10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:早期退職

リストラ 外資系 子育て 教育費 再就職



前編からのつづき


学生時代から順調すぎる人生を歩むMさん。
年収1000万円で外資系企業へ転職した後も彼の人生は順調なのでしょうか。



外資系企業は給料が上がらない


5年後。僕も47歳になって、この会社にも7年勤続しているが一向に給料が上がらない。まぁ、外資系企業というのはそういうところだって聞いたことはあるけれど1円も上がらないってどうなんだろう… 別の外資系企業に勤める知人に聞くと「減らないだけマシだよ」だって。

子供たちも大きくなって17歳と14歳。3歳違いだから入学と卒業が一緒にきて色々と辛いけれども、大学卒業までの辛抱だね。学費については学資保険を厚めに掛けいていたから私立大学の医・歯学部とかに行かない限り問題ないだろう。


[収入]
夫(47歳)
45万円(ボーナス手取り250万円)
妻(44歳)
8万円

[ローン]
住宅ローン
(残23年)
15万円
(ボーナス時加算20万円)
自動車(残5年)
5万円(ボーナス時加算12万円)

[貯金]
毎月
3万円
ボーナス
80万円
現在の貯蓄額
1500万円



子育て完了!教育費を乗り越えた


給料が上がらないって嘆いてから8年。入社15年の現在も未だに一度も上がらない。ポジションは入社時よりはちょっと上がって次長だけれども給料は据え置き。ただ、1000万円を貰えるんだから悪くない。前職の国内企業は円高や不景気の煽りで業績不振に陥って僕の同期なんかは完全に早期退職対象者になってしまっているようだ。今の会社に早いうちに転職して大正解だったね。
今年で下の子も大学を卒業して就職したから子育て卒業ってところだね。学資保険にそれぞれ500万円ずつ加入して対策していたから、それほどお金の面では苦労しなかったけど、それでも貯金から全部で500万円は持ち出しちゃったね。さらに、この8年の間は塾代やら模試代やらで貯金もできなかったから家計は大丈夫かな。そろそろ自分達の老後を考えないといけない年齢になってきたな。
愛車のマカンも3年前にローンが終わったから、自動車も乗り換えた。もうこの年になるとやっぱりクラウンに乗りたくなってくるものだね。


[収入]
夫(55歳)
45万円(ボーナス手取り250万円)
妻(52歳)
8万円

[ローン]
住宅ローン
(残15年)
15万円
(ボーナス時加算20万円)
自動車(残10年)
4万円(ボーナス時加算9万円)

[貯金]
毎月
0万円
現在の貯蓄額
1000万円



リストラ対象!早期退職に応募する


あれから半年後、国内企業だけかと安心していた不況の煽りが我が社にも飛び火してきた。ある程度大きな規模の企業は、一旦業績が悪化すると立て直しに時間がかかる。我が社も例外ではないし、さらには外資系企業ということもあって人事面では相当ドライなんだ。給料が入社以来1円も上がっていないこともそのいい例なんだろう。社内の空気に緊張感が張りつめるなかで通達が出た。

「50歳以上の社員を対象に早期退職を募集する」

おいおい、思いっきり対象者じゃんかよ。少し前から社内で変な噂が流れていたんだよなぁ。もっと真剣に考えておけばよかった。ただ、割増退職金は1.5倍ということなんで僕の場合1000万円くらい貰えるようだ。無駄にしがみつくのはヤメて用意してもらった再就職支援企業のお世話になることにしよう。何事も早めに動くほうがいいに決まってるんだ。早期退職に応募しないで後々になって肩叩きにあったら退職金の割増もないだろうからね。

再就職先が決まらない


早期退職者募集発表の後、応募してから1ヶ月後には正式に退職となった。在職中から再就職支援で何社か受けたが自分がやりたい仕事には巡り会えず、未だに再就職先が決まらない。ただ、失業保険受給期間が会社都合だから330日と最長で受給できるから、約11ヶ月受給できるから安心だ。失業保険受給中は貯金は出来なくても生活は維持できる。いくらなんでも受給終了までには仕事も決まるだろう…


…と言いつつ、すでに8ヶ月が経過していてもうすぐ失業保険が貰えなくなる。わがままに仕事を選びすぎたのだろうか。
ただ、この歳で新しい業種にチャレンジするのは腰が引けてしまう。自分よりもずいぶん若い子たちに指図されるのも承服し難いところもあるしね。どこかの企業に勤めるのが難しいなら自分で事業を起こすこともありかもしれないね。


-------------------

マイホームを買ってもしっかり貯蓄ができているし二人の子供をしっかり大学卒業まで出させられていて、人生の三大支出のうちの住居費と教育費を上手く乗り越えているように見えるMさん。残る大きな支出は老後費用です。人生最大の支出も上手く乗り越えることができるのでしょうか…


後編へつづく



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

アーリーリタイア 早期退職 退職金 老後 資金 家計破綻



どうも夫です。
みなさん、お仕事楽しいですか?それとも生活のために仕方なく働いていますか?
どうせ働くならやり甲斐があって達成感の味わえる仕事に身を置いていたいとは思っていますが、2択であればボクは間違いなく後者です。低収入でも仕事が楽しいから続けられると感じたことは今まで一度もありませんからね。
そんなボクの一番の理想は「作り上げた資産を運用して不労所得で生きていくこと」ですが、そんなことは本当に夢であって、もはや妄想の域に達していることだと思っています。それなら、65歳までしっかり働かないと老後生活もアウトかと言えば違うと思うんですよね。
ということで今回は、わが家が安心できる老後を手に入れるには最短でいつまで働けば良いのかをシミュレーションしてみました。意外な結果に驚きです!

わが家の現状を把握してみた


以下がわが家の概要です。


42歳
42歳
12歳
金融資産
1400万円
住宅ローン
残18年


さり気なく年齢をカミングアウトしてしまいましたがこんな感じですね。
子供が4年制大学を順調に卒業して就職すると仮定すると、その時まで残り10年です。そして、ボクが管理しているキャッシュフロー表においてその10年後には金融資産が2500万円になっている計画です。その時点の住宅ローンは残り8年です。まとめると下表のようになります。


[10年後のわが家状況]

52歳
52歳
22歳
金融資産
2500万円
住宅ローン
残8年


10年後の生活費をシミュレーション


では、子供が独立したタイミングの夫婦二人の生活費を考えてみます。

住宅ローン
10万円
食費
4万円
雑費
1万円
水道光熱費
2万円
通信費
2万円
保険料
2万円
外食費
2万円
小遣い(夫婦)
10万円

合計
33万円



上表から子育て費用が完全に無くなったとしてもわが家の生活費は33万円必要ということが判明です。う~ん、思った以上に軽減されないものですね。
年金受給まで残り13年ですから、このタイミングでリタイアするのは現実的ではないかもしれません。なぜなら上表のシミュレーションには帰省費や自動車費用や医療費などの一時支出が含まれていませんから、毎月33万円の手取りでは厳しいということになります。
毎月33万円の手取りというものはサラリーマン給料ではなかなかの水準です。なので、片手間で稼げる額ではないということですね。

それから8年後はどうなる?


前項のシミュレーションの8年後。わが家はとうとう住宅ローンが無くなります。恐らく家計はこんな感じでしょう。

食費
4万円
雑費
1万円
水道光熱費
2万円
通信費
2万円
保険料
2万円
外食費
2万円
小遣い(夫婦)
10万円

合計
23万円



そして、ボク達夫婦は60歳で、子供は30歳。金融資産は3000万円を超えた額が計画されています。以前の記事『老後の生活をシミュレーション|現時点で見えるわが家の老後生活は…』で試算した最低限の生活を考えると毎月8万円で生きていけるので、上表のシミュレーションは毎月15万円の余裕が含まれていますので、生活費としては十分だと考えられます。
さらに、65歳の年金受給までの5年間が無収入だったと仮定するとその生活費合計はこんな計算で算出できます。


23万円×5年(60ヶ月)=1380万円

では、この金額をその時持っている3000万円から差し引くと残1620万円です。たった5年間で必死に貯めた金融資産が半減することになります。恐らくその時になってみるとこれって相当な恐怖を覚えると思います。ただ、わが家は夫婦で年金を26万円貰えるようなのでその恐怖にさえ耐えることができるのであれば雇用延長などしないで60歳でスッパリ仕事をやめてセカンドライフに突入しても大丈夫なのかもしれませんね。



いかがでしょうか。
“60歳まで働く”という意外なほど普通の結果が導かれてしまいました(笑)
う~ん。子育てが終わったらリタイアできるんじゃないかと思って期待していたんだけどちょっと難しそうですね。ただ、これは純粋に現状のサラリーマン収入のみで考えていますが、それ以外の副収入が作れるのであれば違った結果を導くことができますよね。なので、資産運用と副収入をしっかり作って、いつかアーリーリタイアを実現したいと思います。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ