てば『円高株安』です。それを証明するように今回のクリントンさんのマイナス要因が出たここ数日は円高株安が急速に進んでいるわけですね。

ただ、直近の株価下落局面があったおかげで選挙の結果が出た瞬間に上にも下にも動ける余力ができたように感じます。つまり、結果を当てたら儲けられるということです。

このギャンブルにエントリーしようと思う


ということで、ボクもここで一発ギャンブルを打ってみようと思います。
理由は色々あるんですが、ボクの予想は「クリントンさんが勝つ!」です。ということで、『円安株高』です。

予想が決まったら“何に投資するか”なのですが、ここ最近の値動きでは「為替」はイマイチ値動きが小さいから反発も大きく見込めないのではと思っています。逆に、日経平均は大きく値下がっています。ということで、こんなときは『日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信(1570)』に限ります。とりあえず月曜日(7日)の様子を見ながら100万円程度の買いを入れようと考えています。

もしあなたがトランプさんが勝つと思うならFXで円買いをすればよいのではないでしょうか。また、株式の信用取引をされているのであれば『日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信(1570)』を空売りしても良いかもしれませんね。



結果がある程度予測できるのに市場の値動きが見込める今回のような局面は数年に一度です。ぜひ自己責任で一発勝負をされたらいかがでしょうか?



 予想が当たったらクリックをお願いします(笑)
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ