10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:高収入

お金ない


こんにちは☆のっち☆です。
今回は私の友人、持田さんのお話をしたいと思います。持田さんはアラフィフで世帯年収も1,000万円を超えているのに、すごく金欠で悩まれています。先日、私がお聞きしたことを肉付けしてお伝えしたいと思います。
高収入なのにお金で困ってしまうのには何か原因が必ずあると夫は言います。みなさんと一緒に見ていきたいと思います。

持田家プロフィール


持田さんの旦那さんは出版社勤務で年収800万円。さらに、副業で400万ほど稼いでいるそうで、一馬力で1,200万円。子供が3人いることもあって奥さんは専業主婦です。
子供は大学1年生(文系)、高校1年生(私立)、中学2年生(公立)の3人。住まいは10年前に郊外に戸建てを5000万円で購入。住宅ローンは75歳まで続きます。
学資保険は18歳満期300万円に子供3人共に加入しています。

一般家庭よりも余裕があるように見える持田家。どうして苦しいのでしょうか。

家計の中身をチェック


聞き出せた費目で勝手に家計分析してみました。まず、固定費を…

手取り月収
70万円(45万円+25万円)


住宅ローン
16万円(5000万円、35年、固定1.8%)
自動車ローン
10.5万円(800万円、7年、固定2.9%)
学資保険
3万円(1.5万円×2)
生活費
20万円
第一子仕送り
10万円
第一子学費
8.5万円(年間100万円)
第二子学費
8.5万円(年間100万円)
第三子塾代
3万円
支出合計
79.5万円



月収70万円もあるのに10万円の赤字家計なんですね。これは恐ろしい。。。
持田さん曰く「前年まではすごく余裕があった」そうなんです。ではこの1年の間に何があったのか1年前から見ていきましょう。

副業収入で黒字家計だった


以下が1年前の持田家の家計です。

51歳
48歳
第一子
公立高校3年生(17歳)
第二子
公立中学3年生(14歳)
第三子
公立中学1年生(12歳)


手取り月収
70万円(45万円+25万円)


住宅ローン
16万円(5000万円、35年、固定1.8%)
学資保険
4.5万円(1.5万円×3)
生活費
20万円
第一子予備校代
5万円
第二子塾代
3万円
第三子塾代
3万円
支出合計
51.5万円


持田さんが言うとおり、ご主人のシングルインカムなのに毎月20万円近くの貯蓄が可能ですね。本業収入のみでは45万円で少し足りていないものの、副業収入が25万円もあるおかげで生活が潤っています。この副業収入はこの年にやっと軌道にのったようでそれまでは毎月5万円程度の収入だったそうです。なので、生活に余裕があるようにみえるのは副業収入が一気に上がったからなんですね。

副業収入で高級車購入


1年前に副業収入が一気に上がったおかげでご主人の気持ちが緩んだのでしょう。20万円を超える副収入が安定してきた中で、念願の外車を購入したそうです。

当時の想いを持田さんはこう言います。
「主人の副業収入が毎月20万円を超えて数ヶ月、私としては不労所得的な感覚になっていましたね。ですから、収入の半分の10万円くらいで自動車を買ってもいいのかなって。本業をやりながら、これだけの副収入を作った主人自身へのご褒美だと思ってました」

確かに、ご主人が寝る間も惜しんで副業を1年以上続けてきた結果ですから、そう思う持田さんの気持ちはとても理解できるものですね。
持田さん自身は3人の子育てのために、第一子出産を機に退職。以降は子育てに翻弄される日々を過ごされていたそうです。お子さんが高校・中学へと進学するにつれ手がかからなくなったものの、家の外で働くということから20年近く離れていることから、働きに出ることに抵抗があって踏み出せなかったようです。ご主人も副業収入の獲得に成功したこともあり無理に働かせなかったようですね。

しかし、持田家の1年後は冒頭の大赤字家計へと転落してしまいます。
もう原因はお分かりだと思いますが、より詳しく見ていきたいと思います。


後編へつづく




 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

共働き 高収入 家計管理 家計破綻 夫婦別財布



こんにちは☆のっち☆です。
私の知人で旦那さんは一部上場企業の管理職、奥さんは看護師と間違いなくお金に困らなそうな金山夫妻がいます。子供2人の4人家族で都内に大きな一戸建てを所有する金山さんは旦那さんが42歳、奥さんが40歳です。
今回はそんなお金に困るはずのない金山さん家庭がなぜか家計破綻の危機に直面するお話です。通常では考えられない金山家の裕福ぶりを一緒に見ていきましょう。

世帯年収は1400万円


金山さんご夫婦の世帯収入は1400万円。上場企業+看護師というのはやっぱりすごいですよね。それぞれが独り立ちできるくらいの職業ですから究極の共働き家計になります。
ご夫婦それぞれの収入は以下の通り。羨ましすぎます…

800万円
600万円


上場企業の旦那さんは自動車メーカーのデザインを担当。そして、奥さんは大学病院の看護師長さん。二人とも仕事をバリバリこなしているのに子供も二人いるなんて順調過ぎる人生を歩まれていますよね。

家計管理方法は担当制


そして気になる金山さんの家計管理方法ですが、共働き家計にありがちな「家計の費目別担当制」です。結婚当初からお互いに収入があったことから、どちらが家計管理を担当するということではなく「家賃や水道光熱費は夫、食費や外食費などは妻」といった担当分けをして家計を負担して残りはお互いが干渉しない約束をしているそうです。ただ、貯金については夫婦でルール化していてそれぞれが毎月5万円を貯めていくようにしているそうです。

そんな金山さん夫婦が結婚したのは10年前ですから「毎月5万円×2人×10年=1200万円」が単純に予想できますね。それに加えてボーナスとかがあるわけですから、わが家の感覚では2000万円以上は貯蓄ができているのではないかと考えてしまいますね。

多趣味な夫婦生活


さらに、金山さん夫婦はそれぞれに趣味をしっかり持っているようです。
奥さんは何と言っても洋服やカバン、時計、ジュエリーなどの“ファッション”。一瞬で「確実にこの人お金持ちだな」って分かる格好ですから、相当な金額をファッションにつぎ込んでいるんだと思います。例えば、カバンはエルメスのバーキンやルイヴィトン、セリーヌばかり。冬場のアウターなんてダウンコートをよく着ているんですが、モンクレールばかりで毎日違うものを着ています。たぶん5着くらいは持っているんじゃないかと…。時計とかジュエリーとかしっかりと見たことはないんですが、たぶん時計はROLEXとかですよ。それ以外考えられないくらいのお姿ですからね。

一方、旦那さんの趣味は“高級外車”。大きなご自宅の前には2台分の駐車スペースがあるんですが、そこに置かれているクルマは「ポルシェカイエン」と「メルセデス・ベンツAクラス」。恐らくAクラスは奥さんの通勤用なんだと思います。ポルシェカイエンなんてグレードによりますが1000万円以上は最低でもしますし、ベンツのAクラスだって500万円くらいはしますよね。

夫婦が正社員として働くとそれだけ自分の好きなものにお金をかけても困らないものなんでしょうね。収入が大きいということは支出が大きくなっても家計のバランスは崩れないので、日々の生活も充実させることが可能なんでしょうね…



------------


金山家の裕福ぶりはご自宅を外から見ただけでもハッキリ分かってしまうほど。やっぱり年収1400万円というのはそこまで生活水準が上がっても平気なものなんでしょうね。休日なんてお子さん達とお出かけする姿をよく見かけますから幸せいっぱいのご家族です。わが家も金山家のような水準まで頑張りたいものです。


中編へつづく



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

国立大学 高収入 就職難 ロストジェネレーション



こんにちは☆のっち☆です。
私くらいのアラフォー世代になると就職した業界やタイミングによって収入に大きな違いが出てくるものです。うちの夫も給料が悪いわけではありませんが高いわけでもなく、一人で年収1,000万円なんて遠く及ばない水準です。そんな現代においても、同世代で1,500万円を稼ぐO君が私の勤める会社にはいるんです。
今回は彼が日々発している言葉から同世代の仲間に感じていることを推測しながらまとめてみたいと思います。

地方国立大学出身のO君


そもそもO君は東北地方出身者で大学も地元の国立大学を卒業しています。O君は私と同世代のアラフォーです。彼は1年浪人して国立大学に入学して23歳で卒業。就職は絶対に東京の会社に勤めると決め、卒業と同時に東京の不動産屋へ就職しました。

その就職した不動産屋さんは営業中心の会社で相当ブラックな噂がある企業でしたが、O君は持ち前の負けん気の強さと体力でグイグイ頭角を現したそうです。

ロストジェネレーションのアラフォー世代


私達が就職活動をした2000年前後の日本は深く長い不景気の真っ只中で『就職氷河期』と言われています。その時代は何十社の採用試験に申し込んでも一つも内定を手にすることができない学生が溢れた時代です。現在からは想像もつかないですね。

そんな就職難の時は都市圏の会社はまずまず採用しているものの、地方に目を向けるとより厳しい環境だったものです。O君の大学の友人達は地元で就職する人が多くうまく就職した人でも公務員か地方銀行で、それ以外の人達は本当に小さな地元企業に勤めるしか無かった状況だったそうです。そんな中、地方から飛び出し東京で就職したO君はなかなかの決断力と先見性があったのでしょうね。

職を転々とするO君


最初に就職した不動産屋でトップセールスマンに登りつめたO君ですが、その会社で満足することができず転職をします。私達アラフォー世代は1社で勤め上げるという感覚よりも、勤めた会社では全力で働いてスキルを身につけると新しい環境を求めて転職することにあまり抵抗を感じない人が多いのかもしれません。会社を変えて行くことが自分のスキルアップに繋がると考えている人が意外と多い世代なのかもしれませんね。

O君も実力は相当なもので色々な会社から声掛けをもらっていたようです。声がかかって条件や職種に納得すると転職するといったことを数回繰り返したようですね。そして、O君が私の勤める会社に来たのが1年前。彼は40そこそこの年齢で役員として入社してきました。彼の年俸は1,500万円。相当な高待遇での入社でした。

私が初めて彼に会ったときの感想は「自信に満ち溢れている人だなぁ」って感じでした。目もギラギラして、高級スーツを身にまとってビシッとしていました。見るからに「仕事できるんだろうなぁ」って感じの人ですね。同世代とはあまり思えないほどの貫禄でしたね。


---------------

どんな巡り合わせか分かりませんが、私の勤める会社の役員として入社してきたO君。業務上、何かと関連のある私はO君がポロッとこぼす本音が気になるようになります。そして、その本音をある会合で直接耳にすることでゾッとする思いをすることになります。


後編につづく



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ