10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:水道光熱費

節約疲れ ストレス 水道光熱費 食費 貯金



こんにちは☆のっち☆です。
私が昔から貯金できない理由に“節約疲れ”というものがあります。これは言葉の通り“節約することに疲れてストレスになってしまう状態”なんですね。でも、この状態って私だけじゃなくてよくありませんか?
今回はそんな“節約疲れ”にならない節約術について考えてみました。

節約疲れってどういうこと?


みなさん“節約疲れ”ってイメージが湧きますか?

毎日財布に入っているお金を数えながら「あぁ、◯◯円しかないなぁ」とか、スーパーでの買い物中も「こっちがほしいけどお金が無いからこっちの安い方にしよう」とか。買い物以外では水道代がもったいないからお風呂を猛スピードで入ったり、常に電気を薄暗くしていたり、外食なんて贅沢すぎてできない!とか… 貯金をするために身近にあるもの何でもかんでも節約してしまうわけですから「なんだかゴールの見えない試練を受けているようで生活のモチベーションも下がってしまう」わけです。

もしあなたもこんなモチベーション低下状態であれば、それは確実に“節約疲れ”に陥っていますよ。

“節約疲れ”は誰のせい?


前述のように、生活の中で節約してお金を貯めなくちゃいけないんだろうけど「節約しなくちゃ!」って考えるとやることすべてが対象になってしまいますよね。そうすると、生活そのものがストレスフルな状態になって“節約疲れ”を招いてしまうんですね。つまり節約疲れって誰のせいでもなく、自分自身が原因ということです。

逆に考えると、自分の対策一つで“節約疲れ”を回避できるということですね。要は、自分が原因を作っているわけだから、疲れないようにすればいいだけの話です。

“節約疲れ”にならない節約術


これは私なりの結論ですが『節約疲れにならないためには節約をしないこと』です(笑)

はぁ??と思われると思いますが、これに尽きると思っています。
どういうことかというと、貯金するために無駄を省きスマートな生活を送っていくのに“身近なところの節約はしない”というルールを作ればいいだけです。「身近な」というのは、水道光熱費や食費を削減対象にしないことです。高額なバックを買うのを我慢するよりもケチケチした生活を毎日送るほうがストレスを感じるはずです。「カバンを買う」「旅行を減らす」「外食を控える」といった身近にはない贅沢を我慢することはそれほどストレスを感じないはずなんですね。

わが家の夫も節約上手ではありますが、決して水道光熱費や食費といったものには手をつけません。もちろん水の出しっぱなしとかをしていると叱られますけどね… では夫はどこを節約するかと言えば「住宅費」「保険料」「通信費」といったものなんです。詳しくは下記の記事を読んでもらえればと思いますが、結婚して以来、水道光熱費の予算は1円も変わっていません。また、食費についても子供が生まれてから変動なしです。その代わり、住宅ローンは毎月2万円以上安くなっていますし、通信費についても1万円以上安くなっています。これだけでも毎月3万円も節約できてるのに普段の生活は一切変わりません。身近な節約で水道光熱費や食費で毎月3万円を節約するには並大抵の努力ではできないことですよね。

※関連記事
残り数万円を捻出する!固定費の見直し術
携帯電話代だけで毎月12000円節約する方法
費目別節約優先順位のつけ方… 快適な節約ライフを送るために
わが家の住宅ローンとのつきあい方… こうして楽になりました
生活から1000万円捻出!節約ターゲットを見つけよう



いかがでしたか?
貯金をするために重要な「節約」という行動ですが、その反動で起きるのが“節約疲れ”です。ただ、この“節約疲れ”にもそうならない唯一の方法があって、それは『生活を変えないでコストだけを下げる』ということなんですね。難しそうに思うかもしれませんが、みなさんも仕事ではすごく当り前にやっていることだと思いますよ。ぜひその仕事での感覚を家庭にも取り入れてみてくださいね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

水道光熱費 固定費 家計管理 クレジットカード払い



どうも夫です。
家計管理には家計の実態を把握して見直することが重要ですよね。以前の記事『残り数万円を捻出する!固定費の見直し術』でも紹介したように、数ある固定費の中でターゲットを絞り改善することは家計改善にはとても効果的ですが、家計の固定費と呼ばれるものの中でも実際は「全然、固定じゃないじゃん!」ってものがあります。
今回はそんな家計の問題児『水道光熱費』の管理方法を伝授したいと思います。

固定費なのに固定じゃない


みなさんもご存知のように『水道光熱費』は家計の固定費だって言われてますよね?
でも、実際の毎月の請求額は一定ではありません。実はこの水道光熱費が季節によって大きく変動することで、しっかり管理していたはずの家計費が狂わされてしまうんです。

例えば、暑さを凌ぐためにエアコンをドンドン使う夏場は電気代がとても高額になりますし、逆に冬場では石油ストーブを利用するために電気代が一気に低額になったりします。電気代だけでもご家庭によっては金額にして10000円近く変動する場合もあるわけですから、毎月の固定費として事前には予算化することが難しいんですよね。

そんな水道光熱費の削減方法は多くの節約サイトでも紹介されていますが、毎月の費用が一定じゃないので一生懸命節約しても実感がわかないっていうのが節約モチベーションを低下させる原因なんです。なので、水道光熱費を節約対象にするのではなく、いかに一定額で費用管理できるかが家計管理のポイントになってきます。

水道光熱費はこうやって管理しよう!


では、どうやって管理すればいいのでしょうか…
そもそも利用した量だけ請求される仕組みですから、その月が終わって検針してもらわないと具体的な料金は分かりませんからね。

ということで、わが家がかれこれ10年ほど管理している方法をご紹介します。
まぁ、それほど大した方法でもないんですが、簡単に言うと「毎月の変動費を平均値で管理する」ということです。過去1年分の請求額をすべて集めて、それを12で割り、算出された金額を水道光熱費として毎月決済口座へ入金していくんです。

ボクがやっている具体的な方法はこんな感じです。
電気代は年間で12万円くらい。ガス代は7万円くらい。水道代が6万円くらい。そんな過去1年の実績があった場合にそれぞれを12で割ると、電気代1万円、ガス代6000円、水道代5000円になるので、水道光熱費として毎月21000円を決済口座へ振り替えています。もちろん水道光熱費の支払いはクレジットカードで決済していますから、請求された金額は即引き落としされません。そのタイムラグを利用して一定額を決済口座へ入金していけば、残金不足で止められたりする心配もありません。
こんな簡単な管理方法ですが、一つ気をつけなければいけません。それは、水道光熱費が高額になる夏場に始めてしまうと毎月平均値以上の請求になるので、クレジットカードの引き落としができなくて金融ブラックになってしまうので気をつけましょうね。



いかがですか。
家計管理を成功させる秘訣は「固定費の徹底管理」にあります。もちろん無駄使いを無くすことも重要ですが、基本生活費である固定費を管理して「収入>支出」の黒字体質を作り上げることができれば、それはつまり貯蓄体質になったということです。資産形成のはじめの一歩は貯蓄体質になること。それができなければ資産形成は絶対にできないと認識しましょう。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ