10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:貯蓄体質

赤字体質 貯蓄体質 貯金 貯蓄 浪費



こんにちは☆のっち☆です。
貯蓄体質の家庭では毎月当り前のように貯金ができるものですが、赤字体質の家庭はどんなに頑張っても貯金ができるようになれないようです。それってなぜなのでしょうか?
夫が言うには、以前の記事『高収入なのに金欠で苦しむ持田さんのおはなし』でも紹介しましたが赤字家計には何かしら原因があって、その原因を突き止めて改善しないかぎり貯蓄体質にはなれないものなんだそうです。
今回は夫の旧友Oさんのお話です。数年に一度、食事をする仲のOさんが夫のアドバイスで家計改善したお話をさせていただきますね。

実はお金に困っていたOさん


Oさんと夫は同世代で20年以上前からのつき合いです。若い頃は同じ趣味を持ち、ほぼ毎日一緒にいたような友人だったそうです。お互い大学を卒業して社会人になると、仕事に夢中になって徐々に疎遠になっていくものの、ふと思い出したように連絡を取って飲みに行くような関係が今でも続いているんです。

そんなOさんですが、実はお金に余裕のない生活を送っていたそうです。
男同士ですから、お互いの年収や家計・資産状況が気になるものです。旧友の二人だからこそ、普段は軽々しく聞くことができない“お金”の話も自然とできたんでしょうね。夫がわが家の現状を伝えるとOさんは「どうしてそこまで状況が違うんだ?」と目を丸くして驚いていたそうです。

それもそのはず。この時Oさんの家計は辛うじて黒字であったものの「自動車ローン」「クレジットカードのリボ払い」もあって、賃貸マンションに住み、貯金も300万円だったそうです。都内持ち家、輸入車新車現金一括、貯蓄1000万円のわが家との違いに驚き、夫に家計改善のお願いをしてきたそうです。

Oさんの家計内訳


夫がFP資格を持っていることを聞いたOさんは自身の家計を隠すことなく教えてくれました。

[家族構成]
Oさん(夫)
子供二人(5歳、3歳)

[収入]
42万円(税込年収650万円)
8万円(年収100万円)
※手取り額

[支出]
家賃
12万円
駐車場代
3万円
生活費
20万円
自動車ローン
5万円
クレジットカードリボ払い
1万円
合計
41万円


世帯収入はわが家とそれほど大きくは変わりません。家族旅行やレジャー費用は別途支出しているそうですが、収入50万円に対して支出41万円と黒字です。
それなのに、なぜ資産形成が進んでいないのでしょうか。

三大貯蓄時期を認識できていなかった


Oさんに今に至るまでのことを聞いていくと、まず“三大貯蓄時期”を意識して貯金をしてこなかったことが分かりました。

「結婚当初はダブルインカムで生活もすごく余裕があったんだよね。あの時に貯金をしっかりしていれば…」

貯蓄時期の一回目である『結婚~出産まで』という一番の貯め時をOさん自身も気づいていたそうです。ただ、その時期は毎日が楽しくてお互いお金をいっぱい使ってやりたいことをできる限りやっていたようですね。確かに、結婚当初は新しいことがたくさんあるしお金にも余裕がありますから「今が貯蓄時期なんだ」と認識して貯めないとお金なんて貯まりません。

結婚当初のわが家もこの貯蓄時期を認識していたのかというと、実は認識していませんでした。認識もしていないのに今が違う理由は“その時期に家を買ったこと”なんです。当時はそんなこと考えもしないで、ただただ家が欲しかっただけなんですが、振り返るとあの決断が現在を形成していると言っても過言ではないんですね。家を買ったから住宅ローンを組み、住宅ローンがあったから3年後の金利見直し時の繰上げ返済を目標に貯金ができたんですね。

※「三大貯蓄時期」について詳しく知りたい方はこちらへ→『共働きの三大貯蓄時期… その目標金額とは

分割払いは家計の天敵


そして、Oさん家計をじわりじわりと苦しめているものがあります。それは「自動車ローン」「クレジットカードのリボ払い」です。自動車ローンは輸入車中古車(270万円)を金利3.9%の60回払いで契約中。クレジットカードについては20万円をリボ払い中です。

みなさん、リボ払いの金利って何%か知っていますか?カードにもよりますが、大体15%くらいなんですよ。このマイナス金利の時代にです。そんな金利のものをOさんは欲しいものを我慢できずに利用していたわけです。
さらに自動車ローンは金利3.9%と比較的低金利では利用していますが、分割手数料の総額は276000円くらいになります。ざっくりした金額でいうと毎月5000円の利子を払っている計算ですね。どちらもすごくもったいなくないですか?

少し背伸びしたものを手に入れて意識改革することは大賛成なんですが、Oさんについてはただの見栄っ張りです。子供二人いて、奥さんもパート勤め。貯金も300万円しかないのに、290万円ものローン(借金)を抱えている。企業で言えば債務超過状態になりかけているわけです。家計が苦しくて当然ですよね。


-----------------
世帯収入750万円なのにお金に余裕が無いOさん家計。ちょっと話を聞いただけでも問題点が見えてきますね。極端に収入の少ない家庭でなければ、生活が苦しい理由は「支出が多すぎる」「準備不足」のどちらかだと夫は言います。
後編では旧友を信じて現状を吐露したOさんに夫がアドバイスをしたことでOさん家計が驚きの貯蓄体質へ生まれ変わります。


後編へつづく



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

家計改善 貯蓄体質 住宅ローン マイホーム



前編からのつづき



もう一度Oさん家計概要を書いておきます。

[家族構成]
Oさん(夫)
子供二人(5歳、3歳)

[収入]
42万円(税込年収650万円)
8万円(年収100万円)
※手取り額

[支出]
家賃
12万円
駐車場代
3万円
生活費
20万円
自動車ローン
5万円
クレジットカードリボ払い
1万円
合計
41万円

[貯蓄]
現金
300万円


返済できるローンは早期返済を


まず始めのアドバイスは貯金を使ってローンを全額返済するように提案。契約時金額の計算でも290万円で完済できますよね。さらに、おそらく自動車ローンは戻し手数料が発生しますから10万円くらいは安くなるはずです。また、貯金を使ってしまうことに不安があるのなら、家計が落ち着くまでマイカーを手放すことも提案をしました。Oさんは都内に住んでいてマイカーは土日に乗るだけ。そのためにローンと駐車場にお金を使っているわけですから、一気に家計改善を目指すのであればマイカーを手放すことが最善なわけです。
そして、クレジットカードのリボ払いもカードセンターへ電話して次回引き落とし時にリボ払い分を全額返済することを申し出するようにアドバイス。ムダな金利の支払いは浪費以外の何者でもありません。早急に家計から排除しましょう。

家計のムダを無くそう


ローンの見直しほど家計改善するのに手っ取り早いものはありませんが、それ以外では細かく生活費を改善していきます。

まずは携帯電話代
Oさん夫婦はdocomoのスマホで毎月15000円くらい支払っているそうです。反面、夫はMVNOの格安SIMを利用していますから、これを提案。Oさん自身も半年くらいまえからCMなどで知って気になっていたそうですが、いろいろと調べなくちゃいけなさそうだし面倒だとそのままでいたそうです。夫が画面を見せながら手順を教えてあげると、切り替えの簡単さに気づいて早速申込みをしていたそうです。

さらにはクレジットカードを積極的に使うことを提案。
「入金口座」「貯蓄口座」「決済口座」 最低限この3つの銀行口座をまずは必要と説明して、これさえ準備できればクレジットカードがお金を生むよと伝えたそうです。あとは何でもかんでも可能な限りクレジットカード払いをするだけ。年間300万円利用すれば、1.5%の還元で45000円も貰えるわけですからね。使わない理由が見つかりませんよね。

※ 関連記事
携帯電話代だけで毎月12,000円節約する方法
家計管理を成功へ導く。3つの銀行口座
クレジットカードでお金が生まれる考え方

Oさん家計が改善しました


[収入]
42万円(税込年収650万円)
8万円(年収100万円)
※手取り額

[支出]
家賃
12万円
生活費
19万円
合計
31万円

[貯蓄]
現金
150万円


Oさんは夫からのアドバイスを1週間で実行しました。
まずはクレジットカードのリボ払いを完済。マイカーは売却して今後はカーシェアリングを利用することにしたそうです。1年前に買ったマイカーは100万円にしかならなかったようですが、早期返済額が230万円だったので貯金から130万円を支出したそうです。これらの清算で150万円を貯金から拠出しましたが、以降は毎月19万円もの貯金が可能な家計へと大変身しました。つまり、年間200万円以上を貯金できる貯蓄体質に変身したわけです。

Oさんマイホーム購入


そして、驚きなのがその1年後。Oさんから連絡をもらった夫が驚きの話を聞いて帰ってきました。なんとOさんも都内に戸建てを購入したそうです。

住宅ローンは4500万円借りたそうです。35年払いで毎月15万円です。今までの賃貸マンションよりも3万円も高いですが駐車場付きなんだそうです。専有面積も40㎡から75㎡へ拡大。子育て環境も良いエリアに居を構えられたそうです。75歳まで住宅ローンを組んだことに夫が警鐘を鳴らして、「それでも繰上げ返済を積極的に実行すれば65歳までの完済も無理ではないよ」と伝えると、Oさんはまたも参考になったと喜んで帰っていったそうです。



いかがでしたでしょうか。
せっかく貯蓄体質になったのにマイホームをドンっと購入してしまうところはさすがOさんですが、住居費については長い目で見れば大きな失敗ではありません。賃貸に住んでいたとしても生きているうちは住居費用が発生するわけですからね。Oさんの次の目標は、前に泣く泣く手放したマイカーをもう一度所有すること。そして、住宅ローンの繰上げ返済を定期的に行うことだそうです。
どんなことでも将来の目標を持って生活していくということが重要なのではないでしょうか。目標を達成させるために人は色々と考えますからね。わが家も理想とする老後を迎えられるように目標に向かって頑張りますよ。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

貯蓄体質 貯金 資産 資産運用



こんにちは☆のっち☆です。
このサイトをご覧いただいている人の中には既に“貯蓄体質家計”の人っていますよね?というのも、わが家の夫も貯蓄体質ですがいつも節約サイトや資産運用の情報を求めていますからね。
そういうわけで、今回は貯蓄体質の方々はどのくらいを目標に貯金すればいいのかを考えてみようと思います。

貯蓄体質レベル判定


貯蓄体質だといっても一概に言えないものですよね。なので、今回は年収に対する貯金の割合で診断してみたいと思います。

◯ 税込収入の30%以上を貯蓄できている
このレベルは完全なる貯蓄体質といえる水準ですね。
税込年収500万円の場合、年間貯蓄額が150万円になります。税込年収500万円ということは手取り収入は400万円を下回りますので、その中から150万円ということは37.5%を貯金に回しているということ。いかにその水準を安定的に維持できるかを考えていくことが重要ですね。

◯ 税込収入の20%以上を貯蓄できている
一般的に貯蓄体質だといえる水準です。
税込年収500万円であれば年間100万円を貯められるレベルです。年間100万円貯められれば10年で1000万円が見えてきますよね。これから貯蓄体質を目指す人にとってはこの水準を目標にして欲しい水準になります。

◯ 税込収入の10%以上を貯蓄できている
この水準は貯蓄体質ではなく黒字家計というレベルですね。
税込年収500万円であれば年間50万円。何かしらのハプニングがあればすぐに赤字家計になってしまいますよね。貯蓄体質という水準は多少のハプニングでは家計は黒字が当り前。この水準では全く安心できる水準ではないことを理解しましょう。

◯ 税込収入の5%以上を貯蓄できている
収支トントン家計という水準です。
税込年収500万円でも毎月2万円程度の貯金しかできていないレベルです。このレベルではその月によって黒字になったり赤字になったり。毎月赤字だけど、ボーナスでガッツリ貯金しているような家計ですね。危機感が必要ですね。

目標貯蓄額はどう決める?


前項で貯蓄体質レベルを見てみましたが、では実際にいくらを目標に貯蓄していけばいいのでしょうか。毎月25万円の生活費がかかり、65歳から年金で毎月10万円を貰えて80歳で死亡する場合の計算で考えてみました。

雇用延長で65歳まで勤務できたとして、65歳までの家計はトントンだとします。家計が赤字になるのは65歳から80歳までの15年間。毎月15万円が不足する計算ですから、15年間で2700万円になります。当サイトでも推奨している退職時に3000万円の貯金を目標としているのと合致しますね。

つまり、上記の水準以上の生活を送りたいと考えているのであれば、3000万円にプラスして準備しなくてはいけません。子供に5000万円の資産を残してあげたいのであれば、定年時に8000万円が必要です。はたまた、毎月30万円の余裕のある生活を送りたいのであれば貯蓄額は4000万円必要になります。逆に、持ち家で贅沢しなくてもいいと毎月15万円の生活が送れるのであれば1000万円の貯蓄で十分になります。要は、貴方自身がどのような老後生活を送りたいのかというもので目標額の判断が必要になるということですね。

貯めるだけじゃダメですよね


貯蓄体質になったとしてもお金というものは貯金するだけではなかなか増えていきません。マイナス金利ですから預けてお金が増えるということはあり得ないし、貯金だけで何千万円もの金額を貯めるのも難しいわけです。例えば、貯蓄体質のあなたが年間200万円を30年間続けられたら6000万円を貯金することができます。でも、年間200万円をず~っと継続することって相当難しいことではないでしょうか。生活していく中で「マイホームを買ったり」「教育費のピークを迎えたり」「思わぬ減給があったり」「両親の介護で働けなくなったり」「大病を患ってしまったり」と様々なイベントやアクシデントが起こりますからね。

つまり、ある程度の資金ができたら資産運用も広い視野で検討する必要があるんじゃないかと思います。ある程度大きくした資産を使って運用する… お金自身に働いてもらうわけです。要は、将来の目標水準を達成させるためにどうすればいいのかを考えて配分していけばいいんですよね。



いかがでしたでしょうか。
今回はすでに貯蓄体質の人がどこを目標にすればいいのかを考えてみました。自然と貯蓄ができる習慣が身についていると“その先どうしたらいいのか分からなくなってしまう”ものです。まずは最終的な目標を考え、どこまでの財を作ればいいのかを知ることが重要ではないでしょうか。『足るを知る者は富む』 欲望を無限にしないである程度のゴールを見つけることが幸せなのかもしれませんね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ