10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:貯蓄

貯蓄 先取り貯蓄 後取り貯蓄 自動積立 財形貯蓄



こんにちは、☆のっち☆です。
貯蓄方法で至る所で推奨されている“先取り貯蓄”ですが、毎月の貯蓄分を先に取り分けることができれば目標とする額を達成することができるのでしょうか?
貯金をすることが苦手な私から言わせていただくと「ん?そんなに簡単な話なの?」って思ってしまうんですよね。
ということで、今回は毎月の貯蓄方法で何がベストなのかについて考えてみようと思います。

どうして“先取り貯蓄”を推奨するのか


なぜ、多くのファイナンシャルプランナーが先取り貯蓄を推奨するのでしょうか。その理由をバーっとネットで検索したらこんなことが書かれていました。

「使い込みを防げる」
「自然とお金を貯めることができる」
「残ったお金を自由に使える」

たしかにそうですよね。
給料を受け取った瞬間に、一定額を別口座へ移動して資金を使えなくさせてしまうわけですから、使いたくても使えなくなるし、強制的に貯まっていくし、残ったお金は貯蓄することを考えないでいいことになりますよね。貯蓄をしていくうえでの一番の障害となるものは自分自身の欲望ですから「お金はあるけど下ろせない」という状況を作れれば、そんな欲望にも勝つことができるわけですね。(“勝つ”というより、仕方なく我慢するわけですが…)

そのように強制的にお金を使えなくすることでお金を貯めていきましょうっていうのが“先取り貯蓄”なんですね。

「貯蓄の仕方」を検索する人たちとは…


では、先取り貯蓄をしなければお金は貯まらないのでしょうか?
いえいえ、そんなことはありませんよね。しっかり家計管理ができていれば、わざわざ資金を固定してしまう先取り貯蓄を利用しなくてもお金を貯めることは可能です… 可能というよりもその方が理想なわけですね。

だって、先取り貯蓄の方法として挙げられるのは「自動積立定期預金」「財形貯蓄」「社内預金」になりますから、資金が自由に使えなくなるという不便さがついて回ります。半年や1年程度の期間は引き出すことができなかったり、社内預金については社内の総務部も絡んでくるために頻繁にお金を動かすことは気が引けてしまいます。つまり、先取り貯蓄のこれらの方法を活用するとお金は貯められるけれども、必要な時にすぐに使うといった貯蓄本来の意味が薄らいでしまうんですよね。

さらに、ネットで「貯蓄方法」などを検索する人たちの背景にあるのは、“貯蓄ができなくて困っている”という貯蓄下手な人が多いはずなので、そんな方々へのオススメな方法として“先取り貯蓄”が推奨されているわけなんですよね。

ベストな貯蓄方法とは…


“先取り貯蓄”が最良の貯蓄方法ではないとしたら、一体どんな方法がベストな貯蓄方法なのでしょうか…

このブログを始めた頃に夫が書いた『先取り貯蓄ができなくても全然平気です…』という記事があります。ここでオススメした方法は“先取り・後取り合わせ技貯蓄”というものでした。わが家においては共働きというスタイルですので、どちらかを先取り、もう一方を後取りにしたというものです。
先取りによって最低限の貯蓄を確保しつつ、家計管理に力を入れて後取りでもそれなりの金額を確保。先取り分は長期で貯蓄、後取り分はフレキシブルに生活を後押ししてくれるというわけです。そんな貯蓄方法がわが家にはピッタリだと夫は思っているから、現在もこのスタイルなんでしょうね。

貯蓄』というものは基本的には“将来のための保険”なのではないでしょうか。「お金に困ったときに使えるように」「将来の大きな支出に対して準備する」といった目的があるわけですから、ただ単に貯めるのではなく「いつまでにいくら必要だ」という明確な目標をしっかりと理解さえしていれば貯蓄は継続できるんじゃないかと思います。



いかがでしたでしょうか。
将来に訪れる金銭的な問題に対して一抹の不安もないようなタフな資金力があるのであれば、チマチマとした貯蓄なんていうものは必要ないのかもしれません。しかし、私たち一般庶民はそれほどの経済力はありませんから、将来の不安に対して備えておく必要があるんだと思います。
貯蓄計画も家族のライフプランありきです。「誰がいつどうなって、その頃にはお金がいくら必要で、その頃の収入はいくら位で… いくら足りない!」なんていう将来がキャッシュフロー表で見ることができればラッキーですよね。早速、今から準備を始めてしまいましょう!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

家計管理 取材 資産形成 貯蓄 貯金



こんにちは、☆のっち☆です。
家計管理を上手にやっている家庭は、驚くようなことをやっているんじゃないかって皆さんは思っているかもしれませんね。徹底的に節約に励んでいたり、常識的ではない収入があったりと結果としては「なぁーんだ、そんなカラクリがあるからお金が貯まるんだよ」って思う裏技があるんじゃないかって思っていませんか?
今回はわが家がある雑誌の記者から言われた“ひと言”をお伝えしようと思います。

ブログの目的を改めて…


まず始めに、このブログを始めて2年が経とうとしています。
ブログを運営する立場からすると「もっとアクセスが伸びてくれれば…」って思うことはありますが、そもそもは皆さんへ役に立つ何かをお伝えできればと思って始めたので、別にアクセス数を意識した記事を書いてきたわけではありません。読んでいただいている読者が「そんなやり方もあるんだね!」って思ってもらえることを伝えたくて今まで記事を書いてきました。

もし読者の中でこのブログを読んで「家計管理ができるようになった」とか「貯金ができるようになったよ」って人が一人でも増えてくれれば本当に嬉しく思っています。それが私たち夫婦の一番の喜びなんです。

実は… また取材を受けました


とは言いつつ、ブログを続けているとプロの記者の方からのお誘い… つまり、以前の記事『マネー雑誌の取材を受けましたよ!』でお伝えしたようにこのブログを通じて雑誌などの取材依頼があったりするんです。

実は、先日もある著名雑誌の記者の方から取材依頼を受けまして記事にしていただくことになったんです。具体的なことは雑誌が発売になるタイミングでお知らせしようと思っていますが、その取材の時に言われた一言がとても印象的だったんですよね。それは…

みんなが驚くような特別なことはやってはいないんですね…」でした(笑)

家計管理の重要なポイント


多くの成功者を取材してきた記者からそんなことを言われてどう感じたかというと、素直に「嬉しかった」ですね。

そうなんです。
“家計管理”だったり“貯金”だったり“資産形成”というポイントは「普通のことを普通に継続すること」が最大のポイントなんですよ。この感覚はダイエットだったりお仕事であったり、すべてのことに通じると思うんですが「計画を立てたことを粛々と継続すること」で将来の夢を叶えることができるんです。

しかも、“資産形成”という老後に向けて資産を作っていく活動は、ダイエットやお仕事以上に簡単な作業だと思っています。だって、夫婦二人で計画的に頑張れば当たり前のように達成できるわけですからね。そこに特別な難しさはないと思っています。

家族のライフプランを表にまとめて、収入と支出を把握して、黒字家計を机上で作り上げて、それを実行していくだけ…。難しいと思いますか?
もし、難しいと感じているのなら、それは計画自体に無理があるからです。しっかりと現実を認識することからすべてが始まるんです。強いて注意点を書くとすれば「収入は少なめ目に、支出は多目に」ということだけです。あとは実行あるのみです。



すみません…。
なんだか今回はボンヤリとした内容になってしまいましたが、家計管理の本質を理解してもらえるきっかけになるといいなぁって思って書かせてもらいました。
何事も無理をしては続かないし、ストレス過多になって失敗に終わってしまいます。無理なく、あなたのペースで続けられるプラン作りを最優先にやってみてください。
必ず上手くいきますよ!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

家計管理 家計 節約 貯蓄 貯金 老後 お金



どうも夫です。
今年もあと1カ月ですね。みなさん、年明けに立てた貯蓄計画は無事にクリアできて今年の家計管理は予定通りの結果が出せそうでしょうか?
家計管理”というとちょっと難しそうに聞こえがちですが、それほど驚くようなことではないことを今回改めて書かせてもらいますね。

“家計管理”って言い換えれば「お金の管理」


“家計管理”って言われると「家計簿をつけなくちゃいけない」とか「節約しなきゃ」って思うかもしれませんね。ただ、ボクから言わせると家計管理って単に「お金の管理」をするだけです。具体的には、月単位でいくらの手取り収入があって、毎月定期的にどのくらいのお金が出ていくのかを把握するだけなんですよね。つまり、世帯の収入と支出を把握して黒字にしていくことだけなんです。一切難しいことは必要ありません。

手取り20万円の世帯がそれを超えるような生活を送っていてはいけない。それ以下に抑えるようにお金を管理するだけのことなんです。

“家計管理”はお金の入口と出口を管理すること


以前の記事『家計管理実践マニュアル|1.家計管理とは』で書いていますが、家計管理は収入と支出を具体的に把握して黒字化すること。家計を黒字化して世帯の資産(貯蓄)を増やしていくことが目的になります。黒字家計で毎月2万円を貯金することができれば、年間で24万円、10年で240万円という資産を築くことができるようにするために、お金の入口と出口をしっかり把握していくことなんですよね。

その資産形成がうまくいかないという世帯があるとすれば、収入以上の支出をしてしまっているだけのことです。収入はそう簡単に増やすことができませんから、支出の内訳を把握して削減することでスマートな生活を構築していくことになります。
支出といってもいろいろありますが、赤字家計に陥る多くの場合は「住居費」「交際費」「食費」あたりが水準以上に消費してしまっている場合が多いはずです。こちらも依然の記事『万能な家計の黄金比率ってあるんでしょうか…』でご自身が該当する世帯構成にあった支出割合に収めるように努力していただければいいだけになります。

黒字家計になればお金は黙っても貯まる!


サラリーマン家庭で最悪なのは毎月の生活の補てんにボーナスをアテにしていること。毎月2万円赤字だけれどもボーナスで毎回12万円を補てんしているような家庭は今すぐにでも改善が必要になります。ボーナスというものは全額貯蓄に回すことができるのが当たり前であって、ボーナスをアテにした消費は異常だということをしっかり理解する必要があります。

毎月の生活で「収入=支出」といったトントン家計であったとしても、ボーナスで30万円ずつ、年間60万円受け取っているなら10年で600万円の貯金ができる力を持っていることになります。サラリーマン人生40年だとしてボーナスだけでも貯めることができれば2400万円の貯金ができる計算になりますよね。毎月はトントンでも定年時にはそれなりの老後の備えを作ることができるわけです。

定年時までにどのくらいの貯金をしていたいかの明確な目標を持つことで、ドリルダウンして毎年いくらの貯金をしなくてはならないかを知ることができます。その具体的な目標を知ったことで日々の生活にまで影響を与えて浪費を少しでも無くしていくことができるんですね。

今を甘えることは簡単です。でも、それでは将来間違いなく後悔することでしょう。いかにして人生全般で幸せを感じながら生きていけるか…。それを実現させるのは他人ではなく貴方自身の管理能力に託されているということです。



いかがでしたか。
今回はちょっと重い話になってしまいましたが、収入のある今の現役時代に将来を見据えた家計管理から資産形成に至るまでのことを理解して、しっかり準備することで幸せな老後が待っているのではないでしょうか。 「終わり良ければすべてよし」と言います。現役時代も過剰な節約をする必要はありませんが、老後にお金で苦しむ方が精神的に辛いのではないかとボクは考えています。人生の集大成である老後を気持ちよく過ごせるように、きょう一日をしっかり管理して生活していきましょう。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ