10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:電子マネー

クレジットカード 家計 貯金


どうも夫です。
家計管理のサイトを読み漁っていると、クレジットカードの“推進派”“抑止派”にハッキリ分かれていますよね。以前の記事『クレジットカードでお金が生まれる考え方』でも書いた通り、ボクは完全な“推進派”です。
今回はクレジットカードすら管理できない人が貯金なんて出来るわけがない理由を書いてみようと思います。

お金の管理ができていない証拠


“クレジットカードは使いすぎてしまうから危ない”とよく耳にしますよね。では、なぜ使いすぎてしまうのでしょうか。そもそも、みなさんの生活の中で当り前のように消費しているお金ですが、消費の仕方が「現金」なのか「クレジットカード」なのかの違いなだけなんですよね。なのに、使いすぎてしまう…

その「クレジットカードは危ない」と感じる感覚は裏を返すと“お金を管理できていない証拠”なんです。

財布にいくらあるか、口座にいくらあるか… 把握もしないで買い物をするから使いすぎるわけです。現金であれば、お金が足りなくなって買えないから安心だと感じるんですね。

でも、お金の管理能力がこの程度の人はそもそも貯金なんて出来るわけがないんです。だって、持っているお金すら管理できないんだから、将来のマネープランなんて立てれるわけがない。計画的に貯金が出来るようになりたければ、まずはクレジットカードの利用程度はしっかり管理できるレベルになりたいですよね。

クレジットカードが家計簿へ変身する


そんなお金の管理が苦手な方には、クレジットカードを管理することから始めるのをオススメします。

多くのクレジットカードではほぼリアルタイムにWEB明細が更新されていきます。現時点でどのくらい利用しているのかは随時確認ができるわけですね。そして、翌月の請求予定金額も表示されます。今まで、現金で買い物していた人は財布にあるお金と相談しながら日々の生活を送っていたと思いますが、WEB上で利用履歴がすべて把握できるわけですから、使った金額も目的も管理することが可能になりますね。

利用履歴で消費活動の振り返りができれば無駄遣い(浪費)の確認にもなります。また、利用明細自体が家計簿にもなりますから、なるべくクレジットカード払いで利用していけば家計簿をつける必要もなくなるわけですね。

家計簿を勝手につけてくれるのに、ポイント還元まで受けられる。クレジットカードを避ける理由が本当に見当たりませんね。

電子マネーを最大限に活用しよう!


クレジットカードを家計簿代わりに利用していくには、お金の消費をできる限りカード払いにしていかなくてはいけません。しかし、日々のちょっとした買い物をその都度カード払いにしていくのは難しいと思われていませんか?

いえいえ、そんなことはありません。
ランチ代や飲み物代など細々とした買い物は、月々の予算を立てて月初めにクレジットカードで電子マネーにチャージして利用するんです。

ランチと飲料自販機で1,000円を一日の予算とすれば、月20日勤務で月間20,000円です。なので、給料日にすかさず20,000円をチャージして、一ヶ月間をその電子マネーだけで過ごせればOKなわけですね。生活圏に電子マネーが使える環境が整っていないと難しいですが、現在ではコンビニはほぼ利用可能ですし、自販機も随分普及してきています。

ここまでくれば、日々の生活ではほぼキャッシュレス。現金を持ち歩くリスクを無くして、さらに、すべての消費行動もデータ化されます。


いかがですか。
クレジットカードというのは無計画で利用してしまうと非常に危険なものですが、管理することができれば家計においてかなり便利なツールになります。交通ルールを守って自動車を運転するのと同じで、クレジットカードもあなたのマイルールを確立さえできれば安全です。家計管理が苦手な方はクレジットカードの達人をまずは目指しましょう!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

電子マネー Suica nanaco WAON クレジットカード



こんにちは☆のっち☆です。
何気なく過ごしている毎日ですが「その日々の行動を見渡すだけでお金が作れるよ」って言われたらみなさんはどう思いますか? 現代では“お金を使うときこそお金が生まれるチャンス”なんですね。
今回はそんなお金を作るチャンスを最大限にする見極め方をお伝えしようと思います!

消費活動でお金が生まれる方法


察しの良い方だとすぐに気づかれたかもしれませんが、今回のテーマ「消費活動でお金が生まれる方法」で利用するものは今や至る所に存在する『ポイント』を稼ぐことです。「な~んだ」と思われるかもしれませんが、私の周りでは何種類ものポイントをそれぞれ貯めている人が多すぎるんですよね。ポイントを貰えないと勿体無いからとあっちこっちでポイントを貯めるからポイントカードがいっぱいになって財布もブタ財布化してしまうんです。

お金を貯められる人の財布はすごくキレイに整理されているものです。というのも無駄なカードが入っていないから。。。 お金を貯められる人になるにはまずは財布を整理できるようになることが“はじめの一歩”なんですよ。以前の記事『長財布を使えばお金は貯まるのか?』でも夫が言っていましたが、家計という家庭全体のお財布を管理するには最低でも自分の財布くらいは整理する力がないと家計管理はできないということですね。

まずは行動パターンを考えよう


これはメイン利用するクレジットカードを選ぶときと同じ思考です。
例えば、JR東日本を利用して通勤しているのであれば「Viewカード」は必須カード。そして、そのカードに連動して利用できるものが「Suica」ですよね。少なくても半年に一度は会社の経費で高額な買い物である定期券をViewカードで購入。さらにSuicaを日々のメイン電子マネーとして利用すれば生活していく中で消費するお金の1.5%は確実に手に入れることができます。半年の定期券代が10万円、毎月ランチ代やお茶代などを3万円利用しているのであれば、年間56万円を消費していることになります。56万円の1.5%ですから黙ってても年間8400円お金を作れることになります。

純粋に生活していく上で消費する最低限のお金を使うときのことを考えて、何か共通するポイントがないかを考えるだけでお金を稼ぐことができるということですね。

電子マネーとクレジットカードは一心同体


このサイトでも何回か紹介しているこういった考え方は多くの方にご理解いただき、既に行動されているかもしれませんね。そんなポイント稼ぎの生活において、電子マネーとクレジットカードは切っても切り離せない存在なんですよね。

つまり、電子マネーのポイントを貯めてもいいし、クレジットカードのポイントを貯めてもいいし…。言ってしまえば、電子マネーを使っても、クレジットカードを使っても貯まるポイントは同じものというのが大原則なんですよね。そんなポイントはこれだけ多くのポイントカードが発行されている日本でも数えるほどしかないと思います。

ViewカードやSuicaと連動する「ビューサンクスポイント」。そして、電子マネーnanacoやセブンカード・プラスで貯まっていくセブン&アイグループの「nanacoポイント」。さらにはAEON系列の「WAONポイント」。

同じポイントが貯まる店だけで生活していくのであれば、この3つくらいしか思いつかないですよね。これ以外にもEdyだったりPontaだったりTポイントだったりがあるんですけど幅が狭い気がします。更に結論を言ってしまえば、私の中での最強ポイントはやっぱり「ビューサンクスポイント」なんですね。電車にも乗れて、コンビニ払いもできて、スーパーでも使える。決定的なのは、「Suica」は主要3コンビニで利用できてViewカードでチャージすると1.5%のポイント還元です。食費も日々の小遣いも交通費もすべてSuicaでカバーできてしまうのであれば、毎日のすべての消費の1.5%が還元されるようなものですよね。とうとうiPhone7でも利用できるようになったのはそれだけ利用者が多いということなのかもしれませんね。



いかがでしたでしょうか。
頑なにおサイフケータイの導入を見送っていたAppleがiPhone7で導入するほど利用者が多い「Suica」。それだけ多くの人がSuicaをメイン利用してお得をゲットしている中で、その波に乗り遅れてしまうと貴方だけが損してしまうことになりますよね。東日本にお住まいなのであれば「Viewカード+Suica」を一日も早くメイン利用されることをオススメしますよ。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

使途不明金 家計管理


どうも夫です。
みなさんの家計は計画通りの予算で収まっていますか?わが家でも順調に貯蓄ができていると思って収支をチェックしてみると意外にも貯金が少なかったりとしてしまっています。でも、「なんでかな??」って考えてしまうその貯金のできない原因はどの家庭にも共通した原因なんです。それは“使途不明金”
今回はその原因、使途不明金をいかに無くすかをテーマに書かせてもらいます。

家計管理がうまく行かない諸悪の根源は使途不明金


毎月5万円貯まるはずと貯金計画ではなっているものの、最終的に貯金できた金額を見てみると2万円しかなかったなんてよくあることですよね。その原因は間違いなく“使途不明金”なんです。だって、しっかり家計の費目ごとに予算だてしているのに知らないうちに予算オーバーするわけですから、管理している本人も「なぜお金がないのか」理解ができない状況です。

そのお金が無い理由がわからないという状況そのものが“使途不明金”が原因だということを示しているんですね。

使途不明金ってどんなもの


いろいろな家計節約サイトでも目にすることがある使途不明金ですが、具体的に言うとどういったものが該当するのでしょうか。

多くの方に該当する使途不明金の内訳は以下のようなものが大半です。
 ・仕事中のドリンク
 ・タバコ
 ・「フリスク」や「ミンティア」のタブレットやガム

これら一つひとつは気にも止めないほどの少額ですが、月単位で考えれば家計に影響を与える程の金額になります。例えば、毎日300円うっかり消費していると1ヶ月では約1万円になります。喫煙者で飲み会が多い月になってしまうとそれだけでタバコ代が跳ね上がるものですよね。

つまり、使途不明金というものは消費している意識はあるものの意識の中では「お小遣いでまかなえていると思い込んでいるもの」「お付き合いの中で仕方なく消費しているもの」になります。

これらの使途不明金はどの家庭でも発生しているものである意味“仕方のない費目”ではありますが、逆にこの使途不明金をできる限り管理することができれば計画通りの家計管理を実現できるのではないでしょうか。

家計から使途不明金を追放する一つの方法


最後に、この使途不明金を最小限に抑える一つの方法をお伝えしたいと思います。

その方法は『電子マネーの活用』です。
例えば、飲み物やミントタブレットなどで毎日300円、毎月10,000円くらい消費してしまっているのであれば、その消費を毎月3,000円に減らす目標で月初に“Suica”や“nanaco”などの電子マネーへ3,000円チャージして、対象アイテムを買うときはその電子マネーだけで決済するんです。電子マネーは先払い方式で使用するたびに残高が目に見えるので、予算管理するには最適なんですね。タバコについても同様です。予定以上に買ってしまうのが毎月10箱あるとすれば、“taspo”へ2,000円だけチャージしておけば良いんですよね。あとは予算管理だけです。

使途不明金は仕方がないで終わらせるのではなく、できる限り明確にして予算化することができれば家計管理は成功します。言い換えれば、使途不明金にメスを入れられない間は計画的な貯金は出来ないと思っていいいと思いますよ。



いかがでしたか。
多くの家庭で家計管理が失敗する原因である“使途不明金”。その消費を「把握できない」と諦めるのではなく、「把握してやる!」と強い意志で対策を立てた人だけが理想の貯蓄計画を遂行できるものです。因みにわが家においての使途不明金はほぼゼロです。それは生活行動を分析して予算組みができているからなんですね。 「なぜかお金が貯まらない」と感じたら、まずは生活行動の分析から始めて原因を追求しましょう!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ