10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:100万円

資産運用 株式投資 FX 仕組預金 メガバンク ポートフォリオ



どうも夫です。
最近、“資産運用”ってよく耳にしませんか? 銀行のトップページだったり、メールマガジンだったり…。それに対して「運用するような資産なんてないよ!」なんて思っている人も多いですよね。
そんな今回は「かなり手堅い資産運用」について書かせてもらおうと思います。

絶対オススメの資産運用の始めるタイミング


細かく言えば“普通預金”とか“定期預金”といった貯金するのに当り前に利用している銀行への預け入れも資産運用になるんですが、そんなことを言っていたらキリがないので、今回は『株式投資』『FX』『投資信託』『国債』『社債』『仕組預金』などのリスクの伴う金融商品を対象にお話をさせていただきますね。

これらのリスク商品は銀行の預金と違って、預けたお金(元本)が減ってしまうリスクを背負って比較的高いリターン(利益)を狙うものです。だからこそ、お金の運用には堅実な日本人はなかなか手を出せない人が多いんですが、勇気を出して市場へ参加することで比較的安全に資産運用をすることができるものなんですよね。
そこで重要なのが“資産運用を始めるタイミング”です。今回は一言で書かせてもらいますね。

100万円の余剰資金ができたら始めよう!

ボク的にはもうこの一言に尽きますね…
余剰資金としての100万円ができたら初めて資産運用というものを考えればいいと思います。逆に言ってしまえば、100万円の余剰資金も無いのであればリスク商品はヤメておきましょう。せっかくの貯金したお金が無くなってしまいますよ。

はじめての資産運用はコレ!


「最悪、このお金が無くなってしまってもなんとかなる」と諦めることができる純粋な余剰資金である100万円が作れたらいよいよ資産運用を始めましょう。

そんな100万円が作れたのがボクの場合は10年くらい前だったので、まだまだリスク商品でも比較的リスクの小さい商品が多かったんですよね。ボクが一番最初にやったのが『仕組預金』です。新生銀行の外貨建てのもので年利4.0%くらい付いていました。4.0%ですから、100万円預けて4万円です。まぁ、税金が引かれますから3万円強ですね。受け取ったときはとても嬉しかったのを覚えています。

しかし、現在ではそんな美味しい商品なんてありませんよね。必死に探しても1.0%も付きません。1年間預けて、しかも為替リスクも背負って1.0%なんてありえませんから、現在オススメするものは『株式投資(NISA)』です。
もう言っちゃいますけど、銘柄は『みずほ銀行』『三井住友銀行』『三菱東京UFJ銀行』のメガバンク銘柄でOKです。配当利回りで3.0%を超えていますし、この3行については潰れませんし、万が一潰れそうになっても潰れてしまうと国がおかしくなってしまうくらい影響が大きいために政府が必死に守るはずです(たぶん…)。

なので、今から資産運用を始める人は黙って株式口座を開設して、上記3行のどれかに100万円をブチ込んじゃいましょう。あとは半年に一度の配当金を受け取るだけです。もし株価が下がったとしても持ちっぱなしでいれば、今の水準くらいにはいつか戻ってくると想いますよ。
※投資判断は自己責任でお願いしますね。

100万円を繰り返す


家計管理を頑張っていると余剰資金の100万円がいくつかできてくるようになります。もちろんすべての余剰資金を株式投資では資産のバランスが崩れてしまいますから、資産構成(ポートフォリオ)をしっかり考えて「現金50%、投資30%、貯蓄型保険20%」などライフプランに合わせた配分で無駄なく資産運用すればいいと思います。

もし金融資産1000万円を持っていたとして上記のポートフォリオの場合、投資だけで運用益を出せたとしてもそれが3.0%で運用できれば、年間で9万円の運用益(1000万円×30%×3%)です。1000万円の金融資産で9万円作るわけですから利回りは0.9%です。つまり、ちょっとだけ勇気を出せば1.0%くらいの運用は簡単にできるということなんですよね。

ちなみにわが家は2.0%くらいです。元本保証の預け先が70%ほどを占めているのにもかかわらず、年間で30万円以上を受け取っています。



いかがでしたか。
「投資とかは怖いからやらない」って人、結構いますよね。ボクが今まで会ってきた人の中にも相当な割合で存在していました。そんな言葉を聞くたびに「あ~ぁ、もったいないなぁ」って思うんです。だって、どうせ銀行に預けて安心しているだけのお金をちょっとだけリスクのある株式へ替えるだけで3%もの配当が受け取れるんです。投資をしない理由がボクには分からないんですよね。
もちろんリスクはあります。過去のJAL株のように紙キレになる可能性もあります。ただ、そんな危険な銘柄に投資をしなければいいだけの話です。今だったら、メガバンク株がボクの中ではオススメですよ。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

ボーナス 賞与 100万円


こんにちは☆のっち☆です。
今年もいよいよ夏のボーナスの季節がやってまいりましたね。わが家でも待ちに待った季節です。“わが家”というより“私”だけなんですが…
さて、今回は年間貯蓄額に大きな影響を与えるボーナスの使い方について書いてみようと思います!

夫のボーナス額をファジーに公開!


公務員の方は6月支給だと思いますが、民間企業の方は6月中旬~7月中旬にかけて支給されることが多いですよね。ちなみに、わが家の夫のボーナスはちょっと早めの6月15日に支給されました。そして、その額は…


100万円オーバーでした!


夫の会社の業績が良かったみたいですね。それと、昇格したこともあってこの金額です。本当にありがたい。
わが家では私がボーナス支給のない契約社員なので、私のボーナスは夫のボーナスから頂戴する制度になっていますので、私のお財布もちょっぴり潤うことができました。

わが家のボーナスはどこへいく…


さてさて、支給額自体は家庭それぞれだと思いますが、その使い方によって家計のボーナスへの依存度が推し量れるものです。「いつもボーナスで買い物するから貯金なんてしていない」とか「毎年ボーナスは全額貯金だ」とか。。。

多くの情報サイトのボーナスの使いみちアンケートでも毎年恒例なのが「貯金」「生活の補填」「ローン返済」ですが、わが家においては100%「貯金」です。まぁ正確に言うと、私が支給される分を除いて全額という感じです。

そして、貯金の種類もいくつかに分散されていて「現金貯金」「学資保険」「貯蓄型生保」に分かれていきます。もうこれはわが家においては毎年のルーティンです。なので、夫が入金直後に各口座へ振り分けるから、ボーナス支給日の夕方にはボーナスは跡形もない状態です。以前の記事『給料日当日のルーティンでお金が貯まる!』で紹介したとおり、お金が手に入ったからと財布の紐が緩むヒマがわが家には存在しないんですね。

貯金ができる家計のボーナスの使い方


老後に苦しまない家計管理を目指している私たちはボーナスをどのように使うことが良いのでしょうか。

その答えは“貯蓄計画次第”ということです。
毎月の給料でしっかり貯金ができていて年間も貯蓄目標をクリアできる計画であれば、ボーナスは全額消費してしまっても問題ありませんよね。逆に、毎月の貯金がまったくできていないのであれば、ボーナスは全額貯金しなければ計画通りの貯蓄ができないことになります。

要するに、年間貯蓄額をどのように設定して、どのようにクリアしてくか… もう、コレに尽きるんですね。家族のライフプランを立てて大きなお金の流れを把握して、毎年の貯蓄目標まで立てることができれば、その目標をどうやってクリアしていくかというだけです。自分を追い込むだけの目標作成ではなく、やり甲斐の生まれる貯蓄計画が必要です。節約だけではない、楽しくお金を使うことも織り交ぜた貯蓄計画をぜひ作ってくださいね。



いかがでしたか。
年俸制や完全歩合制などの現代の多様な働き方においては、ボーナスが無い企業も増えてきています。また、ボーナス=業績給という色合いが強いことから、会社の業績不振による影響をまともに受けるのもボーナスの特徴です。そんなボーナスで毎月の生活の補填をしてしまっている家計だとしたら早急に家計改善を図りましょうね。ボーナス全額貯金ができるようになれば、貯蓄スピードが格段に上がりますよ!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ