10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:貯蓄

赤字体質 貯蓄体質 貯金 貯蓄 浪費



こんにちは☆のっち☆です。
貯蓄体質の家庭では毎月当り前のように貯金ができるものですが、赤字体質の家庭はどんなに頑張っても貯金ができるようになれないようです。それってなぜなのでしょうか?
夫が言うには、以前の記事『高収入なのに金欠で苦しむ持田さんのおはなし』でも紹介しましたが赤字家計には何かしら原因があって、その原因を突き止めて改善しないかぎり貯蓄体質にはなれないものなんだそうです。
今回は夫の旧友Oさんのお話です。数年に一度、食事をする仲のOさんが夫のアドバイスで家計改善したお話をさせていただきますね。

実はお金に困っていたOさん


Oさんと夫は同世代で20年以上前からのつき合いです。若い頃は同じ趣味を持ち、ほぼ毎日一緒にいたような友人だったそうです。お互い大学を卒業して社会人になると、仕事に夢中になって徐々に疎遠になっていくものの、ふと思い出したように連絡を取って飲みに行くような関係が今でも続いているんです。

そんなOさんですが、実はお金に余裕のない生活を送っていたそうです。
男同士ですから、お互いの年収や家計・資産状況が気になるものです。旧友の二人だからこそ、普段は軽々しく聞くことができない“お金”の話も自然とできたんでしょうね。夫がわが家の現状を伝えるとOさんは「どうしてそこまで状況が違うんだ?」と目を丸くして驚いていたそうです。

それもそのはず。この時Oさんの家計は辛うじて黒字であったものの「自動車ローン」「クレジットカードのリボ払い」もあって、賃貸マンションに住み、貯金も300万円だったそうです。都内持ち家、輸入車新車現金一括、貯蓄1000万円のわが家との違いに驚き、夫に家計改善のお願いをしてきたそうです。

Oさんの家計内訳


夫がFP資格を持っていることを聞いたOさんは自身の家計を隠すことなく教えてくれました。

[家族構成]
Oさん(夫)
子供二人(5歳、3歳)

[収入]
42万円(税込年収650万円)
8万円(年収100万円)
※手取り額

[支出]
家賃
12万円
駐車場代
3万円
生活費
20万円
自動車ローン
5万円
クレジットカードリボ払い
1万円
合計
41万円


世帯収入はわが家とそれほど大きくは変わりません。家族旅行やレジャー費用は別途支出しているそうですが、収入50万円に対して支出41万円と黒字です。
それなのに、なぜ資産形成が進んでいないのでしょうか。

三大貯蓄時期を認識できていなかった


Oさんに今に至るまでのことを聞いていくと、まず“三大貯蓄時期”を意識して貯金をしてこなかったことが分かりました。

「結婚当初はダブルインカムで生活もすごく余裕があったんだよね。あの時に貯金をしっかりしていれば…」

貯蓄時期の一回目である『結婚~出産まで』という一番の貯め時をOさん自身も気づいていたそうです。ただ、その時期は毎日が楽しくてお互いお金をいっぱい使ってやりたいことをできる限りやっていたようですね。確かに、結婚当初は新しいことがたくさんあるしお金にも余裕がありますから「今が貯蓄時期なんだ」と認識して貯めないとお金なんて貯まりません。

結婚当初のわが家もこの貯蓄時期を認識していたのかというと、実は認識していませんでした。認識もしていないのに今が違う理由は“その時期に家を買ったこと”なんです。当時はそんなこと考えもしないで、ただただ家が欲しかっただけなんですが、振り返るとあの決断が現在を形成していると言っても過言ではないんですね。家を買ったから住宅ローンを組み、住宅ローンがあったから3年後の金利見直し時の繰上げ返済を目標に貯金ができたんですね。

※「三大貯蓄時期」について詳しく知りたい方はこちらへ→『共働きの三大貯蓄時期… その目標金額とは

分割払いは家計の天敵


そして、Oさん家計をじわりじわりと苦しめているものがあります。それは「自動車ローン」「クレジットカードのリボ払い」です。自動車ローンは輸入車中古車(270万円)を金利3.9%の60回払いで契約中。クレジットカードについては20万円をリボ払い中です。

みなさん、リボ払いの金利って何%か知っていますか?カードにもよりますが、大体15%くらいなんですよ。このマイナス金利の時代にです。そんな金利のものをOさんは欲しいものを我慢できずに利用していたわけです。
さらに自動車ローンは金利3.9%と比較的低金利では利用していますが、分割手数料の総額は276000円くらいになります。ざっくりした金額でいうと毎月5000円の利子を払っている計算ですね。どちらもすごくもったいなくないですか?

少し背伸びしたものを手に入れて意識改革することは大賛成なんですが、Oさんについてはただの見栄っ張りです。子供二人いて、奥さんもパート勤め。貯金も300万円しかないのに、290万円ものローン(借金)を抱えている。企業で言えば債務超過状態になりかけているわけです。家計が苦しくて当然ですよね。


-----------------
世帯収入750万円なのにお金に余裕が無いOさん家計。ちょっと話を聞いただけでも問題点が見えてきますね。極端に収入の少ない家庭でなければ、生活が苦しい理由は「支出が多すぎる」「準備不足」のどちらかだと夫は言います。
後編では旧友を信じて現状を吐露したOさんに夫がアドバイスをしたことでOさん家計が驚きの貯蓄体質へ生まれ変わります。


後編へつづく



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

e4d2790a843e07e33d53100604956527_s

こんにちは☆のっち☆です。
シングルインカムの家庭から見ると収入面では羨ましい共働き家庭。今回は共働きなのにいろいろな意味で破綻した家庭をご紹介しようと思います。その家庭は近所のT家。T家が破綻していくまでのことを知人から聞いた話も混ぜて、知っている限り書いていきたいと思います。

T家との出会い


我が家とT家さんとの出会いは、かれこれ10数年前。子供が生まれ近所の公園で遊んでいたところにTさんも遊びに来ていたことからお付き合いが始まりました。
子供の歳も近く、親同士も年代が近いのでご近所ということもありよく話をするママ友になりました。お住いは同じ地区でT家はすでに2軒目の購入。駐車場や近隣とのトラブルもあって最初に買った都内のマンションを売りに出し、近所の分譲を購入されたそうです。
自動車についても「営業車」を自宅に「自家用車」を月極駐車場に止めて贅沢そのもの。当時の私から見ればそれはもう羨ましい限りでした。

当時の家族構成と所有車輌は以下の通りです。

家族T家☆のっち☆家
30代後半(正社員)20代後半(正社員)
30代後半(契約社員)20代後半(正社員)
第一子5歳(男)0歳
第二子2歳(男)
マイカー国産車+営業車営業車


T家自家用車 買い替え


3年後、ある日突然T家自家用車が「Audi」に変わりました。財政難真っ只中だった我が家にとっては驚きで「どんだけ稼げばあんな裕福な生活ができるんだろう…」ってよく夫婦で話していたことを覚えています。
さらに一家揃ってアウトドア派で夏は“海”冬は“スノーボード”とインドア派の我が家とは本当に正反対の優雅な暮らしぶり。一家での海外旅行も頻繁に行ってました。

そんな豪盛な生活はそれからも続きます。3年後に自家用車を乗り換え「メルセデス・ベンツ」。そして、またまた3年後…今度は「BMW」。。。 本当にどこからこのお金は出てくるのか不思議で不思議で…

同じ地区に不動産を買ったにもかかわらず、この自家用車の買い替えを見ているだけでも純粋に年収は我が家の2倍はあるんだと思い込んでしまうほどでした。

出会ってから6年後の家族構成と所有車輌

家族T家☆のっち☆家
40代前半(正社員)30代前半(正社員)
40代前半(契約社員)30代前半(契約社員)
第一子11歳(男) 6歳
第二子8歳(男)
マイカーメルセデス・ベンツ+営業車国産ミニバン


そんなT家がこのあと明らかに破綻の道を辿っていくとはこの時は思いもしませんでした…

後編へつづく



 クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  

貯蓄 先取り貯蓄 後取り貯蓄 自動積立 財形貯蓄



こんにちは、☆のっち☆です。
貯蓄方法で至る所で推奨されている“先取り貯蓄”ですが、毎月の貯蓄分を先に取り分けることができれば目標とする額を達成することができるのでしょうか?
貯金をすることが苦手な私から言わせていただくと「ん?そんなに簡単な話なの?」って思ってしまうんですよね。
ということで、今回は毎月の貯蓄方法で何がベストなのかについて考えてみようと思います。

どうして“先取り貯蓄”を推奨するのか


なぜ、多くのファイナンシャルプランナーが先取り貯蓄を推奨するのでしょうか。その理由をバーっとネットで検索したらこんなことが書かれていました。

「使い込みを防げる」
「自然とお金を貯めることができる」
「残ったお金を自由に使える」

たしかにそうですよね。
給料を受け取った瞬間に、一定額を別口座へ移動して資金を使えなくさせてしまうわけですから、使いたくても使えなくなるし、強制的に貯まっていくし、残ったお金は貯蓄することを考えないでいいことになりますよね。貯蓄をしていくうえでの一番の障害となるものは自分自身の欲望ですから「お金はあるけど下ろせない」という状況を作れれば、そんな欲望にも勝つことができるわけですね。(“勝つ”というより、仕方なく我慢するわけですが…)

そのように強制的にお金を使えなくすることでお金を貯めていきましょうっていうのが“先取り貯蓄”なんですね。

「貯蓄の仕方」を検索する人たちとは…


では、先取り貯蓄をしなければお金は貯まらないのでしょうか?
いえいえ、そんなことはありませんよね。しっかり家計管理ができていれば、わざわざ資金を固定してしまう先取り貯蓄を利用しなくてもお金を貯めることは可能です… 可能というよりもその方が理想なわけですね。

だって、先取り貯蓄の方法として挙げられるのは「自動積立定期預金」「財形貯蓄」「社内預金」になりますから、資金が自由に使えなくなるという不便さがついて回ります。半年や1年程度の期間は引き出すことができなかったり、社内預金については社内の総務部も絡んでくるために頻繁にお金を動かすことは気が引けてしまいます。つまり、先取り貯蓄のこれらの方法を活用するとお金は貯められるけれども、必要な時にすぐに使うといった貯蓄本来の意味が薄らいでしまうんですよね。

さらに、ネットで「貯蓄方法」などを検索する人たちの背景にあるのは、“貯蓄ができなくて困っている”という貯蓄下手な人が多いはずなので、そんな方々へのオススメな方法として“先取り貯蓄”が推奨されているわけなんですよね。

ベストな貯蓄方法とは…


“先取り貯蓄”が最良の貯蓄方法ではないとしたら、一体どんな方法がベストな貯蓄方法なのでしょうか…

このブログを始めた頃に夫が書いた『先取り貯蓄ができなくても全然平気です…』という記事があります。ここでオススメした方法は“先取り・後取り合わせ技貯蓄”というものでした。わが家においては共働きというスタイルですので、どちらかを先取り、もう一方を後取りにしたというものです。
先取りによって最低限の貯蓄を確保しつつ、家計管理に力を入れて後取りでもそれなりの金額を確保。先取り分は長期で貯蓄、後取り分はフレキシブルに生活を後押ししてくれるというわけです。そんな貯蓄方法がわが家にはピッタリだと夫は思っているから、現在もこのスタイルなんでしょうね。

貯蓄』というものは基本的には“将来のための保険”なのではないでしょうか。「お金に困ったときに使えるように」「将来の大きな支出に対して準備する」といった目的があるわけですから、ただ単に貯めるのではなく「いつまでにいくら必要だ」という明確な目標をしっかりと理解さえしていれば貯蓄は継続できるんじゃないかと思います。



いかがでしたでしょうか。
将来に訪れる金銭的な問題に対して一抹の不安もないようなタフな資金力があるのであれば、チマチマとした貯蓄なんていうものは必要ないのかもしれません。しかし、私たち一般庶民はそれほどの経済力はありませんから、将来の不安に対して備えておく必要があるんだと思います。
貯蓄計画も家族のライフプランありきです。「誰がいつどうなって、その頃にはお金がいくら必要で、その頃の収入はいくら位で… いくら足りない!」なんていう将来がキャッシュフロー表で見ることができればラッキーですよね。早速、今から準備を始めてしまいましょう!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ