10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:銀行口座

家計改善 貯蓄体質 住宅ローン マイホーム



前編からのつづき



もう一度Oさん家計概要を書いておきます。

[家族構成]
Oさん(夫)
子供二人(5歳、3歳)

[収入]
42万円(税込年収650万円)
8万円(年収100万円)
※手取り額

[支出]
家賃
12万円
駐車場代
3万円
生活費
20万円
自動車ローン
5万円
クレジットカードリボ払い
1万円
合計
41万円

[貯蓄]
現金
300万円


返済できるローンは早期返済を


まず始めのアドバイスは貯金を使ってローンを全額返済するように提案。契約時金額の計算でも290万円で完済できますよね。さらに、おそらく自動車ローンは戻し手数料が発生しますから10万円くらいは安くなるはずです。また、貯金を使ってしまうことに不安があるのなら、家計が落ち着くまでマイカーを手放すことも提案をしました。Oさんは都内に住んでいてマイカーは土日に乗るだけ。そのためにローンと駐車場にお金を使っているわけですから、一気に家計改善を目指すのであればマイカーを手放すことが最善なわけです。
そして、クレジットカードのリボ払いもカードセンターへ電話して次回引き落とし時にリボ払い分を全額返済することを申し出するようにアドバイス。ムダな金利の支払いは浪費以外の何者でもありません。早急に家計から排除しましょう。

家計のムダを無くそう


ローンの見直しほど家計改善するのに手っ取り早いものはありませんが、それ以外では細かく生活費を改善していきます。

まずは携帯電話代
Oさん夫婦はdocomoのスマホで毎月15000円くらい支払っているそうです。反面、夫はMVNOの格安SIMを利用していますから、これを提案。Oさん自身も半年くらいまえからCMなどで知って気になっていたそうですが、いろいろと調べなくちゃいけなさそうだし面倒だとそのままでいたそうです。夫が画面を見せながら手順を教えてあげると、切り替えの簡単さに気づいて早速申込みをしていたそうです。

さらにはクレジットカードを積極的に使うことを提案。
「入金口座」「貯蓄口座」「決済口座」 最低限この3つの銀行口座をまずは必要と説明して、これさえ準備できればクレジットカードがお金を生むよと伝えたそうです。あとは何でもかんでも可能な限りクレジットカード払いをするだけ。年間300万円利用すれば、1.5%の還元で45000円も貰えるわけですからね。使わない理由が見つかりませんよね。

※ 関連記事
携帯電話代だけで毎月12,000円節約する方法
家計管理を成功へ導く。3つの銀行口座
クレジットカードでお金が生まれる考え方

Oさん家計が改善しました


[収入]
42万円(税込年収650万円)
8万円(年収100万円)
※手取り額

[支出]
家賃
12万円
生活費
19万円
合計
31万円

[貯蓄]
現金
150万円


Oさんは夫からのアドバイスを1週間で実行しました。
まずはクレジットカードのリボ払いを完済。マイカーは売却して今後はカーシェアリングを利用することにしたそうです。1年前に買ったマイカーは100万円にしかならなかったようですが、早期返済額が230万円だったので貯金から130万円を支出したそうです。これらの清算で150万円を貯金から拠出しましたが、以降は毎月19万円もの貯金が可能な家計へと大変身しました。つまり、年間200万円以上を貯金できる貯蓄体質に変身したわけです。

Oさんマイホーム購入


そして、驚きなのがその1年後。Oさんから連絡をもらった夫が驚きの話を聞いて帰ってきました。なんとOさんも都内に戸建てを購入したそうです。

住宅ローンは4500万円借りたそうです。35年払いで毎月15万円です。今までの賃貸マンションよりも3万円も高いですが駐車場付きなんだそうです。専有面積も40㎡から75㎡へ拡大。子育て環境も良いエリアに居を構えられたそうです。75歳まで住宅ローンを組んだことに夫が警鐘を鳴らして、「それでも繰上げ返済を積極的に実行すれば65歳までの完済も無理ではないよ」と伝えると、Oさんはまたも参考になったと喜んで帰っていったそうです。



いかがでしたでしょうか。
せっかく貯蓄体質になったのにマイホームをドンっと購入してしまうところはさすがOさんですが、住居費については長い目で見れば大きな失敗ではありません。賃貸に住んでいたとしても生きているうちは住居費用が発生するわけですからね。Oさんの次の目標は、前に泣く泣く手放したマイカーをもう一度所有すること。そして、住宅ローンの繰上げ返済を定期的に行うことだそうです。
どんなことでも将来の目標を持って生活していくということが重要なのではないでしょうか。目標を達成させるために人は色々と考えますからね。わが家も理想とする老後を迎えられるように目標に向かって頑張りますよ。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

銀行口座 ATM手数料 振込手数料 新生銀行 三井住友銀行



どうも夫です。
このご時世、どこの銀行に資金を預けてもまったくと言っていいほど利息がつきませんね。半年に1回、1円とか2円とか…。いやいや、そんなお金必要ありませんから!って言いたくなるような金額ですよね。それなのに、気を抜くとATM手数料とかいって108円とか216円とか簡単に持っていく銀行って良い商売だと思いませんか?
そんな今回は銀行へうっかり支払いをしてしまう各種手数料を完全に無くす方法をお伝えしようと思います!

銀行から取られる手数料ってどんなもの?


何事も対策をとるにもどんなことをすると手数料が取られてしまうのかを理解する必要がありますよね。以下にザーッと列挙してみました。


ATM手数料108円~216円
振込手数料216円~648円



ザーッと挙げてみましたが、二つしか思いつきませんでした(笑)
まぁ、コレ以外に銀行の有料サービスを利用していたりすればその利用料はかかりますよね。ボクを例にすれば、メインバンクの三井住友銀行が提供している出入金をメールで教えてくれるサービスがあるんですが、これは月額108円です。これは引き落としの前日に引き落とし額を教えてくれたり、振込入金があれば随時教えてくれます。何よりも引き落としができないことによる信用取引のブラック化を未然に防ぐことができるので、毎月108円払っても利用しているわけです。このメールで教えてくれるサービスは他の銀行でもやっているのか分かりませんがオススメですよ!

ATM手数料は絶対に払わないぞ!


銀行へ支払う手数料の中でみなさんが頻繁に払っているものは『ATM手数料』ではないでしょうか? だって、人によっては「お金を下ろす、預ける」たびに手数料がかかってしまうこともありますよね。
ボクのメインバンク、三井住友銀行を例に説明するとATM手数料がかからないのは平日の8:45~18:00の間だけです。そんな時間にいつも利用できるのは主婦か働いていない人ぐらいですよね。8:45には出社しているし、18時なんてまだ働いているよって人がほとんどです。なのに、それ以外の時間では時間外手数料108円がかかるんです。しかも、三井住友銀行のATMが無くて他行のものを利用したら時間内でも108円、時間外なら216円が取られます。銀行なんて利息を半年に数円しかくれないくせに手数料だけはしっかり持っていきます。まぁ、三井住友銀行だとある条件を満たすと月4回までは手数料が無料になるサービスもありますが、ちょこちょこ下ろしたりするお小遣いとかでは毎月4回では微妙ですし、今後このサービスも改悪されるようなんです。

そんなこんなで毎月2回くらいATM手数料を払っていると、216円~432円が浪費する計算になってしまうんですよね。これを年間で考えると2592円~5184円です。ネット銀行の1年定期預金に預けて受け取れるくらいの金額を逆に銀行へ払っていることになるんですよね。最近ATM手数料を払った記憶がある人は要注意ですよ!

新生銀行にお小遣い口座を開設しよう!


どんなに注意をしていても人間はうっかりしてしまうものだし、やむを得ず利用しなくてはいけない状況になることもありますよね。なので、そもそもATM手数料がかからない口座を利用すれば良いんですよね。
特に「お小遣い口座」です。1ヶ月の間に何度も出し入れする可能性がある口座は自分の自由になるお金が入っている口座ですよね。つまりお小遣いが入っている口座ですから、交際費だったり、昼食代だったり、娯楽代だったりをプールしておいてちょこちょこ引き出すわけですね。そうやって無駄遣いしないようにちょこちょこ引き出すから手数料がかかってくるわけですから、その口座を『新生銀行』へ切り替えてしまいましょう。

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンにあるコンビニATMやイオン銀行は出金・預入し放題だし、ゆうちょ銀行やメガバンクのATMも出金に関しては使いたい放題です。もうここまでカバーしてくれていると手数料を払うことのほうが難しいくらいですよね。
さらに、振込手数料も最低でも月1回は無料になるし、ステージを上げていけば最大10回まで振込手数料が無料なんですよね。わが家の住宅ローンは新生銀行なので毎月10回振込手数料が無料。子供の教育費の振り込みだったり、通販の支払いで振り込んだりと毎月数回は振り込みをするんですが、これらがすべて無料です。

払うものを払わなくていいってことは、お金を預けて利息を受け取るよりも簡単で確実にメリットを享受できるんですよね。「マジか!?」と思ってしまったら、新生銀行に口座を開設してあなたも手数料フリーの生活を手に入れてみませんか?



いかがでしたか。
新生銀行を利用するようになってから、わが家ではATM手数料も振込手数料も一度も払っていません。もちろんメインバンクは三井住友銀行のままですが、給料が入金されるとお小遣いを全額下ろしてすべて新生銀行の口座へ入金、以降は新生銀行のキャッシュカードしか触らないんですよね。急な飲み会になってもコンビニさえあれば手数料も気にせずお金を出せるからすごく便利です。
新生銀行はお小遣い口座としては最強の銀行ではないでしょうか。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

2ac166cc37cfb5d1a4185c96db19317e_s

どうもです。
「家計簿」「キャッシュフロー表」「クレジットカード」「ライフプラン」などなど、家計管理を行うにはいろいろなツールが必要になります。
その中でも、今回は家計管理をするにはまず初めに用意しなくてはならない“3つの銀行口座”について2回に分けてお話させてもらいます。

家計管理はお金を用途別に分けることから始めよう


お金を一箇所にまとめておくと家計管理は必ず失敗します。それは、多くの人が残りのお金を常に確認しながら日々の生活を送っているからです。「口座にあと○○円あるから平気かな…」「給料までまだ●日もあるのにもう○○円しかない…」など、次の収入までの計画を立てながら生活されていますよね。もし、この口座に本来は貯金するはずだったお金も一緒になっていたとしたらいかがでしょうか?
「今月5万円貯めるつもりだったけど仕方ないか…」といって取り崩すのがたやすく想像できてしまいます。というか、ボクがそうでしたから。。。

ある時、ボクは積立口座に気づき“先取り貯蓄”を始めるきっかけになりました。自由なお金が入っている口座と貯金口座が一緒だから使ってしまうんです。だから、先に取り分けておけば貯金分を除いたお金で生活する努力が始まるわけですね。これが先取り貯蓄の強いところです。

その次に襲われたのがクレジットカードの請求。給料日までの数日をなんとかやりくりしていた時に突如届く請求書には毎回愕然とするものでした。粘って粘って耐えていたボクにトドメを毎回刺してくれたものです(笑)
そして、考えた末に生まれたのが「決済口座」。毎月の固定費やクレジットカードの引落しを専用に指定する口座です。

この3つの銀行口座を作ってからというもの、ボクは面白いように資金管理ができるようになりました。

3つの銀行口座は家計管理の必須アイテム


お金をコントロールできるようにならなければ、“家計管理”や“計画的な貯蓄”なんてできる訳がありません。常にお金に振り回され請求書に怯えるようになってしまいます。
現在、ボクは年間利用額250万円ほどクレジットカードを利用しているので50万円とか60万円とかの請求が来ることがありますが、請求額に驚くことは今では皆無です。逆にポイントがいっぱい貯まるので嬉しくなってしまいます。

以前の記事『高額請求なんて怖くない!クレジットカードの運用法とカード選び』でもご紹介したようにクレジットカードを利用した際はその場で資金を振替ます。クレジットカードは「支払いを待ってくれるカード」ではなく「現金を持ち歩くリスクを抑えて、さらにポイントも貰えるカード」だから、買い物の支払方法を変えただけで現金を消費したことには変わりません。なので、クレジットカードで買い物したらすかさず自由なお金が入っている口座から決済口座へ移すわけです。

家計管理の成功のカギを握る銀行口座。ボクが成功したからあなたも必ず成功するわけではありません。あなたのライフスタイルに合った使い方をぜひ見つけてください。
次回は銀行口座の使い方にについてお話しますね。


後編へつづく



 クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  

このページのトップヘ