10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:転職

転職 採用 内定通知書 年収 世帯年収 転勤



こんにちは☆のっち☆です。
みなさんは転職をされたことありますか? 新入社員で入社した会社を定年まで勤め上げることができれば本当に素晴らしいことですよね。だって、経験値も退職金の積み上げも何ひとつムダにはなりませんからね。ただ、最近では転職することで給料アップを狙うステップアップ転職をする人も少なくはありません。
今回はそんなステップアップ転職ではなく、大幅な年収ダウンというステップダウン転職をした佐藤さん(仮名)のお話です。実はこの佐藤さん、年齢は40歳なんです。

40歳での転職


僕は金融業に勤めるサラリーマン。40歳で課長職、今の年収は680万円。5年ほど前に都内にマンションを購入し、妻と娘の3人暮らしだ。もちろん680万円では住宅ローンを払って3人で生活していくなんて厳しいから妻にも働いてもらっている。そのおかげで世帯年収では900万円強になるから、まずまずの生活水準で生活できているんだ。

そんな安定した生活を送っている僕だけれど、今回「転職」をしようと思っている。

理由は色々あるんだけれども、まず金融業って“転勤”が絶対にあるんだよね。地方へ転勤なんてことになったら、僕は単身赴任になる。家族との時間を大切にしたいって思っているのにそんなことになったら、生きている意味さえ見失ってしまいそうだよ。
転勤をしない仕事に就けるなら年収が多少下がってもいいと思っているんだ。

130万円も年収ダウン


ちょっと簡単に考えていたかもしれない。。。運良く転職先が決まったものの年収は550万円だというんだ。やっぱり40歳での転職には無理があるのだろうか…


実はそうではないんだよね。
僕は今回の転職が4回目、今度が5社目になるんだけど3社目のときの業界へ戻るような転職になるんだ。3社目の時に僕の仕事ぶりを見ていてくれた次の会社の社長が「転職するならぜひウチに!」なんて言ってくれたんだよね。ヘッドハンティングではないけれど、選考すべてが採用前提で進んでいったから転職活動自体はすごく楽チンだったんだ。
それでも年収はシビアに550万円。社内の重要ポジションが空いていて、その席に座ってもらうために入社するなら年収は横ばいだったらしいけど、今回は僕の席を無理矢理作ってもらう形だから、ポジションも低めからスタートになるんだそうだ。

別にいいさ、転勤が無くなるんだったら。僕の年収は下がっても世帯年収だと800万円ほどになる。食べていけるよ。

幹部候補での採用だった


入社時年収550万円と厳しい条件だったけれども、実はウラ話をされていて3年後、5年後の年収も提示されているんだ。

提示されている金額は3年後700万円、5年後850万円。役職では3年後“課長”、5年後“次長”。将来的には“取締役”になってもらいたいという話まででている。最後の将来的な話は眉唾ものの話のような気もするから聞き流したとして、5年後に850万円なら目の前が550万円に下がったとしても我慢できるよね。何よりも“転勤”が無くなって生活が落ち着くし、年収が下がっている期間でも妻の収入が安定しているから食べてもいける。アラフォーになると大切にしたいことを叶えながら仕事ができるように望んでいくものだから、それが叶えられる今回の転職は大成功なんだと思うよ。



いかがでしたでしょうか。
40歳で転職した佐藤さん。年収が130万円も下がるなんて「やっぱり40歳超での転職は厳しいな」と思わせる条件でしたが、佐藤さんにおいてはしっかりウラ話もされていて恵まれた転職のようです。逆に考えると、そんなウラ話がない40歳オーバーでの強引な転職はするべきではないということですね。ましてや、今の仕事から逃げるための転職は厳禁です。身を滅ぼす、家庭を滅ぼす危険が伴いますよ!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

子育て マイホーム 転職 メンター



前編からのつづき


前編ではN君が結婚するまでを追いかけてみました。「結婚式はクレジットカードを使え」「結婚したら家計を握れ」とアドバイスしている我が夫は何者なんでしょうか(笑)

N君に第一子ができたよ


そんな薄っすらと夫をリスペクトしているN君ですが、幸せな新婚生活と共にめでたく子供ができたそうです。それまで共働きだった奥さんは産休に入り、出産後は育休を利用して子育てに専念しているそうです。

年収450万円のN君は毎月23万円ほどの手取りです。そこに奥さんの収入18万円が加わって世帯手取り40万円ほどで生活をしていたのに、産休や育休に入ると一気にシングルインカムになります。N君の23万円と奥さんの手当で5万円~10万円です。一気に生活水準が下がってしまいますが、これまたN君は夫のアドバイスでこの危機を乗り越えます。

それは“奥さんを実家に帰らせて家計の支出を極限まで下げる”というもの。
N君の奥さんは北関東出身、N君自身も関西出身なので両親が助けに来てくれることは期待できない中で、出産間もない奥さんを家庭においておくのはお金だけでなくN家にとってはあまりにも負担が大きかったそうです。そこでN君は「実家に帰って義母・義父に助けてもらおうか…」と奥さんに提案して里帰り出産をするように勧めたんです。そうすることで、N君自身も奥さんがいれば極限の節約はできなくても自分一人であればなんとでもなると思って、徹底的に生活を切り詰めたみたいですね。

N君がマイホームを買うらしい


そして、子供が生まれて1年後のこと。奥さんと子供が無事に帰ってきたN君から家を買おうかと考えていると相談があったそうです。
そもそも“持ち家派”の夫は即答で「買ったほうがいいよ。戸建てをね」とアドバイス。「駐車場代がかからない」「アパートよりも生活音が静か」「ローン支払いも家賃と大して変わらない」「生活の基盤ができる」など、N君の現状と比較して考えられるメリットを並べて購入意思を固めさせたそうです。

さらに、「仲介業者はこうやって見つけるんだ」「建売物件の立てる前のヤツを買え」「今は考えていなくても売る時のことを考えて物件を選べ」とアドバイスしたそうです。 (…ほんと、この人何者なんでしょうか。。。)

確かに、不動産購入に失敗していない現状のわが家の不動産事情を聞いたN君からすれば信じることのできる経験者からのアドバイスですから素直に行動に移せたようですね。まずは信頼できる不動産屋をしっかり探し、時間をかけて希望エリアからの建売物件が出るのを待ち、数カ月後に不動産屋から話が出た瞬間に契約したそうです。
購入した時はN君が35歳。35年の住宅ローンを組んで70歳完済です。その完済年齢に不安のあったN君へ夫は「5年位は繰上げ返済すればすぐに縮まるから平気でしょ」と伝えて安心させたらしいです。まぁ、実際のところ3,000万円を2.0%で借りた場合、5年後に350万円の繰上げ返済ができれば返済期間を5年間短縮できます。5年後に350万円ですから、年間70万円です。奥さんが復職した共働き家計のN家ではまったく無理のない金額です。

N君が転職しました…


それから1年後のこと、定例飲み会の席でN君が夫に「転職しようと思います」と伝えたそうです。

夫は「あっ、やっぱり?」って答えたそうです。
というのも、夫自身もその数年前にその会社を退社して転職していましたから、N君が後に続いた形でなんですね。勤務先が変わっても飲み会が定期的にあるということのほうが私には驚きでしたが…

そしてN君から聞いた退職日予定は6月末。「ボーナスを貰ってから辞めようと考えています」というN君に夫は「う~ん。あと1ヶ月伸ばしたら?」と。なぜ?と聞くN君に「総務部がボーナスの入金処理を完了するまで言わないで終わったタイミングで退職願を出すんだよ。辞めるのが分かってる奴に満額はくれないでしょ」と実体験も踏まえて教えたそうです。

会社を退職するとき“円満退社”を誰もが目指します。ただ、実際のところは“円満”なんてあり得ないんです。今後、関係がなくなる人間と円満な関係性を築く必要が職場の上司にも会社にもありません。雇用されるということは労働をお金で買ってもらっているような関係ですから、遠慮せずに契約した雇用条件(就業規則など)に則って正々堂々と主張するべきなんですね。あくまでも冷静に粛々と主張することが必要ですよ。そう主張することで会社側が嫌がらせをすることもできませんが、転職先が同業であったりすると変な噂を流されたりもしますからやり過ぎには注意が必要です。



いかがでしたでしょうか。
別々の会社になっても交流の続くN君。無事に転職に成功して年収も100万円以上あがったそうです。そして、現在のN君は「住宅ローンの繰上げ返済」と「資産運用」に注力中。転職に成功したおかげで住宅ローンを60歳完済にまで短縮させると意気込んでいるみたいですね。N君にとっては夫がぴったりのメンターだったのでしょうね。ぜひみなさんも身近なところでメンターを見つけられたらいいですね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

98e6cf6393c25cedad53fc9c50468891_s

どうも夫です。
現代のサラリーマンにとって「転職」はネガティブ行動ではなく、“スキル”や“収入”など様々な面を好転させるためのポジティブ行動として認識されるようになってきました。大手転職支援サービスの『マイナビ』や『リクナビNEXT』など数多くの転職支援企業が存在するのも、こういった時代背景そのものだと思います。
今回は決して悪いことではない「転職」ですが、一歩間違えると家計破綻へとつながる恐ろしさを含んでいます。転職を考えられているみなさんは本記事を参考にぜひよい転職を目指してください!

退職日には注意が必要


転職するためには現職を退職する必要がありますが、その「退職日」には細心の注意が必要です。というのも、社会保険料の勘定はその所属する会社に“月末”に在籍しているかが問題になります。もし退職する月の月末が土日で、退職企業から金曜日付けの退職を勧められたとしても、頑として“月末最終日”の退職として手続きとしてください。この“月末最終日”に在籍しているかどうかで雇用保険や年金などが加入期間が継続されるか中断されるか決まります。
月末の退職は必ず“月末最終日”での手続きを行いましょう!

転職によって向こう1年の賞与は期待できない


賞与支給のある多くの企業では、賞与の算出対象日を6月支給分は10月~3月、12月支給分を4月~9月の在籍期間を対象に算出します。もしあなたが6月1日入社した場合、入社したばかりの6月賞与は支給対象外。その年の12月賞与も対象期間の2/3しか在籍していないため、満額支給にはなりません。つまり、6月入社したあなたが満額の賞与を手にするのは入社丸1年後の翌年6月になります。
賞与受給を切り口に退職するベストタイミングを考えると、賞与支給日に退職届を提出し早々に退職、翌月から転職先にて勤務開始という強行転職が一番無駄のないタイミングになります。算定期間に在籍していたとしても賞与支給日に在籍していなければ賞与の支給はありません。少なくても、直近賞与を手にしてから退職届を出すことを心掛けましょう。

転職後の定期昇給は期待するな!


転職時の給与には入社後の期待値も含まれた金額になっているものです。つまり、転職直後に入社した会社の期待以上の成果を上げられなければ翌年の基本給アップは見込むことはできません。転職時に提示された給与は入社後2年間変わらないものという認識が必要になります。

転職癖は家計破綻への近道


前項の賞与・昇給の内容通り、転職後1年間は満額賞与も定期昇給も見込めません。つまり、転職を5回した人は純粋に5年間分の賞与と条件アップのチャンスを自ら捨ててしまっているようなものです。1年間で賞与を60万円貰えるとしたら「賞与300万円」。定期昇給で5,000円上がるとしたら「毎月25,000円」分の基本給アップを諦めて転職していることになります。
“現職から離れられればそれでいい”と安易に考えず、将来に貰えるはずのお金の分もしっかり考慮した上で転職活動を行いたいものです。


いかがでしたでしょうか。
転職することにある程度の理解が得られた現代では気軽に転職することができます。しかし、仕事を手にする以外にも生活を送っていく中で非常に重要な事柄があります。“社会保険”“年金”“貯蓄計画”さらには住宅ローンや保険料などの“賞与での支払い”。すべての計画を遂行できる条件と環境が揃ったときこそが「転職」のチャンス到来となります。一歩間違えるとライフプランがズタズタになる「転職」。これ以上ないくらい熟考して行動に移しましょう!



 クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  

このページのトップヘ