10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:賃貸

家計破綻 賃貸 老後


こんにちは☆のっち☆です。
人生における三大支出である“住居費”“教育費”“老後資金”。そのうちの住居費については、家庭ごとのライフスタイルや考え方によって“持ち家派”と“賃貸派”が存在しますね。夫が書いた記事『あなたはどっち?“持ち家派”or“賃貸派”』でも、どちらにもメリット・デメリットがあって優劣つけがたいものでした。

以前お伝えした『無理な住宅ローンで家計破綻… 赤坂さんの話』では“持ち家派”になって苦しむ赤坂さんのお話をしましたが、今回は“賃貸派”である五島さんが老後に破綻してしまうお話です。

気がつくと賃貸派になっていた


僕の名前は五島(仮名)。50歳。妻と子供1人の3人暮らし。都内まで電車で30分のところで賃貸マンションに住んでいます。休日はマイカーで趣味のゴルフに出かけるから、自動車は必需品なんだよね。駐車場込みの家賃は15万円。駅から徒歩6分で2LDKだから、それなりの金額かな。

マイホームを持とうと思っても、最近近所で売り出している戸建て物件は4000万円、マンションに至っては5000万円台のものもある。今から住宅ローンを組むとこれらの物件を買ったと想定しても16万円~20万円の支払いになるから、この歳まで賃貸で過ごしてきて今更ローンを組んで家を買うのも厳しいと思うんだ。買うならもっと若い時に決断するべきだったけど、最近になるまで家を買おうなんて思わなかったんだよね。今となっては長女の教育費も日に日に大きくなってきていて、貯金すらできていないし…

[家族構成]
50歳(正社員)
50歳(パート)
長女
16歳(高校2年生)
マイカー
新車

[収入]
手取り35万円
手取り8万円

[支出]
家賃
15万円
水道光熱費
2万円
食費・外食費
6万円
通信費・雑費
3万円
長女予備校代
5万円
小遣い(夫)
4万円
保険(生保、学資)
5万円
自動車ローン
3万円
貯金
0万円

[貯蓄]
貯金
700万円


無事に子育て終了


あれから5年。今年で娘も大学を卒業して独立する。僕ら夫婦も子育てを卒業だ。大学の教育費は受験費用30万円、入学金120万円、授業料(3年分)270万円、その他20万円で総額440万円ってとこだったかな。我が家で加入していた学資保険は300万円だったから150万円くらい持ちだしたが、それで済んだからある意味良かったのかもしれない。
しかし、僕が勤める会社は55歳で役職定年となり700万円あった年収が600万までガクッと落ちてしまう。まぁ、子育ても終わったからなんとかなるのかな。。。

[家族構成]
55歳(正社員)
55歳(パート)
長女
21歳(大学4年生)
マイカー
5年落ち

[収入]
手取り28万円
手取り8万円

[支出]
家賃
15万円
水道光熱費
2万円
食費・外食費
6万円
通信費・雑費
3万円
小遣い(夫)
4万円
保険(生保)
4万円
貯金
2万円

[貯蓄]
貯金
550万円


いよいよ定年を迎える


さらに5年が経った。僕もいよいよ定年だ。退職金は600万円。僕は転職して今の会社に来たから退職金もちょっと少ないんだよね。ただ、貰えるだけいいかなと思うのと雇用延長で65歳までお世話になるから大人しく勤めようと思う。
しかし、妻も60歳になるとパートで働けなくなるし、僕の収入も手取りで20万円。年金が貰えるようになる65歳までの5年をなんとか耐え忍ばなくては… 娘も2万円を家へ入れてくれるから本当に助かる。妻が60歳までパート勤務を頑張ってくれたおかげで貯蓄も1200万円あるけれど、収入が一気に落ちたから家計を見直さないと年金受給までに貯金が尽きてしまいそうだ

[家族構成]
60歳(嘱託社員)
60歳(専業主婦)
長女
26歳(OL)
マイカー
10年落ち

[収入]
手取り20万円
手取り0万円
長女
食費2万円

[支出]
家賃
15万円
水道光熱費
2万円
食費・外食費
6万円
通信費・雑費
2万円
小遣い(夫)
4万円
保険(生保)
2万円
貯金
▲9万円

[貯蓄]
貯金
1200万円




しっかりと娘さんを育て上げた五島さん。世間で言われている3000万円までには届かなかったものの定年時に貯蓄1200万円を作ることができました。このゴールは結果としてどうだったのでしょうか。。。
住居費が家計に占める割合が高まってきていることが気になるところです…


後編へつづく




 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

70971df0290e57c63e5d915e3d58d0a9_s

こんにちは、☆のっち☆です。
突然ですが、みなさんは“持ち家派”ですか?それとも“賃貸派”ですか?
人生における三大支出は「住居費」「子供の教育費」「老後資金」と言われています。今回はその「住居費」について共働き家庭ではどちらがお得なのかを2回に渡って書かせていただきたいと思います。

住居費ってどのくらいかかるの??


“衣・食・住”は人間生きていくうえで欠かせないものですが、その中の「住」に関しては前述したように「人生における三大支出」に含まれるほど、影響力の大きなカテゴリーになっています。では、実際にどれくらいの費用が必要なのか“賃貸に住む場合”で試算してみます。

《賃貸の場合》
 家賃:
10万円×12ヶ月=120万円/年×50年=6,000万円
 更新料:
20万円×25回=500万円

すご~くザックリですが『6,500万円』です。家賃の変動や家具交換などの費用は勘案していませんが、30歳から80歳までの50年間を家賃10万円の賃貸に住んで人生を全うした場合、上記試算では50年間で6,500万円が必要になります。結構な金額ですよね…

今度は同じ50年間で“家を購入した場合”を考えてみましょう。

《持ち家の場合》
住宅ローン:
10万円×12ヶ月=120万円/年×35年=4,200万円
修繕費(50年):1,500万円
 [内訳]
 外壁・屋根→100万円×5回=500万円
 水回り・防蟻→100万円×3回=300万円
 他リフォーム→200万円+500万円=700万円
固定資産税:10万円×50年=500万円

こちらも超ザックリとやらせていただきましたが『6,200万円』です。条件は賃貸の場合とと同じく住宅ローンの支払いを毎月10万円(ボーナス払いなし)で家具代は含んでいません。大体ですが、毎月10万円の35年住宅ローンは3,000万円を借り入れたイメージになります。

この試算では“賃貸”と“持ち家”では300万円しか変わらないという結果になりました。

持ち家派 vs 賃貸派

前の試算でも「持ち家と賃貸はどっちが得なのか?」に明確な答えが出せませんでした。
しかし、6,000万円以上のお金を消費することが分かれば、慎重にならざるを得ないですね。なので、お金の面だけでなく色々な良い点と悪い点を比較してみようと思います。

[賃貸]
良い点:
生活環境に合わせて住まいを変えられる
家賃以外は住宅にかかる費用がない
地域の活動から逃げることもあり? などなど

悪い点:
資産として残らない
建具や設備がチープで壁も薄い
更新料が必要
景気が良くなると家賃の値上げがある
駐車場は別料金が多い などなど

[持ち家]
良い点:
不動産資産の所有
生活環境に合わせて自由にリフォームできる
カースペースがある場合、駐車場代がかからない
建具や設備が充実している などなど

悪い点:
簡単に住まいを変えられない
補修、修繕は自己責任
固定資産税が毎年徴収される
町内会など地域の役割がある
エアコン、トイレや設備など買い替えは自己負担 などなど


いかがでしょうか。
私が感じることを勝手に分類させていただきましたが、住むためにかかる費用とタイプ別良し悪しを比較しても、どちらにも捨てがたいメリットがありますよね。このように明確な結論を出すことができないために「持ち家派 vs 賃貸派」というテーマが雑誌などで定期的に取り上げられるんですね。
では、次回『老後勝ち組になる!共働き家計の住居費対策』では“共働き”という切り口を加えてどちらが得なのかを考えてみたいと思います。


 クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  

マイホーム 持ち家 賃貸 資金計画 住宅ローン



どうも夫です。
あなたは“賃貸派”ですか?それとも“持ち家派”ですか?ちなみに、今までの記事からもお分かりの通り、ボクは100%“持ち家派”です。
先日、同世代の人から住宅購入について相談を受けたんですが、どうも危険な香りがするんですよね。ということで、相談者Tさんの内容を共有してみなさんと一緒に考えてみたいと思います。

不動産購入は物件先行だと失敗しますよ


今回、相談を受けたTさんは前職での同僚です。ボクがお金に詳しいことを知っているTさんから夕食のお誘いを頂いたんで、「お金の相談かな」と思いながらお会いしてきました。


夫「いやぁ、久しぶり!元気だった?」
Tさん「ボチボチやってるよ。給料上がらないけどね…」
夫「まぁ、あの業績じゃ無理でしょ(笑) で、今日はどうしたの?」
T「急に誘って申し訳ない。俺もそろそろ家を買おうかと思ってさ」
夫「おぉ!いよいよ動いたか。前にあれだけ勧めたのに興味なかったじゃん」
T「そうなんだけどさ。俺も40過ぎて、子供も大きくなってきたし、いつまでも今のアパートってどうなの?って考えちゃってさ」
夫「だよなぁ、いいじゃん。買っちゃいなよ」
T「それがさ、妻が今のママ友コミュニティがすごく気に入ってて、エリアを変えたくないって言うんだよ」
夫「え!?そうなの?今住んでるところじゃ、なかなか物件も出ないんじゃないの?」
T「そうなんだよ。探したらさ、今、売りだしてるのが4280万円の戸建てなんだよね」
夫「それは結構な値段だね。その金額だと実際キツくない?」
T「そう、キツイんだよ…」


それもそのはず。Tさんは年収650万円。奥さんは専業主婦で子供が二人の4人家族です。この会社は借上げ社宅制度があって毎月8万円を会社が負担してくれています。Tさんが実際に払っているのは4万円だけなんです。それが、持ち家となると住宅手当という手当が毎月15000円支給されるだけになるので、資金計画が厳しくなるんです。
以前の記事『マイホーム購入手順書|“家がほしい”と思ったら』で書いた通り、家賃から算出する借入額は“4万円+1.5万円×300”なので1650万円になります。そのため、生活水準を変えずに購入するには頭金を2500万円ほど用意する必要があります。
ちなみに、フラット35が定める借入限度額を基準に考えると5500万円くらいまで借りられそうなんですけど、それをやってしまうと確実に家計が破綻することになります。

自分の年齢を分かっていますか?


夫「頭金はどのくらい用意してあるの?」
T「諸費用に300万円かかったとして、頭金は200万円が精一杯だよ」
夫「そりゃ、厳しいな。4080万円をローン組むわけだから、変動金利で借りても毎月11万円くらいにはなっちゃうよ」
T「ボーナス払いをしようかと…」
夫「どのくらい?」
T「15万円くらい…」
夫「そうすると毎月8万円ちょっとか。今より2万円強高くなる計算ね」
T「そう、それなら行けるかと…」
夫「俺が言うことじゃないけど、そんなに無理しなくてもいいんじゃない?」
T「なんで?」
夫「だって、今からローン組むと75歳まで返し続けるんだよ。退職金に頼るのも危険じゃない?」
T「そうだよなぁ、退職金制度を見直すって言ってたしな」
夫「会社の借上げ社宅制度が無くなるわけじゃないし、現状維持っていう選択肢もアリだよな。制度廃止になったらパッと買えるように準備だけしておけばいいんじゃない」
T「やっぱりそれがベストかな」


Tさんはボクと同世代なので40歳代です。それなのに今から35年でローンを組むと完済75歳を超えていきますから、完済の目処すら立たない状況なんですよね。さらに、毎月の負担を軽減するためにボーナス払いへ逃げることは家計の最終手段です。はじめから最終手段を使ってしまうと、イザというときに逃げ場がなくなってしまいますから、そこまでしないと買えない物件は最初から諦めるのが正解だと思います。

将来を見据えていますか?


最終的に購入を見送ったTさんですが、その後もあの手この手をボクに聞いてきました。
「妻がパートで働くから」とか「物件価格を値下げしてもらった」とか…

もうボクの中ではTさんはこの物件を買うことは無理だと判断してしまっていますから、一つひとつ丁寧に否定してあげました。

Tさん家の子供は9歳と6歳。これからまだ奥さんの手が掛かる年代です。それなのに今までパートに出たことのない人が働くことに適切な状況とは思えませんでした。そして、不動産業者がガンバって物件価格を200万円値引いたそうなんですが、大勢に影響は無い金額です。たったの200万円程度じゃ、資金計画は改善されませんよね。

そもそもTさんは「家がほしい!」って思って熱くなってしまっているから、「どうやったら買えるか」しか考えていません。それでも第三者のボクから見たら明らかに“買えない水準”です。ローンの借入限度額を基準に考えてしまうと“買える水準”になってしまいますが、それを根拠に購入してしまうと苦しい将来が待っているだけですよね。



今回はTさんの相談をもとに記事にさせてもらいました。
人生で一番高額な買い物である“マイホーム”。そして、それを販売する不動産屋さんは『不動産屋の甘い言葉には気をつけろ!|ボクが言われた10の言葉』でお伝えしたような甘い言葉で迷うボク達の背中を強力に押してきます。そんな時ほど一度冷静になって立ち止まり、ライフプランと相談して無理なく買えることを確認してから購入の申し込みを入れるようにしましょうね!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ