10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:消費

貯蓄 節約 固定費 家計管理 食費 浪費 消費



どうも夫です。
ある原因を見つけることで貯蓄や節約が一気にスピードアップができるようになれるなら、みなさんその方法を知りたくないですか?
しかも、その方法がすごく簡単なことだとしたら驚きませんか?
今回は貯蓄や節約ができる体質になってもらえるように「ここがポイント!」的なことを書かせてもらいますね。

貯蓄や節約ができない理由


まずはじめに“貯蓄”というものは収入よりも支出を抑えなければできないですよね。毎月手取り20万円の人が25万円使っていたらお金は貯まるはずがありません。
そして“節約”ですが、ムダな消費を無くしてお金を温存することなので浪費”をいかにして無くすかというところがポイントになります。

こういった“貯蓄”や“節約”のポイントをしっかり理解していないと、どんなに収入が増えても一切手元には残らない体質になってしまうんです。給料が上がってもそれに合わせて生活水準も上げてしまっていたら貯蓄なんてできませんが、逆に、給料が上がっても生活水準はそれまでのものを維持することができれば、何も苦労せずにお金は貯まっていきます。

つまり、“貯蓄”をというものは自分自身のお金の流れを把握さえできればとても簡単なことですし、“節約”ができないというのはそのお金の流れを把握できていないために自制ができていない状態なんですね。

あなたのお金を把握しよう!


前述や今までも何度かお伝えしていますが、お金を貯めるためにはあなた自身のお金を把握することから始めます。

まずは収入ですが、収入といっても実際に使えるお金になるので“手取り額”で考えます。そして、その手取り収入から生活に欠かせない「住居費」や「水道光熱費」「通信費」などの固定費を引いていきます。次にある程度コントロールできる「食費」「雑費」を予算立てして、最後に「お小遣い」や「交際費」を引けばあなた自身の生活が黒字家計なのか赤字家計なのかはすぐに分かりますよね。

お金の流れを把握できたら家計の見直しをします。見直しには順番がありますから、闇雲に節約すればいいわけではありませんよね。まずは“固定費”を改善、そして家計に占める割合の高い費目の“食費”や“小遣い”などを改善します。

最初に家計を把握した時点で黒字家計だと安心してしまう人が多いのですが、赤字家計と同じように見直していくことで貯蓄スピードをあげることができますよ。

節約は“欲望との戦い”


固定費を改善することってとても簡単ですよね。だって、住居費を節約するなら「住宅ローンを借り換え」や「安い家賃の物件に引っ越す」などができればすぐに改善できますが、一番厄介なのが食費や小遣いなどの消費を節約することです。
何故なら、この食費や小遣いを節約するには自分の欲望との戦いになるからです。欲望との戦いというものは欲しいものを我慢するとても辛いものなので、禁煙やダイエットと同様の苦労が必要だということになります。

ただ、それだけ辛そうな節約ですが、普段の生活なかで“浪費”を見つけてあげればそれほど苦労しなくても改善できてしまうものかもしれませんよね。「毎朝当たり前のように缶コーヒーを飲んでいる」「ランチはいつも大盛りにしてしまう」…。これらはボクの実際の浪費でした。慣れてしまえばコーヒーは無くても平気ですし、ランチも普通盛りで十分満腹になれます。
こういった生活の中でのムダを見つけることができれば家計改善に勢いがつくんです。まずはいつもルーチンになっている消費を振り返って「これは本当に必要なのか?」と自問自答をしてみましょう。「別に無くてもいいかな…」なんて思えるものがあったらそれは確実に“浪費”です。生活の中に“浪費”はたくさん隠れていますから、一つ一つ見つけて無くしてしまいましょう!



いかがですか。
貯蓄だったり節約だったりと想像するだけでもゾッとしてしまう人も多いかもしれませんが、冷静になって考えてみればそれほど難しいものではありません。ましてや、禁煙やダイエットに比べてしまえばとても初歩的な欲望との戦いです。ムダを見つけて、そこにお金を使わないようにするだけ。それをやって浮いたお金を貯めていけばいいだけです。とても簡単だと思いませんか?



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

新生活 昇給 自動積立貯金 貯金 浪費 消費



こんにちは☆のっち☆です。
みなさん、4月ですね!4月といえば“出会い”“新生活”の季節ですよね。そして、お給料については“昇給”の季節です。自分から変化をさせることだけではなく、取り巻く環境が否が応でも変化してしまうこの時期はお金に関しても変化する絶好のチャンスなんです。
今回は1年に一度の改革の季節である4月を最大限に活用して、あなたの家計管理に変化をもたらしてもらおうと思います。

気分を変化させるのに最高の4月


家計管理や貯金計画など、毎月毎月同じことの繰り返しでマンネリ化してきてしまうものですが、そんなマンネリ状態から一気に抜け出せるのがこの4月です。すでにお勤めの方で定期昇給がある人は4月からの給料が上がりますし、昇格人事があるのもこの時期が多いですよね。また、新入社員や人事異動などもこの時期に集中して行われますよね。つまり、外部環境が変化することを自分の生活にも生かしてプラスの変化を与えることができるんです。

それまでの固定化された習慣を変化させるには自助努力だけではなかなか難しいですよね、なので外部環境が変わってそれに自分を合わせようとするこのタイミングに自分の習慣を見直して改善しちゃいましょうということです。

自動積立貯金を始めよう


まずは一番簡単なことは『自動積立貯金』を始めることです。

これまでに自動積立貯金をしてこなかった人は毎月給料日に合わせて勝手に貯金してくれるこの仕組みを味わったことがないと思いますが、長期的に見て計画的な貯金をするにはこの自動積み立てという仕組みを利用することが何よりも近道です。ただ、給料も変わっていないタイミングで始めると純粋に手取りが減ってしまってストレスしか感じられません。しかし、この春に昇給するような場合はその昇給額の全額を自動積立貯金へ振り替えてしまえばいいだけです。また、今までも自動積み立てをしていた人は今までの額に昇給分を加算するだけです。

たったコレだけの作業で安定して貯金することができるし、今まで以上の貯金スピードになるのでモチベーションも一気に上ることになります。この春一番のオススメ活動ですよ。

ムダと分かっているものを一つヤメてみよう


そして、次に手をつけるものは「ムダだと分かっているのにヤメられなかったことをヤメてみよう」ということです。

例えば、ランチで当り前のように「大盛り」にしたり「ドリンクセット」を付けたり、晩酌で深酒してしまったり、コンビニスイーツを定期的に買っていたり、朝の缶コーヒーが習慣になっていたり…

毎日の生活を振り返ると必ず一つや二つはムダだと分かっているのに継続してしてしまっている習慣があるものです。それ一つが1回100円程度でも年間で考えると決してバカにならない金額になるものです。1ヶ月で3000円を減らせれば年間で36000円。毎日意識しないで消費してしまっているものをヤメるだけで一年に一度大きな買い物ができますよね。たったひとつの不要な習慣を止めるだけということは誰にでも簡単に実行することができるはずですよ!



いかがでしたか。
4月という1年に一度の特別な季節です。桜の花に見とれているだけではもったいない季節なんです。新しい1年の始まりを“新しい貴方の始まり”にしてくださいね!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

貯金スキーム 貯蓄 老後資金 浪費 消費



こんにちは☆のっち☆です。
私にとってお金を使うことって本当に困らないんですよね。だって、カバン、財布、洋服、靴、時計、ジュエリー、旅行、グルメ… お金さえあれば買いたい、やりたいことの多くのことができますからね。ただ、わが家の家計担当の夫は「金って貯めるより使う方が難しいよなぁ」なんて先日つぶやいていたんです。「いやいや、簡単でしょ」って、ついついツッコんでしまったんですが、夫の真意を聞いて「へぇ~」なんて思っちゃったんでお伝えしたいと思います。

貯金スキームさえ確立できれば貯金はカンタン


貯金ってよく言われるように『貯金=収入-支出』というお金の流れの結果、家計の中にプールされていくものですよね。ファイナンシャルプランナーや節約サイトなどでは『支出=収入-貯金』という式で表現しているものもありますが、どちらにしても入ってくるお金の範囲内で生活しなくては貯金はできないということなんですよね。これ、当り前ですね。

つまり、毎月の家計収支で計画通りの貯金ができる枠組み(貯金スキームが確立さえできれば、以降はそのまま継続していれば黙ってでもお金は貯まっていくわけですね。そんな貯金スキームを確立することが大変なんですけどもね…

お金を消費するのは難しい!?


それにしても、お金を使うことが難しいってことになるのでしょうかね。夫はなにを難しいと思っているのでしょうか…


うちは10年以上前に貯金スキームが確立できたんだよ。それって、前から言っているキャッシュフロー表を作ったときなんだけど、それからはその貯金計画をクリアできるようにしてきたから計画以上の貯金ができているんだよね。しかも、この貯金計画をこの先も継続していければ60歳時には4000万円くらい貯まる見込みなんだけど、かと言ってそのお金を何に使うのかまったく見えてないから気持ち悪いんだよね。
君が欲しがっているようなすぐに買えるようなものの話ではなくて、もう少し大きな話というか…漠然としていてね。

老後資金が必要だからと貯め始めたけど、しっかり計算してみたら将来貰える年金額が今から2割くらい減額されたとしても計算上は老後破綻するようなことにはならなそうだし…かといって、大きな財産を残すほどは残らないだろうし…
貯金の意義というか、どこまで貯めればいいのかわからないというか。逆に、どのくらいのものなら買っていいのかもよく分からないし。。。人生って難しいなぁって思ってね。



おいおい、人生の話かい!
ってな感じで、その後、夫は酔いつぶれて寝落ちしていました。

お金を貯める=安心を貯めること


確かに夫の言うように、キャッシュフロー表を作って貯金スキームを確立すれば貯金はできていきますよね。ただ、そのキャッシュフロー表で計画していない出費をドンドンしてしまうと、貯金はもちろんできませんし想定外の事態にも対応できませんよね。
当り前かもしれませんが、お金を貯めるっていうことは『安心』を貯めているようなものなのかもしれません。だからこそ、そもそも貯金が少ないと不安だし、買い物をして貯金額が減ってしまうと、それまであった安心量から安心を消費してしまうので不安になってしまうわけですね。だからこそ、今ある貯金額を減らす行為をすることには勇気が必要で難しさを感じてしまうんでしょうね。結局は「お金を何に使うのが正解なのか?」という疑問の答えは無いんだと私は思います。



いかがでしたか。
いくら年収が高くてお金に余裕ができても、時間がなくてお金を使う時間すら無ければお金の価値もありません。お金をいくら貯め込んでも使うことなく亡くなってしまったらその貯金自体は無意味になってしまいます。しっかり貯金して適度に消費することが一番幸せを感じることができるかもしれませんね。貯めるだけでなく使うこともしっかり考えていかなくちゃって思える出来事でした。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ