10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:老後破綻

晩婚 高齢出産 老後破綻 教育費 老後資金 住居費 破綻



後編からのつづき)


無認可保育園に預けながら派遣社員として奮闘するHさんですが、収入から子育て費用を差し引くと手元に残るのは数万円です。ご主人の年収は550万円まで上がりましたが、学資保険や子育て費用の追加支出で貯金するまでは余裕を作れないらしいんです。
いよいよ年齢的にも待ったナシ。Hさん夫婦を待ち受ける将来はどんな形なのでしょうか…

子供の教育費対策


どんなに生活が苦しくても子供には惨めな思いだけはさせたくないものです。今はまだ小さい子供ですが順調に進んで大学を卒業する22歳のときは夫が67歳、私も64歳になっています。夫が雇用延長ができたとしても65歳までですから、完全に無職になっても学費を払わなくちゃいけないってことになります。

一応、子供が無事に生まれた直後に満期300万円の学資保険には加入しましたし、毎月貰える児童手当を全額貯金すれば200万円になるって聞いたので、それもしっかり貯金しています。計画通りに教育費の貯金ができてもこれで合計500万円。最低1000万円と言われている教育費は1000万円だから残りは日々の中から捻出しなくちゃいけないってことになりますね。

老後資金はどのくらい貯まる?


そして、結婚当初から気にしていた私達の老後資金ですが、子供が小学校入学してから毎月7万円は貯められるようになりました。中学校に入学してからは教育費の毎月負担分が少し上がったので5万円ほどになりましたが、小学校~中学校の9年間で大体700万円を貯金。持っていた300万円と合わせると1000万円です。

ただ、子供が高校生(15歳)になると夫が60歳定年になって、無事に雇用延長してもらえたものの年収は現役時代の6割程度。金額にすると360万円ほどになってしまいました。そして、私も派遣社員で50歳まで働けていましたがそれ以降は受け入れてくれる企業が見つからず派遣会社も紹介してくれなくなって、57歳の私は実質専業主婦のような毎日を送っています。貯金なんてできるわけもなく毎日の生活と子供の教育費を捻出することしか頭にはない状態で苦しいですね。

唯一、夫が定年の時に退職金を800万円ほど受け取れたので貯金自体は1800万円になりました。老後生活までこの金額を守りたいですね。

住居費が苦しい


わが家の住居は賃貸住宅です。夫婦二人の時はそれほど大きな家ではなかったんですが、子供が生まれたのをキッカケに家賃12万円のファミリータイプ賃貸マンションへ引っ越したんです。夫が現役で私も働けていたときはそれほど負担ではなかったんですが、夫が定年して私も専業主婦になってしまうと世帯年収360万円で毎月12万円の家賃ですから家計に占める住居費がとても大きくなってしまいました。ただ、子供がまだ高校生ですから簡単に引っ越すこともできませんし、せめて子供が独立するまではこの家に住んでいたいと考えています。


---------------------

42歳で子供を生んだHさん。生まれたときから分かっていたことですが、子供の教育費が一番大きくなるときに親の収入が減ってしまっています。高校入学時にご主人が定年退職ですから、大学入試準備と大学進学費用で一気に膨らんでしまう教育費に対応が難しいでしょうね。さらにHさん家では住居費が苦しさに輪をかけてしまっている状況です。
この状態でお子さんが大学卒業する頃にはどんな家計になっているのでしょうか…

---------------------


子供の大学卒業と私達の老後


子供が頑張って私立大学へ現役合格、無事に大学を4年間で卒業しました。大学へ支払った学費は4年間で500万円ほどだったんですが、大学受験のために予備校へ通い、入試を受けるまでで大体100万円かかっているので、高校3年~大学卒業までで600万円かかった計算になります。わが家もこのために必死で学費を貯めてきたが結局は不足して貯金を取り崩すことに…。
もし現役合格しないで浪人でもしていたら…、家から通えない大学で一人暮らしにでもなっていたら…と考えるとゾッとしてしまいますね。

わが家もようやく子供が独立して教育費から開放されました。ただ、夫は67歳、私も64歳。2年前から夫の年金で生活していますが当然家計は大赤字。なんせ年金なんて月額18万円くらいだし家賃で12万円払うから残りは6万円です。私達の生活費は15万円くらいかかるので毎月9万円の赤字だってことですね。毎月9万円の赤字ということは年間では120万円、帰省だったり突発的な支出を考えると+50万円くらいで年間170万円の赤字になってしまいます。

そんなこんなで夫が60歳のときにあった貯金1800万円は今では500万円まで減ってしまっています。僅か7年でこれだけ急激に貯金が減ってしまうと恐ろしいので、子供の独立を機にもう少し小さなアパートに引っ越して家賃を8万円まで抑えましたが、それでも年間赤字は100万円ほど。来年には私が65歳になるので年金が貰えてなんとか赤字が解消できそうですが、このまま続けているとわが家の家計はあと何年持つか不安で仕方ありません。今は健康で医療費とかはそれほどかかりませんが、歳を重ねるとどうしても病気がちになってしまいますしね。

私達夫婦が死ぬまでにあと数百万円しかないこの状況。どちらかが亡くなってしまったら葬儀代などで貯金も底をついてしまいますし年金受給額も下がります。この状況っていわゆる「老後破綻」と言うものなのでしょうか…





いかがでしたでしょうか。
晩婚・高齢出産の人生を歩んできたHさん。時間的な出遅れを気づいていながら最終的に老後破綻状態になってしまったのには原因があります。まずは独身時代の貯蓄額が二人とも少ないこと。40歳独身であればお互い1000万円ほどは持っていたいですよね。さらに加えると、Hさんが正社員ではなく契約・派遣社員だったこと。正社員なら受けられる育児休業取得や退職金などがゼロだった、また、復職に苦労している点も原因です。
晩婚・高齢出産が原因で老後破綻する確率が高くなるわけではありませんが、時間的に余裕が無いことも事実ですよね。1つの判断ミスが後々の家計破綻を引き起こしますから、何よりもライフプラン、キャッシュフロー表を大切に計画的に物事を進めていきましょうね!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

高学歴 エリート 出世頭 外資系企業 マイカー マイホーム



こんにちは☆のっち☆です。
現役で一流大学を卒業して、そのまま一流企業に就職した友人ってあなたの周りにもいませんか?そんな超エリートの人達って一生勝ち組なんだろうなぁって思っていました。でも、実際はそんなことないみたいですね。 今回は小学・中学では“神童”と呼ばれ一流企業に就職したMさんが老後破綻してしまったお話です。順調だったMさんの人生に何が起きてしまったのでしょうか…

学生時代は神童と呼ばれた


僕の名前はM。40歳。今は外資系電機メーカーで課長職に就いています。思い返せば、今までの僕の人生は怖いくらい順調だ。

小学校、中学校時代には成績が驚くほど良かったおかげで“神童”とも呼ばれていた。その後も学区内で一番の高校に進み、大学も国立大学には興味がなかったからK大学を受験して現役合格。氷河期だった就職も無難に乗り越えて国内大手の電機メーカーへ入社できたんだ。学生時代は学業を特段努力したというわけではなく一度教科書を読むと自然と頭に入ってしまうし、将来のやりたいこともコレといったことがなかったからとりあえず入社したっていうのが本音だったんだよね。それでも、仕事は要領よくこなせたから同期の中でも出世頭で一番早くに役職につけたんだ。要領が良かったのかな…
気がついた頃には「君みたいな超エリートは…」なんて会話の頭に付けられることが多くなったのもこの頃だったね。それから何年かした頃に今の外資系企業から声をかけられて転職。年収も1000万円くれるっていうから迷わず転職しちゃったよ。

M家の家計状況


わが家はパートで働く妻(37歳)と子供2人(10歳と7歳)。都内の戸建てを5年前に6000万円で購入したんだ。自動車は昔から憧れていたBMW3シリーズをマイホーム購入の金銭感覚が狂っていることを良いことに衝動買い。おかげで毎月のローン返済は住宅ローンが15万円、自動車が3万円。さらに、ボーナス時にはそれぞれ20万円と5万円が加算される。

収入は僕が1000万円、妻が100万円ってところだね。月にすると僕の手取りが45万円(税込60万円)、妻が8万円ってところかな。

収入53万円からローン18万円を差し引いた35万円で生活するってことだから、まぁ結構余裕があるわけですよ。なので、毎月5万円、ボーナスでは100万円を貯金できていて、その年額160万円の貯金をマイホームを買って以降5年継続しているから現在800万円が貯まっているんだ。なんだか貯金も苦労しないでやっていけそうだ。

見やすくするとこんな感じかな。


[収入]
夫(40歳)
45万円(ボーナス手取り250万円)
妻(37歳)
8万円

[ローン]
住宅ローン
(残30年)
15万円
(ボーナス時加算20万円)
自動車(残2年)
3万円(ボーナス時加算5万円)

[貯金]
毎月
5万円
ボーナス
100万円
現在の貯蓄額
800万円



自動車のグレードアップ


あれから2年後。貯金も順調に進んで1100万円まで膨らんだ。今年で7年払いで買ったマイカーローンが終わる。程度の良い中古で買ったこのBMWも流石にガタが出はじめてきて、今度の車検の見積もりを取ったら色々直さないといけないみたいで金額を聞いたら50万円って言っていたよ。愛着も湧いているから直そうかとも思っていたんだけど妻からの「買い替えたら?」っていう一言がきっかけで乗り換える気持ちが強くなってしまった。

子供も大きくなってきたからセダンよりは最近流行りのSUVっていうのもいいよね。ただ、国産車には魅力を感じないからやっぱり外車がいいんだよね。現時点で候補に上がっているのはマカン(ポルシェ)、X3(BMW)、Q3(アウディ)。どれを選んでも新車なら700万円くらいする。う~ん、結構キツイかな…

それでもディーラーに行ってローンシミュレーションしてもらったら、毎月5万円、ボーナス時で12万円だっていうから買っちゃったよ。ポルシェのマカン。今までより年間で38万円返済が増えるけど大丈夫でしょ。これだけ贅沢しても毎年100万円貯金できるんだから。


[収入]
夫(42歳)
45万円(ボーナス手取り250万円)
妻(39歳)
8万円

[ローン]
住宅ローン
(残28年)
15万円
(ボーナス時加算20万円)
自動車(残10年)
5万円(ボーナス時加算12万円)

[貯金]
毎月
3万円
ボーナス
80万円
現在の貯蓄額
1100万円



-------------------

Mさん、すごいですね。
40歳にして年収1000万円。6000万円のマイホームに住み、輸入車を乗り回しているんですから。やっぱり学歴が高くて仕事もできる人は将来も安泰なのでしょうか。



中編へつづく



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

リストラ 外資系 子育て 教育費 再就職



前編からのつづき


学生時代から順調すぎる人生を歩むMさん。
年収1000万円で外資系企業へ転職した後も彼の人生は順調なのでしょうか。



外資系企業は給料が上がらない


5年後。僕も47歳になって、この会社にも7年勤続しているが一向に給料が上がらない。まぁ、外資系企業というのはそういうところだって聞いたことはあるけれど1円も上がらないってどうなんだろう… 別の外資系企業に勤める知人に聞くと「減らないだけマシだよ」だって。

子供たちも大きくなって17歳と14歳。3歳違いだから入学と卒業が一緒にきて色々と辛いけれども、大学卒業までの辛抱だね。学費については学資保険を厚めに掛けいていたから私立大学の医・歯学部とかに行かない限り問題ないだろう。


[収入]
夫(47歳)
45万円(ボーナス手取り250万円)
妻(44歳)
8万円

[ローン]
住宅ローン
(残23年)
15万円
(ボーナス時加算20万円)
自動車(残5年)
5万円(ボーナス時加算12万円)

[貯金]
毎月
3万円
ボーナス
80万円
現在の貯蓄額
1500万円



子育て完了!教育費を乗り越えた


給料が上がらないって嘆いてから8年。入社15年の現在も未だに一度も上がらない。ポジションは入社時よりはちょっと上がって次長だけれども給料は据え置き。ただ、1000万円を貰えるんだから悪くない。前職の国内企業は円高や不景気の煽りで業績不振に陥って僕の同期なんかは完全に早期退職対象者になってしまっているようだ。今の会社に早いうちに転職して大正解だったね。
今年で下の子も大学を卒業して就職したから子育て卒業ってところだね。学資保険にそれぞれ500万円ずつ加入して対策していたから、それほどお金の面では苦労しなかったけど、それでも貯金から全部で500万円は持ち出しちゃったね。さらに、この8年の間は塾代やら模試代やらで貯金もできなかったから家計は大丈夫かな。そろそろ自分達の老後を考えないといけない年齢になってきたな。
愛車のマカンも3年前にローンが終わったから、自動車も乗り換えた。もうこの年になるとやっぱりクラウンに乗りたくなってくるものだね。


[収入]
夫(55歳)
45万円(ボーナス手取り250万円)
妻(52歳)
8万円

[ローン]
住宅ローン
(残15年)
15万円
(ボーナス時加算20万円)
自動車(残10年)
4万円(ボーナス時加算9万円)

[貯金]
毎月
0万円
現在の貯蓄額
1000万円



リストラ対象!早期退職に応募する


あれから半年後、国内企業だけかと安心していた不況の煽りが我が社にも飛び火してきた。ある程度大きな規模の企業は、一旦業績が悪化すると立て直しに時間がかかる。我が社も例外ではないし、さらには外資系企業ということもあって人事面では相当ドライなんだ。給料が入社以来1円も上がっていないこともそのいい例なんだろう。社内の空気に緊張感が張りつめるなかで通達が出た。

「50歳以上の社員を対象に早期退職を募集する」

おいおい、思いっきり対象者じゃんかよ。少し前から社内で変な噂が流れていたんだよなぁ。もっと真剣に考えておけばよかった。ただ、割増退職金は1.5倍ということなんで僕の場合1000万円くらい貰えるようだ。無駄にしがみつくのはヤメて用意してもらった再就職支援企業のお世話になることにしよう。何事も早めに動くほうがいいに決まってるんだ。早期退職に応募しないで後々になって肩叩きにあったら退職金の割増もないだろうからね。

再就職先が決まらない


早期退職者募集発表の後、応募してから1ヶ月後には正式に退職となった。在職中から再就職支援で何社か受けたが自分がやりたい仕事には巡り会えず、未だに再就職先が決まらない。ただ、失業保険受給期間が会社都合だから330日と最長で受給できるから、約11ヶ月受給できるから安心だ。失業保険受給中は貯金は出来なくても生活は維持できる。いくらなんでも受給終了までには仕事も決まるだろう…


…と言いつつ、すでに8ヶ月が経過していてもうすぐ失業保険が貰えなくなる。わがままに仕事を選びすぎたのだろうか。
ただ、この歳で新しい業種にチャレンジするのは腰が引けてしまう。自分よりもずいぶん若い子たちに指図されるのも承服し難いところもあるしね。どこかの企業に勤めるのが難しいなら自分で事業を起こすこともありかもしれないね。


-------------------

マイホームを買ってもしっかり貯蓄ができているし二人の子供をしっかり大学卒業まで出させられていて、人生の三大支出のうちの住居費と教育費を上手く乗り越えているように見えるMさん。残る大きな支出は老後費用です。人生最大の支出も上手く乗り越えることができるのでしょうか…


後編へつづく



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ