10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:独身

就職活動 派遣社員


こんにちは☆のっち☆です。
みなさんは働いている人の40%以上がパートや派遣社員といった非正規雇用者だということをご存知でしょうか。結婚後、勤めていた企業を退職し派遣社員やパートで働いている方も多いと思いますが、今回は独身アラフォー男子で派遣社員歴20年のいしかわ君(仮名)のお話をさせていただきます。
いしかわ君を含め、現在のアラフォー世代はいわゆる“ロスト・ジェネレーション”と呼ばれた世代。バブル崩壊後の就職氷河期に就職活動に励んだ世代で、多くの若者が少ない内定枠を競って就活し、そして失敗していきました。
彼もそんな一人。彼の仕事についての考え方と懐事情を中心にお話しますね。

正社員として採用されない…


僕は昨年11月から資料請求を始め、年明け以降は会社説明会に30社以上参加、筆記試験や一次面接も多く受けてきたが、未だに内定の一つも獲得できないでいる。大学生活も残り半年を切ってしまったが就職先が決まらない… 今流行の就職浪人という選択も考えたけれど、これ以上、両親に学費を負担させるのは申し訳無さ過ぎる。残る期間でなんとか就職先を見つけたいと思っている。

1月。この時期になると正社員の募集枠を見かけなくなってしまった。。。いよいよヤバイな。現時点では、正社員を募集している企業規模がますます小さくなるし、派遣や契約社員の募集が目立つようになってきた。同級生の女友達はどうせ正社員枠がないんだからと派遣社員の道へさっさと進み、春からの派遣先企業が決まって派遣OLとしての道を確立している。僕もなんとか正社員でと思っていたが、そんな意地を張ることで無職になるのもいけないから契約社員での雇用で1社の内定を取り付けた。なんとか、4月からの行き先が決まった。。。

契約社員として社会人スタート


ようやく入社できた企業は日本人ならみんな知っている大手生命保険会社。職種は生命保険外交員。「生命保険会社はやめといたほうがいいよ」って大学時代の友人が口を揃えて言うけれど、仕事が無いよりは断然いい。どんな仕事だって大変なんだ、歯を食いしばって成果を残せたら社員登用制度もあるから、社員になれるように頑張ればいいだけさ。

入社して3ヶ月間は研修もあるため給料が保証されている。とはいっても、20万円ももらえないから高くはないけどね。正社員で就職できた友人は固定給で20万円、その他の手当も付いて新卒ながら23万円くらいの給料らしい。なんなのだろう、この差は!?

会社の同期はみんな正社員での就職ができなかった奴等ばかり。こんなに不景気なのに何百人も採用しているんだよな、この会社。さすが日本を代表する生命保険会社だ。良い会社に入れてよかったよ。よし!なんとか正社員になれるように必死に頑張るぞ!

試用期間終了


入社して3ヶ月が経った。いよいよ成果報酬型の給料に移行する。まさに実力主義。今までの日本の年功序列制度は嫌いなんだよね。仕事できないくせに年取ってるだけで偉そうにしているオヤジが多いらしいからね。僕は昔から人当たりは良いって言われているから営業職向きなんだと自負しているんだ。早速、テレアポして契約をガンガン取りまくるぞ!


……… おかしい。アポがまったく取れない。。。
研修じゃあこんなに難しいなんて言ってなかったのに。ちくしょう!今月は3件成約しないといけないのに。



生命保険会社の外交員に契約社員として就職した、いしかわ君。いよいよ仕事の大変さを実感しているようです。“不景気なのに大量採用”というのが気になりますが、成果を残して正社員の道を切り開いてもらいたいものですね。また、給料面は手取り13万円ほどではあるものの実家住まいのため生活には困っていないようです。彼は無事、社員としての道が開かれるのでしょうか。


中編へつづく




 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

お金 嫌われる 習慣 キャッシュフロー 独身



こんにちは☆のっち☆です。
以前の記事『人に嫌われる人はお金にも“間違いなく”嫌われる』でお伝えしたように、私達はお互いが支え合うことでキャッシュフローが回っているわけですが、今回は人から嫌われる、つまりお金に嫌われる習慣(クセ)を紹介したいと思います。
他人が「えっ!?イヤだな」って思う行動をあなたはやっていませんか??

1.セコい


まずはコレ。この習慣を身につけている人は意外と立場は関係ありません。上場企業の役員にも相当数いると思われます。というのも、実際に私の会社にもいますんで…

ネクタイは100円ショップ製、散髪は1000円カット。飲み会に参加してもしっかり割り勘で「あの店は高すぎるぞ!」と怒り出す。そんな役員は高給取りなのかもしれませんが、一切お金は貯まっていないそうです。お子さんの学費や奥さんの娯楽費で大半が飛んでいき、役員自身は寂しくなるくらいのお小遣い制です。職場でもみんなに嫌われています。

2.汚い


次は汚い人。髪の毛は脂ギッシュでフケだらけ。スーツの上着の首周りにもフケがたくさん。デスクには飲み物や食べもののシミがあちこちに付いて、ネクタイにも食べものと皮脂汚れがベットリ。もう本当に最低ですよね。

そんな汚らしい人が財布はキレイにしているなんてちょっと考えられませんよね。レシートやらポイントカードなんかがたくさん入った“ブタ財布”を持っている確率は自ずと高まるものでしょう。それではお金には嫌われてしまいますね。

3.クサい


そして、クサい。前項に近いものがありますが、私の知っている中で仕事ができて外見もビシっとしているのにクサい人ってあまり見当たりません。たまにワキガでクサい人はいますが、それでも精一杯の努力はされている人がほとんどです。

匂いって人間関係を構築していく上で、外見や性格以上に重要な要素ではないでしょうか。自分自身の匂いに気を使えない人が他人に気を使えるとはちょっと考えられませんよね。

4.猫背


猫背ってどうして印象が悪くなるのでしょうか…
たぶんそれは、猫背のせいで顔がうつ向き気味になってしまって真正面の人と対峙するときに上目遣いになってしまうからです。私たちは普段から表情で相手の感情を察知しようとしますから、目の状態には敏感なものです。上目遣いでは睨まれている様に感じてしまいますし、逆にアゴを常に上げている人がいるとすれば黒眼が下になって見下されている気分にもなります。

猫背に限らず“姿勢”というものは他人に与える印象においてとても重要な要素だと常に認識しておきましょうね。

5.デリカシーがない


あなたの周りにもいませんか? デリカシーのない人。
デリカシーとは「配慮」です。それが無いということですから、気配りのできない人、無神経な人ということです。日常の会話をしているだけでも無神経な一言を浴びせられるので、徐々に関わりたくないと思い始めます。一番気の毒なのは、デリカシーのないその人本人です。だって、自分がデリカシーがないなんてこれっぽっちも思っていませんからね。

自分の言っていることで他人の気分を害していると全く気づいていないのに、日に日に自分の周りから人が減っていくんですから怖いことですよね。人がいなくなるのに加えてお金も無くなりますから地獄です。

6.性格悪い


最後はコレです。性格が悪い人って、お願いされてもおつき合いはしたくないものですよね。絶対に嫌な気分にさせられますからね。この性格の悪さも、その人の生い立ちで作り上げられてきたものですから、そう簡単には直せるものではないし、本人も性格悪いって思っていないかもしれません。もうお手上げですね(笑)



いかがでしたでしょうか。
私の独断と偏見で“嫌いな6つのタイプ”を挙げさせていただきました。「人=お金」として考えると、人に嫌われることをするとお金にも嫌われて自分が苦労することになるんです。「周りに人なんていなくていいや。自分一人で生きていけるんだ」なんて思っている人がいたらとても危険な状態ですよね。今以上にお金を集めたい(貯めたい)と思っているなら、まずは周りの人に好かれることに力を入れるといいかもしれませんね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ