10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:資産管理

住宅費 住居費 資産形成 家計管理 資産管理 家賃



どうも夫です。
久々の更新でみなさん、申し訳ありません。ただ、このブログ更新が止まっていた約5ヶ月間で“どうしてわが家はお金に余裕が生まれたんだろう”と考えることもできましたので、今回はそんな記事を書かせていただきます。記事後半では“住宅費”を抑えるコツを伝授させていただきます。

資産形成のキモは“住宅費”だ!



本記事のタイトルにもバシッと書かせていただきましたが、家計管理上で一番影響の大きなものは“住宅費”だと改めて感じています。世帯月収が30万円だとして、家賃(ローン)が10万円なのと、15万円なのでは大違いです。“住宅費”は固定費の代表格でありながら、人生においても三大支出に入る支出ですから、ここをしっかり抑えられるか否かで家計の将来も変わってくるんです。

職場の同僚、後輩の話を聞いていると、そんな重要な“住宅費”なのに意外とまともに考えられている人が少ないんですよね。「住宅費は高くて当たり前」「家賃の高い部屋に住んでいることがステータス」「●●●●万円のローンが組めた。俺って意外と信用力があったんだよ」などなど、知らん顔をして聞いていながら、内心「コイツ等アホか…」って思ってしまうほどです。コストなんて安ければ安いほど良いに決まっています。

もう一度書きますね。将来的にその家計がしっかりとした資産形成ができるかは、“住宅費”をいかに抑えるかにかかっているんですよ。

“余裕なスパイラル”に入るとラクしてお金は貯まる!



ブログの更新が止まっているのも、みなさんにお届けできる新しくて有用な記事がこれ以上ないと感じているから…このブログを最初から読み返してもらって実行したら、おそらく家計管理では困らないレベルに達すると思っています。実際に過去に借金だらけだった友人をブログを通じて改善させたこともありますからね…

お金って不思議なもので、苦しい水準とラクになる水準が微妙なんですよね。例えば、年収550万円が600万円になるだけですごくラクになったりするんです。たったの50万円です、そんな50万円で家計管理に余裕ができていろんな部分が満たされていくんですよね。逆に、550万円の人が520万円になるだけで普通水準の生活が一気に貧しさを感じる生活へ落ちてしまうこともあります。

この僅かな金額が生活を左右してしまうのであれば、その数万円を現状の収入と支出から生み出せばいいだけですよね。簡単な話なんです。家賃(ローン)、保険料、通信費あたりを本気で見直せば多くの家計なら捻出できると思いますよ。詳しくは過去記事をご覧くださいね。

“住宅費”を抑える3つのコツ



“住宅費”を抑えるといわれてもどうしていいか分かりませんよね。ということで、今回は即効性のあるコツを3つ紹介させてもらいます。このブログで昔から何度も書いている項目なのでご存知の方も多いかと思いますが、やっぱりこれが重要なんですよ。

まず一つ目。それは「若いうちに買うこと」です。
わが家の“住宅費”は毎月10万円を下回っています。東京都内、山手線の内側の一戸建て、駐車場付きでです。もちろん不動産相場の底の時に運良く購入できたということもありますが、20代で購入し借り換えや繰り上げ返済を無理のない程度でもコツコツしてきた結果です。これが40代で購入していたらこんなにうまくはいっていないでしょうね。

二つ目。「会社の補助制度をフル活用する」です。
ボクが以前勤めていた会社では、“借り上げ社宅制度”というものがあって、9万円まで一割負担で住むことができる制度でした。2DKのアパートに9000円で住めるわけですね。当時の世帯月収は夫婦で40万円弱と安月給でしたが、この制度のおかげで生活費には39万円ほど使えるわけですから生活は本当に余裕でした。当時は毎月20万円近くの貯金ができましたよ。

そして、三つ目。「マンションは買わない」です。
まぁ、このことについては賛否両論あるかと思いますが、ボクは絶対にマンションは買いません。なぜなら、生きている間、住んでいる間“永遠にコストがかかる”からです。一戸建てなら修繕するのは自分次第です。老後になってお金がないのにフルリフォームなんてしませんよね。なのに、マンションは個人の状況なんてお構いなしに修繕を行います。そして修繕費が足りなくなれば一時金として強制的に徴収されます。さらには、管理費も発生しますよね。詳細は過去記事をご覧いただければと思いますが、ボクは絶対にマンションは買いません。



いかがでしたか。
記事の更新をしばらくお休みしている間に「どうしてお金に余裕が生まれるんだろう」と考えて、たどり着いた結論が“住宅費”でした。このライフステージにかかわらず生きている間発生するコストをいかに抑えられるかが人生最大の資産管理につながると確信しています。ぜひ貴方も一日も早い決断をしてくださいね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

投資 資産運用 資産形成 リスク リターン


どうも夫です。
資産形成をしていくうえで誰もが通る道なのが“資産運用”。では、いくらの貯金ができたら資産運用を始めるのか… 各家庭の状況にもよりますが、勘違いしないでいただきたいのは銀行へお金を預ける行為も資産運用のひとつだということ。資金を銀行で運用して利息を受け取るわけですからね。例えそれが0.001%であったとしてもです。
今回は資産運用について書かせていただきますね。

資産運用の種類とリスクとリターン


みなさん、資産運用と聞くと何を思い浮かべますか?おそらく「株式投資」「投資信託」「外貨預金」「金投資」「不動産投資」「MMF」「国債・社債」などだと思いますが、まさにその通りです。一般家庭であればそれだけの種類でまったく問題がありません。わが家でも利用しているのは株式、投資信託、社債だけですからね。もちろん資産レベルが億の単位になったらそれ以外も必要かもしれませんが。。。

いろいろ投資対象がありますが何が違うかというと、投資する対象が違うことでリスクに違いがあり“リスクが高いほどリターンが大きく”なります。銀行金利が低いのも預けておけばほぼ損失を受けることもないからで、逆に不動産投資の利回りが高いのは物件の値下がりリスクや空室リスクなど損をする可能性が高いからこそなんですね。

あなたの目標次第。これに投資しなさいという決まりはない


では、投資するのに資産規模でのルールってあるのでしょうか。0(ゼロ)から資産を築いた人にとってはいくら貯まったら何に投資したらいいのか不安になるかもしれません。ボクも初めはそう思いながら、投資といえば株式投資だと思い込んで投資を始めたものでしたが、結局、予想以上の損失に耐え切れず一時撤退を余儀なくされたものです。

つまり、資産運用するときに投資する対象というのは人それぞれ。どのくらいのリターンが欲しいのかという切り口で投資対象を選定すればいいと思います。以下に主な目標リターンを示させていただきますね。


◯ 株式投資 → 3%
◯ 投資信託 → 5%
◯ 不動産投資 → 10%
◯ 社債 → 1%


これ以外の投資対象は金利や利回りが表記されていますから比較できると思います。また、株式でも信用取引で頻繁にトレードしたり、投資信託でもリスクの高い商品などは上手くやれば利回りが格段に上がります。

ポートフォリオは考えないといけない


『卵はひとつの篭に盛るな』という投資格言があります。これをお金に言い換えると『全財産を一つの投資対象に投入するな』ということです。1,000万円の貯蓄があっても何も考えずにすべてを銀行預金に預けていたり、はたまた株式に全額投資したりと偏ってはいけないということですね。

では、一般家庭においてどのようなポートフォリオ(資産構成)を組めば良いのでしょうか。具体的には保有資産の額によって比率を随時見直していく必要がありますが、投資初心者の家庭では以下の様な構成が安全かつリターンも見込めて良いのではないかと考えています。


種類構成比率目標リターン
預貯金(定期預金含む)60%0.5%
株式投資20%3%
貯蓄型保険20%10%



これは相当な安全重視のポートフォリオです。リスクを取っているものは株式投資のみですからね。なのに、そこそこのリターンを確実に手に入れることができます。

“預貯金”については銀行貯金となりますが、その中でも生活費の6ヶ月分は普通預金に入れておきましょう。これは不慮の事故や病気などで収入が途絶えた時の非常用貯金。毎月20万円で生活されている家庭であれば120万円は確保しましょう。
“株式投資”は配当金狙いがオススメです。「東証一部銘柄」「配当利回り3%以上」さらに「PBR1.0倍以下」を追加するとより確実な銘柄選定ができるかもしれませんね。
“貯蓄型保険”は学資保険や介護保険、個人年金保険などです。満期時のリターンは10%以上を目指せますが、加入から満期までの期間が長期間になりその間は睡眠資金となります。あくまでも余裕資金で10年、20年使わなくても大丈夫そうな金額で始めることが鉄則です。



いかがでしたか。
資産運用とは作り上げた資産を運用することで資産をより大きな物へ成長させることです。日々の家計管理、資産管理を行い資産形成したのちにできあがった資産を運用することは必要なことですよね。また、資産形成をしている最中にまとまった資金ができれば積極的に資産運用することで資産形成のスピードを上げることもできます。一概に“資産運用”と言いますが、各家庭の状況によって同じものはありません。言い換えると、自分自身で考え行動しなければいけないわけですね。資産を運用する重要性を理解しておけば、時が来たときにしっかりと行動できます。どの程度リスクが取れてどのくらいのリターンが欲しいのかは資産管理をしっかりできていないと見えてこないものですから、資産管理は重要なんですね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

家計管理 夫婦


こんにちは☆のっち☆です。
みなさんは“家計管理”と“資産管理”違いってご存知ですか?
実のところ“家計管理”の中に“資産管理”は含まれるようなのですが、この二つを夫婦で上手に分担して家族の未来予想図を確実に共有してみてはいかがでしょうか。
今回は人任せをやめるだけで理想の将来を実現させることをテーマに書かせてもらいます。

“家計管理”と“資産管理”の違いを明確にしてみよう!


では、“家計管理”“資産管理”を以下のように分けてみたいと思います。

◯ 家計管理:「毎月の生活費の管理」
毎月の食費や雑費、外食費や交際費など日々の生活の中で発生する支出全般を予算内に収めるための管理です。言い換えれば、家計のやりくりをする担当になりますね。

◯ 資産管理:「予算配分、資産全般の管理と将来構想」
家族のキャッシュフロー表に基いて将来の資産形成を図ります。将来目指す資産額から逆算して毎月の予算配分をしたり、住宅ローンなどの長期的なお金の動きを把握します。また、金融資産のポートフォリオ(資産構成)を組んだりするのもこの係です。

夫婦で上手に分担しよう!


家計と資産を一人で管理するようにすると相当な負担とプレッシャーがかかります。管理を任された担当者は将来の資産形成を実現させるために日々の生活にまで落とし込んで節約に励むことになります。なんとか予算に収めようとする担当者は、いずれ何も知らずに浪費してくる相方に不満を抱くようになり夫婦の歯車が狂い始め… などと想像しなくてもいいようにしっかりと役割分担することがオススメです。

食材の買い出しや家族で出かけた時にメインで財布を握るほうを家計管理担当。そして、もう片方が資産管理を担当すれば改めて夫婦間の習慣を変えることなく取り組めると思いますよ。

我が家ではこうやって分担しています


我が家では結婚当初から意識することなく“家計管理”と“資産管理”の担当を分担できていました。というのも、共働きだったことと夫は料理が全くできなかったので自然と料理は私の役割でした。仕事帰りに食材を買ったり、外食のときは私が払ったりと「食」に関するお金は私が払っていたんですね。その代わり、キャッシュフロー表を作ったり、住宅ローンや生命保険を比較して改善したりと、長期間に渡るお金の管理は夫が自発的にやっていたのでそのまま資産管理を彼がやるようになったんです。

今では当たり前のようになった我が家の家計管理の仕組みも、始めの頃は「あーでもないこーでもない」と夫婦二人で家計管理表を見ながら予算配分したものです。一度、予算配分が決まればそれを徹底して守り、変更を加えるときは必ず二人で決める。これが我が家の結婚当初から変わらない基本ルールです。一方的に夫に任せているように見えるかと思いますが、意外と私も家計管理に参加してるんですよ!


いかがでしたでしょうか。
以前の記事『共働き家計が成功する5つの秘訣』では家計管理者を決めて管理しなくちゃいけないと書いていますが、その管理する予算作成は夫婦でやらなくてはいけません。夫婦二人で決めた予算なんだから二人共守らなくちゃという意識もできるものですね。
いかに平等で無理の少ない管理ができるかが将来に繋がりますよ!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ