10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:習慣

貯金 ダイエット ヤル気 習慣 支出



こんにちは、☆のっち☆です。
読んでいただいているみなさんは「もっとお金を貯めたい」とか「家計管理ってどうすればいいの?」とか「他人の家計事情はどうなっているの?」といった思いがあってこのブログに辿り着いていただいたのかもしれませんね。ようこそ、10年で3000万円ブログへ!(笑)
せっかくお越しいただいたんですから、何かおトクな情報をお届けしたいと思っていつも記事を書かせていただいています。

そんな今回はあなたが貯金できない原因を見つけてみたいと思います。原因さえ分かれば対策も打てますもんね。

貯金ができない原因なんて世の中に一つしか無い


いきなりの結論で大変恐縮ですが、貯金ができない原因をお伝えしようと思います。


それは… 「収入以上にお金を使っているから」です。


みなさん、どう思われました?
「当たり前じゃん!」ってここで離脱してしまわないでくださいね。今回はここから先に大切なことを書こうと思っていますから…

貯金への本気度が一瞬で分かる思考


上記で書いたとおり、貯金ができないというのは入ってくるお金以上にお金を使ってしまっているからお金が貯まらないんですよね。そんなの当たり前です。小学生の息子にも分かる理論ですね。そんな小学生でも分かることが大人になっても改善することができないから困っているわけですよね。

なので、ここではあなたの貯金への本気度を一瞬で判断させてもらおうと思います。
先ほど書いたように「収入<支出」になっていると改めて言われた時にあなた自身がどう思ったかが重要なんですが、実際あなたはどう思われました?

「そんなの分かってるよ」「収入が少ないから仕方がないじゃん」「ダサい格好なんてできないし…」「付き合いだってあるから」などなど、人それぞれの思いはあると思います。でも、そんな言い訳のようなことを言っていても貯金ができるようにはなりません。まずは「自分の支出をしっかり把握しよう!」という気持ちになれないとアウトなんです。

つまり「収入<支出」になっているんだから、自分自身が何にお金を使っているかを把握しようと思えない人は、お金を貯めたいと本気で思っていないということです。

現状を変えたいときは本気じゃないと変われない


私たち人間は癖になってしまっている習慣は無意識のうちに現状通りを維持しようとします。
例えば、わが家の夫は飲み会の後に必ずラーメンを食べてくるんです。40歳を過ぎ基礎代謝が落ちているのにその習慣をやめられないので、日に日にお腹周りが大きくなってきてしまっています。本人に聞くと「やめよう、やめようって思っているんだけど、ついね」って言うんです。これって本気でやめようと思っていると思いますか?

貯金も同じことです。「毎朝のスタバを我慢しようと思うんだけどどうもリズムが狂っちゃって…」「セールに行くとお得だからつい買っちゃう」「家族との外食はすごく楽しい」なんて、結局はそれまでに身についてしまった習慣が継続してしまっているだけです。そういった癖になってしまった習慣は余程の強い思いがないと変えられないものですよね。

以前の記事『これは危険!お金が逃げる“思考癖”』でもお伝えしました。悪い習慣を正し、お金が貯まる良い習慣を身につけてしまえば、自然とお金が貯まる家計の出来上がりです。今からお金を貯めることができるようになるかならないかはあなたの気持ち次第なんですよ。




いかがでしたでしょうか。
何をするにも気持ちが大切だと思いませんか?仕事も勉強もダイエットも貯金もすべて一緒です。ヤル気がない人は目標を達成できないんです。収入が低くてもヤル気があれば貯金をする方法が思いつくんです。貯金ができていないご家庭はぜひ熱い気持ちで貯金に取り組んでみてくださいね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

お金 嫌われる 習慣 キャッシュフロー 独身



こんにちは☆のっち☆です。
以前の記事『人に嫌われる人はお金にも“間違いなく”嫌われる』でお伝えしたように、私達はお互いが支え合うことでキャッシュフローが回っているわけですが、今回は人から嫌われる、つまりお金に嫌われる習慣(クセ)を紹介したいと思います。
他人が「えっ!?イヤだな」って思う行動をあなたはやっていませんか??

1.セコい


まずはコレ。この習慣を身につけている人は意外と立場は関係ありません。上場企業の役員にも相当数いると思われます。というのも、実際に私の会社にもいますんで…

ネクタイは100円ショップ製、散髪は1000円カット。飲み会に参加してもしっかり割り勘で「あの店は高すぎるぞ!」と怒り出す。そんな役員は高給取りなのかもしれませんが、一切お金は貯まっていないそうです。お子さんの学費や奥さんの娯楽費で大半が飛んでいき、役員自身は寂しくなるくらいのお小遣い制です。職場でもみんなに嫌われています。

2.汚い


次は汚い人。髪の毛は脂ギッシュでフケだらけ。スーツの上着の首周りにもフケがたくさん。デスクには飲み物や食べもののシミがあちこちに付いて、ネクタイにも食べものと皮脂汚れがベットリ。もう本当に最低ですよね。

そんな汚らしい人が財布はキレイにしているなんてちょっと考えられませんよね。レシートやらポイントカードなんかがたくさん入った“ブタ財布”を持っている確率は自ずと高まるものでしょう。それではお金には嫌われてしまいますね。

3.クサい


そして、クサい。前項に近いものがありますが、私の知っている中で仕事ができて外見もビシっとしているのにクサい人ってあまり見当たりません。たまにワキガでクサい人はいますが、それでも精一杯の努力はされている人がほとんどです。

匂いって人間関係を構築していく上で、外見や性格以上に重要な要素ではないでしょうか。自分自身の匂いに気を使えない人が他人に気を使えるとはちょっと考えられませんよね。

4.猫背


猫背ってどうして印象が悪くなるのでしょうか…
たぶんそれは、猫背のせいで顔がうつ向き気味になってしまって真正面の人と対峙するときに上目遣いになってしまうからです。私たちは普段から表情で相手の感情を察知しようとしますから、目の状態には敏感なものです。上目遣いでは睨まれている様に感じてしまいますし、逆にアゴを常に上げている人がいるとすれば黒眼が下になって見下されている気分にもなります。

猫背に限らず“姿勢”というものは他人に与える印象においてとても重要な要素だと常に認識しておきましょうね。

5.デリカシーがない


あなたの周りにもいませんか? デリカシーのない人。
デリカシーとは「配慮」です。それが無いということですから、気配りのできない人、無神経な人ということです。日常の会話をしているだけでも無神経な一言を浴びせられるので、徐々に関わりたくないと思い始めます。一番気の毒なのは、デリカシーのないその人本人です。だって、自分がデリカシーがないなんてこれっぽっちも思っていませんからね。

自分の言っていることで他人の気分を害していると全く気づいていないのに、日に日に自分の周りから人が減っていくんですから怖いことですよね。人がいなくなるのに加えてお金も無くなりますから地獄です。

6.性格悪い


最後はコレです。性格が悪い人って、お願いされてもおつき合いはしたくないものですよね。絶対に嫌な気分にさせられますからね。この性格の悪さも、その人の生い立ちで作り上げられてきたものですから、そう簡単には直せるものではないし、本人も性格悪いって思っていないかもしれません。もうお手上げですね(笑)



いかがでしたでしょうか。
私の独断と偏見で“嫌いな6つのタイプ”を挙げさせていただきました。「人=お金」として考えると、人に嫌われることをするとお金にも嫌われて自分が苦労することになるんです。「周りに人なんていなくていいや。自分一人で生きていけるんだ」なんて思っている人がいたらとても危険な状態ですよね。今以上にお金を集めたい(貯めたい)と思っているなら、まずは周りの人に好かれることに力を入れるといいかもしれませんね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

437c5d06bf4b15314fb0d8e69f1c7b81_s

どうも夫です。
貯金がデキる人とデキない人の違いって何だと思いますか?今回は多くの貯金がデキる人がやっている年に一度の習慣をご紹介します。

貯蓄額の目標は明確ですか?


このサイトをご覧になっているということは「貯金がしたい」「資産を形成したい」と思われている方がほとんどだと思いますが、みなさんは貯蓄目標を明確に立てていますか?
将来的に「1,000万円貯めたい」「老後までに3,000万円貯めたい」など、長期的な目標を現実のものにしていくには、しっかりとした短期・中期の計画に落とし込まなければ達成は困難になります。

考え方としては、定年まであと30年、残り3,000万円貯めたいと思うのなら、毎年100万円を貯めていかなければいけません。ただし、その30年の間に、子供の教育費、住宅購入、自動車購入などのまとまった支出が発生します。その支出を踏まえての毎年100万円です。

ですから、以前の記事『マネープランって必要なの?』にも書いたようにマネープランが重要になってくるわけです。

キャッシュフロー表をつくろう


ボクの記事によく出てくる『キャッシュフロー表』。今回はどんなもので管理しているのかを紹介しますね。下の画像のようなものがひな形です。

(クリックして拡大)
キャッシュフロー表(改)
「家族構成、年齢、住宅・自動車」「収入、支出」「金融資産」「資産種類比率(ポートフォリオ)」。おおまかに言えば、こんなカテゴリーで分けて数字をいれてます。このキャッシュフロー表はネットから拾ったものですが、なかなか良くできていて我が家では多少のカスタマイズを行なって使っています。

必ずやろう、家計決算


貯められる人は年間の貯蓄額を明確にして家計決算を毎年欠かさずに行なっている人です。「今年は○○万円貯めるぞ!」と立てた目標を年末もしくは年度末に資産の棚卸しを行い、1年を振り返ることで家計分析を行うのです。上手くできた部分、できなかった部分を明確にして、貯蓄効率を進化させていくわけですね。

このキャッシュフロー表を使うと縦1列が1年になっているので、貯蓄額が目に見えるようになっています。資産の見える化はモチベーションアップにも繋がりますよ。


いかがですか。
我が家では欠かすことのできない『キャッシュフロー表』。現在10数年目まで経過しました。我が家の足跡になり、とても思い入れのあるデータとなりますので、是非みなさんも活用してみてください!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ