10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:散財

散財 節約 財布の紐 キャッシュフロー表 セール



こんにちは、☆のっち☆です。
年末に書いた『お正月は散財するよ!家計が苦しくならない方法』で10万円を何も気にせずに散財したわが家ですが、家計を管理している夫はやはりちょっと財布の紐が緩みっぱなしになっている様子なんですよね。昨年の年始も浪費家へ戻ってしまった夫ですが、今年もそんな危険を感じています。
そんな今回は散財した後に訪れる“散財モード”を“節約モード”に戻す方法をお伝えします。

“散財モード”を持っている人は要注意


そもそもなお話をさせていただくと、“散財モード”というスイッチを持っている人は基本的には浪費家なんだと思うんです。普段は「貯金もしなきゃいけないし、欲しいものをドンドン買うほどの収入もないから我慢しなきゃ」って自分自身をセーブして、節約に励んでいるんですが、何かをきっかけに「散財しても大丈夫」ってなるとパーッと使えてしまう… その散財しているときの生活行動は間違いなく浪費家なんだと思います。

おそらくですが、何も苦労せずにお金が貯まっていく人はこの“散財モード”のスイッチを持っていないんです。

あなたの周りにもそんな人がいませんか?
酒、タバコ、ギャンブルもせずにお洒落やブランド物にも興味がないといった人たち。あの方々のレベルになれるとお金がなくてもすごく幸せな人生を送れるんだと思うんです。充実した生活にお金が必要ない感覚というものを一度は味わってみたいんですが、私の場合はどうしても物欲が湧き出してきてしまうんですよね。。。

“散財モード”から“節約モード”へ切り替える


先ほども申し上げましたが、多くの人が持っているであろう“散財モード”ですが、このモードに入りっぱなしなのが“浪費家”と呼ばれる人たちです。そして、その“散財モード”を持っているけれども“節約モード”というものも持っていて、ちゃんと自制ができる人たちが貯金や資産形成を計画的にできる人たちなんですよね。

重要なのは、そのモードの切り替えが上手にできるかどうかです。

一度、散財モードに突入すると2、3ヶ月継続してしまう人と1週間でしっかり切り替えられる人では、間違いなく資産形成していく上で大きな差が生じるのは当たり前ですよね。何事にもメリハリが大切です。「今日からは普段の日常生活に戻るよ」と決めた瞬間にモードの切り替えがバッチリできるようになりたいですよね。

“節約モード”に切り替える5つの方法


「欲しい!食べたい!」と思ったものを手に入れられて楽しかった“散財モード”から日常生活に戻るためには、ちょっとした我慢がやっぱり必要なんですが、参考にわが家のモード切り替え方法をご紹介しますね。


◯ 財布に余計なお金を入れない
◯ 外出を控える
◯ セールに行かない
◯ 外食を敢えて控える
◯ キャッシュフロー表で今年の目標額を確認する


私と夫はこの5つを実行することで“節約モード”へ確実に戻れるんです。基本的には「外出しない」ということですね。外出してしまうと誘惑がたくさんありますから、どうしても負けてしまうんです。だから出ない!これが効果絶大です。
さらに、キャッシュフロー表を改めて見直すことも有効だと思います。年末に締めた貯蓄額よりも大きく減ってしまうと、年間目標を達成することが難しくなってきますよね。今は良くても近い将来に予定以上の節約をしなくてはいけなくなることが理解できれば、ちょっとした欲望には耐えられるようになりますよ。



いかがでしたでしょうか。
一生懸命に節約していても、ちょっとした気の緩みが将来にも影響するくらいの傷を負ってしまうかもしれません。お金は貯めるためにあるのではなく使うためにあるものですが、無計画に使ってしまっては元も子もありませんよね。お金をためている目的を達成するまでコツコツと頑張っていきましょう!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

正月 年末調整 散財 10万円 貯金



こんにちは、☆のっち☆です。
今日で2017年も終わりですね。みなさん、今年も一年間お読みくださいまして本当にありがとうございました。私と夫の拙い文章を一生懸命読解いただきまして本当に助かっております。来年も引き続きみなさんのお役に立てるような情報を発信できるように頑張りますので、是非ご来訪くださいませ!

そんな今年最後の記事は「明日からのお正月は一切ケチらず、思う存分散財するぞ!」という内容です。まぁ、散財と言っても驚くような金額ではありませんが、お金を気にせずに自由な生活をするけれども、家計にはそれほど影響ないよっていう方法をお伝えしますね。

わが家のお正月予算は?


そんな前置きをすると「じゃあ、いくらの予算を組んだのさ?」って聞かれそうなのでいきなりカミングアウトしてみようと思います。


「10万円」です!


しかも、正月三が日だけではなく、私と夫の年末年始休みの間の予算です。今年は12月29日から1月3日の6日間になりますから、それほど自慢するほどでもないかもしれませんね…(笑)
一応、この10万円は帰省交通費とお年玉は別枠で純粋に家族で食べたり出かけたり買ったりするお金なので、わが家にとってはワクワクするくらいのレジャー予算なんですよね。

この10万円を捻出するには…


金額に関してはご家庭それぞれで「これだけあればちょっと贅沢できるなぁ」っていう金額を設定すればいいと思うんですが、問題はそのお金をどうやって捻出するかですよね。毎月目標額を目指して貯金に励んでいるのにそんなお金はなかなか捻出できません…が、わが家のお正月原資はコレです!


「年末調整の還付金」です。


えぇ~!っていう声が聞こえてきそうで申し訳ありません。
しかし、年末調整の還付金という特性上、毎年還付されるものの計画的に貯金をするには予測が出来なさ過ぎるわけです。みなさんが年間の貯金目標を考えるときは、毎月の給料とボーナスでコツコツ貯めていける金額を計画するんですよね。恐らく、その貯金計画には年末調整の還付金は含まれていないと思うんです。それであれば、使ってしまってもいいんじゃないでしょうか!

わが家の還付金が10万円だったんです…


わが家のお正月予算が10万円なのは、私と夫の年末調整の還付金の合計が今年は10万円くらいだったんですよね。夫も予想以上の還付額だったので「せっかくなので家族で贅沢しちゃおうよ!」ってことになったんです。

普段は貯金にうるさい夫ですが「年末調整の還付金って、給料から毎月コツコツ貯めているようなものなんだから返ってきたら使っちゃえばいいんだよ」って毎年言って自由に使わせてくれるんです。1年365日をず~っと節約と貯金のことばかり考えていると苦しくて苦しくて…。そんな生活の中でも、何かをきっかけに大切なお金をパ~っと使えるタイミングがあると、また次から貯金に頑張れるんですよね。そもそも私たち夫婦は浪費家ですから、そんな散財期間がないと貯金なんて続きません



いかがでしたでしょうか。
今年最後の記事にしては「散財しま~す!」みたいな内容ですみませんでした。そんなどうしようもないことを書いている私の隣で夫がせっせと“家計決算”をやっています。今年は春以降に株式投資に一気に資金をシフトしましたし、自動運用『THEO』も始めましたからマーケット次第ということもあるかもしれませんが、その結果が私もいつも楽しみなんです。
次回はわが家の2017年家計決算についてお伝えすると思いますので、ぜひまたお越しください。

今年一年ありがとうございました。2018年もどうぞよろしくお願いいたします!


 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

帰省 年末年始 大型連休 散財 お盆休み



こんにちは☆のっち☆です。
夏の大型連休である“お盆ウィーク”もとうとう終わってしまいましたね。みなさん、帰省や旅行とお出かけになられましたか?
そんな幸せな大型連休には想像を絶するほどの消費を伴うことがあります。今回は多くのご家庭で深手を負っているであろう大型連休でつけてしまった消費グセを直す方法をご紹介させていただきます。

大型連休はどうしてお金が飛んでいくの?


お盆休みに限らず年末年始もそうなんですが、大型連休というものはどうしてお金が飛んで行くようになくなってしまうのでしょうか。帰省するときの交通費などは最初から分かっているから問題ないんですが、それ以外に予備費として持っているお金がほんの数日で消えて無くなってしまいます。「え?誰か私の財布からお金盗ってる?」なんて周囲の人間を疑いたくなるようなくらいお金の減り方が尋常じゃないんですよね。

実はその原因は明らかなんです。
それは自分自身の気の緩み。いつも財布にはルール通りの金額しか入っていないものが、帰省や旅行といった日常とは違う環境になるときに無意識のうちに予備費として使用目的の決まっていないお金を財布に入れておきますよね。その行き先の決まっていないお金が財布に入っていることであなた自身の「節約モード」のスイッチが切れてしまうんです。

大型連休明けの家計はこうやって立て直す


“家計を立て直す”という切り口でお話をさせていただくとなると、立て直すものはたった1つです。それは… 「節約モード」のスイッチをオンにして休み前同様の家計管理モードに入るだけです。

使ってしまったお金は戻ってこないし、使ってしまった分を短期間に稼ぐこともできませんよね。私たちができることは“ルール通りの消費に戻る”ことしかありません。楽しかったお出かけが終わり日常の生活がスタートした時点でしっかりと気持ちを切り替えて、日常の生活に戻ることが重要です。旅行気分が抜けずに外食や買い物を続けてしまうと年間の貯蓄計画は台無しになることでしょうね。

帰省や旅行で消費したお金は気にしない!


最後にこんなことを言ってしまうと台無しかもしれませんが、「帰省や旅行で使ったお金は気にしない」ことです。だって、お金には替えられないすごく楽しい時間を過ごしたわけですから、そんなことに使ったお金はいわゆる“プライスレス”なわけですよね。

しかし、年間の家計管理として想定以上のお金を使ってしまっていたならそれは問題ですから、お盆休みと年末年始に使うだろう金額を事前に『キャッシュフロー表』に落とし込んでおくことが重要なんです。家計の年間計画でお盆と年末年始で消費する金額を事前に予算立てした上で年間の貯蓄計画を策定すればいいんですよね。節約や貯金することだけが人生ではありません。今を楽しみましょう!



いかがでしたでしょうか。
今回は大型連休で狂ってしまった金銭感覚をもとに戻そうっていうテーマで書かせていただきましたが、やることは「休みが終わったら日常の生活にすぐに戻る」という一つだけのことです。帰省や旅行でどんなにお金を消費しても予算立てしている範囲でなら問題ないわけです。お金を使い過ぎてしまったと後悔するようなら事前の計画が不完全だったこということになります。しっかりした計画が組めていればお金のことを気にしないとても楽しい時間が過ごせますよね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ