10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:賃貸派

住居費 マンション 戸建て 耐用年数 資産価値 賃貸派 マイカー

どうも夫です。
過去記事『住宅費が資産形成のキモ!これさえ抑えられたら人生、勝てるゾ』を書かせていただいたときにあるメッセージをいただきました。読者のみなさんにも参考になると思うので、記事にさせていただきますね。

素晴らしいご指摘のメッセージでした


このブログも細々と続けさせていただいて丸3年が経ちました。おかげさまで今までに数多くの方がご覧いただき、PC版限定ではありますがメッセージをいただくことも増えてきました。その多くは応援や「参考になった」的なものなんですが、中には今回のようなご指摘をいただくこともあります。

今回、記事にさせていただこうと思ったのは、完全に“マンション派”の方からのメッセージで、マンション業者から言われたことを鵜呑みにしてしまってマンション購入をしてしまった方か、マンション業者自身からのものではないかと思ってしまうほどの内容でしたので、これから不動産購入を考えている方に参考となるように、ご指摘の項目に対してボクなりに一つひとつお答えしてきたいと思います。

メッセージへのお返事コーナー


■ 戸建ては耐用年数が20年であっという間に資産価値がゼロになる

耐用年数」というものは、固定資産税を計算するための期間であって中古物件として売買される場合の価値ではないですよね。実際に築20年の中古物件価格を確認しても土地代だけではない値段が付加されています。
ちなみに、マンションの耐用年数は「47年」。それだけ丈夫で長く住めるということだと思いますが、資産価値が認められるのでもちろん固定資産税は徴収され続けられます。しかも、いろいろ調べてみると“経済的耐用年数”“社会的耐用年数”の関係で丈夫なはずのマンションでも現在は約30年程度で建て替えられている物件が多いみたいですね。


■ マンションは50年以上住めるし、駅近でマイカーもいらない

50年以上住めるかはあなた自身が50年以上住んでから言ってほしいものです。頑張って50年住んだとしてそのマンションは相当スラム化していると思いますし、40歳で買っていたら90歳ですね。修繕費用関連に不安はないのでしょうか…
それと、駅近の物件なんて最近はないですよねぇ。あっても高い。駅徒歩10~20分とかマンション独自のシャトルバスだとか、そんな物件もあるくらいです。現在は戸建ての方が安く買えることが増えている気がします。ついでにマイカーはボクの趣味です。それに使うお金は特に気にしていないし、多くの人は駅が遠いから所有しているわけではないと思うのですが…。


■ 売却する場合もマンションは値下がりしない

本当ですか?何を根拠に言っているのか…。建物は腐っても土地は腐らないというのに…。マンション業者さんのようなコメントですね。

■ 戸建ては災害、訪問販売の対応、防犯にも弱い

災害時の建物的な強度では鉄筋と木造での比較になりますから、やはり弱いと思います。戸建てでそこを求めるならRC構造の戸建てを建てればいいのではないですかね、お金かかりますけど…。
訪問販売は玄関を開けなければ同じこと。さらには、防犯はマンションのほうが弱いと思います。マンションは一度建物内に侵入されたら弱すぎます。というのも、戸建てよりもマンションのほうが地域の力が弱いからです。防犯の要はシステムではなく地域の力が最強なんですよ、知ってました?


■ 戸建てでもお金はかかる!

当たり前です(笑)

■ 共働きでこの程度なら残念な家計だから自慢するな!

それは大変失礼しました。あなたの素晴らしい家計を公開しているならURLを教えてください。こちらのブログでも紹介させていただきますよ。



いかがでしたか。
いただいたメッセージのおかげで余計にボクは“戸建て派”になってしました。もちろん、マンション派の考え方を否定しているわけではありません。ボクはマンションを買わないし、将来が不安すぎると思っているだけです。
戸建てを買うのか、マンションを買うのか、はたまた賃貸派で突き通すのか…。最終的に決めるのは個人の自由ですからね。あなたの人生で一番お得な方法を見つけてくださいね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

住居費 住宅ローン 一括返済 繰上げ返済



どうも夫です。
みなさんは賃貸派ですか?それとも持ち家派ですか?
賃貸派の人は家賃いくらですか?持ち家派の人は住宅ローンいくら残っていますか?

今回はわが家の住宅ローン残高の改めて確認してちょっとうれしくなったお話です。

住宅ローンを組んだのは十数年前


わが家がマイホームを購入し住宅ローンとのおつき合いを始めたのはかれこれ十数年前のことです。当時はボクも26歳、ペアローンで組んだ住宅ローンは3700万円でした。詳しくは以前の記事『わが家の住宅ローンとのつきあい方… こうして楽になりました』で書かせてもらいましたが、繰上げ返済や2度の借り換えなどの紆余曲折を経て現在に至っています。

現在の住宅ローンの借入れ内容は2000万円を1.25%の15年固定という条件。15年固定ですが、返済期間をほぼカバーできる期間を固定しているので全期間固定といってもいいものになります。わが家は最初に借入れたときの条件が当初3年固定の金利条件で、固定期間満了時に相当痛い目に遭いましたのでそれ以降は全期間固定金利での借入れを絶対条件としているんですね。

現時点の住宅ローン残高を調べてみた


都内で最寄駅から徒歩10分以内、駐車場付きで70㎡以上のマイホームに、そんなこんなで現在、毎月10万円弱の返済で住んでいるわが家ですが、購入当初は3700万円の借入れがあったわけですね。あれから十数年、先日ふと思いついて住宅ローン残高を調べてみたんです。そしたら…

1830万円でした!


まぁ、冷静に考えれば数年前に2200万円だったわけですから、なんだかんだで現在のその残高ぐらいになるのかもしれませんが、改めて“1830万円”という金額を考えると「おぉ、半分になってる!」ということになるわけですね。よく頑張ったなと自分自身を褒めてあげたくなりましたよ。

全額一括返済も夢じゃない


現在の金融資産が1600万円ほどです。そして、わが家のキャッシュフロー表で将来を見てみると一年後には住宅ローンを全額一括返済ができる金融資産が貯まっている計算になっています。“住宅ローンの支払いが無い生活”を考えるとなんだかちょっと幸せになれますね。なので、具体的に考えてみたんです。


住宅ローンが無くなると…
・毎月10万円が家計から浮くから貯金額を増やせる
・現在15万円くらい貯金しているから25万円の貯金ができることになる
・25万円を毎月貯金してボーナスでも100万円貯金すると年間で400万円
・帰省費用とか使途不明金を50万円として年間350万円の貯金
・10年で3500万円、15年で5250万円が貯まる

でも、一括返済をすると…
・現時点の貯金がゼロになる
・上記の貯蓄計画は単純計算でライフイベント(進学・自動車・修繕など)のお金は含まれない
・今のまま払い続けるのと一括返済した場合の差額は200万円程度
・1.25%と低金利で借りれているので、それ以上の運用ができればそっちの方が得
・生命保険の追加加入も必要になる

といった流れで考えた結果、最後まで借り続けることにしました(笑)
貸してもらえているうちは借りておけばいいかと…。一括返済して手元資金が少ない時に急にお金が必要になったら、相当高い金利で借りなくちゃいけないかもしれないし、貸してもらえないかもしれないのでね。貯金は手元において自分の好きなものに運用すればいいのかなと思っています。



いかがでしたか。
住宅ローンを必死になって繰り上げ返済して早期完済している人がいますよね。そういう考え方もありだと思いますが、個人がお金を借りるときの金利は住宅ローンが一番低金利です。しかも、住宅を購入した時にしか借りられないこの資金はそのままで、その他の資金を運用に回して利殖することができれば理想に近い資産運用ができるのかもしれませんね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

住居費 マイホーム 持ち家派 賃貸派 人生設計



こんにちは☆のっち☆です。
住居費に関する永遠のテーマである「マイホームvs賃貸」。何度もお伝えしている通り、わが家はバリバリの持ち家派ですが、そんなわが家でも状況によっては賃貸派になっていたかもしれません。
今回は永遠のテーマ「マイホームvs賃貸」に私なりに答えを出してみようと思います。

「マイホームvs賃貸」の答えは?


このブログでよくある展開ですが、いきなりその答えを書いてみようと思います!その答えは…




『あなたの人生設計次第ですよ』

ということですね。
なんやねんそれ!とツッコまれそうな答えですが、もうこの答えはこれしかありません。

あなたがどんな人生を送りたいのか?
結婚はしたいのか?
子供は欲しいのか?何人欲しいのか?
マイカーは必要なのか?
老後に戻る実家はあるのか?


住居費をどうこう考える前に上記のような、あなたの人生を形成する要素を一つずつ考えていくことが結果的に「マイホームvs賃貸」の答えへと導いてくれます。

私の場合はこんな感じでした。

結婚はしている
子供は一人欲しい
マイカーは夫が手放さない
老後に戻る実家はある


この結果、マイホームを買ったんです。
その条件として、老後に戻る実家があるためその実家の土地にはない付加価値のある都市部の物件に限定して購入したんです。つまり、冒頭にお伝えした通りわが家の人生設計に基づいてマイホームを購入したということになります。

そんなこと言ってもどうしたらいいのかわからないよという方に以下のような目安をお届けしようと思います。

“子育て”を切り口に考えよう!


人生設計の中で重要な要素となる『子育て』を切り口に考える方法です。

◯ “子育て”するならマイホーム購入
子育てするならやっぱりマイホーム購入がオススメです。
だって、子供は騒ぐし、洗濯物もたくさん出るし、イタズラするしで親としては賃貸だとどうしてもストレスが溜まる環境になります。そんな中、マイホームであればある程度の騒音やイタズラも許容範囲に収まってきますよね。さらに、子育てには欠かせない教育環境も、賃貸住居のあるエリアよりも分譲不動産のあるエリアのほうが整っていることのほうが多いはずです。また、駐車場付き戸建てを購入すればマイカーを購入しても駐車場代がかからず、家族団らんの週末を過ごせますよね。
子育てというその土地に根ざした生活を送るには割高な賃貸よりもマイホームを購入したほうがメリットがあるのではないでしょうか。

◯ 独身 or DINKSなら賃貸
一方、そもそも結婚する気がなかったり、子供を作らない方針というDINKS夫婦にとってはマイホームを買わずに賃貸住宅がオススメです。
賃貸住宅の最大メリットは「いつでも好きな時に引っ越しができる」という点。独身貴族やDINKSにとっては取り巻く環境が変われば新しい環境に順応するために住まいも変えると効果的ですよね。生きている間ずっと住居費が必要になるといったデメリットもありますが、それ以上の気軽さや利便性を手に入れることができるのではないでしょうか。



いかがでしたでしょうか。
すべての人の永遠のテーマ「マイホームvs賃貸」に私の考えで結論付けしてみました。言ってしまえば『人生設計』さえできればどっちにするかは判断できるものです。まずは結婚、そして子供といった流れで思考をめぐらして生活をイメージしていければ自ずと答えが導かれてくるのではないでしょうか。
あなたは“持ち家派”“賃貸派”どちらになりましたか?



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ