10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:黄金比率

家計 黄金比率
どうも夫です。
このサイトでも“家計管理を徹底しましょう”とか“固定費の見直しをしましょう”ってよく書かせていただいていますが、そもそも家計においてそれぞれの費目が占める割合ってどのくらいが理想なのでしょうか。
今回からは“家計の黄金比率”について家庭構成ごとに4回に分けて書かせてもらいます。

NHK番組「あさイチ」で推奨された黄金比率


少し前になりますが、NHK番組「あさイチ」でもこのテーマを取り上げられていて、ファイナンシャルプランナーの横山光昭さんが“お金が貯まる家計”として細かく黄金比率を提示されていました。その時の黄金比率と手取り25万円の場合で計算した金額を下表に併記してみますね。


費目比率金額
住居費
25%
62,500円
食費
15%
37,500円
水道光熱費
6%
15,000円
通信費
5%
12,500円
小遣い
8%
20,000円
預貯金
18%
45,000円
生命保険料
4%
10,000円
日用品
2%
5,000円
医療費
1%
2,500円
教育費
4%
10,000円
交通費
2%
5,000円
被服費
2%
5,000円
交際費
2%
5,000円
娯楽費
2%
5,000円
嗜好品
1%
2,500円
その他
3%
7,500円
合計
100%
250,000円


う~ん。費目が細かすぎて、ボクにはピンときません。。。
ということで、ボクなりの費目へまとめたものを考えてみました。


費目比率金額
住居費
25%
62,500円
食費
15%
37,500円
水道光熱費
6%
15,000円
通信費
5%
12,500円
小遣い
(交通、被服、交際、娯楽、嗜好)
17%
42,500円
預貯金
18%
45,000円
生命保険料
4%
10,000円
雑費(日用品、医療)
3%
7,500円
教育費
4%
10,000円
その他
3%
7,500円
合計
100%
250,000円


ボクがよく使う費目に置き換えて、費目をまとめることでとても参考にしやすくなりました。パッと見てボクの直感としてはこう感じました。

◯ 小遣いが少なすぎる
◯ 保険料が少なすぎる
◯ 教育費が少なすぎる
◯ その他って何??

…すみません、横山先生。言いたい放題言わせていただきました(笑)

家族構成ごとの家計の黄金比率が大切


前述の黄金比率が決して間違っているわけではありません。この提示された黄金比率が情報として欠けているものがあるから、参考にしたくてもできないわけですね。
その“欠けている情報”というのは『家族構成』です。先ほどの黄金比率を独身の一人暮らし世帯に当てはめてみると、正に理想の家計配分になります。しかし、ボクが見てこの比率をダメだと感じてしまうのは、わが家が3人家族だからですね。
共働き子一人の3人家族でこの家計配分では現実的ではなく、上記のような批判的なコメントが出てきてしまうんです。

つまり、家計の黄金比率は“家族構成ごとに考えなくてはいけない”ということです。
そのことがわかったので、次の記事から家族構成別の黄金比率を紹介したいと思います。


※ 家族構成別 黄金比率はコチラ
『シングル世帯の黄金比率』 → 本記事がシングル世帯向けです
DINKS(共働き子なし)世帯の家計黄金比率
子供一人・二人(小学生まで)共働き世帯の家計黄金比率
子供一人・二人(高校生まで)共働き世帯の家計黄金比率



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

家計管理 実践マニュアル 家計費配分 黄金比率 家計費



前回までに「家計管理の本質」「キャッシュフロー表」について理解を深めていただきました。『過剰な節約・貯金は必要がないということ』『将来に起こるイベントをしっかり把握して資金面での対策をしっかりと行うこと』『資産は一つのカゴに盛らないこと』これら3点のポイントをしっかり理解することで難しく考えていた家計管理がスッキリしてくるのではないでしょうか。そして、今回からはより細かい内容へ入っていこうかと思います。

家計管理は1ヶ月単位での管理の積み重ね


みなさんが“家計管理”と聞くとまず思い浮かべることはなんでしょうか?
恐らく日々の食費であったり、毎月のやりくりであったり、貯金の仕方であったりでしょうか。ボクが前回までにお伝えしてきた内容は期間として「現在~65歳まで」と長いスパンでのお話をしてきましたが、これは大きな目標を把握した上で目の前の目標に掘り下げていくことが重要と考えているからです。将来向かうべき目標をしっかりと把握した上で「では今、何をやらなければいけないのか」を理解することが重要であり、即行動に移せる力が生まれますからね。

65歳までの長い期間の目標を達成させるのは1年1年の努力であり、その1年の目標をクリアするのは毎月の努力であり、毎月の目標をクリアするのは毎日の努力があってこそなんですよね。これはもう仕事の感覚と一緒ですね。

家計管理は『支出』を把握することから


では早速、1ヶ月単位での家計管理を実践していきましょう。
最初にやることは『支出』を把握します。以下の項目の月予算を書き出してみましょう。


住居費 →
食費 →
外食費 →
雑費 →
水道光熱費 →
自動車費用 →
通信費 →
子供習い事 →
保育園料 →
保険代 →
小遣い(夫) →
小遣い(妻) →



上記以外で支出している項目があれば追加して毎月の支払いをすべて書き出しましょう。
そして次に『収入』をすべて書き出しましょう。


給料(夫) →
給料(妻) →
児童手当 →



といった感じですね。
簡単なことですが、これがあなたの現時点での家計内容です。今の時点で「収入≦支出」になっているとしたら、相当覚悟して家計改善を図る必要があります。また、毎月は赤字でもボーナスで補填しているといった家計についてもNGだと理解しましょう。基本的に月収で1ヶ月の支払いすべてをカバーできるようにしなければいけません。

家族構成別の家計の黄金比率と比較してみよう


そして、別記事『万能な家計の黄金比率ってあるんでしょうか…』で紹介した家計の黄金比率に先ほど書き出したあなたの家計を当てはめてみましょう。この記事で紹介している家計の比率はあくまでもひとつの例なので絶対に守る必要はありませんが、その中の「預貯金」の割合は守って欲しい項目です。家計の詳細については家庭毎に様々な事情があって一律のものなんて作れるはずがありません。しかし、貯金の割合というものは「今、このくらい貯金しないと将来厳しい」といった数字を示していますのでぜひ参考にしてください。

例えば、夫婦共働きで小学生の子供が一人という家庭の場合、預貯金の割合は「23%」です。1ヶ月の世帯手取りが40万円であれば「92000円」を貯金します。そして、残りの308000円をその他の項目に割り振ればいいでしょう。また、キャッシュフロー表へ書き出した基本生活費の年額を落とし込んだ時に将来の貯蓄額が目標額に達していない場合も支出の見直しが必要になります。



いかがですか。
月々の生活費が見えたらまずはその生活費の年額を家計の羅針盤である『キャッシュフロー表』へ落とし込んでみましょう。その生活費がベースとなり、将来の生活費の予測が可能となります。リアルな生活費を入力すると多くの家庭では、子供が大学へ入学するあたりから赤字家計となり65歳時の貯蓄額がマイナスだったりすることがあります。見た瞬間はゾッとするはずですが、その将来を今見えたことが何よりも重要なんです。あとは一つひとつ改善していくだけですからね。


※家計管理実践マニュアル
 1.家計管理とは
 2.絶対に必要な2つの表
 3.金融資産管理表
 4.基本生活費の管理
 5.一時支出対策




 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

家計費 DINKS


どうも夫です。
前回『万能な家計の黄金比率ってあるんでしょうか…』ではファイナンシャルプランナーの横山さんが提示した黄金比率を参考にしましたが、あの黄金比率は“独身貴族世帯”が参考にするとよろしいのではないでしょうか。
ということで、今回からはボクが考える黄金比率を提示していきたいと思います。まず初めの今回は“DINKS(共働き子なし)世帯”です。

DINKS時代は三大貯蓄時期の一つ


この時期は、以前の記事『共働きの三大貯蓄時期… その目標金額とは』でも紹介した“三大貯蓄時期”になります。この時期にしっかり貯蓄を作れるか否かで以降の生活に大きな影響をもたらす時期です。

DINKS(Dual Income No Kids)とは共働きで子供をまだ持たない夫婦のことですが、この時期の次には共働き夫婦でも出産に伴うシングルインカム時代が待ち構えています。このことをしっかり踏まえたうえで“預貯金”比率を高めに黄金比率を作ってみましたよ。

DINKS世帯の家計黄金比率はコレだ!



費目比率金額
住居費
25%
100,000円
食費
10%
40,000円
水道光熱費
4%
16,000円
通信費
3%
12,000円
夫婦小遣い
(交通、被服、交際、娯楽、嗜好)
15%
60,000円
預貯金
35%
140,000円
生命保険料
3%
12,000円
雑費(日用品、医療)
2%
8,000円
教育費
1%
4,000円
その他
2%
8,000円
合計
100%
400,000円
※共働き、世帯手取り月額40万円にて算出

新婚当初は多くの世帯でDINKS世帯になるのかと思いますが、この時期にしっかりと家計管理の意識を持つことができれば次のステップに進んだときに強固な貯蓄体質になっていると思います。また、この預貯金率35%は以降のどの世帯よりも高いにもかかわらず、まだ遊びにたくさんお金を消費したくなる年代ですから夫婦で気持ちを緩めずに貯蓄優先ですすめていくことが重要なファクターとなります。

DINKS時代に住宅購入も考えよう!


わが家がそうしたことで後々の家計が非常に楽になったために機会があれば多くの人へオススメしているのですが、このDINKS時代に住宅購入を済ませてしまうことでのメリットは相当大きなものになります。

もし20代で住宅購入ができれば住宅ローンをMAX35年組んでも定年までに返済できる可能性がグッと高まります。また、住宅を買うということは夫婦間で家族の将来についていろいろ考える機会になります。「子供は二人がいい」「この部屋は将来、子供部屋にしよう」「子供一人で考えているけれど、もし二人目ができたらこの部屋に夫婦で…」など、すごく色々な話が夫婦でできるはずです。そうやって、将来について夫婦でしっかり話すことが家計管理を成功させる秘訣でもありますから、住宅購入はボクがなによりもオススメしたいことなんですね。


次回は『子供一人・二人(小学生まで)共働き世帯の家計黄金比率』を紹介します。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ