10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:資産

お金 資産 目を背けない 金融リテラシー 貯金



どうも夫です。
みなさんは夫婦間でお金の話をすることはあっても、家の外でお金の話ってあまりしませんよね。ましてや、具体的な金額での話なんて相当気の知れた相手であってもなかなか難しいものですね。
そんな誰に相談していいのか分からない“お金”についてこれだけはやっちゃダメですよという話をさせてもらいます。

“お金”のことばかり考えていると卑しい人間になってしまう!?


日本人って“お金”の話をすることを汚いことだと考えていますよね。だって、給料の話、貯金の話、借金の話など、普通に生活していて自然と聞こえてくることはまずありません。つまり、ボクたち日本人はお金の話を他人とすることを良しとしない風習があるということですね。

でもですよ、ボクたちの生活においてお金ってすごく大切なものですよね。仕事だってお金のために頑張っているし、お金がないと食べたいものも、着たい服も買えないわけです。どう考えてもお金は大切なわけですよ。そう言っても「いやいや、別に大切じゃないよ」と仰るのであればここで読むのをやめていただいて結構です。恐らく価値観が交わりませんからね…


お金についての記事を妻とともに今まで書いてきましたが、どう考えてもボクたちの生活を豊かにするためにはお金が必要なんです。しかも、お金は少ないよりは多いほうが確実に良いわけです。そんなことは誰もが理解しているのにお金の話をすると卑しいと思われてしまうのではないかと心配になるのは何故なのでしょうか。多くの人が頻繁に考えることなのに口に出せない…。それってどうしてなのでしょうか…

“お金”で優劣を付けられてしまう…


生きていく上で大切な“お金”について話すことになぜ多くの人は嫌悪感を抱くのでしょうか?

完全に私見でその理由の一つを申し上げると「持っているお金の量で人間としての優劣を付けられてしまうから」なのではないかと考えています。
例えば、自分よりも仕事の能力が低い同僚がいたとします。仕事においては何をさせても自分のほうが早くて正確。会社の評価も私のほうが断然良く、給料も私のほうが高い。それなのに、その同僚の実家は数世代前から続く資産家で一切お金に困っていない環境だとします。どんなに自分が職場で優位だとしても、生活するということにおいて優位なのは仕事のできないその同僚だということは間違いありませんよね。
だって自分は、仕事を覚えるために勤務中はもちろん、プライベートの時間まで仕事のことを考えて上司から評価してもらえるように仕事に邁進しているのに、一方でその同僚は仕事なんて頑張らなくても働いているという事実さえあれば世間体も保たれるし、生活は一族の不労所得もあり十分満たされるわけですよね。

つまり、どんなに仕事ができる人だとしてもお金の話をしてその人よりも劣ってしまうとそこで優劣が付いて負い目を感じてしまう恐れがあるわけです。昔から貧しい家庭が多かった日本ですから、お金に貪欲な人が多いはずなのにも関わらず、これだけ話題に上がらないこと自体に違和感を覚えませんか?

もっともっと雑談でお金について話せる環境になれるとまた変わった日本社会になれるんじゃないかと思います。もちろん、人それぞれ優劣なんてつくものではありませんが、お金の所有量だけで負い目を感じてしまう、敗北感を味わってしまうことがあっては寂しいものですよね。

“お金”から目を背けないで生きていこう


ボクは結婚してから家計管理・資産形成に興味を持ち、以前の記事『わが家の総資産はいくらになったのか…』でも報告した資産額を作ることができています。一代で築いた資産額では自分自身も満足の行く水準にまで増やすことができていますが、資産家の方からすればそんな額は微々たるものに過ぎません。所詮、どんなに頑張ってもそんなレベルなんですよ、ボクたち庶民のレベル感は…

悲観しているわけではなくて、庶民同士でどんなに競い合ったとしてもたかが知れているレベルの戦いなわけです。資産ゼロ同士が競い合って、年収が600万円と1000万円の差ができたとしても、大差ないということです。庶民は庶民、トランプのゲームじゃないからいきなりの大富豪にはなれないんですよね。

だからこそ「“お金”から目を背けてしまったらダメですよ」ということです。一吹きで消し飛ばされそうな資金力しかない一般家庭であれば、自身のお金から目を背けてしまうとあまりにも危険なわけです。いつ何が起きるか不安だからこそ、お金の管理は常に手を抜かないようにしなくてはいけないと考えています。

ボクらは庶民。資産家でもありません。ただ、この日本の社会をみんなが同じように平均寿命80歳代の人生を生きていかなければいけない。お金の話をすることは卑しいことだと誰とも話さずに結果として老後破綻するよりは、お金についてオープンな姿勢で多くの人から成功事例を取り入れた人のほうが間違いなく老後は安泰だと思います。

「お金について話すことは恥ずかしいことではない」という認識が世間一般になってくれれば、日本社会の金融リテラシーも一気に向上するんじゃないかと考えています。



いかがですか。
庶民の中でもある程度お金を所有できるようになると他人からの妬み、やっかみは自然と身近なものとなってきます。自分の距離の近い人ほどそんな態度をとることがありますよね。ただ、そんなことをする人間とはしっかりと距離を取り、自身の豊かな人生のためにお金という側面を強化するべきだと思います。今いる周りの人たちは将来あなたがお金に困っても困らないし、助けてもくれない存在だということをしっかりと認識しておきましょう。自分のことは自分で守るしかないからこそ、あなた自身のお金から目を背けてはいけないんですよ。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

81a195731c066a5b62d1024ca78da8e1_s


こんにちは☆のっち☆です。
前回『あなたはどっち?“持ち家派”or“賃貸派”』では持ち家と賃貸での費用と良し悪しを比較してみました。今回は“共働き”というキーワードを追加してどちらが得なのかに私なりの結論を出したいと思います。

共働きなら“住宅ローン控除”が二馬力!


もし家を買うぞと思ったら早い段階で耳にするはずの『住宅ローン控除』。現時点で適応されている制度は「対象借入限度額4,000万円」「毎年の控除率1.0%」「控除期間10年」で平成29年12月までに入居することが条件です。めちゃくちゃ端的にいうと“年間40万円まで払った税金が10年間還付される”ということです。
前回の例(3,000万円借入)で考えると、3ヶ月分のローン支払い分が控除で戻ってくる計算になります!すごいですね。

でも、じつはこれしっかり考えなくてはいけないのです…
前年の源泉徴収票の『源泉徴収税額』をご覧ください。30万円以上を納税されていますか?しかも、還付される税金は“所得税”であって、控除しきれない場合は“住民税”からも控除できますが、上限額が決まっているんです。ココ、意外と落とし穴です。

結論を言いますが… 「共働き家庭がマイホーム購入をするなら夫婦共有名義に!」ということです。購入が決まった時点で前年の納税額を確認し、還付金額が最大になるように持分比率を調整して夫婦それぞれで住宅ローン(ペアローン)を組むのです。こうすることで、購入後10年間の年末調整時は相当な額が還付されることになります。

早めに買って、老後勝ち組


就職間もないと年収も思ったほど多くはありません。30歳で500万円に到達できる方がどれくらいいるのでしょうか… そんな中、結婚し出産までトントンと進むととてもじゃないが住宅を購入するなんて考えも及びませんよね。

しかし、共働きであればそんな辛い時期も二人で力を合わせ乗り越えるだけでなく、住宅購入まで突っ走れるものなんです。夫400万円、妻300万円でも世帯収入は700万円。力を合わせれば40代一馬力家庭と同水準の生活を20代で手に入れられるわけです。であれば、住宅ローンも組むことが可能なのでマイホームを買えちゃうのです。

若くして住宅ローンを組めれば、50代で完済も可能。そして、子供の教育費と住宅ローンで疲弊した家計を定年までに修復させることができます。つまり、老後資金をしっかり蓄えることができるわけですね。

社会的信用が得られる“資産”になる


この点は共働きだけに限りませんが、賃貸では長年借り続けても何一つ自分のものになりませんが、購入し住宅ローンを完済さえしてしまえば、その不動産はあなた達のものです。駅近マンションであれば貸し出して家賃収入を得ることもできます。また、戸建てでも建物は老朽化してしまっても、土地は腐りませんね。人気エリアであれば土地価格だけで購入金額を上回り利益が出てしまうこともあるそうです。

賃貸では得ることのできない不動産資産は、場合によっては負の資産にもなりますがほとんどの場合は財産になります。これはあるのとないのとでは将来違ってくると私は信じています。


いかがでしたでしょうか。
我が家もバリバリの“持ち家派”で、戸建てを購入して早10年以上が経ちます。現在は私達が購入した時よりも金利が下がっています。多くの方の腰が引けて買い出動できない今だからこそ、素晴らしい物件に会えるチャンスかもしれませんね。



 クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  

健康 資産 収入 生涯年収 節約



こんにちは、☆のっち☆です。
みなさん、健康には気をつけられていますか? 私の勤める会社の男性陣は約20%の割合で肝機能に異常があるんです。これを営業職に限って見てみると約40%までになります。お仕事でお酒を飲む機会が多いから余計に身体を痛めているのかもしれませんが、30代で毎年二次検査なんて将来が心配すぎますよね。
今回は「健康がすべての基礎となっている」というお話をさせていただきますね。

健康でなければお金は意味がない


いきなり結論のようなことを言いますが「健康でなければお金は意味がない」ということです。中には「お金がなければ病気にも勝てないじゃないか」と言う方もいるかもしれませんし、それも間違ってはいません。ただ、私たちアラフォー世代の人たちで今、節約して貯蓄に励んでいる人々は病気対策でお金を貯めているんでしょうか?

違いますよね。
「旅行に行きたい」「良い物を買いたい」「良い生活をしたい」「ひもじい思いをしたくない」などなど、生活水準を向上させたかったり、将来の生活の担保として貯蓄に励んでいるんだと思います。

そんな中、ある日突然働けないくらいの重病となり入院生活が続いてしまったらどうなるでしょうか?
お仕事は有給休暇やさまざまな手当で最初のうちは収入もありますが、それも長くて数ヶ月。もちろんこれはサラリーマンの場合で、自営業だと働けなくなった時点で収入は止まってしまいます。貯金を2000万円持っているとして、手取り年収500万円の人だと僅か4年でお金が尽きてしまう計算になります。それに加えて治療費がかかってきてしまいますから、2000万円という大きな金額の貯金を持っていたとしても働けなければ僅か数年で無くなってしまうわけですね。

この部分は、以前の記事『“健康”こそもっとも大切な資産なんです』『働き続けることが最大の資産形成術』でお伝えしたように、いかに健康で働き続けることができるかが重要になります。

健康なのに腰が曲がるだけで弱ってしまう


これは夫の父の話です。
義父は現在80歳。70歳まで雇用延長とパート勤めで働き続けました。それまではちょっと血圧が高い程度で大きな病気もせず健康そのもの。「戦前生まれは強いんだよ」なんて言いながら本当によく働いてました。
そんな義父でも、最近では腰が曲がってしまい動くことすらままなりません。少し前までは杖があればある程度歩いて出かけていたものが、腰が曲がることで腕がしびれて外出する気力が失せてしまっているんです。

すると高齢ですからどんどん弱っていってしまいます。食事の量が減り、筋肉が落ち、気力が失われ…。最近は「お金があっても使いみちがない。出かけないし、物欲もないからね」って言いながらずっと家で座っています。
そんな義父を見ながら「いくらお金があってもこの状況は打破できないし、逆にこの状況になってしまったらお金なんてあまり必要ないんだな」って思ってしまいますね。

お金ばかり追い求めても意味がない


私たち一般人がどんなにお金を追いかけて、支出を徹底的に抑えて貯蓄に励んだとしても目指せるところはどのくらいなんでしょうか?
世間一般のサラリーマンでは生涯年収は3億円にも届きませんから、頑張ってもそれ以上は貯蓄できませんよね。必死に頑張って1億円貯蓄したとしても、その金額では現状の生活とほぼ変わらないでしょうね。本当のお金持ちは資産がお金を生み、そのお金で生活するんです。1億円ではそれはできませんからね。

つまり、何よりも大切なことは安定した収入を止めないこと。そして、サラリーマン人生を無事にゴールできたとしても健康に気をつけなければ、お金に余裕があったとしてもまったく楽しめないことになります。
若いうちから健康診断で引っかかってしまっているようでは将来が不安でなりません。いつそれがきっかけで大病になってしまうかは分かりませんし、発症してしまってからでは手遅れです。健康で普通の生活を送れることを最優先に生活していきましょう。



いかがでしたでしょうか。
年収にこだわるあまり休暇も取らず頑張る人がいます。支出を徹底的に抑えるために不健康な生活を送る人がいます。
元気なうちは“健康”というものを当然のようにみんなが持っているものですから安易に考えてしまいますが、失ってしまうと一番困るものはその“健康”なんです。健康な体があってこそ、頑張って貯めたお金で楽しめるんです。お金はあるけど不健康なんていう人生にならないように気をつけましょうね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ