10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:教育費

低年収 子沢山 借上げ社宅 昇格



中編からのつづき


住居費は会社の借り上げ社宅制度で上手に乗り越え、教育費は学資保険と児童手当の貯蓄で対策中のFさん家。計画通りにそのまま人生を突き進んでいけるのでしょうか…

夫が年収アップしました


あれから5年後。47歳の夫が昇格して課長になりました。年収も100万円アップして500万円になって生活もより安定してきた今日この頃です。

年収500万円となると毎月の手取りが28万円になり、以前と比べると5万円の収入アップですから自ずと生活は楽になっていきます。まぁ、わが家にとっては生活がラクになるというより貯金が純粋に増えていくだけなんですが…

なので、現在の家計内訳はこんな感じです。


[収入]
夫(47歳)
28万円(ボーナス手取り60万円)
妻(40歳)
0万円

[支出]
住居費
15000円
水道光熱費
20000円
食費
40000円
被服費
10000円
雑費
10000円
通信費
15000円
ガソリン代
10000円
保険代
10000円
夫小遣い
20000円
妻小遣い
10000円

合計
160000円

[貯金]
毎月
12万円


さらに昇格。借上げ社宅を利用できなくなる…


それから3年後。50歳になったタイミングで会社の組織変更があり夫が部長になりました。苦節28年、とうとう経理部長まで登りつめた夫の給料はグッと上がって年収700万円。ただ、長年利用してきた借り上げ社宅制度は部長という経営陣に仲間入りすることで利用することができなくなってしまった。あくまでも社員のための助成制度であって、経営者が私腹を肥やすための制度ではないからだそうです。

子供の年齢も14歳、12歳、9歳と大きくなって今の教育環境を変えたくないという思いから、借り上げ社宅制度が適用外とされても現在の賃貸住宅を夫名義で借り直すことにしました。と言っても家賃は8万円だから、今までよりも毎月6.5万円を持ち出す計算になる。年間では78万円を住居費で持ち出しになるけれど、年収が200万円上がったから生活には特に影響ないと思っているんですよね。夫としては責任が大きくなったのにそれほど生活に余裕が生まれないことにガッカリしている様子でしたけどもね。

教育費の波が押し寄せる


夫が部長になってから3年後。一番上の子が大学受験の時期になり、わが家にも恐るべき教育費の波が訪れました。高校3年生の春、夏、冬と予備校の集中講習へ参加するために毎回数十万円が出費されていきます。そして、大学へ無事に合格したとしても文系学部であれば毎年100万円ずつ学費がかかる計算になります。

わが家においては一番上の子と二番目が2歳違い。そして、二番目と三番目が3歳違いなのでしっかり準備していかないと教育費の荒波に飲み込まれてしまうわけですね。ただ、わが家では300万円の学資と200万円になった児童手当で一人500万円の教育資金ができあがっていたのと、子供全員が文系大学へ現役合格してくれたことで無事に乗り越えることができたんです。子供一人500万円の教育資金というと大層な金額ではありますが、300万円の学資保険を続けることについてはそれほど無理があることではありませんでした。そこに、児童手当を単純に上乗せしているだけですから苦労したというのはあまりないのが実感です。


--------------

子供一人500万円の教育資金を準備するというのは難しいように感じてしまいますが、300万円の学資保険であれば年間約15万円です。そこに以前の記事『気づけばカンタン!誰にでもできる、教育費200万円を上乗せ貯蓄する方法』で紹介した通り、児童手当をすべて貯蓄しておけば200万円貯まりますから、それほど驚くような金額ではないかもしれませんね。
次回の完結編ではFさん夫婦の老後生活はどうなのか見ていきます。


完結編へつづく



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

晩婚 高齢出産 老後破綻 出産 育児 貯金できない



中編からのつづき)


それから1年後。お子さんも無事に生まれ、育児に奮闘するHさん。ご主人は45歳、Hさんも42歳になりました。Hさんは子供が1歳になったら仕事を改めて探して働くつもりで保育園への入園準備を開始します。すんなり入園できると良いのですが…

派遣先が決まらない


子供が1歳になるのを機に保育園に入園させて私も仕事を開始しようと派遣会社へ登録したんですが、私のスキル的になかなか合う企業が見つからないみたいなんです。PCスキルがずば抜けているわけでもないし、英語が話せるわけでもない…年齢相応の経験しか売り物がない私なので厳しいんでしょうね。

保育園に預けるにも私の仕事が決まってないと申し込みができないし、かと言って、何でもいいから働いていれば入園できるわけでもなく、定員以上の申し込みがあれば職業の優先度で決められるみたいなのでアルバイトだとまず厳しいんだと思うんです。

老後のために早く共働きになってお金を貯めたいのに、保育園に入れなければ働きにも出れないし、無認可保育園だと保育料が高いから働くと逆に赤字になっちゃったりするんですよね。なんとか派遣先が決まってくれないかなぁ。

派遣先が決定も保育園が…


子供が1歳半になった頃、ようやく私の派遣先が決まりました。これでやっと共働きとして生活に余裕ができるかと安心したものの、やっぱり認可保育園に入れなかったんです。入園しやすい時期は “4月”らしいのですが、今は“9月”。時期として中途半端で、退園する児童もなく待機児童もまだ数名残っているようなんです。
でも、やっとの思いで私の仕事も決まりましたから仕事はしなくてはいけません。仕方なく子供は無認可保育園に預けることにしたんです。

みなさん、ご存知ですか?
無認可保育園って保育料が毎月10万円以上かかるんですよ!しかも、子供もまだ1歳だから急に体調崩して仕事休まなきゃいけなかったりするから、私の月収は15万円程度なんです。一生懸命に働いて収入を得ても、子供を預ける費用でそのほとんどが消えていってしまう。お金は残らないのに育児と仕事でてんてこ舞い。コレってどうなんでしょうか…

貯金がまったくできない


私が子供を生むために仕事から離れて約2年。この2年間は夫の収入のみで生活していますが、元々、私の収入は全額貯金だったから生活自体には困っていないんです。ただ、貯金するための私の収入がないためにまったく貯金ができていません。2年前に350万円だったわが家の貯金は現在300万円。出産費用や育児用品の購入で貯まるどころか、逆に減ってしまっています。

夫は46歳、私も43歳。夫の定年まで残り14年です。子供を育てるということは、教育費もかかるということです。現代では子供一人にかかる教育費は最低1000万円と言われていますよね。「お金のことはなんとでもなる」って思っていたものの、なんだか不安になってきました。



---------------------

子供が生まれた幸せはかけがえのないものであることは当然ですが、育児と仕事のバランスを取ることに苦労しているHさんはお金のことで少しずつ不安になってきているようです。老後資金3000万円なら貯められると見込んでいた夫婦生活に教育費という大きな支出が増えることで家計は混乱しはじめています。
次回はいよいよ最終章。Hさんはどうなってしまうのでしょうか…


完結編につづく)



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

晩婚 高齢出産 老後破綻 教育費 老後資金 住居費 破綻



後編からのつづき)


無認可保育園に預けながら派遣社員として奮闘するHさんですが、収入から子育て費用を差し引くと手元に残るのは数万円です。ご主人の年収は550万円まで上がりましたが、学資保険や子育て費用の追加支出で貯金するまでは余裕を作れないらしいんです。
いよいよ年齢的にも待ったナシ。Hさん夫婦を待ち受ける将来はどんな形なのでしょうか…

子供の教育費対策


どんなに生活が苦しくても子供には惨めな思いだけはさせたくないものです。今はまだ小さい子供ですが順調に進んで大学を卒業する22歳のときは夫が67歳、私も64歳になっています。夫が雇用延長ができたとしても65歳までですから、完全に無職になっても学費を払わなくちゃいけないってことになります。

一応、子供が無事に生まれた直後に満期300万円の学資保険には加入しましたし、毎月貰える児童手当を全額貯金すれば200万円になるって聞いたので、それもしっかり貯金しています。計画通りに教育費の貯金ができてもこれで合計500万円。最低1000万円と言われている教育費は1000万円だから残りは日々の中から捻出しなくちゃいけないってことになりますね。

老後資金はどのくらい貯まる?


そして、結婚当初から気にしていた私達の老後資金ですが、子供が小学校入学してから毎月7万円は貯められるようになりました。中学校に入学してからは教育費の毎月負担分が少し上がったので5万円ほどになりましたが、小学校~中学校の9年間で大体700万円を貯金。持っていた300万円と合わせると1000万円です。

ただ、子供が高校生(15歳)になると夫が60歳定年になって、無事に雇用延長してもらえたものの年収は現役時代の6割程度。金額にすると360万円ほどになってしまいました。そして、私も派遣社員で50歳まで働けていましたがそれ以降は受け入れてくれる企業が見つからず派遣会社も紹介してくれなくなって、57歳の私は実質専業主婦のような毎日を送っています。貯金なんてできるわけもなく毎日の生活と子供の教育費を捻出することしか頭にはない状態で苦しいですね。

唯一、夫が定年の時に退職金を800万円ほど受け取れたので貯金自体は1800万円になりました。老後生活までこの金額を守りたいですね。

住居費が苦しい


わが家の住居は賃貸住宅です。夫婦二人の時はそれほど大きな家ではなかったんですが、子供が生まれたのをキッカケに家賃12万円のファミリータイプ賃貸マンションへ引っ越したんです。夫が現役で私も働けていたときはそれほど負担ではなかったんですが、夫が定年して私も専業主婦になってしまうと世帯年収360万円で毎月12万円の家賃ですから家計に占める住居費がとても大きくなってしまいました。ただ、子供がまだ高校生ですから簡単に引っ越すこともできませんし、せめて子供が独立するまではこの家に住んでいたいと考えています。


---------------------

42歳で子供を生んだHさん。生まれたときから分かっていたことですが、子供の教育費が一番大きくなるときに親の収入が減ってしまっています。高校入学時にご主人が定年退職ですから、大学入試準備と大学進学費用で一気に膨らんでしまう教育費に対応が難しいでしょうね。さらにHさん家では住居費が苦しさに輪をかけてしまっている状況です。
この状態でお子さんが大学卒業する頃にはどんな家計になっているのでしょうか…

---------------------


子供の大学卒業と私達の老後


子供が頑張って私立大学へ現役合格、無事に大学を4年間で卒業しました。大学へ支払った学費は4年間で500万円ほどだったんですが、大学受験のために予備校へ通い、入試を受けるまでで大体100万円かかっているので、高校3年~大学卒業までで600万円かかった計算になります。わが家もこのために必死で学費を貯めてきたが結局は不足して貯金を取り崩すことに…。
もし現役合格しないで浪人でもしていたら…、家から通えない大学で一人暮らしにでもなっていたら…と考えるとゾッとしてしまいますね。

わが家もようやく子供が独立して教育費から開放されました。ただ、夫は67歳、私も64歳。2年前から夫の年金で生活していますが当然家計は大赤字。なんせ年金なんて月額18万円くらいだし家賃で12万円払うから残りは6万円です。私達の生活費は15万円くらいかかるので毎月9万円の赤字だってことですね。毎月9万円の赤字ということは年間では120万円、帰省だったり突発的な支出を考えると+50万円くらいで年間170万円の赤字になってしまいます。

そんなこんなで夫が60歳のときにあった貯金1800万円は今では500万円まで減ってしまっています。僅か7年でこれだけ急激に貯金が減ってしまうと恐ろしいので、子供の独立を機にもう少し小さなアパートに引っ越して家賃を8万円まで抑えましたが、それでも年間赤字は100万円ほど。来年には私が65歳になるので年金が貰えてなんとか赤字が解消できそうですが、このまま続けているとわが家の家計はあと何年持つか不安で仕方ありません。今は健康で医療費とかはそれほどかかりませんが、歳を重ねるとどうしても病気がちになってしまいますしね。

私達夫婦が死ぬまでにあと数百万円しかないこの状況。どちらかが亡くなってしまったら葬儀代などで貯金も底をついてしまいますし年金受給額も下がります。この状況っていわゆる「老後破綻」と言うものなのでしょうか…





いかがでしたでしょうか。
晩婚・高齢出産の人生を歩んできたHさん。時間的な出遅れを気づいていながら最終的に老後破綻状態になってしまったのには原因があります。まずは独身時代の貯蓄額が二人とも少ないこと。40歳独身であればお互い1000万円ほどは持っていたいですよね。さらに加えると、Hさんが正社員ではなく契約・派遣社員だったこと。正社員なら受けられる育児休業取得や退職金などがゼロだった、また、復職に苦労している点も原因です。
晩婚・高齢出産が原因で老後破綻する確率が高くなるわけではありませんが、時間的に余裕が無いことも事実ですよね。1つの判断ミスが後々の家計破綻を引き起こしますから、何よりもライフプラン、キャッシュフロー表を大切に計画的に物事を進めていきましょうね!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ