10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:老後

家計破綻 賃貸 老後


こんにちは☆のっち☆です。
人生における三大支出である“住居費”“教育費”“老後資金”。そのうちの住居費については、家庭ごとのライフスタイルや考え方によって“持ち家派”と“賃貸派”が存在しますね。夫が書いた記事『あなたはどっち?“持ち家派”or“賃貸派”』でも、どちらにもメリット・デメリットがあって優劣つけがたいものでした。

以前お伝えした『無理な住宅ローンで家計破綻… 赤坂さんの話』では“持ち家派”になって苦しむ赤坂さんのお話をしましたが、今回は“賃貸派”である五島さんが老後に破綻してしまうお話です。

気がつくと賃貸派になっていた


僕の名前は五島(仮名)。50歳。妻と子供1人の3人暮らし。都内まで電車で30分のところで賃貸マンションに住んでいます。休日はマイカーで趣味のゴルフに出かけるから、自動車は必需品なんだよね。駐車場込みの家賃は15万円。駅から徒歩6分で2LDKだから、それなりの金額かな。

マイホームを持とうと思っても、最近近所で売り出している戸建て物件は4000万円、マンションに至っては5000万円台のものもある。今から住宅ローンを組むとこれらの物件を買ったと想定しても16万円~20万円の支払いになるから、この歳まで賃貸で過ごしてきて今更ローンを組んで家を買うのも厳しいと思うんだ。買うならもっと若い時に決断するべきだったけど、最近になるまで家を買おうなんて思わなかったんだよね。今となっては長女の教育費も日に日に大きくなってきていて、貯金すらできていないし…

[家族構成]
50歳(正社員)
50歳(パート)
長女
16歳(高校2年生)
マイカー
新車

[収入]
手取り35万円
手取り8万円

[支出]
家賃
15万円
水道光熱費
2万円
食費・外食費
6万円
通信費・雑費
3万円
長女予備校代
5万円
小遣い(夫)
4万円
保険(生保、学資)
5万円
自動車ローン
3万円
貯金
0万円

[貯蓄]
貯金
700万円


無事に子育て終了


あれから5年。今年で娘も大学を卒業して独立する。僕ら夫婦も子育てを卒業だ。大学の教育費は受験費用30万円、入学金120万円、授業料(3年分)270万円、その他20万円で総額440万円ってとこだったかな。我が家で加入していた学資保険は300万円だったから150万円くらい持ちだしたが、それで済んだからある意味良かったのかもしれない。
しかし、僕が勤める会社は55歳で役職定年となり700万円あった年収が600万までガクッと落ちてしまう。まぁ、子育ても終わったからなんとかなるのかな。。。

[家族構成]
55歳(正社員)
55歳(パート)
長女
21歳(大学4年生)
マイカー
5年落ち

[収入]
手取り28万円
手取り8万円

[支出]
家賃
15万円
水道光熱費
2万円
食費・外食費
6万円
通信費・雑費
3万円
小遣い(夫)
4万円
保険(生保)
4万円
貯金
2万円

[貯蓄]
貯金
550万円


いよいよ定年を迎える


さらに5年が経った。僕もいよいよ定年だ。退職金は600万円。僕は転職して今の会社に来たから退職金もちょっと少ないんだよね。ただ、貰えるだけいいかなと思うのと雇用延長で65歳までお世話になるから大人しく勤めようと思う。
しかし、妻も60歳になるとパートで働けなくなるし、僕の収入も手取りで20万円。年金が貰えるようになる65歳までの5年をなんとか耐え忍ばなくては… 娘も2万円を家へ入れてくれるから本当に助かる。妻が60歳までパート勤務を頑張ってくれたおかげで貯蓄も1200万円あるけれど、収入が一気に落ちたから家計を見直さないと年金受給までに貯金が尽きてしまいそうだ

[家族構成]
60歳(嘱託社員)
60歳(専業主婦)
長女
26歳(OL)
マイカー
10年落ち

[収入]
手取り20万円
手取り0万円
長女
食費2万円

[支出]
家賃
15万円
水道光熱費
2万円
食費・外食費
6万円
通信費・雑費
2万円
小遣い(夫)
4万円
保険(生保)
2万円
貯金
▲9万円

[貯蓄]
貯金
1200万円




しっかりと娘さんを育て上げた五島さん。世間で言われている3000万円までには届かなかったものの定年時に貯蓄1200万円を作ることができました。このゴールは結果としてどうだったのでしょうか。。。
住居費が家計に占める割合が高まってきていることが気になるところです…


後編へつづく




 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

家計管理 賃貸 老後破綻


前編からのつづき


なんとか定年を迎えた五島さん。娘さんは無事に社会人としてたくましく育ったようです。定年後の五島家は無事に過ごせていけるのでしょうか。

結婚… 娘が嫁いでしまった


定年から3年。29歳になった娘がとうとう結婚することが決まった。結婚しないとそれはそれで親としてはとても心配だが、いざ結婚して嫁いでしまうとあまりにも寂しすぎる。妻なんて発狂に近い状態で「私も娘と一緒に嫁ごうかしら…」なんて意味不明なことを言い始めてしまった。これからは妻と二人で仲良く余生を過ごしていこう。早く孫の顔も見てみたいものだ…
両家の親同士で話しあった結果、結婚式費用として両家から200万円ずつあげることになった。予想以上に大きな金額だが、娘の晴れ舞台、200万円なんて痛くもない。幸せな家庭を気づいてくれることを願うばかりだ。

[家族構成]
63歳(嘱託社員)
63歳(専業主婦)
マイカー
13年落ち

[収入]
手取り20万円
手取り0万円

[支出]
家賃
15万円
水道光熱費
2万円
食費・外食費
6万円
通信費・雑費
2万円
小遣い(夫)
4万円
保険(生保)
2万円
貯金
▲11万円

[貯蓄]
貯金
650万円


年金受給が始まる


娘の結婚から2年。昨年には孫も生まれて本当に幸せだ。僕自身も65歳になって長年お世話になった会社を完全に退職した。転職で入社したけど本当に良い会社だった。あの会社のおかげで我が家は無事に生活することができている。本当に感謝したい…
そして、僕も妻も65歳になり年金を受け取れる。これからは娘夫婦と孫が来てくれるのを楽しみに、妻とはゆっくりした余生を過ごしていきたい。妻を旅行にも連れて行ってあげられなかったから、世界一周の船旅もいいなぁ。。。
ただ、貯金が退職時から1/3になってしまっていることが心配だ。僅か5年でこの減り方にはゾッとしてしまう。年金受給が始まって手取り額としては増えるから良かったけれど、夫婦で生きている間、貯金が持つだろうか…
僕の趣味であるゴルフも控えめにして、マイカーを手放すことにした。これで駐車場代が2万円が削減できるからね。

[家族構成]
65歳(年金受給)
65歳(年金受給)

[収入]
年金
手取り23万円

[支出]
家賃
13万円
水道光熱費
2万円
食費・外食費
4万円
通信費・雑費
2万円
小遣い(夫婦)
4万円
保険(生保)
1万円
貯金
▲3万円

[貯蓄]
貯金
400万円


高齢で引っ越すことがすごく嫌だ


あれから5年。僕も70歳になった。長年住んできた賃貸マンションが老朽化で建て替えするらしく、退去することになってしまった。我が家の家計も非常に厳しい状況だけれども、この歳でまったく知らない土地へ移るのには非常に抵抗があるから仕方がない。近所の物件を探そうと思うが、景気が回復しているようで家賃相場が上がってしまっている。今までよりも狭い物件にして家賃を抑えることにした。
あぁ、若いころにマイホームを手に入れていれば、この歳になって家探しすることも無かっただろうに…
しかし、貯金が残り僅かだ… 定年から10年でこんなことになるとは、これこそ老後破綻というものなのか…

[家族構成]
70歳(年金受給)
70歳(年金受給)

[収入]
年金
手取り23万円

[支出]
家賃
12万円
水道光熱費
2万円
食費・外食費
4万円
通信費・雑費
2万円
小遣い(夫婦)
4万円
保険(生保)
1万円
貯金
▲2万円

[貯蓄]
貯金
220万円


家賃が重くのしかかる


あの老後破綻の危機感を持ってから3年。未だに貯金が減り続けている。幸い現役時代に加入していた終身で夫婦それぞれに200万円の死亡保険があるから、どちらかが死んでも葬儀代に困ることはないだろう。しかし、徐々に貯金が減っていくこの恐怖はなんとかならないものだろうか。。。
なんとか収支だけは±0になるように最低限の生活を送れるように、以下の通り家計を見直した

[家族構成]
73歳(年金受給)
73歳(年金受給)

[収入]
年金
手取り23万円

[支出]
家賃
12万円
水道光熱費
2万円
食費・外食費
3万円
通信費・雑費
1万円
小遣い(夫婦)
3万円
医療費
1万円
保険(生保)
1万円
貯金
0万円

[貯蓄]
貯金
150万円


我が家の老後家計を締め付けているものは間違いなく住居費。賃貸だからこそ、払っても払っても終わりがない。娘夫婦に一緒に住まわせて欲しいなんて言えるわけもなく、僕ら夫婦でなんとか乗り越えていかなければいけないことだ。最悪、ワンルームの小さなアパートにでも引っ越せば年金でなんとかなるだろうけど、足腰が弱っている現状ではエレベーターのない物件は避けたいところだ。老後になってからお金で困らないように、もっと早い頃から真剣に老後を考えておけばよかった。
老後になってこんなに住居費が負担になるとは微塵も考えていなかった…



いかがでしたか。
無理に住宅ローンを組んで苦しむ家庭もあれば、五島さんのように最後になって住居費に追いつめられることもあるようです。五島さんの失敗は「現役時代の貯蓄額が少ない」「定年後に生活レベルを下げれなかった」「住居費の負担が大きいことに気づくのが遅かった」の3点だと思います。
まずは定年までに3000万円の金融資産の形成すること。そして、収入や支出に変化があったときには即家計見直しを行うこと。僅かな気の緩みが後々の家計危機へと繋がります。収支のバランスを常にチェックし、少しでも懸念材料が出てきたときは徹底的に分析して解決していきましょう!




 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

家計管理 家計 節約 貯蓄 貯金 老後 お金



どうも夫です。
今年もあと1カ月ですね。みなさん、年明けに立てた貯蓄計画は無事にクリアできて今年の家計管理は予定通りの結果が出せそうでしょうか?
家計管理”というとちょっと難しそうに聞こえがちですが、それほど驚くようなことではないことを今回改めて書かせてもらいますね。

“家計管理”って言い換えれば「お金の管理」


“家計管理”って言われると「家計簿をつけなくちゃいけない」とか「節約しなきゃ」って思うかもしれませんね。ただ、ボクから言わせると家計管理って単に「お金の管理」をするだけです。具体的には、月単位でいくらの手取り収入があって、毎月定期的にどのくらいのお金が出ていくのかを把握するだけなんですよね。つまり、世帯の収入と支出を把握して黒字にしていくことだけなんです。一切難しいことは必要ありません。

手取り20万円の世帯がそれを超えるような生活を送っていてはいけない。それ以下に抑えるようにお金を管理するだけのことなんです。

“家計管理”はお金の入口と出口を管理すること


以前の記事『家計管理実践マニュアル|1.家計管理とは』で書いていますが、家計管理は収入と支出を具体的に把握して黒字化すること。家計を黒字化して世帯の資産(貯蓄)を増やしていくことが目的になります。黒字家計で毎月2万円を貯金することができれば、年間で24万円、10年で240万円という資産を築くことができるようにするために、お金の入口と出口をしっかり把握していくことなんですよね。

その資産形成がうまくいかないという世帯があるとすれば、収入以上の支出をしてしまっているだけのことです。収入はそう簡単に増やすことができませんから、支出の内訳を把握して削減することでスマートな生活を構築していくことになります。
支出といってもいろいろありますが、赤字家計に陥る多くの場合は「住居費」「交際費」「食費」あたりが水準以上に消費してしまっている場合が多いはずです。こちらも依然の記事『万能な家計の黄金比率ってあるんでしょうか…』でご自身が該当する世帯構成にあった支出割合に収めるように努力していただければいいだけになります。

黒字家計になればお金は黙っても貯まる!


サラリーマン家庭で最悪なのは毎月の生活の補てんにボーナスをアテにしていること。毎月2万円赤字だけれどもボーナスで毎回12万円を補てんしているような家庭は今すぐにでも改善が必要になります。ボーナスというものは全額貯蓄に回すことができるのが当たり前であって、ボーナスをアテにした消費は異常だということをしっかり理解する必要があります。

毎月の生活で「収入=支出」といったトントン家計であったとしても、ボーナスで30万円ずつ、年間60万円受け取っているなら10年で600万円の貯金ができる力を持っていることになります。サラリーマン人生40年だとしてボーナスだけでも貯めることができれば2400万円の貯金ができる計算になりますよね。毎月はトントンでも定年時にはそれなりの老後の備えを作ることができるわけです。

定年時までにどのくらいの貯金をしていたいかの明確な目標を持つことで、ドリルダウンして毎年いくらの貯金をしなくてはならないかを知ることができます。その具体的な目標を知ったことで日々の生活にまで影響を与えて浪費を少しでも無くしていくことができるんですね。

今を甘えることは簡単です。でも、それでは将来間違いなく後悔することでしょう。いかにして人生全般で幸せを感じながら生きていけるか…。それを実現させるのは他人ではなく貴方自身の管理能力に託されているということです。



いかがでしたか。
今回はちょっと重い話になってしまいましたが、収入のある今の現役時代に将来を見据えた家計管理から資産形成に至るまでのことを理解して、しっかり準備することで幸せな老後が待っているのではないでしょうか。 「終わり良ければすべてよし」と言います。現役時代も過剰な節約をする必要はありませんが、老後にお金で苦しむ方が精神的に辛いのではないかとボクは考えています。人生の集大成である老後を気持ちよく過ごせるように、きょう一日をしっかり管理して生活していきましょう。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ