10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:浪費

貯蓄 節約 固定費 家計管理 食費 浪費 消費



どうも夫です。
ある原因を見つけることで貯蓄や節約が一気にスピードアップができるようになれるなら、みなさんその方法を知りたくないですか?
しかも、その方法がすごく簡単なことだとしたら驚きませんか?
今回は貯蓄や節約ができる体質になってもらえるように「ここがポイント!」的なことを書かせてもらいますね。

貯蓄や節約ができない理由


まずはじめに“貯蓄”というものは収入よりも支出を抑えなければできないですよね。毎月手取り20万円の人が25万円使っていたらお金は貯まるはずがありません。
そして“節約”ですが、ムダな消費を無くしてお金を温存することなので浪費”をいかにして無くすかというところがポイントになります。

こういった“貯蓄”や“節約”のポイントをしっかり理解していないと、どんなに収入が増えても一切手元には残らない体質になってしまうんです。給料が上がってもそれに合わせて生活水準も上げてしまっていたら貯蓄なんてできませんが、逆に、給料が上がっても生活水準はそれまでのものを維持することができれば、何も苦労せずにお金は貯まっていきます。

つまり、“貯蓄”をというものは自分自身のお金の流れを把握さえできればとても簡単なことですし、“節約”ができないというのはそのお金の流れを把握できていないために自制ができていない状態なんですね。

あなたのお金を把握しよう!


前述や今までも何度かお伝えしていますが、お金を貯めるためにはあなた自身のお金を把握することから始めます。

まずは収入ですが、収入といっても実際に使えるお金になるので“手取り額”で考えます。そして、その手取り収入から生活に欠かせない「住居費」や「水道光熱費」「通信費」などの固定費を引いていきます。次にある程度コントロールできる「食費」「雑費」を予算立てして、最後に「お小遣い」や「交際費」を引けばあなた自身の生活が黒字家計なのか赤字家計なのかはすぐに分かりますよね。

お金の流れを把握できたら家計の見直しをします。見直しには順番がありますから、闇雲に節約すればいいわけではありませんよね。まずは“固定費”を改善、そして家計に占める割合の高い費目の“食費”や“小遣い”などを改善します。

最初に家計を把握した時点で黒字家計だと安心してしまう人が多いのですが、赤字家計と同じように見直していくことで貯蓄スピードをあげることができますよ。

節約は“欲望との戦い”


固定費を改善することってとても簡単ですよね。だって、住居費を節約するなら「住宅ローンを借り換え」や「安い家賃の物件に引っ越す」などができればすぐに改善できますが、一番厄介なのが食費や小遣いなどの消費を節約することです。
何故なら、この食費や小遣いを節約するには自分の欲望との戦いになるからです。欲望との戦いというものは欲しいものを我慢するとても辛いものなので、禁煙やダイエットと同様の苦労が必要だということになります。

ただ、それだけ辛そうな節約ですが、普段の生活なかで“浪費”を見つけてあげればそれほど苦労しなくても改善できてしまうものかもしれませんよね。「毎朝当たり前のように缶コーヒーを飲んでいる」「ランチはいつも大盛りにしてしまう」…。これらはボクの実際の浪費でした。慣れてしまえばコーヒーは無くても平気ですし、ランチも普通盛りで十分満腹になれます。
こういった生活の中でのムダを見つけることができれば家計改善に勢いがつくんです。まずはいつもルーチンになっている消費を振り返って「これは本当に必要なのか?」と自問自答をしてみましょう。「別に無くてもいいかな…」なんて思えるものがあったらそれは確実に“浪費”です。生活の中に“浪費”はたくさん隠れていますから、一つ一つ見つけて無くしてしまいましょう!



いかがですか。
貯蓄だったり節約だったりと想像するだけでもゾッとしてしまう人も多いかもしれませんが、冷静になって考えてみればそれほど難しいものではありません。ましてや、禁煙やダイエットに比べてしまえばとても初歩的な欲望との戦いです。ムダを見つけて、そこにお金を使わないようにするだけ。それをやって浮いたお金を貯めていけばいいだけです。とても簡単だと思いませんか?



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

b88078291c9e6eb6b3e3c28a17638757_s


こんにちは☆のっち☆です。
今回は新婚当時に夫に言われたショッキングな一言にまつわるお話をしたいと思います。

年収550万円でも貯金ゼロ


自分で言うのもいかがなものかと思いますが、ほんとに私って浪費家なんです。10万円でも100万円でも浪費する期間は変わりません。当時、私は専門職として就職して2年目には毎月の手取りは約25万円。さらにボーナスも年間100万円ほどありました。年収でいうと550万円ほど。同じタイミングで就職した後に夫となる彼は年収320万円でしたから、資格で稼ぐことの威力を感じつつ節約や貯蓄といったことを考えず「被服費」「宝飾品」「エステ」などにお金を使いまくってました。
しばらくして結婚することになった時に夫から貯蓄額を聞かれ「0円」と答えたことを鮮明に覚えています。

嫁入り道具はリボ残高30万円


無事!?に結婚式を終え新婚生活が始まると、色々なところから郵便物って来ますよね。私はお金を使いまくってましたから、本当に多くのお店からDMが届いたんです。その多さに夫も驚いて「スゴイな…」って呆れてました。
そんなある日、クレジットカード会社からの明細書を置きっぱなしにしてしまっていたようで、鬼の形相で私の帰宅を待っていました。その明細書にはリボ残高30万円がしっかりと書かれていました(泣)
貯金を始める以前にマイナスからのスタートになったことにキレた夫は私のクレジットカードを目の前で切り落とし、電話を持ってきて「カード会社に電話してリボ残高を一括で払うことと、解約を今すぐに伝えろ!」と吠えました。
それからと言うもの、わが家のお金管理はすべて夫。さらには、私の給料も夫が管理して、そこから私が定額のお小遣いをもらう制度になってしまったんです。


続きは後編へ


 クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  

赤字体質 貯蓄体質 貯金 貯蓄 浪費



こんにちは☆のっち☆です。
貯蓄体質の家庭では毎月当り前のように貯金ができるものですが、赤字体質の家庭はどんなに頑張っても貯金ができるようになれないようです。それってなぜなのでしょうか?
夫が言うには、以前の記事『高収入なのに金欠で苦しむ持田さんのおはなし』でも紹介しましたが赤字家計には何かしら原因があって、その原因を突き止めて改善しないかぎり貯蓄体質にはなれないものなんだそうです。
今回は夫の旧友Oさんのお話です。数年に一度、食事をする仲のOさんが夫のアドバイスで家計改善したお話をさせていただきますね。

実はお金に困っていたOさん


Oさんと夫は同世代で20年以上前からのつき合いです。若い頃は同じ趣味を持ち、ほぼ毎日一緒にいたような友人だったそうです。お互い大学を卒業して社会人になると、仕事に夢中になって徐々に疎遠になっていくものの、ふと思い出したように連絡を取って飲みに行くような関係が今でも続いているんです。

そんなOさんですが、実はお金に余裕のない生活を送っていたそうです。
男同士ですから、お互いの年収や家計・資産状況が気になるものです。旧友の二人だからこそ、普段は軽々しく聞くことができない“お金”の話も自然とできたんでしょうね。夫がわが家の現状を伝えるとOさんは「どうしてそこまで状況が違うんだ?」と目を丸くして驚いていたそうです。

それもそのはず。この時Oさんの家計は辛うじて黒字であったものの「自動車ローン」「クレジットカードのリボ払い」もあって、賃貸マンションに住み、貯金も300万円だったそうです。都内持ち家、輸入車新車現金一括、貯蓄1000万円のわが家との違いに驚き、夫に家計改善のお願いをしてきたそうです。

Oさんの家計内訳


夫がFP資格を持っていることを聞いたOさんは自身の家計を隠すことなく教えてくれました。

[家族構成]
Oさん(夫)
子供二人(5歳、3歳)

[収入]
42万円(税込年収650万円)
8万円(年収100万円)
※手取り額

[支出]
家賃
12万円
駐車場代
3万円
生活費
20万円
自動車ローン
5万円
クレジットカードリボ払い
1万円
合計
41万円


世帯収入はわが家とそれほど大きくは変わりません。家族旅行やレジャー費用は別途支出しているそうですが、収入50万円に対して支出41万円と黒字です。
それなのに、なぜ資産形成が進んでいないのでしょうか。

三大貯蓄時期を認識できていなかった


Oさんに今に至るまでのことを聞いていくと、まず“三大貯蓄時期”を意識して貯金をしてこなかったことが分かりました。

「結婚当初はダブルインカムで生活もすごく余裕があったんだよね。あの時に貯金をしっかりしていれば…」

貯蓄時期の一回目である『結婚~出産まで』という一番の貯め時をOさん自身も気づいていたそうです。ただ、その時期は毎日が楽しくてお互いお金をいっぱい使ってやりたいことをできる限りやっていたようですね。確かに、結婚当初は新しいことがたくさんあるしお金にも余裕がありますから「今が貯蓄時期なんだ」と認識して貯めないとお金なんて貯まりません。

結婚当初のわが家もこの貯蓄時期を認識していたのかというと、実は認識していませんでした。認識もしていないのに今が違う理由は“その時期に家を買ったこと”なんです。当時はそんなこと考えもしないで、ただただ家が欲しかっただけなんですが、振り返るとあの決断が現在を形成していると言っても過言ではないんですね。家を買ったから住宅ローンを組み、住宅ローンがあったから3年後の金利見直し時の繰上げ返済を目標に貯金ができたんですね。

※「三大貯蓄時期」について詳しく知りたい方はこちらへ→『共働きの三大貯蓄時期… その目標金額とは

分割払いは家計の天敵


そして、Oさん家計をじわりじわりと苦しめているものがあります。それは「自動車ローン」「クレジットカードのリボ払い」です。自動車ローンは輸入車中古車(270万円)を金利3.9%の60回払いで契約中。クレジットカードについては20万円をリボ払い中です。

みなさん、リボ払いの金利って何%か知っていますか?カードにもよりますが、大体15%くらいなんですよ。このマイナス金利の時代にです。そんな金利のものをOさんは欲しいものを我慢できずに利用していたわけです。
さらに自動車ローンは金利3.9%と比較的低金利では利用していますが、分割手数料の総額は276000円くらいになります。ざっくりした金額でいうと毎月5000円の利子を払っている計算ですね。どちらもすごくもったいなくないですか?

少し背伸びしたものを手に入れて意識改革することは大賛成なんですが、Oさんについてはただの見栄っ張りです。子供二人いて、奥さんもパート勤め。貯金も300万円しかないのに、290万円ものローン(借金)を抱えている。企業で言えば債務超過状態になりかけているわけです。家計が苦しくて当然ですよね。


-----------------
世帯収入750万円なのにお金に余裕が無いOさん家計。ちょっと話を聞いただけでも問題点が見えてきますね。極端に収入の少ない家庭でなければ、生活が苦しい理由は「支出が多すぎる」「準備不足」のどちらかだと夫は言います。
後編では旧友を信じて現状を吐露したOさんに夫がアドバイスをしたことでOさん家計が驚きの貯蓄体質へ生まれ変わります。


後編へつづく



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ