10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:10年

金融資産 10年 3000万円 1500万円 共働き キャッシュフロー表



どうも夫です。
このブログのタイトル通り、わが家では10年で総資産3000万円を作ることができました。しかもそれはこのブログを始めた2016年1月なので、今から約1年9ヶ月も前の話です。そして今回、改めてわが家のキャッシュフロー表を眺めていて自ら感心したことが、金融資産だけでもこの10年で1500万円を超える貯蓄ができていたこと。
今回はどんな10年だったかを振り返りつつ、1500万円を貯めることができた家計管理のポイントを考えてみようと思います。

直近10年の金融資産推移


早速ですが、わが家がキャッシュフロー表を使って本格的に家計管理を始めたのが11年前の2006年で、子供が生まれた翌年になります。そしてその年末の貯蓄額は僅か100万円でした。それまでダブルインカムだったのが子供が生まれてシングルインカムへと変わり家計が圧迫を受けたのがきっかけで家計管理をスタートさせたという状況ですね。ここまではよくある一般的な流れですね。


1年目(2006年)
100万円
2年目(2007年)
243万円
3年目(2008年)
425万円
4年目(2009年)
543万円
5年目(2010年)
758万円
6年目(2011年)
953万円
7年目(2012年)
930万円
8年目(2013年)
1039万円
9年目(2014年)
1027万円
10年目(2015年)
1315万円
11年目(2016年)
1540万円


こうやって表にして気づいたことが、11年かかっているということですね(笑)
ずーっと10年だと思いこんでいましたが、1500万円の金融資産を作るのに11年かかってました…。失礼しました。

直近10年のライフイベント


上記のような貯蓄額だけ見ているのでは何も参考にはなりませんよね。
なので、わが家のライフイベントを併記してみますね。


1年目
100万円
※出産育児のためシングルインカム
2年目
243万円
※妻、復職しダブルインカムへ
3年目
425万円
※住宅ローン一部繰上げ返済
4年目
543万円
5年目
758万円
※妻、より高待遇の仕事へ転職
6年目
953万円
7年目
930万円
※初代ベンツ購入
8年目
1039万円
※住宅ローン一部繰上げ返済
9年目
1027万円
※2代目ベンツへ乗り換え
10年目
1315万円
11年目
1540万円


わが家は家計管理を始める数年前にマイホームを勢いで買っていますので、出だしの貯蓄額が極端に少ないのですが、それ以降は妻の復職が早いタイミングで成功しているのでシングルインカムの時代を最小限に抑えられました。
その後は毎年200万円水準で貯蓄ができていて、それができていない年は繰上げ返済をしていたり、自動車を購入していたりですね。まぁ、そんな出来事はどのご家庭にも起きるイベントですからね。

1500万円が貯まった家計管理のポイント


貯蓄額の推移とライフイベントを重ねて並べてみると、その家計が毎年どのくらいの貯蓄ができる実力があるのかを知ることができます。こうやって振り返ってみるとわが家では200万円というのが一つの目安になっていますね。先日もコチラの記事にしましたが、そんなわが家の今年の年末は1700万円を超える予定です。

そして、11年で1500万円を貯蓄できたわが家の家計管理のポイントは『共働き』であることです。何度も何度も記事にも書かせてもらっていますが、このご時世、余程の状況でそれを許されない場合を除いて、共働きでなければ家計に余裕は生まれないものと認識するべきだと思います。

あとはキャッシュフロー表を作って家計管理するだけです。キャッシュフロー表を作った時点で理想の貯蓄推移が示されない場合はそこで改善して家計を見直すわけです。なので、理想のキャッシュフロー表が作れた場合は、後はそれを辿っていくだけになります。

まとめると、『共働き』と『キャッシュフロー表』です。ポイントを書くとすればもうこの2つだけですね。簡単ですよ(笑)



いかがですか。
今回ははじめてわが家の金融資産額の推移をカミングアウトしてみました。こうやって見ていただくとわが家が特別な家庭ではなく、ごく一般的な家庭だということが分かっていただけると思います。つまり、わが家にできることは、あなたのご家庭でも可能なわけですね。一日も早く家計管理に取り組んでみてください。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

家電タイマー ソニータイマー 家電 寿命 戸建て 10年



こんにちは☆のっち☆です。
わが家は10数年前に新築戸建を購入・入居した際に多くの家電も新調しました。エアコン、冷蔵庫、洗濯機、テレビなどなど。マイホームと同じだけ経過しているということはかれこれ10年経っているということですよね。 そんな家電達に「これは“家電タイマー”なんじゃないか」と思ってしまうようなことが起きていますので記事にさせていただきますね。

“家電タイマー”って知っていますか?


家電タイマーというのは時間を計るタイマーではなくて、ある時になったら自然と壊れるようにメーカーサイドが密かに仕込んだタイマーのことです。ちょっと有名なのが「ソニータイマー」ですね。ソニーの場合は、パソコンや音楽プレーヤーなどメーカー保証が切れた直後に故障が頻発したことから、メーカーサイドが製品に時限爆弾的な設定をしているのではないかと噂になったことが発端です。ソニーは全力で否定しているので純粋な『都市伝説』の類ではありますが、噂になるということはそういった事象が多くみんなから不信感を持たれているということですね。

今のわが家では“家電タイマー”が鳴り続いている


とはいっても、現在のわが家は“家電タイマー”があちこちから鳴り続けています。入居する時に新調した家電はもちろん、建具として標準装備されている電化製品も順番に壊れ始めています。
家に標準装備されている電化製品って思った以上に多いんですよ。例えば、トイレ、浴室乾燥機、シーリングライト、ドアホンさらにはガスコンロ、給湯器… シーリングライト以外は交換すると10万円単位。これらを一気に交換となると100万円を優に超えていきます。
しかも、10年という年月がネックなんですよね。日本の多くのメーカーは交換部品の保有期間を生産終了後10年未満と規定しています。ということはですよ、壊れ始めた家電たちを修理することができないということです。メーカーによってはまだ交換部品が出ることもあると思うのでまずはメーカーに聞いてみることが一番ですが、最悪の場合、故障→即買い替えということにもなりかねませんよね。

ちなみに、わが家で買い替え候補になっているのは以下です。


家電買い替え時費用
トイレ(1基)
10万円~30万円
洗濯機
10万円
エアコン(リビング)
20万円
給湯器
20万円


これ全部やると上限で80万円です。結構痛いですよね…
一番意外だったのがトイレ。洗浄機付きなので壊れるのはその部分なのですが、わが家のトイレは丸ごと交換しないといけないタイプだったんです。それを聞いたときは「えぇー!」ですよね。さらに、戸建て10年といえば定番の修繕が必要な時期です。外壁塗装、屋根塗装、さらには細かい部分も壊れ始めます。キッチンの水栓、お風呂の水栓、洗面台の水栓、壁紙の痛み、カーテンリフォームなど考えるとゾッとしてきますよね。

戸建ての10年タイマーには対策が必要


マンションであれば毎月強制で修繕積立金が徴収されます。まぁ、これは戸建てでいう「外壁塗装」「屋根塗装」のみで家の中の設備や家電は別枠での貯金が必要です。では、何のためにどのくらい貯金する必要があるのでしょうか。実際の寿命を10年間として考えてみました。


対象貯金目標額
外壁・屋根塗装
150万円
エアコン(リビング)
20万円
エアコン(居室)
10万円
洗濯機
10万円
冷蔵庫
15万円
テレビ
10万円
給湯器
20万円
浴室乾燥機
10万円
トイレ
20万円


このくらいである程度カバーできるでしょうか。上記全てで265万円です!
ということは、10年間で265万円を純粋な貯金とは別に貯めておかなくちゃなので毎年30万円ほどを捻出する必要があります。結構キツイですよね。
貯め方は過去の記事を参考にしたりしてもらえればと思いますが、一つの提案として初めの10年間は住宅ローン控除が貰えます。このお金を他のお金と一緒にしないで避けておけば10年後の最初のタイマーにはある程度対応できるんじゃないかと思いますよ!



いかがでしたか。
わが家に今、押し寄せている「戸建ての10年タイマー」。持ち家派のどのご家庭もこのタイマーはセットされています。刻々を時を刻み続けているそのタイマーが鳴り始める前にしっかりとした準備をしておきましょう。認識がなく無策だと家計に大ダメージを与えることにもなりますよ!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ