10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:DINKS

貯めどき DINKS 共働き 三大支出 貯金 ライフプラン



こんにちは☆のっち☆です。
以前、夫から聞いた話に「貯金をするには“貯めどき”というものをしっかり理解して行動しなくちゃダメなんだよ」というものがあります。みなさん、ご存知でした?
この“貯めどき”ですが、長い人生の中でたったの3回しか訪れないというので余計にビックリしたんですが、今回はそんな希少な“貯めどき”について書きたいと思います。

闇雲に貯金をしても疲れるだけ


貯金というものは毎月安定的に継続することが重要だって、以前の記事『貯金を失敗させる“3つのム”』でもご紹介しましたが、その継続する貯金にも“強弱”があるということなんですね。独身貴族の人であれば、ある特定の時期に集中して貯金する必要もありませんが、結婚・出産し、子育てをしていくご家庭の場合はそうもいきませんよね。

結婚当初は二人共働いていたけれど、出産を機に専業主婦になり、子供から手が離れるまでは改めて仕事に就くなんて難しい。もう少しで手が離せるかななんて思っている矢先に第二子ができるなんてことはよくある話です。

そんな若いご夫婦のご家庭では、ご主人が一生懸命に働き家計を支え、奥さんは子育てと家庭を守る担当にどうしてもなってしまいます。そんなシングルインカムでそれほど収入が多くもない時代に必死になって貯金をしようとしてもストレスでしかないわけですよね。

人生の三大支出(住居費、教育費、老後資金)を無計画に貯めようとしても、失敗してしまう確率が高いのでしっかりと“貯めどき”を理解して強弱をつけた貯金計画で貯める必要があるわけですね。

たった3回しかない“貯めどき”


ということで、とても重要な“貯めどき”をご紹介させていただきますね。その3回とは『DINKS期』『子供幼少期』『子供独立後』です。具体的に見ていきましょう。

◯ DINKS期
この時期はあきらかに“貯めどき”です。子供もいないし、夫婦二人で社員として共働きができる時期ですからね。ココが貯めどきだと知っているのと知らないのでは、将来の家計に大きな差が生まれます。このDINKS時期が過ぎ、出産期にはいると一気に家計が困窮します。多くのご家庭で結婚当初は夫婦で財布が別れていることも多く、家計管理が十分にできない傾向が強い時期です。この時期にしっかり貯金をするんだと認識しているご家庭は「勝ち組」です。

◯ 子供幼少期
次に訪れるのは子供の幼少期。具体的には小学生のときです。子供が保育園や幼稚園に通うようになって共働きを再会できたとしても、その時期は保育園代や幼稚園代などの子育て費用が予想以上にかかるものです。さらに、収入も時短勤務やパートなどの時間に制限のある働き方が中心になるので思ったほど家計的には残らない時期なんです。
その時期を耐えて小学校へ入学するようになると、まず教育費が一気に圧縮されます。また、学童保育などを利用することでしっかり働く時間を確保できるようになるんですね。つまり、この小学校に入学したタイミングが“第二次貯めどき”になります。

ただし、わが家のように一人っ子なら思った通りの貯金もできていくと思いますが、二人、三人と子供が増えていくとこの貯めどきは短くなったり、無くなってしまったりしてしまうんです。上の子が小学校へ入学したけど下の子がまだ幼稚園だとか、下の子はまだ小学生だけど上の子が中学生になったとかですね。もうこの辺はご家庭ごとのライフプラン表でしっかり見極めていく必要がありますよね。

◯ 子供独立後
そして、最後の“第三次貯めどき”は子育てが終わってから定年までの期間です。この時期をしっかり把握しておけば、第一次、第二次の貯めどきに貯金を作れなかったとしてもまだ挽回ができます。それは、子育てが終わることで教育費という長く険しい支出から開放されて家計に占めていた大きな支出が1つ無くなることと、親である自分たちもアラフィフですから年収もそこそこあること。支出が減って収入が大きいわけですから、本気を出せば一気に貯金を作ることができるんです。

ただ、この時期も子育てが終わるときの自分たちの年齢によって大きく異なってしまいます。「もし、子供が独立するのが定年後だったら…」近年では晩婚化が進んでいるので、将来的にはこんなご家庭も増えてくるでしょうね。その場合、この“第三次貯めどき”は無くなります。現役時代になんとか貯金できるように捻出しなくてはいけないということになります。



いかがでしたでしょうか。
子供がいる家庭を想定してお話をさせていただきましたが、もし子供がいないご家庭であれば現役時代はすべて“貯めどき”になります。DINKSを定年まで継続したとしたら貯金は億を超えていくことでしょうね。
一方、子供がいる家庭では自分たちの年齢と子供たちの年齢のバランスがとても大切です。二人、三人と子供がいるご家庭は夫婦の働き方を常に話し合って計画を立て、ライフプランと貯金計画をしっかりとリンクさせることが成功の秘訣です。コレに失敗すると老後破綻への道が一気に拓かれることになりますから肝に銘じていきましょうね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

住居費 マイホーム 持ち家派 賃貸派 人生設計



こんにちは☆のっち☆です。
住居費に関する永遠のテーマである「マイホームvs賃貸」。何度もお伝えしている通り、わが家はバリバリの持ち家派ですが、そんなわが家でも状況によっては賃貸派になっていたかもしれません。
今回は永遠のテーマ「マイホームvs賃貸」に私なりに答えを出してみようと思います。

「マイホームvs賃貸」の答えは?


このブログでよくある展開ですが、いきなりその答えを書いてみようと思います!その答えは…




『あなたの人生設計次第ですよ』

ということですね。
なんやねんそれ!とツッコまれそうな答えですが、もうこの答えはこれしかありません。

あなたがどんな人生を送りたいのか?
結婚はしたいのか?
子供は欲しいのか?何人欲しいのか?
マイカーは必要なのか?
老後に戻る実家はあるのか?


住居費をどうこう考える前に上記のような、あなたの人生を形成する要素を一つずつ考えていくことが結果的に「マイホームvs賃貸」の答えへと導いてくれます。

私の場合はこんな感じでした。

結婚はしている
子供は一人欲しい
マイカーは夫が手放さない
老後に戻る実家はある


この結果、マイホームを買ったんです。
その条件として、老後に戻る実家があるためその実家の土地にはない付加価値のある都市部の物件に限定して購入したんです。つまり、冒頭にお伝えした通りわが家の人生設計に基づいてマイホームを購入したということになります。

そんなこと言ってもどうしたらいいのかわからないよという方に以下のような目安をお届けしようと思います。

“子育て”を切り口に考えよう!


人生設計の中で重要な要素となる『子育て』を切り口に考える方法です。

◯ “子育て”するならマイホーム購入
子育てするならやっぱりマイホーム購入がオススメです。
だって、子供は騒ぐし、洗濯物もたくさん出るし、イタズラするしで親としては賃貸だとどうしてもストレスが溜まる環境になります。そんな中、マイホームであればある程度の騒音やイタズラも許容範囲に収まってきますよね。さらに、子育てには欠かせない教育環境も、賃貸住居のあるエリアよりも分譲不動産のあるエリアのほうが整っていることのほうが多いはずです。また、駐車場付き戸建てを購入すればマイカーを購入しても駐車場代がかからず、家族団らんの週末を過ごせますよね。
子育てというその土地に根ざした生活を送るには割高な賃貸よりもマイホームを購入したほうがメリットがあるのではないでしょうか。

◯ 独身 or DINKSなら賃貸
一方、そもそも結婚する気がなかったり、子供を作らない方針というDINKS夫婦にとってはマイホームを買わずに賃貸住宅がオススメです。
賃貸住宅の最大メリットは「いつでも好きな時に引っ越しができる」という点。独身貴族やDINKSにとっては取り巻く環境が変われば新しい環境に順応するために住まいも変えると効果的ですよね。生きている間ずっと住居費が必要になるといったデメリットもありますが、それ以上の気軽さや利便性を手に入れることができるのではないでしょうか。



いかがでしたでしょうか。
すべての人の永遠のテーマ「マイホームvs賃貸」に私の考えで結論付けしてみました。言ってしまえば『人生設計』さえできればどっちにするかは判断できるものです。まずは結婚、そして子供といった流れで思考をめぐらして生活をイメージしていければ自ずと答えが導かれてくるのではないでしょうか。
あなたは“持ち家派”“賃貸派”どちらになりましたか?



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

4773902915aa533845c609e9756d8cc9_s

どうも夫です。
老後までに3000万円の貯蓄が必要だと多くのサイトでは書かれていますし、ボク自身もその貯蓄額については賛成です。とはいうものの、闇雲に貯蓄していてはこの大きな金額を達成することは困難だと思います。
ということで、今回から2回に分けて共働き家庭の“三大貯蓄時期”に貯めておきたい金額を具体的に提示してみたいと思います。

人生における三大貯蓄時期とは


以前の記事『総資産3000万円までの道のり』でも書きましたが、子供あり世帯での三大貯蓄時期とは「出産前」「子供が中学生になるまで」「子供独立後、定年退職まで」になります。この3つの期間はどのご家庭も家計収支が黒字であり、生活に比較的余裕が作りやすい時期です。
逆に考えると、三大出費時期は「結婚」「子供が中学~大学」「定年後」になります。言い換えると“結婚式費用”“住居費”“教育費”“老後資金”というわけです。そして、この老後資金に金融資産で3000万円を用意したいですねということになります。

DINKS時代の貯蓄目標


DINKS(Dual Income No Kids)とは、共働きで子供をまだ持たない夫婦のことです。結婚直後は多くの夫婦がこの状態にあると思われます。後々の資産形成においても、この時期が非常に大切になります。
この時代はお互い若年であることから、収入はそれほど高くありません。しかし、消費活動も活発で貯蓄に気が回らない世帯が多いものです。また、新婚であることから付き合っていた状態のまま、お互いの財布は別々で家計管理が一元化できていないのも原因です。

一日も早く家計管理の意識を持ち、貯蓄へ意識を持った世帯が勝ち組です。
出産までに貯めておきたい金額は「600万円」です。

例えば、27歳で結婚、30歳で出産する場合、3年間がこの貯蓄時期になります。
夫婦合算収入が700万円としてその35%を貯蓄に回せるように家計管理しましょう。相当高い貯蓄割合ですが気合を入れて達成したいところです。計算上は700万円ほど貯まりますが、出産費用や出産準備にお金がかかりますから控除しています。

幼少期時代の貯蓄目標


続いて、子供が中学生になるまでの幼少期時代。
出産に伴い夫のシングルインカムとなった後、妻が復職して収入面も安定してくる時期です。私立小学校でも行かない限り教育費はまだ少額で済みます。この時期の努力が資産3000万円を狙えるかどうかの分かれ道になります。期間としては子供が3歳から共働きを再開し12歳までの9年間になりますが、子供が2人、3人となるとこの時期は短くなっていきます。目指す家族構成と共に検討する必要があります。
また、妻の復職については早ければ早いほうが家計には還元されますし、ボク自身、妻が専業主婦になるといった選択はなるべく避けるようにしたほうが妻自身、さらには家族みんなのためかと考えています。

子供が中学校入学までに貯めておきたい金額は「1000万円」です。
出産前とは違い、この時期は“住居費”などの大きな出費も発生します。マイホームを購入するのは子供が生まれてから小学校低学年の子を持つ家庭が多く、ちょうどこの第2回貯蓄時期となります。収入面も安定し子供を育てる環境を考える余裕が生まれる時期だからですね。

前述の夫婦が子供1人で復職した場合、30代半ば~40代前半がこの時期。共働きであれば世帯年収も700万円~1000万円あるかもしれません。ここでは、妻が契約社員で復職、年収200万円、夫年収500万円の世帯年収700万円で考えます。
年間20%の割合で貯蓄すると9年間で1260万円の貯蓄が目指せます。そして、マイホーム購入資金に800万円(物件3000万円、頭金20%:600万円、手数料・引越し:200万円)を使ったとしても400万円は残ります。DINKS時代の600万円と今回の400万円で1000万円ですね。

この幼少時期の貯蓄期間を過ぎると、教育費の荒波に一気に飲み込まれます。中学入学~大学卒業までの10年間は貯蓄がまったくできなくなる恐れもありますから、この第2回貯蓄時期の目標1000万円にはこだわる数字と認識しましょう!

次回は老後までのラストスパートです。


後編へつづく



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ