10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:金余り

資産運用 株式投資 配当 定期預金



どうも夫です。
以前の記事『わが家でも起きている“金余り”|今後の運用戦略は?』で公開したわが家の行き場のない資金1000万円ですが、そのうちの120万円弱を『ゆうちょ銀行(7182)』の株を購入して以来、何に運用して良いのか分からず未だに貯蓄口座へ置きっ放しになっています。「金が余ってる!」なんて叫んでから半年が経とうとしていますが、わが家の大切な金融資産は未だに行き場がありません。
ということで、インターネットで有効な資産運用がないか必死に検索してみたので記事にさせてもらいます。

「資産運用」をキーワードに検索してみた


とりあえずインターネットの検索窓に『資産運用』と入力して検索してみたんですが、すると上から5つは広告で「ファンド」「アパート経営」「FX」「投資講座」などが表示されて、リアルに検索ヒットしているのが銀行サイトだったり、資産運用を紹介しているブログだったりなんですね。

さらに、広告も含めてほとんどのサイトを確認したんですが「お!これいいな」なんて思える情報は一つもなかったんです。まぁ、リスクをしっかりとれて積極運用を目指しているなら有効な情報もあるんだと思うんですが、ボクは比較的に安全志向なのでイマイチ活用できない情報ばかりだなっていう感じでした。

資産運用の情報って少なすぎない!?


こうやって改めて調べてみると、まともな資産運用の情報ってないんですよね。(不動産投資やリスク商材がまともじゃないって言っているわけではないので悪しからず…)

仕方なくネット銀行の定期預金の金利を確認しても「新規限定で3ヶ月0.5%」なんてものがあるくらいで、それ以外は良くても0.1%~0.3%がほとんど。例えそんなものに500万円預けたところで1万円になるかどうかってものなので、資金を動かすほうが煩わしいくらいですよね。

だって、3月に投資した『ゆうちょ銀行』の年間配当は今のところ50円/株なので800株をNISA口座で持っているわが家は年間4万円受け取れるんですよ。それなのに500万円も動かして1万円ではやる気も起きないですよね。

わが家の資産運用方針は?


「結局のところどうすんのよ?」ということなんですが、う~ん、やっぱり株式投資ですかね。先日アップした『100万円で3万円もらえる資産運用|あなたも始めませんか?』で紹介した通りメガバンク株でよろしいかと…

あとは『学資保険』ですかね。まぁ、これは小さいお子さんがいる場合に限りますが、10年以上使う予定のないお金があって行き場をなくしているようなら、一時払いの学資保険というのもありかもしれませんね。定期預金とかで資金を固定するよりは高利回りかもしれません。



いかがですか。
今回も結論出ずということです。ただ、資産運用の方向性としては「株式投資」ということに固まっていますので、あとはどのタイミングで資金を投入するかということだけですね。高値掴みしてしまうと長期スタンスで投資していると言っても精神的に辛くなってきますからね。しかし、ボク以外のブロガーさんもメガバンクを狙っている人がいるのでちょっと失敗するかもですね…
投資は自己責任ですよ!(笑)



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

金余り 満期 1000万円 株式投資 貯蓄 資産運用



こんにちは☆のっち☆です。
今までわが家ではルーチンで貯金をしていって100万円になると「定期預金」や「仕組預金」などの利率の良い金融商品へ預けてきたんです。そんな運用方法で最近まで資産を増やしてきたんですが、最近はそんなやり方が低金利のおかげでできなくなってきました。
今回はわが家にも起きている“金余り”について書かせてもらいますね。

定期預金がどんどん満期になってきた


みなさんは『金余り』って知っていますか?簡単に言ってしまえば「行き場のないお金」というものです。決して使い道がなく不要なわけではなく、“運用先が見つからない”という意味合いですので勘違いされないようにお願いしますね。

以前の記事『300万円の資産運用方法に悩んでいます…』や『【わが家の手持ち現金額公開!】どこに預ければいいのか真剣に考えてみた』でも書いたように、少し前からわが家では「運用先の見つからないお金」が滞留してきているんですが、現在はそのお金に加えて過去に高金利で運用していた資金が次から次に満期を迎えて、さらに増えてきています。しかも前回、考えた末に株式投資した資金はトランプショックのおかげで大幅に値上がりして、昨年末にすべて現金化してしまっているので、わが家のポートフォリオもグチャグチャになってしまいました。

そんな運用先のない資金は現在1000万円。将来的にも必要のないお金であれば散財してしまえばいいだけですが、この資金は10年以内に教育費として飛び立っていく大切な資金ですから無くすわけにもいかないわけなんですね。

10万円を捨てているようなもの


1000万円の資金はわが家の金融資産の60%ほど。そんな金額を現在は純粋に「貯蓄口座」に放り込んであるだけなんです。貯蓄口座に1000万円預けていても毎月もらえる利息は10円もありません。お金を持っていることに不満なんてないんですが、資金があって眠らせているだけなのがどうしても勿体なくてしかたないんですよね。

以前の記事『タンス貯金はとっても危険!安全なお金の保管方法』で書いたように、現在の銀行口座は安全にお金を保管しているだけですから、運用しているとは言えないわけです。仮に1000万円を年利1.0%で運用できれば、年間10万円を手にすることができるのにそれをしないということは10万円を捨てているようなものなんですよね。だからちょっと焦ってしまうんです。

夫が考える“これからの戦略”は?


「運用しなきゃ」って考えているのは、私以上に夫のほうが真剣です。あの人はほぼ毎日ずーっと考えているんじゃないでしょうかね。私が「どんどん満期になってくるね」なんて声をかけると「ね~。どうしよっかね」なんて返事してきますが、もうこの半年くらいはお手上げのようですね。

不動産投資を一度は検討したけれど、「投資用マンションへの投資は入り口がよくても出口が見えない」なんて言って断念していましたし、株式投資については「今の相場はちょっとおかしい」と言って全資金を引き揚げて様子見をしています。ネット銀行の定期預金にしても「たった0.2%~0.3%の利息目当てに1年も資金を固定できないよ」って完全に検討すらしませんしね。その結果が貯蓄口座へとりあえず資金を退避させている状態なんです。

そんな夫ですが“狙っているもの”はちゃんとあるようで、おそらくそれは「株式投資」なんじゃないかなって思います。
夫が言うには、現在の日経平均株価は“高値でのボックス相場”なんだそうです。そして「徐々に収れんしてきたからもう少しするとどっちかに動くよ」なんて意味不明なことを言っています。私には意味が分かりませんが、夫は投資するタイミングを待っているようで毎日株式のチャートをチェックしているんですよね。



いかがでしたでしょうか。
資産形成をしていくにはコツコツ貯めるだけではなく、効率の良い運用もしなくてはいけません。貯金で1.0%程度の利息を受け取れた5年前とは経済状況が随分違ってきているので、運用する金額を調整してリスク商品へ資金を回すことで低金利時代を上手に乗り越えられるかもしれませんね。現時点では「株式投資」「投資信託」「社債」という選択肢も視野に入れてみるのもありかもしれませんよ。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ