10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:貯蓄

低年収 子沢山 教育費 倹約 貯蓄



前編からのつづき


結婚する時に夫婦合わせて1800万円も持っていたF家。すごいですよね。わが家なんて結婚時に二人共貯蓄ゼロで半年かけて慌てて挙式資金を貯めたんですから、スタートからして大違いですね。現在のF家はどうなるんでしょうか、早速、現在を見ていきましょう。

子供三人の教育費準備を始める


結婚して1年後(29歳)に一人目。3年目(31歳)に二人目。6年目(34歳)に三人目と3人も子宝に恵まれました。私も専業主婦だし、お互いの実家も近いから何かあると両親が手伝いに来てくれるんです。毎日賑やかで大変だけれども、昔から子供が好きだったし3人も子供がいるなんで本当に幸せですね。夫も休日は趣味の釣りに上の子を連れて行ってくれて、いろいろと遊ばせてくれるので助かります。

まぁ、子育ては大変だし、何よりもお金が心配ですよね。なので、わが家では一人300万円の学資保険に加入しています。万が一、夫に何かあっても子供だけは守らないといけませんからね。学資保険料は年間45万円ですが、ボーナスをそのまま保険の支払いにあてていますから、日々の生活は特に影響なしです。それと、児童手当を貰えているんですがそれはそのまま貯金へ回しています。児童手当を貰い始めからずっと貯金しておくと全部で200万円くらいになるらしいですからね。学資保険の300万円と児童手当の200万円で一人500万円の教育費を準備することを目標にすればちょっと安心できるのかなって思っています。

今の家計内訳はこんな感じです。


[収入]
夫(42歳)
23万円(ボーナス手取り50万円)
妻(35歳)
0万円

[支出]
住居費
15000円
水道光熱費
20000円
食費
40000円
被服費
10000円
雑費
5000円
通信費
10000円
ガソリン代
10000円
保険代
10000円
夫小遣い
20000円
妻小遣い
10000円

合計
150000円

[貯金]
毎月
8万円


ファイナンシャルプランナーも太鼓判の家計なんだそうです


ママ友にFP(ファイナンシャルプランナー)の人がいるんです。先日、お話をしていたら「一回、診断してあげようか」なんて言われたんで、知り合いなんでちょっと躊躇してしまいましたがこんな機会はめったにないなと思ってお願いしてみることにしたんです。

すると、「貯蓄割合も35%くらいできているから家計は健全だね」って言われたんです。やっぱり専門の人に診てもらって大丈夫って言われると本当に安心できますよね。これからも現状維持を頑張りたいと思います。

ただ、「会社の借り上げ社宅制度はいつまで継続されるの?」って質問されたんで「えっ!?ずっとじゃないかな」って答えたら、「万が一、社宅制度が廃止もしくは改悪されたら一気に家計破綻しちゃうから気をつけてね」って言われてゾッとしちゃいました。怖いんで夫にそれとなく会社方針を確認するように伝えて終わらせちゃったんですけどね。

倹約F家の貯蓄額


結婚当初に夫婦二人で1800万円も貯金があったわが家ですが、現在どのくらい貯まっているかと言うと2300万円です。この7年間で500万円を上乗せできた計算になります。その7年間には子供3人の出産や小学校入学などいろいろなイベントもあったので500万円も貯められたことは良くやった方だと思っちゃいますね。

夫の1500万円と私の300万円、そして夫婦二人の500万円。世間では年収600万円とか1000万円とか高収入のお仕事が溢れているのに、年収400万円と金額が低い夫だけの収入でここまで頑張れているんだから“幸せ”の一言ですね。


--------------

42歳で年収400万円と決して高収入ではないF家ですが、お金を必要としない生活スタイルがベースとなって非常に健全な家計が構築できているようです。子供3人と子沢山のF家は人生の三大支出である住居費、教育費、老後費用をこのまま乗り越えていけるのでしょうか。


後編へつづく



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

貯金 貯蓄 老後資金 住宅費 教育費 三大支出



こんにちは、☆のっち☆です。
前回の記事『貯蓄生活のゴールをどこに設定しますか?』でお伝えしたように、わが家の金融資産は順調に成長してきていますが、そもそも“貯金”というものの意義を考えてしまう今日この頃です。
今回は私のつぶやきにお付き合いください。

人生において“貯金”は必要なのか?


こんな疑問を持ってしまったら、このブログの存在価値が一切なくなってしまいますが、「いざというときのために持っていなくちゃいけないもの」と当たり前のように毎月の生活費から捻出して貯金をしている家庭が多いですよね。もちろん、わが家も同じです。

わが家を例にすると、毎年200万円~250万円を目安に貯金をしています。この貯金をしている中から、マイカーを買ったり、家電を買い替えたり、住宅ローンの繰上げ返済をしているわけですね。さらに、この貯金を一年で使い切らないようにすることで金融資産を成長させてきています。

でもですね、この“使い切らない生活”というのは正しいことなのでしょうか?
現在から死ぬまでの残された人生で、毎年入ってくる収入できっちり生活することさえできればそれ以上にお金を貯めておく必要なんてないはずなんですよね。老後生活においても、年金の範囲で生活をしていければいいわけです。そのためにわが家は共働きを継続して頑張っているわけなんですよね。

「貯金」と「貯蓄」の違い


以前からこのブログでも登場してくる「貯金」と「貯蓄」ですが、違いを理解されていますか? 表現として結構ややこしくて私や夫もどっちを使ったらいいのか分からなくなってしまうことも多いこの2つの言葉ですが、明確な違いがあるんですよね。

「貯金」というものは単純に“お金を貯めること”。株式を購入することなどは貯金とはいいませんよね。一方、「貯蓄」というものは金融資産全体のことを指して言います。なので、所有している株式や不動産の評価額や生命保険をすべて合計した金額ですね。このブログタイトルでの“総資産”というものは貯蓄額ということになります。

わが家を例に表現すると、純粋な貯金額は1300万円、貯蓄額は4000万円以上になります。

結果として“貯金”はどうする?


こればかりは私が決められることではないので、わが家の家計の鬼である夫にこのことを聞いてみました。その結果は…


たしかに俺も最近考えていたんだよ。「老後までに3000万円貯めるぞ!」って意気込んでいたけれど、それって現金で3000万円は必要ないんじゃないかなってね。わが家は人生での三大支出である「住宅費」「教育費」「老後資金」のうち、「住宅費」と「教育費」の二つはある程度目立がたっているから最後の老後資金は年金で足りない部分を対策していればいいわけだよね。それって別に現金じゃなくてもいいわけだし、どちらかと言えば不労所得が生まれる資産を持ちたいといった感じだよね。だから、貯金は止めて貯蓄一辺倒でもOKかも知れないよ。


ってことでした。
さすがに夫もそう考えていたんですね。貯金と貯蓄、似ている言葉ですが意味は大きく違うし、実生活でもその違いを意識して資産形成をしていく必要があるようです。
つまり、これからのわが家は「貯金よりも貯蓄」へシフトしていくようですね。



いかがでしたでしょうか。
なんだかややこしい内容になってしまいましたが、「現金をこれ以上持つことに必要性を感じない」ということです。現金は1000万円程度あればいいのかなって。あとは貯蓄に回して利息や配当、値上がり益を狙えるものを中心にお金を振り分けていこうと思います。
ただ、どちらにしても貯蓄をするには現金が必要ですから、まずは現金を手に入れるということには変わりありません。つまり、わが家では共働き継続ですね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

老後資金 3000万円 金融資産 貯蓄 節約



こんにちは、☆のっち☆です。
わが家は貯蓄生活を毎月継続しているおかげでそれなりの貯蓄が作れてきました。ただ、それに伴って一つの疑問が生まれてきています。それは、「貯金はいつまで続けなくてはいけないのだろうか…」というもの。
みなさんはどのように考えていますか?

老後資金3000万円が目標


このブログでも何度かお伝えしていますが、現役時代に老後資金3000万円を目標に貯めておきたいと考えています。では、3000万円という金額はどうやって貯めるのか…

毎年100万円を30年間でもいいし、毎年50万円を30年間と退職金1500万円でもいいし。要は老後生活に突入するまでに貯めておければいいわけですよね。収入や住居形態、退職金の有無など多くの要素が人それぞれだから適切な貯め方などは一概には言えませんが、定年時に結果として3000万円があればいいわけです。

まぁ、実際のところ3000万円という目標を達成して老後生活を迎えられている世帯はそれほど多くはないと思いますので3000万円が絶対に必要かというとそうではないと思いますが、一つの目安として考えておいてもいいのかなって思います。
老後資金について気になる方は過去記事『老後を安心できる貯蓄額なんてないんですよ』あたりをご覧いただければと思います。

わが家はあと1200万円


昨年末に夫が行った家計決算ではわが家の金融資産は1800万円でしたので、老後資金3000万円を金融資産のとりあえずの目標として考えるとわが家はあと1200万円です。さらに、わが家の未来予想図であるキャッシュフロー表ではあと10年もかからずに達成できることになっています。

もし老後資金3000万円の貯金が完了したら、あなたならどうしますか?
「3000万円は貯めたけれども、将来どうなるか分からないから貯金は継続する」
「3000万円を維持しながら節約生活にピリオドを打ち、豪遊する」
「目標額を超えたお金は投資に回してより裕福な生活を夢みる」

いろいろな選択肢がありますよね。私なら貯金を止めて今までガマンしてきた贅沢な買い物を沢山したいなって思いますが、夫ならガッツリ投資なのかなって思います。

目標以上の貯蓄に意味はあるのか…


仮に3000万円の貯蓄を目標とします。その目標額を達成した場合、それ以上の貯蓄には意味があるのでしょうか?

いっぱい貯め込んで使いきれずに死んでしまった場合、それを相続する人が相続税を払わなくてはいけなくなります。もちろん免除される程度の額であればいいのですがそれを超える場合は税金の支払いが発生してしまいます。一生懸命に節約して貯めたお金を結局は税金として国に収めることになると、何のために節約生活を送って貯金していたのかが分からなくなってしまいますよね。

現在の日本ではさまざまなルールが法律や制度で作られていますから、自分自身でアンテナを張って情報収集をしていかなくては損をしてしまうことになるかも知れませんね。



いかがでしたでしょうか。
貯金を必死にすることも大切ですが、目標を達成してしまった場合のことも考えておく必要もありそうですね。

最後にわが家では3000万円を貯めたらどうするかをお伝えしようと思います。
「現役時代は貯蓄しつつ、60歳以降の楽しみのために健康管理に励む」といったところでしょうか。まずは子供の教育費の支払いが終われば相当自由になれますし、住宅ローンも完済してしまえばほぼストレスフリーな状態になれると思います。わが家ではそれらが50歳代で訪れますから、そこから先の人生を楽しめるように健康に注意をしていければと思っています。
ぜひ皆さんも貯蓄生活が終わってからのことも妄想しながら今を頑張って欲しいと思います。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ