10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:貧乏

思考癖 口癖 マザー・テレサ 貧乏 金欠



こんにちは☆のっち☆です。
以前の記事『口癖があなたを貧乏にする!はじめよう、金持ちへの第一歩』でも書きましたが、あなたは自分自身が日々発している言葉を常に意識していますか?なかなかお金と上手に付き合えていない人の中には口癖にまでなっていなくても“思考癖”というものが付いている危険があります。
今回は「お金が逃げる思考癖」についてお伝えします。

思考はいつか言葉へ、そして最終的には…


“癖”というものはどんなことか理解されていますよね。念のため…


『①無意識に出てしまうような、偏った好みや傾向。習慣化している、あまり好ましくない言行。「爪をかむ癖」「なくて七癖」「怠け癖(ぐせ)がつく」②習慣。ならわし。「早起きの癖をつける」③一般的でない、そのもの特有の性質・傾向。「癖のある味」「癖のある文章」 ④折れ曲がったりしわになったりしたまま、元に戻りにくくなっていること。「髪の癖をとる」「着物の畳み癖(ぐせ)」』(デジタル大辞泉より)


ということです。つまり、「あまり好ましくない偏った習慣」ということでしょうか。この偏った習慣が“癖”ですが、ここではもう一つの言葉を紹介します。


『思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。』(マザー・テレサ)


このマザー・テレサの言葉、怖くないですか?私が初めて見たときすごくドキッとしたことを覚えています。思考→言葉→行動→習慣→性格→運命という順番で展開していくということですね。要は“癖”になってしまったら、その先性格になってしまって、さらには運命をも変えてしまうということです。

すべての始まりは“思考”から


この“思考”から始まり“運命”にまで発展してしまうということは、冒頭にも書いたようなお金が逃げてしまうような「思考癖」がついてしまうと将来的にはあなたが貧乏(金欠)なのが運命となってしまう恐れがあるということですね。

私の上司にそんな「思考癖」が身についたOさんがいます。彼の発想は常に妬みや僻(ひが)みで溢れています。例えば、こんな様なことをよく言うんです。


「いいよなぁ君は。共働きで…」
「俺なんかあれが欲しくても買えないのに、アイツは簡単に買ったんだよ」
「こんなに頑張って努力しても見返りなんてほとんど無いからな…」
「アイツのせいで俺がこんなに苦労している」
「ちくしょう…」


いかがですか?こんな言葉を聞いているとこちらまで何かマイナスのパワーを受けてしまうような気がしてきます。本当にマイナスのエネルギーって強いんですよね。このOさんですが、常にため息をつき、言葉の端々に人に対する妬みや羨ましがりを感じる表現を使います。恐らく、思考は常にそんな発想でしか物事を考えられないようになっているんでしょうね。悪い運命を呼び寄せなければいいのですが…

良い思考を習慣化すれば良い運命が訪れるかも


マザー・テレサは決して悪いコトだけを対象に言っているわけではないと思います。逆に、良い思考から生まれる良い運命もあるはずです。

以前の“口癖”の記事でも書きましたが、悪い癖で悪い運命を呼ぶことができるのならば、逆に良い運命を呼び寄せることもできるはずです。「アイツは良いよなぁ」と思ってしまうコトがあったときはすぐに声に出して「アイツはすごいなぁ。俺も負けないぞ!」なんて思ってしまったことを言葉で上書きしてしまいましょう。“思い”よりも“言葉”にして耳から自分自身に言い聞かせればそっちのほうが強く残るはずですからね。『病は気から』というように思考をしっかり意識して過ごしていきましょう。



いかがでしょうか。
ある出来事が起きてそれを良い事か悪い事かと判断するのはあなた自身です。どんなに辛いことでも何かしらプラスなこととして受け止められる側面があるんではないでしょうか。その一つひとつの思考が将来に生きてくるのであれば努力してみる価値はあるのかもしれませんね。私も頑張って前向き思考を貫いていこうと思います。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

ボーナス払い 貧乏 貯金



こんにちは☆のっち☆です。
クレジットカードや住宅ローンを利用すると「ボーナス払い」を利用してしまうことがあるかもしれません。たしかに「ボーナス払い」を利用すると月々の支払いを低く抑えることができて毎月の生活がラクになりますよね。
今回はそんな“ボーナス払い”をやめましょう!って記事を書かせてもらいます。

ボーナス払いをすると毎月がラクになる


以前の記事『地道な貯金を成功させる一つのコツ』で書いたとおり、ボーナスを貰える雇用形態の人は貯金を成功させる一つの方法として有効に活用することをオススメします。が、そんな半年に1回のボーナスをあてにしてクレジットカードやショッピングローンを利用すると以下のように毎月の支払がとても楽になります。


住宅ローン[3000万円、35年、2.0%]
 ボーナス払い有りボーナス払い無し
月々の支払
83000円
100000円
ボーナス月加算分
100000円
0円


自動車ローン[200万円、5年、5.0%]
 ボーナス払い有りボーナス払い無し
月々の支払
29500円
38000円
ボーナス月加算分
50000円
0円


ショッピングローン[30万円、3年、9.0%]
 ボーナス払い有りボーナス払い無し
月々の支払
6200円
9500円
ボーナス月加算分
20000円
0円


上記のようにボーナス払いを併用すると月々の支払いが確実に楽になります。このようにボーナス払いを上手に利用することで、手の届かない高価なものまで購入できるようになるので、この手法を巧みに取り入れて「貴方にも買えますよ」と営業をかけてくる業種は小売業に限らずたくさんありますよね。それだけ営業されると、本当に欲しいものならついつい買ってしまいたくなる状況に堕ちてしまいますね。

ボーナス払いをすると大変なことになる!?


「月々の支払いがこれだけ下がるなら」とついついボーナス払いを利用してしまいそうになるところですが、安易にボーナス払いで契約して後々大変な事態に発展することもあります。というのも、ボーナス(賞与)というものは『業績給』です。その名の通り、企業の業績に応じて貰えるお金であって“貰えることが約束されているお金ではない”わけです。特に日本の全雇用者の7割が中小企業で働いている現状ですから、その年その年の経済環境に大きく影響を受け業績が上下してしまいます。「入社以来、ボーナスは2ヶ月貰えている」企業だとしてもいつどうなるか分からないわけですね。そんな不安定なボーナスをアテにしてボーナス払いをしてしまうと、最悪の場合、支払いができないという状況に陥ってしまうわけですね。

また、“滞納→ブラックリスト”のリスクも発生します。
ボーナス支給がなくボーナス月の支払いができないと「滞納」することになります。これが何ヶ月も続くと「ブラックリスト化」してしまい、以降の生活に大きな影響をもたらします。まずは新規のクレジットカードやローンの審査に通らない、持っているクレジットカードが使えなくなる、現金主義になるしかなくなるといった負のスパイラルへ突入します。“信用取引”があちらこちらで行われている現代では相当不便な状態になってしまいますね。

“ボーナス払い”という概念を捨ててしまおう!


場合によっては、前項のような大きなリスクを抱えてしまう「ボーナス払い」ですが、リスクを抱えないためにはボーナス払いを一切利用しなければいいわけですね。つまり、月々の収入の中で払えるものしか買わなければいいわけです。ボーナスをアテにしないと買えないものは、その時点では“買ってはいけない物”として諦めて、あなた自身の財務体質を強化することに努めましょう。要するに、ボーナスは貯金しましょうということです。

住宅ローンや保険料、学費の支払いなど当り前のようにボーナスから拠出していませんか?
そんな家計管理は今日を最後に終わらせて、毎月の収入から積立を行いましょう。例えば、年間10万円の保険料をボーナスから払っているのであれば、毎月8500円を積み立てていけばいいだけです。いかにボーナス依存の生活を止められるかをあの手この手で考えてみましょうね。


ボーナスに頼った体質から抜け出すことができれば、新しい貯金生活の始まりです。基本給25万円の人が年間3ヶ月のボーナスを貰えれば、手取りで考えても60万円程を貯金できますよね。それに加えて毎月3万円の貯金ができていれば年間100万円も十分に達成できます。ボーナスが貰える給与体系であれば確実に貯金もできます。まずは“ボーナス払い”からの卒業をしましょうね!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

セコい ケチ 貧乏



こんにちは☆のっち☆です。
節約とセコさは隣り合わせと聞いたことがありますが、私自身まったく違うものと思っているんです。節約上手な人はお金を使うところを使わないところのメリハリがすごくあって、ムダなことにはしっかり財布の紐を締めますが、有意義な消費にはケチることなくバンバン出費します。
そんな必要なときは躊躇なくお金を出す人は傍から見ていても「お金に余裕があるんだなぁ」って感じるものですが、逆に必要なときも出さない人は一気にセコさとお金が無い感を感じてしまいますよね。
ということで、今回は私の独断と偏見で“セコさを感じる瞬間”を10個ピックアップしてみようと思います。貴方は大丈夫ですか??


◯ 身だしなみ


私の勤める会社は営業マンが7割を占める会社なんですが、数百人いる営業マンをパッと見るだけで「デキる」「デキない」がある程度判断できてしまうんですよね。それって根拠はないんですが大体が当たっているものなんです。営業の世界で生きている“夫”に聞いてみても「あぁ、それは数秒だな」って言うんです。
今回のテーマの“セコさ”については一瞬じゃ分かりませんが、ヨレヨレのスーツや服を着ていたらお金を持っている感はゼロですよね。髭や頭髪も手入れされてなければ近寄りませんよね。つまり、人は見た目でその人のイメージを形成します。金持ち感を与える必要はありませんが、ケチなイメージを持たれる必要もありませんよね。小奇麗にしておきましょう。

◯ カバン、靴、小物が安物


前述と重複する部分がありますが、キレイなスーツをパリッと着ていても持っているカバンがボロボロだったり、靴のカカトがすごく擦り減っていたらみっともない。また、女子でもバックの持ち手がすごいボロボロだったりするとちょっと引きますよね。やっぱり身につけるアイテムへの配慮は重要ですね。

◯ ランチがセコい


私はお弁当派なんですが、毎日コンビニ弁当の人もいますよね。その時に毎日380円の“のり弁”や“300円未満のサンドイッチ”だったりと何気なく見ているとある程度、その人のランチの予算が分かってしまうんです。それが部長クラスの人が300円レベルだったり、外に行っても牛丼系だったりすると「えっ!?」って思っちゃいます。年収1,000万円を優に超えているのにです。

◯ 中年なのに『金蔵』でいいって言う


前述のランチ項目に出てきた部長さんなんですが、職場の飲み会をする時に『金の蔵でいい』って言うんですよ。男子が「え!部長、金蔵ですか?学生が多くてうるさいですよ」と言っても「安いからいいでしょ」って言い張るんです。セコいというかケチの塊ですね。こんな人とは付き合いたくないです。

◯ 1000円床屋で散髪


またもわが社の部長ですが、床屋は1,000円カットなんだそうです。なので毎回、モミアゲとえり足はパツンと揃って切られてきます。左右非対称、油ギッシュ(これは関係ないか…)。取引先の人も見た瞬間わかると思うんです、この部長1,000円カットだって。恥ずかしいですよね。

◯ 腕時計が安物


すごくオシャレにしている営業マンでも腕時計が家電量販店の店頭で数千円で売っているような時計をしていると「う~ん」と思ってしまいます。別にROLEXやOMEGAを着けているのがいいのではなく、子供の時計のようなものは避けたいですね。ただ、個人的にはフランクミュラーの類似品『フランク三浦』は話題としてOKなんですが…

◯ 爪が伸びている


身なりもしっかりしているのに爪がメチャクチャ伸びてる人っていますよね。あれ、すごくガッカリするんです。何故か貧乏症の人って感じを受けてしまうんですよね。営業の仕事では商談時に資料を指差すこともあると思います。その時に指が汚いのは避けたいものですね。

◯ 財布がボロい


LOUIS VUITTONの財布なのに手入れが行き届いていないものを使っている人、良い財布を使っているのにお金持ち感は完全にゼロですね。例えば、お尻のポケットに入れていて型が崩れていたり、財布から生地の糸がピヨ~ンと出ていたり、革が朽ちていたり… 逆にみっともないですよね。良いアイテムを大切に綺麗に使うことを心がけましょうね。

◯ 数百円でテンションが下がる


職場で「それ、いいですね」って言われたときに「300円で売ってるから買っといでぇ」とか言うと、一気にトーンが下がる人っていませんか?教えてあげた私としても「えぇ、この金額でテンション下がるんだ」って思って余計に気を使っちゃいますよね。私があげればよかったのでしょうかね…

◯ 雰囲気がセコい


セコさを感じる10連発の最後はコレです。もう、コレがこうだとかではなく、その人の雰囲気すべてからセコさを感じるってなんなのでしょうか。タバコの臭いが体に染み込んでいるのと同じように、セコさが体に染みてしまったんでしょうね。表情・しぐさ・言葉づかい・所持品・素行… それぞれからセコさがハーモニーとなって放たれているんでしょうね。ここまできたらどこまでも突き進んでいただきたいものです。



いかがでしたか。
今回は私の感じるままに記事にしてしまいました。「いやいや、そのくらいはいいんじゃないの?」ということもあったかもしれませんが、一つの意見としてサラッと流してください。お金をいっぱい持っていなくても「この人セコい!」とだけ思われないように気をつけたいものです。メリハリが肝心です!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ