10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:浪費家

散財 節約 財布の紐 キャッシュフロー表 セール



こんにちは、☆のっち☆です。
年末に書いた『お正月は散財するよ!家計が苦しくならない方法』で10万円を何も気にせずに散財したわが家ですが、家計を管理している夫はやはりちょっと財布の紐が緩みっぱなしになっている様子なんですよね。昨年の年始も浪費家へ戻ってしまった夫ですが、今年もそんな危険を感じています。
そんな今回は散財した後に訪れる“散財モード”を“節約モード”に戻す方法をお伝えします。

“散財モード”を持っている人は要注意


そもそもなお話をさせていただくと、“散財モード”というスイッチを持っている人は基本的には浪費家なんだと思うんです。普段は「貯金もしなきゃいけないし、欲しいものをドンドン買うほどの収入もないから我慢しなきゃ」って自分自身をセーブして、節約に励んでいるんですが、何かをきっかけに「散財しても大丈夫」ってなるとパーッと使えてしまう… その散財しているときの生活行動は間違いなく浪費家なんだと思います。

おそらくですが、何も苦労せずにお金が貯まっていく人はこの“散財モード”のスイッチを持っていないんです。

あなたの周りにもそんな人がいませんか?
酒、タバコ、ギャンブルもせずにお洒落やブランド物にも興味がないといった人たち。あの方々のレベルになれるとお金がなくてもすごく幸せな人生を送れるんだと思うんです。充実した生活にお金が必要ない感覚というものを一度は味わってみたいんですが、私の場合はどうしても物欲が湧き出してきてしまうんですよね。。。

“散財モード”から“節約モード”へ切り替える


先ほども申し上げましたが、多くの人が持っているであろう“散財モード”ですが、このモードに入りっぱなしなのが“浪費家”と呼ばれる人たちです。そして、その“散財モード”を持っているけれども“節約モード”というものも持っていて、ちゃんと自制ができる人たちが貯金や資産形成を計画的にできる人たちなんですよね。

重要なのは、そのモードの切り替えが上手にできるかどうかです。

一度、散財モードに突入すると2、3ヶ月継続してしまう人と1週間でしっかり切り替えられる人では、間違いなく資産形成していく上で大きな差が生じるのは当たり前ですよね。何事にもメリハリが大切です。「今日からは普段の日常生活に戻るよ」と決めた瞬間にモードの切り替えがバッチリできるようになりたいですよね。

“節約モード”に切り替える5つの方法


「欲しい!食べたい!」と思ったものを手に入れられて楽しかった“散財モード”から日常生活に戻るためには、ちょっとした我慢がやっぱり必要なんですが、参考にわが家のモード切り替え方法をご紹介しますね。


◯ 財布に余計なお金を入れない
◯ 外出を控える
◯ セールに行かない
◯ 外食を敢えて控える
◯ キャッシュフロー表で今年の目標額を確認する


私と夫はこの5つを実行することで“節約モード”へ確実に戻れるんです。基本的には「外出しない」ということですね。外出してしまうと誘惑がたくさんありますから、どうしても負けてしまうんです。だから出ない!これが効果絶大です。
さらに、キャッシュフロー表を改めて見直すことも有効だと思います。年末に締めた貯蓄額よりも大きく減ってしまうと、年間目標を達成することが難しくなってきますよね。今は良くても近い将来に予定以上の節約をしなくてはいけなくなることが理解できれば、ちょっとした欲望には耐えられるようになりますよ。



いかがでしたでしょうか。
一生懸命に節約していても、ちょっとした気の緩みが将来にも影響するくらいの傷を負ってしまうかもしれません。お金は貯めるためにあるのではなく使うためにあるものですが、無計画に使ってしまっては元も子もありませんよね。お金をためている目的を達成するまでコツコツと頑張っていきましょう!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

浪費家 家計管理 お金 節約 資産形成



どうも夫です。
ボクはブログでも記事がかけるほど家計管理をしっかりして資産形成ができていると自負していたんですが、先日、職場の同僚から衝撃の一言を言われてしまったんです。
ボク自身が思っている自分像と他人から見たそれがあまりにも違っていたのでついつい記事にしてしまいました。あなたはそんなことありませんか?

「お前みたいな浪費家は…」


先日、同僚数人と昼食を食べていたときのことです。

同僚A「Fさんも今回の人事で昇格したから給料も上がってよかったよね」
同僚B「そうだよな。彼ももう30後半だからそのくらい貰わないとだよね」
ボク「うちの会社って給料水準は低いけど、借り上げ社宅を利用している社員で独身だと結構余裕あるよね」
A「だな。だって、30万円くらいの月収で仮に10万円税金に持っていかれても手取りで20万円は残るからね」
ボ「20万円あれば水道光熱費とかの固定費払っても17万円くらいは残るもんね」
B「17万円も自由な金があると結構遊べるよなぁ」
ボ「そこにボーナスが年間手取りで80万円くらい貰えるわけだからね」
A「これが課長になると月収40万円、ボーナスは150万円オーバーだからね」
B「社宅利用の独身課長は余裕ありまくりだな」
ボ「例えばCなんかはそういうことだよな」
A「そうそう、あの人は余裕あるよ」
B「飲みに行ってもご馳走してくれることが多いし、営業カバンだってDIESELだし…」
ボ「俺も同じ課長なんだけどなぁ…」
A「しかも共働き…」
ボ「はい…」
B「お前みたいな浪費家はお金貯まんないでしょ(笑)」
ボ「浪費家なの?俺??」
A「営業カバンはTUMIだし、飲み会多いし、タクシー乗りまくりだし…」
B「浪費しすぎでしょ(笑)」
ボ「…」

毎月の貯蓄率30%なのに…


今まで他人からどういう風に見られているかなんて考えたこともなかったんですよね。ウチはウチ、他人は他人ということで気にしてこなかったんですけど、改めてそう言われてしまうと「やっぱりボクって浪費家なのかなぁ」なんて思ってしまいます。ただ、家計管理的に見てみるとわが家は貯蓄率30%を超えています。それだけ貯蓄している家庭のほうが少ないはずなのに、どうしてボクは浪費家に見られてしまうのでしょうかね。。。

たしかに、営業カバンも通勤カバンもTUMIを使っています。飲み会も多いときには週に3回ありますし、飲み会の帰りは80%くらいタクシーを利用します。飲み代とタクシー代で毎月5万円くらい使うのかもしれません。でも、ボクの場合はそれ以外にお金をあまり使っていないんですよね。ギャンブルはしないしタバコも吸わない。ボクは趣味の自動車と飲み代にだけお金を使ってるんですよね。

家計管理はこういう生活をするためなんだ


ボクは“お金”が大好きです。貯金がドンドン増えていくことも、資産が膨らんでいくこともとても気持ちが良いものです。だって、お金が無いよりは持っている方が生活する上での選択肢が増えるし、選択肢が増えるということは人生の満足度も比例して上がると思っています。でも、最近いくつかの記事でも書きましたが、節約ばかりをしてキツキツの毎日を送ることは望んでいないんです。

お金を使うことにはドンドン使うし、ムダと思うところはキチッと節約してしっかり貯蓄もする。そういった生活がボクと妻の理想の生活なんです。老後を心配するあまり“現在(いま)”を苦しいくらいに節約したり、その逆だったりと人それぞれの価値観はありますが、わが家の理想形はいつの時代も楽しく、やりたいことをして生きていくことなんです。

浪費家のような生活をしているのにお金をいっぱい持っている家庭だなんて羨ましいと思いませんか?そんな家庭を目指してこれからも家計管理と資産形成をしていきたいと思います。



いかがでしたか。
結局、生まれ持った性分は簡単には変わらないようですね。ボクは浪費家です。さらには、妻もボク以上の浪費家です。自慢ではありませんが、身の回りのものは結構良いものを持っています。だけれども、資産も3000万円以上持っているんです。
ボクと妻は生まれも育ちも一般庶民、現在の仕事もサラリーマンのすごく一般的な家庭ですが、共働きで家計管理を徹底するだけでこういった生活を送ることが可能なんです。わが家の次はあなたです。絶対に同じようになれますよ!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

貯金 貯蓄 資産形成



こんにちは☆のっち☆です。
貯金というものはどうしてこんなにも難しいのでしょうか… 毎月毎月お金を貯めているつもりなのに気がつくとロクに貯まっていないことってありませんか?
気持ちとしては長い期間、買いたいものを我慢して我慢して… そろそろ〇〇万円くらいは貯まってるかなって思って貯蓄口座見ても「えっ!?たったのこれだけ??」ってことがよくあります。どうやったら気持ちよく貯めることができるのでしょうか。。。

浪費家だった私達


以前の記事『わが家の家計はマイナススタート』や『浪費家から家計の鬼へ… 夫の昔ばなし』で紹介したように、私達 夫婦は驚くほどの浪費家でした。40万円もするエステに平然と加入したり、ボーナス全額を叩いてブランド時計を購入したり、転職してもスーツが買えなかったり… こんな生活を続けていたらいくらあっても貯金なんてできませんよね。

私自身は未だに与えられたお金をあっという間に消費できるほどの浪費家ではありますが、夫は“ある時”を境に家計管理に目覚め貯蓄計画を当り前のように遂行できるまでになりました。そんな夫が立てた計画に沿って家計管理、資産形成を結婚後10数年してきたことで、総資産4,000万円を超えるお金を手にできています。

お金を貯める楽しさを初めて知った結婚貯金


浪費家だった夫が家計管理や資産形成ができるようになった“ある出来事”とは私達の結婚式です。半年後の結婚式費用を二人で計画を立てて300万円貯めたことが夫の家計管理のはじめの一歩。夫が二人の収入と毎月の支出を書き出し、生活を可能な限り切り詰めることではじき出した貯蓄可能額を半年間守りぬいたことで目標を達成。そのことが彼の「お金持ちになりたい!」という心に火をつけたんでしょうね。

それからというもの、夫は家計管理にはとても厳しくなりました。やり始めの頃は想定外の出費で貯蓄計画が狂い、またある時は私が計画通りの食費を守れなかったりで計画を狂わすものの、夫は多少の誤差ではブレない現実的な家計管理能力を身につけていきました。

現在では毎年、計画以上の貯蓄ができるまでに正確性が上がっています。

キャッシュフロー表で楽しさの先が見える


現在の貯蓄能力を築いたのは『キャッシュフロー表』を作ったのがきっかけです。以前の記事『1年に一度の家計決算… 貯まる人の習慣とは』で紹介したものですが、この表の正確さはすごいですよ。本当に計画通りに資産が増えていきます。

家族構成からライフイベント、年収変動や支出額そして総資産額まですべてが手に取るように一目で把握できるんです。どこまでの正確な表にするかはその表を作る人のチカラにもよりますが計画を立て毎年振り返りをしていきますから、年月を経れば経るほどより正確な表になっていきます。それと、そのキャッシュフロー表に家計の軌跡が刻まれていきますから、非常に大切なデータになっていきます。さらには家族の将来がその表で把握できるようになるので驚きですね。



牛歩のようにゆっくりゆっくりとしか進まない貯金ですが、将来が見えていればその歯がゆさも薄まるものです。今年一年頑張っただけではたったの50万円だけれども再来年には200万円貯まるとか、今の計画では60歳定年時に1,500万円しか貯められないから今からもっと節約に励まなくちゃなどなど、将来が見えることで現在、何をするべきなのかに気づくことができます。
現在、1,000万円を超える貯金ができた我が家ですが、この1,000万円を貯めるまでが気持ちとしては本当に長い道のりでした。そして、その壁を超えられた現在はより貯蓄スピードが上がっています。

わが家ができたんですから、あなたも間違いなくできます!ちょっとしたポイントを抑えて黙々と計画を進めていくだけです。目標はお金に困らない老後生活を送ること。キャッシュフロー表でみなさんもわが家と同じ夢を追いかけてみませんか?



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ