10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:1500万円

金融資産 10年 3000万円 1500万円 共働き キャッシュフロー表



どうも夫です。
このブログのタイトル通り、わが家では10年で総資産3000万円を作ることができました。しかもそれはこのブログを始めた2016年1月なので、今から約1年9ヶ月も前の話です。そして今回、改めてわが家のキャッシュフロー表を眺めていて自ら感心したことが、金融資産だけでもこの10年で1500万円を超える貯蓄ができていたこと。
今回はどんな10年だったかを振り返りつつ、1500万円を貯めることができた家計管理のポイントを考えてみようと思います。

直近10年の金融資産推移


早速ですが、わが家がキャッシュフロー表を使って本格的に家計管理を始めたのが11年前の2006年で、子供が生まれた翌年になります。そしてその年末の貯蓄額は僅か100万円でした。それまでダブルインカムだったのが子供が生まれてシングルインカムへと変わり家計が圧迫を受けたのがきっかけで家計管理をスタートさせたという状況ですね。ここまではよくある一般的な流れですね。


1年目(2006年)
100万円
2年目(2007年)
243万円
3年目(2008年)
425万円
4年目(2009年)
543万円
5年目(2010年)
758万円
6年目(2011年)
953万円
7年目(2012年)
930万円
8年目(2013年)
1039万円
9年目(2014年)
1027万円
10年目(2015年)
1315万円
11年目(2016年)
1540万円


こうやって表にして気づいたことが、11年かかっているということですね(笑)
ずーっと10年だと思いこんでいましたが、1500万円の金融資産を作るのに11年かかってました…。失礼しました。

直近10年のライフイベント


上記のような貯蓄額だけ見ているのでは何も参考にはなりませんよね。
なので、わが家のライフイベントを併記してみますね。


1年目
100万円
※出産育児のためシングルインカム
2年目
243万円
※妻、復職しダブルインカムへ
3年目
425万円
※住宅ローン一部繰上げ返済
4年目
543万円
5年目
758万円
※妻、より高待遇の仕事へ転職
6年目
953万円
7年目
930万円
※初代ベンツ購入
8年目
1039万円
※住宅ローン一部繰上げ返済
9年目
1027万円
※2代目ベンツへ乗り換え
10年目
1315万円
11年目
1540万円


わが家は家計管理を始める数年前にマイホームを勢いで買っていますので、出だしの貯蓄額が極端に少ないのですが、それ以降は妻の復職が早いタイミングで成功しているのでシングルインカムの時代を最小限に抑えられました。
その後は毎年200万円水準で貯蓄ができていて、それができていない年は繰上げ返済をしていたり、自動車を購入していたりですね。まぁ、そんな出来事はどのご家庭にも起きるイベントですからね。

1500万円が貯まった家計管理のポイント


貯蓄額の推移とライフイベントを重ねて並べてみると、その家計が毎年どのくらいの貯蓄ができる実力があるのかを知ることができます。こうやって振り返ってみるとわが家では200万円というのが一つの目安になっていますね。先日もコチラの記事にしましたが、そんなわが家の今年の年末は1700万円を超える予定です。

そして、11年で1500万円を貯蓄できたわが家の家計管理のポイントは『共働き』であることです。何度も何度も記事にも書かせてもらっていますが、このご時世、余程の状況でそれを許されない場合を除いて、共働きでなければ家計に余裕は生まれないものと認識するべきだと思います。

あとはキャッシュフロー表を作って家計管理するだけです。キャッシュフロー表を作った時点で理想の貯蓄推移が示されない場合はそこで改善して家計を見直すわけです。なので、理想のキャッシュフロー表が作れた場合は、後はそれを辿っていくだけになります。

まとめると、『共働き』と『キャッシュフロー表』です。ポイントを書くとすればもうこの2つだけですね。簡単ですよ(笑)



いかがですか。
今回ははじめてわが家の金融資産額の推移をカミングアウトしてみました。こうやって見ていただくとわが家が特別な家庭ではなく、ごく一般的な家庭だということが分かっていただけると思います。つまり、わが家にできることは、あなたのご家庭でも可能なわけですね。一日も早く家計管理に取り組んでみてください。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

家計 決算 1500万円 ポートフォリオ 老後資金



こんにちは☆のっち☆です。
以前の記事『1年に一度の家計決算… 貯まる人の習慣とは』や『そろそろ家計決算の準備を始めよう!』でもお伝えしてきた“家計決算”ですが、この度わが家の2016年の家計決算を夫が行いましたので記事にさせてもらいます。

事前では1500万円超の見込みだったが…


さてさて、実際に今年の家計を締めてみてどうだったかというと、わが家の金融資産は「1540万円」でした。キャッシュフロー表の計画では今年の金融資産額は1348万円だったので約200万円を上振れしての着地をしたということですね。

このままの水準で貯蓄ができていければ3年後に2000万円、10年後に3000万円が達成できそうです。さらに、金融資産3000万円を貯めることができれば、計算上それ以上の金融資産を持っている必要はないので働き方とかを見直して生活の充実を求める生き方にシフトしていくようになると思います。とても楽しみですね。

順調な進捗要因は…


わが家の家計は夫が満足するくらい順調に進捗していますが、その要因は“リアルな家計管理”“進捗チェック”だと思っています。というのも、わが家の家計管理は現実に即した管理をしています。生活の中で起きる「給料受給額に変更があった」「新しい支出項目が増えた・減った」などの家計に関わる出来事には常に夫が目を光らしていて、夫の管理するデータに変更が加えられています。そして、ボーナスが貰える6月には1年の折り返し地点なので貯蓄状況の進捗確認を行っているんです。まぁ、ここまで管理を徹底すれば計画通りに進まないほうが「なんで?」ってことにもなるんですよね。

それと、わが家で今では当たり前になった『共働き』ですが、収入面の成功要因はココに尽きますね。例えば、妻が毎年100万円をパートで頑張って働くことで、その収入は10年後1000万円、20年後2000万円となります。毎月で考えると8万円かもしれませんが、いつもは考えない長期的な目線で考えるととても大きな金額になるわけですね。夫の給料だけで生活すべてをカバーして、妻の給料はすべて貯金。そんな生活を30年するだけで3000万円を貯めることができるわけですよね。つまり、専業主婦の方であれば働きに出るだけで3000万円を手に入れたようなものです。

わが家の金融資産ポートフォリオ


最後にわが家の現時点での金融資産ポートフォリオですが、トランプ相場のおかげで株式を一旦すべて売却しています。そのおかげで20万円ほど利益になったんですが、ポートフォリオがちょっと崩れているようです。

現金
72%
株式、投資信託、社債
16%
貯蓄性保険(学資を除く)
12%


夫が言うには、株式や投資信託などの投資を30%くらいまで増やして資産運用をしていきたいようです。ただ、「今のトランプ相場は少し怖いところがある」と言って先日すべて現金化していましたので、市場が落ち着けばまた株式を買い始めると思うんですけどね。そうじゃないと、これだけ現金持っていても銀行金利だけじゃ何も生まれませんからね。



いかがでしたでしょうか。
わが家の金融資産を赤裸々に公開してしまいましたが、数字を見るのが楽しくなるくらい貯まってきました。わが家が家計管理・資産形成に目覚めて10数年。最初の頃はたったの10数年でここまで資産を作れるなんて夢にも思っていませんでした。お金を貯めるにもコツがいる、というよりキャッシュフロー表に気づいて運用を始めたら誰にでもお金は貯められるということなんですね!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ