10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:残業

a3bce2b1574b19d5cdd65420dbbe99c9_s

こんにちは☆のっち☆です。
“収入減”。アベノミクスが横行している日本においても極普通に起こりうる自体です。自営業の方に限らずサラリーマンも他人事ではない現代、今回はそんな状況になってしまったサラリーマンあおやま君のお話です。

独身貴族を満喫していたのに…


僕はあおやま(仮名)。35歳、中小企業のサラリーマン。独身で賃貸アパートに住んでいる。そろそろ結婚しないといけないと思いながらも貯金がまったくできていない。。。給料も高いわけではないけど一人で暮らす分には不自由しない程度はある。あまり自慢できるものではないけれど下に給料の内訳を一覧にしてみました。年収では450万円程度。高くもないけれど一人で生きていくには困ってない。

[支給]
基本給
250,000円
残業代
60,000円
住宅手当
12,000円
地域手当
8,000円
支給合計
330,000円


[控除]
所得税
8,000円
住民税
19,000円
社会保険料
48,000円
控除合計
75,000円


[手取り額]   255,000円

ご覧のとおり、私の手取りは残業代にもよるけど毎月255000円くらい。これから家賃70000円払って、生活費として残るのは185000円です。本来ならばここから5万円くらいは積立貯金をしないといけないと分かってはいるけどどうしてもできないんだなよぁ。交際費はもちろんのこと、どうしてもヤメられないパチンコとタバコ。更には、いい年なのにみっともない格好はできないからファッションにもある程度お金がかかる。そんなこんなで貯金なんてとんでもない状況。厳しい月なんて給料日前3日くらいまえから財布には3000円くらいしか残ってないこともあるくらい。だから、貯金なんてとてもじゃないけど無理だ…

残業代が大幅カット


世間ではアベノミクスで景気回復と賑わっているが、僕の勤務先では数年前から業績低迷が続いている。おかげで毎年春の定期昇給は3年前を最後に行われていない。ボーナスだって入社したころは4ヶ月出ていたのに、現在では2ヶ月と半減している。
ただ、ボーナスだって年間で50万円くらい出ているし、月々もあれだけあるからいいのかなぁと転職する気も今はないんだよね。因みにボーナスは自分へのご褒美ということでいつも貰った当月に使い終わってしまうんだけど。

そんな中、業績低迷によって収入に直接影響のあることが起きた!
それは、残業を制限する命令の発令。今までは三六協定で決められた毎月30時間を限度に認められていた残業だったのが、以降は15時間までに制限するというのだ。15時間を超える残業を行う場合は上長の承認を得なければできないことになった。もともと私の残業は忙しくて残業になっていたわけでなく、生活残業と言われるもので自分で仕事を調整して毎日コツコツと残業を付けていたもの。上長に承認を得るような立派な残業など存在しない。
いやぁ~、まいった。毎月3万円の減収。手取りが225000円まで下がる。家計内訳はこんな感じだったのにどうしよう。。。

家賃
70,000円
光熱費
20,000円
食費・生活費
80,000円
交際費
30,000円
被服費
20,000円
タバコ
15,000円
ギャンブル
20,000円
現在支出合計
255,000円


どれをカットしよう。。。 まずはタバコかなって思うけど、そんなに簡単に止められるんだったら、今までにもうとっくに止めてるよ。次はギャンブル。でもこの予算がなかったら休日に一人でいるときに無趣味な俺は何をして過ごすんだ?? そしたら、家賃の安いところに引っ越すか?いや、無理だ。貯金がないから引越代と敷金・礼金が払えない。
仕方がない… 被服費をカットして買うときはカードでボーナス払いにしよう… あと、交際費を1万円カットで3万円節約。。。

そんなこんなでなんとか残業制限による減収対策をしてみた。対策というよりボーナスに逃げただけだけど、幸い結婚もしてないしなんとかなると思うよ。


後編へつづく



 クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

副業 オークション 残業 投資 固定費見直し



どうも夫です。
毎日仕事を頑張ったからといって毎年給料が満足するほど昇給することもないのが世知辛い現代ですね。状況によっては、増えるどころか業績不振で減俸にされることもありえる時代です。
今回は万が一給料が減ってしまったときにやるべき5つのことをお伝えしようと思います。いざというときはこんな手段があることも知っておきましょう!

残業のすゝめ


業種・企業・職種によって支給されるかどうか微妙な手当ですが、もしあなたの給与体系で残業手当が支給されてるのなら、この考えは社内の誰にも言えないけどしっかりと認識をしておいたほうが勝ち組です!

多くの方は残業1時間で2,500円くらいの手当が付きます。もし月給で1万円減額されたとしても、月間4時間の残業をすることでカバーできるわけですね。えぇ!4時間もと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、1ヶ月4週だとした場合、1週間で1時間を今まで以上にすればいいだけです。気分的にどうかということもありますが、仕事とお金はある程度切り離して考えたほうが受けるストレスや生活にはプラスに働きます。

固定費見直しのすゝめ


生活費の4割~5割を占める固定費(住居費、光熱費、保険料、車輌費、教育費など)ですが、この部分を1割削減するだけでどれだけ生活が楽になるか… 例えば、毎月10万円固定費で消費していたら固定費削減で毎月1万円を浮かせられます。

携帯電話代だけで毎月12000円節約する方法』でもお伝えしたように携帯電話一つ見直すだけで毎月12000円を節約できます。さらには水道光熱費の節約住宅ローンを組まれている方はローンの見直しで毎月1万円は楽々クリアできる数字ですね。

副業のすゝめ


そして、収入が減った際は新たな収入源を作るという方法もありますよね。
「ネットオークション」「ネットフリマ」「アフィリエイト」「ポイントサイト」など現在は自宅にいながら手軽に副業を始めるチャンスが多くあります。もっと言ってしまえば、リアルバイトで時給1,000円、月間10時間で1万円は稼げます。

方法は人それぞれですが、減った収入を支出の調整でカバーすることには当然限界がありますから、入ってくるお金を増やす方法は常に考えておく必要がありますね。

節税のすゝめ


支出のなかで抑えられるのならトコトン削減したいのが税金や社会保険料です。税金にもいろいろな種類がありますが、身近なもので“所得税”“住民税”“消費税”などでしょうか。“消費税”は日々の消費に対して課税される税ですので、無駄な消費を減らすことが節税へとつながりますよね。また、“所得税”“住民税”は収入のランクによって税額が変わってきます。それらの仕組を理解し年末に一番お得な金額帯に着地させることができれば翌年の税金が低く抑えられるわけです。

また、サラリーマンの方が毎月の給料から控除されている“厚生年金保険料”“健康保険料”は毎年4月~6月の3ヶ月間の課税対象額を基に算出された標準報酬月額によって年間の保険料が決められます。つまり、残業手当などでこの期間の収入を意図的に抑えることができれば保険料を抑える事ができるんですね。

投資のすゝめ


本業の収入が減ってしまったら『【我が家の投資リターン額公開】今こそ、余剰資金で投資をしよう!』でお伝えしたようにそれまでに築いた資産自身に働いてもらう方法もあります。“定期預金”“仕組預金”“投資信託”“株式投資”など金融商品によって負うリスク量が違うので、それぞれのリスクをしっかり把握して運用します。

年間1万円でよければ“定期預金”や“仕組預金”
半年1万円でよければ“株式投資”
毎月1万円が欲しければ“投資信託”
といった感じで必要な金額を先に考えてから金融商品を選ぶという方法もありますが、投資の世界では「ローリスク・ローリターン」「ハイリスク・ハイリターン」というルールが常に存在します。多くの運用益を目指す場合、相応のリスクを覚悟する必要があります。投資を行う際は必ず“余裕資金”で行うことを心掛けましょう!



いかがでしたか。
日に日に厳しさを増す労働環境。その荒波に揉まれ疲弊することなく、あの手この手と手段を変えつつ自身の生活を守るため乗り越えていかなければいけません。日々新しい収入源を探し続けて、みなさんにオススメできるものがあればまた紹介させてもらいますね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

d6c351823dfc13dce80e099cc6866498_s

どうも夫です。
将来の大きな財を築くには日々の節約が必要不可欠!
今回はそんないろいろと取り組んでいる節約術の効果を具体的に提示したいと思います。

三大嗜好品 編


“タバコ”“ギャンブル”“酒”の三大嗜好品だけでも止めたり回数を減らしたりするだけで相当な節約につながります。リアルなトータル費用を試算することですこし考え方が変わるかもしれませんね。

まず、代表的なのが『タバコ』
現在は1箱430円程度。1日1箱、1年365箱で156,950円!
これをこれからの30年間吸い続けると… な、な、なんと!約470万円

そして、男性にファンが多いパチンコ、競馬などの『ギャンブル』
毎月3万円の“負け”を喫していると30年で… 1080万円
しかも、ギャンブルをしている時間をお金に換算してみる。。。 所要時間を1回3時間、週2回として、1ヶ月で24時間。時給1000円で計算すると24000円/月。これを30年続けると… 864万円
二つ合わせると『ギャンブルカテゴリー』では驚きの約1950万円
これだから街ナカにはギャンブル場が溢れているわけですね。。。

そして、『酒』
家飲みの場合、少し控えめに第三のビール500ml缶を毎日2本飲んだとします。200円×2本で400円。1ヶ月で12000円。1年で144000円。30年で432万円
同僚や友人との飲み会では、1回5000円、1ヶ月2回で10000円/月。30年では360万円
そして優雅にキャバクラ。1回15000円。1ヶ月2回で30000円/月。30年通うと1080万円
ちょっと方向性を変えて風俗(ソープ)。1回25000円。1ヶ月1回、年間12回通うと30万円。30年頑張ると900万円
上記の家飲みから風俗まですべて達成!?すると約2800万円です!(笑)

お仕事 編


お金を稼ぐ一番の手段として“労働”があります。労働の対価としてのお金をいろいろな見方をしてみたいと思います。
※試算に使う金額は一例です。

まずは手っ取り早く収入を増やせる『残業』
毎月3時間(2,000円×3H)、30年間こっそり稼ぐと単純計算でそれだけで216万円

企業によっては資格を取得すると『資格手当』がもらえます。
毎月10,000円、年間で12万円。30年で360万円
ここでは一例に『残業』『資格』にしましたが、いろいろな手当があります。“住宅”“子供”“自己啓発”などお勤めの企業の制度をしっかりと理解して一つでも多くの手当を頂きましょう!

では、少し思考を変えて“専業主婦(夫)”の方のお仕事について考えてみます。
週3日、3時間。近所にパートに出ると800円/時間で1ヶ月28,800円。年間約35万円。30年で約1000万円
内職や在宅ワークで月30,000円稼ぐとこちらも30年で1080万円

これだけの収入が見込めるのであれば忙しい日々の中で少しでも働くことができる時間があれば積極的に働きたくなりますね。


後編へつづく



 クリックで応援お願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ