10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:3000万円

総資産 3000万円 4000万円 金融資産 不動産 



どうも夫です。
2018年1月でこのブログを始めてから2年が経過します。2年前に総資産3000万円だったわが家ですが、現在はどのような内訳になったのでしょうか。
ボク自身が振り返るためでもありますが、この2年間、興味を持ってご愛読いただいたみなさんにも公開しようと思います。

ブログ開始時の総資産は3050万円


2年前に「10年で総資産3000万円」というのがウソじゃないことをお伝えしたくて書いた記事『資産3000万円の詳細って知りたいですか…』は、当ブログ3本目の記事でした。今回改めて記事を読み返してみましたがとても淡白ですね。サラッと読める程度の情報量で、ボク自身としてもキライではないです…

とまぁ、自画自賛している場合じゃないですね(笑)
当時のわが家の総資産は3050万円でした。内訳は以下です。


金融資産1300万円
不動産(持ち家)1500万円
動産(マイカー)250万円



その後、2軒目のマイホームが欲しくなっていろいろ調べた時に『わが家の総資産が4000万円超になっていた話』でお伝えしたように不動産価格の上昇で総資産が4000万円を超えていることも判明。この記事を書いたのが2016年6月でした。

金融資産額が努力の証です


不動産価値によって総資産が上振れすることはありますが、逆に下振れすることもありますよね。しかも、不動産というものは金額的に振れ幅が大きいわけですから、あまりその数字に惑わされないようにしなくてはいけません。

つまり、大切なのは金融資産がどのくらい増えているのかという点ですから、その視点でわが家の金融資産を振り返ってみますね。


2016年1月1300万円
2016年6月1400万円
2017年12月1800万円



いやぁ、我ながらよく頑張っているなと思います。子供を毎月4万円の学習塾に通わせながら2年で500万円の金融資産を貯めることができたんですからね。ここまで結果を残せるノウハウは過去記事で包み隠さずすべてをお伝えしていますからぜひご一読ください。。。

不動産と動産価値は概算で…


大本命の金融資産は順調に増えていることが分かりましたが、当ブログの主旨である“総資産”をここでは算出してみたいと思います。

“総資産”と言っても要は「不動産」と「動産」の価値を算出して、先ほどの金融資産にプラスすれば現時点でのわが家の総資産が具体的な数字で判明するということですね。

では、早速…

まずは「動産」であるボクの愛車ベンツの価値からいきましょう。
具体的な査定額を知りたいところですが、コレばかりは売ってみないと分からないので販売されている市場価格の半額で考えてみようかと… そうだとすると、中古車市場では愛車は大体260万円で売られています。なので130万円ということで考えますね。
厳密に言うと、ボクとか妻とかが所有している貴金属も動産ですが価値としてはいくらにもならないと思いますので除外させていただきました。

そして一番重要な「不動産」です。
こちらも売ってみないと分からないわけですが、近所で同規模の売買実績から算出することができます。今から半年ほど前にわが家から200mほど離れた同規模・同年代の中古物件が売り出されたんですがその価格が4980万円。約3週間で売れていました。そして、同規模の新築物件では5980~6480万円というのが最近の相場になっています… なので、ボクの勝手な算出額としては4580万円。と言いたいところですが、謙遜させていただいて4000万円とさせていただきますね。そこから住宅ローンの残額の1800万円を差し引いて「不動産」としては2200万円になります。

これによって、わが家のすべての財産である「金融資産」「動産」「不動産」を算出できましたのでこれらを足して総資産を算出してみようと思います。


1800万円+130万円+2200万円=4130万円



いかがでしたか。
「10年で総資産3000万円超」というタイトルを付けてブログを始めて2年。わが家の総資産は4000万円超になることができたので「12年で総資産4000万円超」というタイトルに変えたいところですが、そこは大人の事情で現状維持にさせてもらいます(笑)
今回はわが家の総資産について公開記事にさせていただきました。ぜひ次回も楽しみにしてくださいね!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

老後 人生100年時代 老後資金 年金 3000万円 住居費



どうも夫です。
先日書かせてもらった記事『本当にマスコミってロクな書き方をしない』の続きで今回も書いてみようと思います。「人生100年時代」というのはマスコミが作った客寄せ言葉だとしても実際に100歳まで生きる人も中には必ずいると思いますが、世間一般的には何歳くらいまでの老後を想定しておく必要があるのでしょうか。
そんな考えても答えのないこのテーマを少し調べてみようと思います。

日本人の平均寿命


厚生労働省が調べた結果の「生命表」というものをみると平成27年の調査では、[男性:80.75歳][女性:86.99歳]ということになっています。少し前までは「80歳以上生きるのは女だけで、男は70歳代で死ぬんだな」ってボクは思っていたんですが、改めて調べてみると男性も80年以上の人生を生きる必要があるのが分かってしまいました。

ボクが以前から気にしているのは、この平均寿命って死亡する年齢ですから健康的な平均寿命ではないんですよね。そこで“健康寿命”をキーワードにして検索してみたら、厚生労働省の資料がヒットしました。その資料がコチラ


健康寿命


少し古い情報でしたが、その資料を見ると健康的な寿命は[男性:70.42歳][女性:73.62歳]だというのです。健康でなくなってから亡くなるまでに10年以上も生きているということが分かってしまいますね。

70歳までの健康老後と残り10年の不健康老後


健康寿命は70歳までとなると、65歳まで雇用延長して働いたとしてたったの5年しかないということですね。ボクなんて、現役時代にある程度節約して資金を蓄えてから老後に妻と一緒に楽しい生活を送ろうって思っているのに、その期間がたったの5年しかないとなるとなんだか幻滅してしまいます。どうなるか分からないその5年のために今を犠牲にしていいものなのでしょうか…

そして、その後に待ち構えている“不健康老後”。これって程度にもよると思いますが、上記の資料内での定義は「日常生活に制限のない期間」となっていますので、何かしらの制限を受けて生活をしなくてはいけないということですね。制限を受けるということは、一人で自由に動ける範囲も制限されてしまうでしょうから、旅行を楽しむのもなかなか難しいのかもしれませんよね。まだ動ければいいですが、寝たきりになんてなってしまったら…。考えると怖くなってしまいます。

老後資金はどう考えればいいのか


そんな老後生活ですが、せめてお金の面で苦労したくないという思いがあって“定年までに3000万円”という目標をボクは掲げているんです。以前の記事『老後を安心できる貯蓄額なんてないんですよ』でも書きましたが、何が起きるか分からない将来に備えるための安心できる貯蓄額なんて誰にも分かりません。だからこそ、少し高めの3000万円という金額を目標にして今を頑張るんです。

3000万円という貯蓄と年金があれば、それ以外の社会保険の制度によってある程度は守ってもらえるんじゃないかと思っているんです。今回テーマにした「健康」において一番心配な医療費も“高額医療費制度”があるので上限は決まっています。将来、多少の制度変更が行われるかもしれませんが、今後高齢化社会になるのに完全に無くなるようなことはないんじゃないかと考えています。

住居費、食費、水道光熱費、通信費、医療費を支払っていくのに年金だけでは足りないかもしれませんが、その補填として3000万円の貯金があればある程度は大丈夫なんじゃないかと漠然と考えているわけです。ただ、こちらも以前の記事『老後の家計は住居費できまる!失敗しない老後住居費対策』で書きましたが、住居費は老後において大きな負担になりますからそこについてはしっかり考えて対策を打つべきだと思いますよ。



いかがですか。
いきなり「人生100年時代」といわれても実感は沸かないし、マスコミに言われるがまま思い込んでしまうのも怖いものです。そんなことで今回調べてみましたが、やっぱり老後生活に一番影響をあたえるのはお金ではなく健康です。普段から健康に注意して、食事や運動を心がけて生活することが大切かもしれませんね。若いうちに無理することが将来の自分に必ず返ってきますから、将来、後悔しないように自己管理をしっかりしましょうね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

金融資産 10年 3000万円 1500万円 共働き キャッシュフロー表



どうも夫です。
このブログのタイトル通り、わが家では10年で総資産3000万円を作ることができました。しかもそれはこのブログを始めた2016年1月なので、今から約1年9ヶ月も前の話です。そして今回、改めてわが家のキャッシュフロー表を眺めていて自ら感心したことが、金融資産だけでもこの10年で1500万円を超える貯蓄ができていたこと。
今回はどんな10年だったかを振り返りつつ、1500万円を貯めることができた家計管理のポイントを考えてみようと思います。

直近10年の金融資産推移


早速ですが、わが家がキャッシュフロー表を使って本格的に家計管理を始めたのが11年前の2006年で、子供が生まれた翌年になります。そしてその年末の貯蓄額は僅か100万円でした。それまでダブルインカムだったのが子供が生まれてシングルインカムへと変わり家計が圧迫を受けたのがきっかけで家計管理をスタートさせたという状況ですね。ここまではよくある一般的な流れですね。


1年目(2006年)
100万円
2年目(2007年)
243万円
3年目(2008年)
425万円
4年目(2009年)
543万円
5年目(2010年)
758万円
6年目(2011年)
953万円
7年目(2012年)
930万円
8年目(2013年)
1039万円
9年目(2014年)
1027万円
10年目(2015年)
1315万円
11年目(2016年)
1540万円


こうやって表にして気づいたことが、11年かかっているということですね(笑)
ずーっと10年だと思いこんでいましたが、1500万円の金融資産を作るのに11年かかってました…。失礼しました。

直近10年のライフイベント


上記のような貯蓄額だけ見ているのでは何も参考にはなりませんよね。
なので、わが家のライフイベントを併記してみますね。


1年目
100万円
※出産育児のためシングルインカム
2年目
243万円
※妻、復職しダブルインカムへ
3年目
425万円
※住宅ローン一部繰上げ返済
4年目
543万円
5年目
758万円
※妻、より高待遇の仕事へ転職
6年目
953万円
7年目
930万円
※初代ベンツ購入
8年目
1039万円
※住宅ローン一部繰上げ返済
9年目
1027万円
※2代目ベンツへ乗り換え
10年目
1315万円
11年目
1540万円


わが家は家計管理を始める数年前にマイホームを勢いで買っていますので、出だしの貯蓄額が極端に少ないのですが、それ以降は妻の復職が早いタイミングで成功しているのでシングルインカムの時代を最小限に抑えられました。
その後は毎年200万円水準で貯蓄ができていて、それができていない年は繰上げ返済をしていたり、自動車を購入していたりですね。まぁ、そんな出来事はどのご家庭にも起きるイベントですからね。

1500万円が貯まった家計管理のポイント


貯蓄額の推移とライフイベントを重ねて並べてみると、その家計が毎年どのくらいの貯蓄ができる実力があるのかを知ることができます。こうやって振り返ってみるとわが家では200万円というのが一つの目安になっていますね。先日もコチラの記事にしましたが、そんなわが家の今年の年末は1700万円を超える予定です。

そして、11年で1500万円を貯蓄できたわが家の家計管理のポイントは『共働き』であることです。何度も何度も記事にも書かせてもらっていますが、このご時世、余程の状況でそれを許されない場合を除いて、共働きでなければ家計に余裕は生まれないものと認識するべきだと思います。

あとはキャッシュフロー表を作って家計管理するだけです。キャッシュフロー表を作った時点で理想の貯蓄推移が示されない場合はそこで改善して家計を見直すわけです。なので、理想のキャッシュフロー表が作れた場合は、後はそれを辿っていくだけになります。

まとめると、『共働き』と『キャッシュフロー表』です。ポイントを書くとすればもうこの2つだけですね。簡単ですよ(笑)



いかがですか。
今回ははじめてわが家の金融資産額の推移をカミングアウトしてみました。こうやって見ていただくとわが家が特別な家庭ではなく、ごく一般的な家庭だということが分かっていただけると思います。つまり、わが家にできることは、あなたのご家庭でも可能なわけですね。一日も早く家計管理に取り組んでみてください。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ