10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:結婚

メンター 結婚資金 キャッシュフロー表



こんにちは☆のっち☆です。
今回のお話は夫の後輩N君の話をさせていただこうと思います。
N君は夫の4つ歳下。当時は32歳で年収450万円だった彼の結婚、子育て、マイホーム購入に至るまでのお話です。N君が一家の主として成長していく様子をご覧ください。

夫の飲み友達だったN君


夫の後輩N君は夫の大切な飲み友達でした。1ヶ月に一度は飲んでいたのではないでしょうか… 私が夫にN君とはどんな話をするのと聞いても、夫は「ん?お金の話だよ」って言うんです。普通、男二人が飲んで話すことに“お金”っていう切り口はあるんでしょうかね。
後に聞いた話ですが、夫はN君に「結婚したら家計は握れ!」とか「子作りは早めがいいぞ!」とか「生活が安定したら、なる早で家を買え!」とか、偉そうに指導していたそうです。それをN君も「うんうん。」と真面目に聞いていたそうです。

驚きなのが、N君の結婚祝いにご祝儀とは別に「これはお前の人生の役に立つから」とわが家で使っている“キャッシュフロー表”をあげたそうです。後日談でそれを聞いて私は恥ずかしくなってしまいましたが、N君はとても喜んでいたそうです。

N君の結婚式


N君の結婚式は都内の有名ホテルで開かれました。夫は当時の仕事の関係で出席できず、なのにコト細かく結婚式の内容を知っていました。どうもN君は結婚式の資金繰り、新居の準備、夫婦間でのお金の管理方法など、すべてを夫に相談していたそうなんです。

N君の結婚式ですが、総額で300万円。招待者数は60名。一人5万円の結構リッチな結婚式でしたが、その資金繰りは夫が指南していたそうです。どうも結婚資金がショートしそうになったN君が夫に相談したようです。。。
夫がまずしたのは、N君に貯金はいくらあるかヒアリング。N君から200万円と聞くと、残り100万円が足りないくらいはどうってことないとクレジットカード決済をすると式場へ話をするように指示したそうです。

確かにクレジットカードで決済すれば、実際にお金を払うのは約1ヶ月後になります。結婚式当日にご祝儀で60名×2万円を頂戴したとしても120万円ですから、支払いに困ることはありませんね。夫はN君から支払いが無事に終わったことと、300万円分のポイントがついて夫婦で楽しめたことを報告受けたそうです。

私と夫の結婚式もクレジットカードで支払いました。当時は今みたいに高還元のクレジットカードなんてありませんでしたが、0.5%程度の還元がありましたから300万円なら15,000円分の還元です。それでJCBギフトカードを貰って家具を買った覚えがあります。

夫婦の財布をどちらが握るかが最初の勝負


夫は結婚したばかりのN君にしつこく伝えていたことがあるそうです。それは「結婚初期に家庭の財布を握れ」だそうです。わが家では夫が自分から握ってきたのではなく、私がお金にダラしなかったので私から夫に財布を任せたような形ですが、夫は共働きで二つあるわが家の財布を一つにまとめられたことが現在における成功の秘訣だと実感しているようです。

確かにそうですね。結婚当初に私もそれなりにお金管理をしていたならば、夫に管理されるのを拒み、夫婦別財布の典型的な失敗する共働き家計になっていたかもしれません。収入は一つにまとめることが家計管理の大原則。それを夫はN君にしつこく伝えていたのでしょうね。


--------------

結婚するときから夫に指南を仰いでいたN君。私からすると末恐ろしい危機感を持った青年です。そんな彼がこの後、子供の出産・子育て、さらにはマイホーム購入まで突き進みます。年収450万円のN君が立派な一家の主になるまでのサクセスストーリーは後編に続きます。



後編につづく



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

ブランド品


こんにちは☆のっち☆です。
若い頃や独身時代は欲しいものがあると躊躇することなくドンと大きな買い物もできてしまいますよね。私もカルティエの時計が欲しくて就職して2年目の冬のボーナス全額を一瞬で使い切った記憶があります。あんな高額な買い物をする決断ができるのは“あの時”だけなので、今となっては買っておいて良かったと過去の自分に感謝する毎日です。
そんな好奇心旺盛でイケイケの時代は多くの人達に訪れるものですが、今回は自分の欲求を叶えるためにローンを利用し続け多額の借金を背負っていたK君が、苦しい状況から抜けだそうと本気になったある日に転機を迎え貯蓄体質になるお話です。一体何が彼を変えさせたのでしょうか。。。

ローン返済の毎月予算は10万円


僕は食品メーカーに勤める32歳。5年前に転職してきて現在は“係長”の地位も貰えた。月収32万円(手取り25万円)、年収だと470万円だから、それほど悪く無いと思うんだよね。このご時世なかなか良い会社に巡り会えたと思っている。

仕事が順調だから、休日は趣味に没頭しているんだ。僕の趣味は「自動車」。大学生の頃からスポーツカーが大好きで時間さえあればちょこちょこイジったりしているんだ。
それと社会人になってからは「ブランド品」にも興味があって、欲しいものはどうにかお金の工面をして手に入れるようにしている。もちろん、すべてを現金で買うことは出来ないからローンをいつも利用しているんだけどね。

最近はローンを嫌う人が周りにも多いんだけど、僕は全然嫌いじゃないんだよね。だって、お金貯めてから欲しいものを買っていたら、いつ買えるかわからないし、ましてや期間限定のブランド品なんてものはその時に買えないと一生買えないからね。ローンだって3年払いとかなら金利がかからないお店が多いし…
今のローン支払いは毎月7万円なんだけど、独身だしワンルームのアパートだから家賃も安いしで、毎月10万円くらいなら平気で払えるんだよね。クルマの改造費とブランド品は意外とお金かかるけど、すごく気持ちが満たされるからやめられないんだよね。

独身アラサー・貯金100万円


欲しいものは我慢しないで買っているけど、貯金もしっかりできているんだ。すでに100万円も貯まっている。何かで読んだんだけど“毎月手取りの半年分を貯金すれば安心だ”って書いてあったから、あと50万円ってとこだね。しかし、150万円もあったらロレックスのあの時計も買えちゃうな…

そんな矢先、彼女ができた。彼女ができるのも本当にタイミングですね。。。
彼女は5つ歳下で同じ会社の子なんだけど、聞いてみると社内では僕は相当ブランド好きと噂になっているらしい。改めてそう言われると恥ずかしくなってしまった。でも、好きなモノは仕方がない!ということで会社用のモノをちょっと目立たないモノへ替えて噂されない程度にしようと思う。

結婚することになった…


そして、話が順調に進み彼女と結婚することになった。
どうも彼女は結婚願望が強く、僕はそのお目にかなったようだ。まぁ、僕も30代半ばだから、潮時だね。可愛いし優しいし料理も上手だから特に不満はないんだよね。僕にはもったいないくらいの奥さんだ。

両家への挨拶も終わり、結婚式も半年後に決まった。人というのは近い将来の予定が決まるとその次はお金の話になる。僕は前にも書いた通り貯金100万円。なのに、彼女は500万円持っているらしい。なんなんだ、この差は。。。 そんなこんなで半年後、彼女がお金を貯めていてくれたこともあり無事に結婚式を挙げられた。ご祝儀もたくさん貰ったこともあり、二人合わせて600万円の貯蓄は手を付けずに済んだ。さぁ、これからは幸せな人生が待ってるぞ!


--------------

彼女ができてからのK君はあまりにも順調すぎるくらいに結婚まで終わらせました。結婚前の貯金額は100万円と500万円。この差に彼女自身は疑問はなかったのでしょうか。新婚生活ではどの家庭も起こりうる事件として“お金への考え方の違い”があります。結婚前にローンのことも伝えていないK君は無事に乗り越えられるのでしょうか。



中編へつづく




 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ