10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:独身貴族

a3bce2b1574b19d5cdd65420dbbe99c9_s

こんにちは☆のっち☆です。
“収入減”。アベノミクスが横行している日本においても極普通に起こりうる自体です。自営業の方に限らずサラリーマンも他人事ではない現代、今回はそんな状況になってしまったサラリーマンあおやま君のお話です。

独身貴族を満喫していたのに…


僕はあおやま(仮名)。35歳、中小企業のサラリーマン。独身で賃貸アパートに住んでいる。そろそろ結婚しないといけないと思いながらも貯金がまったくできていない。。。給料も高いわけではないけど一人で暮らす分には不自由しない程度はある。あまり自慢できるものではないけれど下に給料の内訳を一覧にしてみました。年収では450万円程度。高くもないけれど一人で生きていくには困ってない。

[支給]
基本給
250,000円
残業代
60,000円
住宅手当
12,000円
地域手当
8,000円
支給合計
330,000円


[控除]
所得税
8,000円
住民税
19,000円
社会保険料
48,000円
控除合計
75,000円


[手取り額]   255,000円

ご覧のとおり、私の手取りは残業代にもよるけど毎月255000円くらい。これから家賃70000円払って、生活費として残るのは185000円です。本来ならばここから5万円くらいは積立貯金をしないといけないと分かってはいるけどどうしてもできないんだなよぁ。交際費はもちろんのこと、どうしてもヤメられないパチンコとタバコ。更には、いい年なのにみっともない格好はできないからファッションにもある程度お金がかかる。そんなこんなで貯金なんてとんでもない状況。厳しい月なんて給料日前3日くらいまえから財布には3000円くらいしか残ってないこともあるくらい。だから、貯金なんてとてもじゃないけど無理だ…

残業代が大幅カット


世間ではアベノミクスで景気回復と賑わっているが、僕の勤務先では数年前から業績低迷が続いている。おかげで毎年春の定期昇給は3年前を最後に行われていない。ボーナスだって入社したころは4ヶ月出ていたのに、現在では2ヶ月と半減している。
ただ、ボーナスだって年間で50万円くらい出ているし、月々もあれだけあるからいいのかなぁと転職する気も今はないんだよね。因みにボーナスは自分へのご褒美ということでいつも貰った当月に使い終わってしまうんだけど。

そんな中、業績低迷によって収入に直接影響のあることが起きた!
それは、残業を制限する命令の発令。今までは三六協定で決められた毎月30時間を限度に認められていた残業だったのが、以降は15時間までに制限するというのだ。15時間を超える残業を行う場合は上長の承認を得なければできないことになった。もともと私の残業は忙しくて残業になっていたわけでなく、生活残業と言われるもので自分で仕事を調整して毎日コツコツと残業を付けていたもの。上長に承認を得るような立派な残業など存在しない。
いやぁ~、まいった。毎月3万円の減収。手取りが225000円まで下がる。家計内訳はこんな感じだったのにどうしよう。。。

家賃
70,000円
光熱費
20,000円
食費・生活費
80,000円
交際費
30,000円
被服費
20,000円
タバコ
15,000円
ギャンブル
20,000円
現在支出合計
255,000円


どれをカットしよう。。。 まずはタバコかなって思うけど、そんなに簡単に止められるんだったら、今までにもうとっくに止めてるよ。次はギャンブル。でもこの予算がなかったら休日に一人でいるときに無趣味な俺は何をして過ごすんだ?? そしたら、家賃の安いところに引っ越すか?いや、無理だ。貯金がないから引越代と敷金・礼金が払えない。
仕方がない… 被服費をカットして買うときはカードでボーナス払いにしよう… あと、交際費を1万円カットで3万円節約。。。

そんなこんなでなんとか残業制限による減収対策をしてみた。対策というよりボーナスに逃げただけだけど、幸い結婚もしてないしなんとかなると思うよ。


後編へつづく



 クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

ブランド品


こんにちは☆のっち☆です。
若い頃や独身時代は欲しいものがあると躊躇することなくドンと大きな買い物もできてしまいますよね。私もカルティエの時計が欲しくて就職して2年目の冬のボーナス全額を一瞬で使い切った記憶があります。あんな高額な買い物をする決断ができるのは“あの時”だけなので、今となっては買っておいて良かったと過去の自分に感謝する毎日です。
そんな好奇心旺盛でイケイケの時代は多くの人達に訪れるものですが、今回は自分の欲求を叶えるためにローンを利用し続け多額の借金を背負っていたK君が、苦しい状況から抜けだそうと本気になったある日に転機を迎え貯蓄体質になるお話です。一体何が彼を変えさせたのでしょうか。。。

ローン返済の毎月予算は10万円


僕は食品メーカーに勤める32歳。5年前に転職してきて現在は“係長”の地位も貰えた。月収32万円(手取り25万円)、年収だと470万円だから、それほど悪く無いと思うんだよね。このご時世なかなか良い会社に巡り会えたと思っている。

仕事が順調だから、休日は趣味に没頭しているんだ。僕の趣味は「自動車」。大学生の頃からスポーツカーが大好きで時間さえあればちょこちょこイジったりしているんだ。
それと社会人になってからは「ブランド品」にも興味があって、欲しいものはどうにかお金の工面をして手に入れるようにしている。もちろん、すべてを現金で買うことは出来ないからローンをいつも利用しているんだけどね。

最近はローンを嫌う人が周りにも多いんだけど、僕は全然嫌いじゃないんだよね。だって、お金貯めてから欲しいものを買っていたら、いつ買えるかわからないし、ましてや期間限定のブランド品なんてものはその時に買えないと一生買えないからね。ローンだって3年払いとかなら金利がかからないお店が多いし…
今のローン支払いは毎月7万円なんだけど、独身だしワンルームのアパートだから家賃も安いしで、毎月10万円くらいなら平気で払えるんだよね。クルマの改造費とブランド品は意外とお金かかるけど、すごく気持ちが満たされるからやめられないんだよね。

独身アラサー・貯金100万円


欲しいものは我慢しないで買っているけど、貯金もしっかりできているんだ。すでに100万円も貯まっている。何かで読んだんだけど“毎月手取りの半年分を貯金すれば安心だ”って書いてあったから、あと50万円ってとこだね。しかし、150万円もあったらロレックスのあの時計も買えちゃうな…

そんな矢先、彼女ができた。彼女ができるのも本当にタイミングですね。。。
彼女は5つ歳下で同じ会社の子なんだけど、聞いてみると社内では僕は相当ブランド好きと噂になっているらしい。改めてそう言われると恥ずかしくなってしまった。でも、好きなモノは仕方がない!ということで会社用のモノをちょっと目立たないモノへ替えて噂されない程度にしようと思う。

結婚することになった…


そして、話が順調に進み彼女と結婚することになった。
どうも彼女は結婚願望が強く、僕はそのお目にかなったようだ。まぁ、僕も30代半ばだから、潮時だね。可愛いし優しいし料理も上手だから特に不満はないんだよね。僕にはもったいないくらいの奥さんだ。

両家への挨拶も終わり、結婚式も半年後に決まった。人というのは近い将来の予定が決まるとその次はお金の話になる。僕は前にも書いた通り貯金100万円。なのに、彼女は500万円持っているらしい。なんなんだ、この差は。。。 そんなこんなで半年後、彼女がお金を貯めていてくれたこともあり無事に結婚式を挙げられた。ご祝儀もたくさん貰ったこともあり、二人合わせて600万円の貯蓄は手を付けずに済んだ。さぁ、これからは幸せな人生が待ってるぞ!


--------------

彼女ができてからのK君はあまりにも順調すぎるくらいに結婚まで終わらせました。結婚前の貯金額は100万円と500万円。この差に彼女自身は疑問はなかったのでしょうか。新婚生活ではどの家庭も起こりうる事件として“お金への考え方の違い”があります。結婚前にローンのことも伝えていないK君は無事に乗り越えられるのでしょうか。



中編へつづく




 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

家計 黄金比率
どうも夫です。
このサイトでも“家計管理を徹底しましょう”とか“固定費の見直しをしましょう”ってよく書かせていただいていますが、そもそも家計においてそれぞれの費目が占める割合ってどのくらいが理想なのでしょうか。
今回からは“家計の黄金比率”について家庭構成ごとに4回に分けて書かせてもらいます。

NHK番組「あさイチ」で推奨された黄金比率


少し前になりますが、NHK番組「あさイチ」でもこのテーマを取り上げられていて、ファイナンシャルプランナーの横山光昭さんが“お金が貯まる家計”として細かく黄金比率を提示されていました。その時の黄金比率と手取り25万円の場合で計算した金額を下表に併記してみますね。


費目比率金額
住居費
25%
62,500円
食費
15%
37,500円
水道光熱費
6%
15,000円
通信費
5%
12,500円
小遣い
8%
20,000円
預貯金
18%
45,000円
生命保険料
4%
10,000円
日用品
2%
5,000円
医療費
1%
2,500円
教育費
4%
10,000円
交通費
2%
5,000円
被服費
2%
5,000円
交際費
2%
5,000円
娯楽費
2%
5,000円
嗜好品
1%
2,500円
その他
3%
7,500円
合計
100%
250,000円


う~ん。費目が細かすぎて、ボクにはピンときません。。。
ということで、ボクなりの費目へまとめたものを考えてみました。


費目比率金額
住居費
25%
62,500円
食費
15%
37,500円
水道光熱費
6%
15,000円
通信費
5%
12,500円
小遣い
(交通、被服、交際、娯楽、嗜好)
17%
42,500円
預貯金
18%
45,000円
生命保険料
4%
10,000円
雑費(日用品、医療)
3%
7,500円
教育費
4%
10,000円
その他
3%
7,500円
合計
100%
250,000円


ボクがよく使う費目に置き換えて、費目をまとめることでとても参考にしやすくなりました。パッと見てボクの直感としてはこう感じました。

◯ 小遣いが少なすぎる
◯ 保険料が少なすぎる
◯ 教育費が少なすぎる
◯ その他って何??

…すみません、横山先生。言いたい放題言わせていただきました(笑)

家族構成ごとの家計の黄金比率が大切


前述の黄金比率が決して間違っているわけではありません。この提示された黄金比率が情報として欠けているものがあるから、参考にしたくてもできないわけですね。
その“欠けている情報”というのは『家族構成』です。先ほどの黄金比率を独身の一人暮らし世帯に当てはめてみると、正に理想の家計配分になります。しかし、ボクが見てこの比率をダメだと感じてしまうのは、わが家が3人家族だからですね。
共働き子一人の3人家族でこの家計配分では現実的ではなく、上記のような批判的なコメントが出てきてしまうんです。

つまり、家計の黄金比率は“家族構成ごとに考えなくてはいけない”ということです。
そのことがわかったので、次の記事から家族構成別の黄金比率を紹介したいと思います。


※ 家族構成別 黄金比率はコチラ
『シングル世帯の黄金比率』 → 本記事がシングル世帯向けです
DINKS(共働き子なし)世帯の家計黄金比率
子供一人・二人(小学生まで)共働き世帯の家計黄金比率
子供一人・二人(高校生まで)共働き世帯の家計黄金比率



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ