10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:資産価値

住居費 マンション 戸建て 耐用年数 資産価値 賃貸派 マイカー

どうも夫です。
過去記事『住宅費が資産形成のキモ!これさえ抑えられたら人生、勝てるゾ』を書かせていただいたときにあるメッセージをいただきました。読者のみなさんにも参考になると思うので、記事にさせていただきますね。

素晴らしいご指摘のメッセージでした


このブログも細々と続けさせていただいて丸3年が経ちました。おかげさまで今までに数多くの方がご覧いただき、PC版限定ではありますがメッセージをいただくことも増えてきました。その多くは応援や「参考になった」的なものなんですが、中には今回のようなご指摘をいただくこともあります。

今回、記事にさせていただこうと思ったのは、完全に“マンション派”の方からのメッセージで、マンション業者から言われたことを鵜呑みにしてしまってマンション購入をしてしまった方か、マンション業者自身からのものではないかと思ってしまうほどの内容でしたので、これから不動産購入を考えている方に参考となるように、ご指摘の項目に対してボクなりに一つひとつお答えしてきたいと思います。

メッセージへのお返事コーナー


■ 戸建ては耐用年数が20年であっという間に資産価値がゼロになる

耐用年数」というものは、固定資産税を計算するための期間であって中古物件として売買される場合の価値ではないですよね。実際に築20年の中古物件価格を確認しても土地代だけではない値段が付加されています。
ちなみに、マンションの耐用年数は「47年」。それだけ丈夫で長く住めるということだと思いますが、資産価値が認められるのでもちろん固定資産税は徴収され続けられます。しかも、いろいろ調べてみると“経済的耐用年数”“社会的耐用年数”の関係で丈夫なはずのマンションでも現在は約30年程度で建て替えられている物件が多いみたいですね。


■ マンションは50年以上住めるし、駅近でマイカーもいらない

50年以上住めるかはあなた自身が50年以上住んでから言ってほしいものです。頑張って50年住んだとしてそのマンションは相当スラム化していると思いますし、40歳で買っていたら90歳ですね。修繕費用関連に不安はないのでしょうか…
それと、駅近の物件なんて最近はないですよねぇ。あっても高い。駅徒歩10~20分とかマンション独自のシャトルバスだとか、そんな物件もあるくらいです。現在は戸建ての方が安く買えることが増えている気がします。ついでにマイカーはボクの趣味です。それに使うお金は特に気にしていないし、多くの人は駅が遠いから所有しているわけではないと思うのですが…。


■ 売却する場合もマンションは値下がりしない

本当ですか?何を根拠に言っているのか…。建物は腐っても土地は腐らないというのに…。マンション業者さんのようなコメントですね。

■ 戸建ては災害、訪問販売の対応、防犯にも弱い

災害時の建物的な強度では鉄筋と木造での比較になりますから、やはり弱いと思います。戸建てでそこを求めるならRC構造の戸建てを建てればいいのではないですかね、お金かかりますけど…。
訪問販売は玄関を開けなければ同じこと。さらには、防犯はマンションのほうが弱いと思います。マンションは一度建物内に侵入されたら弱すぎます。というのも、戸建てよりもマンションのほうが地域の力が弱いからです。防犯の要はシステムではなく地域の力が最強なんですよ、知ってました?


■ 戸建てでもお金はかかる!

当たり前です(笑)

■ 共働きでこの程度なら残念な家計だから自慢するな!

それは大変失礼しました。あなたの素晴らしい家計を公開しているならURLを教えてください。こちらのブログでも紹介させていただきますよ。



いかがでしたか。
いただいたメッセージのおかげで余計にボクは“戸建て派”になってしました。もちろん、マンション派の考え方を否定しているわけではありません。ボクはマンションを買わないし、将来が不安すぎると思っているだけです。
戸建てを買うのか、マンションを買うのか、はたまた賃貸派で突き通すのか…。最終的に決めるのは個人の自由ですからね。あなたの人生で一番お得な方法を見つけてくださいね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

マンション 一戸建て 資産価値 修繕積立金 マンションは管理を買え



こんにちは☆のっち☆です。
多くの人が「いつかは…」と夢みるマイホームですが、都市部ではマンションが人気のようですね。なんてったって『立地』『セキュリティ』『駅近』『耐震』などは一戸建てよりも優れている物件が多いですからね。
ただ、そんなマンションですがいろいろ考えていたら怖くなってしまったので、そのことについてお伝えしますね。

マンションと一戸建ての違い


そもそもマンションと一戸建ての違いってどんなことがあるんでしょうか。以下にまとめてみました。


マンション一戸建て
駐車場有料無料
駐輪場有料無料
修繕タイミング10~15年10~15年
修繕費用毎月積立て(強制)外壁100万円程度
地域コミュニティ管理組合町内会
管理費有り無し
貸し出ししやすいしにくい
売却築古は難しいしやすい


ザッと挙げてみましたが、あくまでも私見ですのでご容赦くださいね。
細かく挙げればキリがありませんが、マンションと一戸建ての根本的な違いというのは集合住宅か否かですよね。マンションは集合住宅なので他の住民との共有スペースが存在しますから管理費や駐車場・駐輪場の有料化などが発生してしまいます。さらに、修繕をすると言ってもみんなで出資しあわなければいけないために「それならば毎月徴収しましょう」と修繕積立金を毎月強制的に徴収されることになっているんですね。
一方、一戸建てについては敷地内すべて自身の持ち物なので、駐車場代や駐輪場代なんてかかりません。修繕についても一切修繕しないで外壁が剥がれ落ち、雨漏りしていても直すかどうかは家主の判断になりますよね。

マンションの修繕は積立金で十分か!?


ところで、マンションにおける一番のリスクはやっぱり修繕費用ですよね。「マンションは管理を買え」と言われるほど、物件自体も大事ですがその後の管理状態が重要です。そして、その良い管理状態を維持するためには修繕積立金が計画通り積立され、計画通りの工事費用で修繕されなければいけないですよね。つまり、何事も計画通りに進まなければいけないわけです。

どういうことかと言いますと「一人でも滞納者が出てはいけない」「大規模修繕時の工事内容が計画と違ってはいけない」「工事価格が高騰してはいけない」「修繕計画自体が適切でなければいけない」など、修繕工事に関わる諸々の条件が計画通りに進捗していけなければ、将来的に必ず問題が起きてしまうということです。

実際は修繕積立金だけでは足りない!?


前述したように、マンションでも一戸建てでも修繕工事をするということは、経年劣化した箇所を補修・改修して建物の寿命を延ばす目的で実施されます。つまり、建物をメンテナンスして長くその家に住みたいという意志の現れになりますよね。

一戸建てであれば、10~15年程度で定期的に修繕していれば外壁、水回り、設備関係をある程度維持することは可能であることに対して、マンションはそうはいかないようです。
マンションは一戸建てと同等の期間で大規模修繕を実施していますが、大規模修繕を行う度に修繕費の予算が不足することがあって本来やるべき修繕を次回に先送りしたりするそうです。すると、次の修繕のときには前回やれなかった部分の修繕をやるので予算がさらに高くなります。そして、だいたい3回か4回目の大規模修繕をやるようなマンションでは何かしらの問題を抱えていることが多くなるそうです。修繕積立金の不足の解消方法は、住民からの一時負担金の徴収であったり、管理組合による金融機関からの借入れという手段があるようですね。

マンションによっては毎月の修繕積立金だけではなく、さらなる支出となることもあるということですね。

古いマンションは売ることもできない!?


1981年6月以前の旧耐震基準で建てられたマンションって、現行基準で建てられた物件よりも安くなるってことは理解できますか。だって、建物古いし、耐震基準の水準が低いわけですからね。さらに、そこに修繕積立金が不足しているような状況が加わってしまう物件は買い手がつかないということも容易に考えられますね。

つまり、古くて修繕積立金が足りていないマンションは売れないんです。売れないということは住み続けなくてはいけないのに、住民の高齢化が進んで住民の数が減っていってしまうと、もともと不足している修繕積立金が余計に不足します。そうすると、修繕がまったくできないマンションとなって、より売却のできない物件となる負のスパイラルに突入するわけですね。そんな築古マンションを買う人なんていないですよね。



いかがですか。
なんか勝手に妄想してしまいましたが、今もドンドン新しいマンションが建設されていますよね。これから人口が減るのにそんなにマンションを作ってどうするんでしょうか…
夫は「不動産の価値は土地だよ。土地の少ないマンションは価値が少ない」っていつも言っています。極端な意見かもしれませんが、マンションが将来抱える問題って大きいんじゃないかなって私も思います。マンション派のみなさん、ごめんなさい!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ