10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:支出

貯金 ダイエット ヤル気 習慣 支出



こんにちは、☆のっち☆です。
読んでいただいているみなさんは「もっとお金を貯めたい」とか「家計管理ってどうすればいいの?」とか「他人の家計事情はどうなっているの?」といった思いがあってこのブログに辿り着いていただいたのかもしれませんね。ようこそ、10年で3000万円ブログへ!(笑)
せっかくお越しいただいたんですから、何かおトクな情報をお届けしたいと思っていつも記事を書かせていただいています。

そんな今回はあなたが貯金できない原因を見つけてみたいと思います。原因さえ分かれば対策も打てますもんね。

貯金ができない原因なんて世の中に一つしか無い


いきなりの結論で大変恐縮ですが、貯金ができない原因をお伝えしようと思います。


それは… 「収入以上にお金を使っているから」です。


みなさん、どう思われました?
「当たり前じゃん!」ってここで離脱してしまわないでくださいね。今回はここから先に大切なことを書こうと思っていますから…

貯金への本気度が一瞬で分かる思考


上記で書いたとおり、貯金ができないというのは入ってくるお金以上にお金を使ってしまっているからお金が貯まらないんですよね。そんなの当たり前です。小学生の息子にも分かる理論ですね。そんな小学生でも分かることが大人になっても改善することができないから困っているわけですよね。

なので、ここではあなたの貯金への本気度を一瞬で判断させてもらおうと思います。
先ほど書いたように「収入<支出」になっていると改めて言われた時にあなた自身がどう思ったかが重要なんですが、実際あなたはどう思われました?

「そんなの分かってるよ」「収入が少ないから仕方がないじゃん」「ダサい格好なんてできないし…」「付き合いだってあるから」などなど、人それぞれの思いはあると思います。でも、そんな言い訳のようなことを言っていても貯金ができるようにはなりません。まずは「自分の支出をしっかり把握しよう!」という気持ちになれないとアウトなんです。

つまり「収入<支出」になっているんだから、自分自身が何にお金を使っているかを把握しようと思えない人は、お金を貯めたいと本気で思っていないということです。

現状を変えたいときは本気じゃないと変われない


私たち人間は癖になってしまっている習慣は無意識のうちに現状通りを維持しようとします。
例えば、わが家の夫は飲み会の後に必ずラーメンを食べてくるんです。40歳を過ぎ基礎代謝が落ちているのにその習慣をやめられないので、日に日にお腹周りが大きくなってきてしまっています。本人に聞くと「やめよう、やめようって思っているんだけど、ついね」って言うんです。これって本気でやめようと思っていると思いますか?

貯金も同じことです。「毎朝のスタバを我慢しようと思うんだけどどうもリズムが狂っちゃって…」「セールに行くとお得だからつい買っちゃう」「家族との外食はすごく楽しい」なんて、結局はそれまでに身についてしまった習慣が継続してしまっているだけです。そういった癖になってしまった習慣は余程の強い思いがないと変えられないものですよね。

以前の記事『これは危険!お金が逃げる“思考癖”』でもお伝えしました。悪い習慣を正し、お金が貯まる良い習慣を身につけてしまえば、自然とお金が貯まる家計の出来上がりです。今からお金を貯めることができるようになるかならないかはあなたの気持ち次第なんですよ。




いかがでしたでしょうか。
何をするにも気持ちが大切だと思いませんか?仕事も勉強もダイエットも貯金もすべて一緒です。ヤル気がない人は目標を達成できないんです。収入が低くてもヤル気があれば貯金をする方法が思いつくんです。貯金ができていないご家庭はぜひ熱い気持ちで貯金に取り組んでみてくださいね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

家計管理 袋分け管理法 収入 支出 赤字家計



こんにちは☆のっち☆です。
家計管理”と聞くとなんだかすごく難しいことをしなくちゃいけないように思って、未だに家計管理を一切やっていないという方はいらっしゃいませんか?
そんな貴方はもしかしたら“食わず嫌い”ならぬ“やらず嫌い”なだけなのかもしれませんよ。
というこで、今回は家計管理がどんなに簡単なことで、しかも大切なことなのかをお伝えしようと思います。

行き当たりばったり家計はこうなる


家計管理をするのが面倒で一切お金のメンテナンスをしていない家庭があるとします。ただ、そんなご家庭でもおそらく毎月の予算というものは大まかに決まっているのではないでしょうか。「食費は4万円で抑えたい」「小遣いは夫が4万円、私が2万円を守りたい」「外食費は1万円までで」という感じですね。それなのに家計管理をする概念のない家庭では袋分け管理法などの初歩的な家計管理術ですら一切取り入れていないという点。どうやって管理しているかというと、一つの銀行座にドカッと置いておくだけなんですよね。

どんなに頭が良くて、記憶力のいい奥様がお金の番人をしていたとしても、口座が1つだったり資金を分けていなかったりでは、残金は確認できても費目ごとの残金は管理できませんよね。逆に言ってしまえば、どんな初歩的なものであろうと何かしらの家計管理術を導入していなければ、お金の管理なんて絶対にできないということです。

コレだけでも効果絶大な管理術


まったくと言っていいほど家計管理ができない家庭でも、せめてコレだけはやりましょうというものが私の愛する『袋分け管理法』。以前の記事『食費予算を絶対守れる“袋分け家計管理法”』で紹介しましたが、お金を管理したくても管理のできない私が未だかつて予算オーバーしたことがない家計管理術です。

方法はとっても簡単。銀行ATMに設置してある長3サイズの封筒ってありますよね。それを必要分頂戴してきて費目ごとの封筒を作成します。そして、それらの封筒に該当費目の予算分のお金を給料日に振り分けて1ヶ月間、そのお金が尽きないように生活するだけです。

それまで一切管理なんてしてこなかった家庭であれば、もうコレだけで家計が一気に改善して貯金もできるようになりますよ。

家計管理はとても簡単!


このブログでいろいろと紹介している家計管理や節約・貯金術などは基本的な家計管理ができているご家庭が「あと少し、あと数万円なんとか捻出したい」といったときに活用いただければと思って書いている記事もあるので、中にはHow to的なものがあって初心者の人には読みづらいものもあるかもしれません。

ただ、本来の家計管理というものはそれほど難しいものではなく、要は「収入と支出を把握して目的のためにお金を管理する」というものです。入ってくるお金を知り、定期的にでていくお金を把握し、近い将来で一時的に発生する支出に向けて貯金する。家計管理というのはたったそれだけのことです。「難しそうだから私にはムリだな…」なんて思わずにまずは「収入」「支出」の把握から始めてみましょう。たぶん10分くらいでできてしまうと思いますよ。

その10分があなたの家計に革命を起こすかもしれませんよね。



いかがでしたでしょうか。
これから家計管理を始めるという人は“入ってくるお金”と“出ていくお金”をまずは知りましょう。すべてはそこから始まります。入ってくるお金以上に出ていくお金が多いのであれば「赤字家計」です。その状態が続くようであれば、その家計はいつか破綻を迎えます。そうならないために固定費を見直して節約したり、転職して収入アップを図ったりと具体的な行動が生まれてくるんです。
家計管理のプロになる必要はありません、貴方の家計を守るだけで十分なんです。家計管理をしたことがないという人はぜひその一歩を踏み出してみてください。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

貯金 収入 支出 家計簿 ボーナス 貯蓄



どうも夫です。
貯金が苦手な人からすると貯金をちゃんとできている家庭が不思議に思われるのかもしれませんね。でも、貯金がしっかりできている家庭がどれだけ節約に努めているかと言えば、少なくてもわが家においてはそれほど大変なことはしていません。要は、貯金というものは把握するポイントさえしっかり押さえておけばできるようになるんです。
ということで、今回はその貯金体質になるための大切なポイントをお伝えしようと思います。

家計で把握するポイントは2つだけ


貯金をするためには、まず自身の家計を把握すること。そして、その家計の中でも把握しなくてはいけないものが『収入』と『支出』です。まぁ、当り前ですよね。

貯金というものは計算式で表すと「収入-支出=貯金」になります。ちょっと知識とこだわりのある人は「その計算式は間違っている、本当は“収入-貯金=支出”なんだ」と声高に言うかもしれませんが、ボクからすれば同じこと。
そんなこと、どっちでもいいです(笑)… 要は、貯金ができるかできないかということが問題なんですからね。

さらに「収入と支出を把握するなんて言われなくても分かっているし、すでに把握しているよ」と思う人もいるかもしれませんよね。把握しているのに貯金ができないとすれば、そもそも把握の仕方が間違っているかもしれません。次からそれぞれの把握の仕方をご案内させてもらいますね。

収入は“手取り年収”を把握する


では、まずは『収入』です。

収入と言われれば、ほとんどの人は“給料”になると思いますが、その毎月の給料でも総支給額と手取り額をしっかり区別して把握されているでしょうか?さらにさらに、ボーナスの手取り額もしっかり把握されていますか?

家計管理でいう収入というものはすべて可処分所得である「手取り収入」で管理します。毎月の手取り収入を把握して家計管理をしている人は多いかもしれませんが、ボーナスまでもしっかり手取り額で把握していますか?収入の管理についてはボーナスの正確な把握が重要なんですよ。

「毎月」と「ボーナス」の手取り額を把握すれば「年間」の手取り額も把握できますね。この3つの手取り額をしっかり把握してから、今度は支出を把握してみましょう。

支出の把握にはやっぱり“家計簿”


支出については「把握するぞ!」と意気込んでも、それまでに何も記録していなければ一瞬で把握できるものではありません。食費やら小遣いやら、1ヶ月を通して継続的に支出していくものがあると「何にいくら消費した」というものが掴めないからなんですね。

つまり、はじめて家計管理を始めるような人はまずは家計簿をつけて何にいくら消費しているかを把握しましょう。家計簿を頑張って1ヶ月続ければ、「食費に◯万円、小遣いは◯万円、その他の固定費が◯万円」のように数値化できますから、支出すべてをとりあえず数値化することが大切なはじめの一歩になります。

そして、その1ヶ月の支出全体が手取り月収に収まっていれば健全です。あとは数値化することで見えた無駄遣いを無くしていって、家計のスリム化を図れば完璧です。ただ、貯金ができないと悩まれている人で手取り月収に支出が収まっているわけがありませんよね。収まっていれば自然と貯金ができるはずですからね…

というわけで、毎月の収支を黒字化することが最重要課題となります。

毎月赤字家計ならボーナスを活用する


では、毎月の収支が赤字の場合、どうしたら貯金ができるようになると思いますか?

それは、ボーナスの有効活用です。
ボクが考える家計管理では毎月の収支は必ず黒字にしなくてはいけないと思っています。毎月赤字だと半年に一度のボーナスがすべて生活の補填のための資金になってしまうからですね。では、どうするか…

生命保険料、自動車の任意保険料、HNK受信料などの“年払い”ができて割引になるものがあれば、ボーナスを利用して一括払いをして毎月の支払いではその安くなった料金を12ヶ月で割った額を貯金していくんです。そうすることで、実際はまとまった金額が必要な年払いを一度に払うことが難しくてもボーナスを活用すれば可能になりますからね。
ただし、この年払いを活用しても10%程度しか節約にはなりません。毎月数万円もの赤字額になっているようであれば、そもそもの生活スタイルを見直すことが必要になります。住居費、小遣い、服飾費などお金をかけすぎている項目があるはずですから、思い切ってメスを入れなくては家計改善はできないと思いますよ。



いかがでしたか。
貯金というものは「収入-支出=貯金」という簡単な理屈ではありますが、“欲望”に邪魔をされて機械的に計画を進めていくことも難しいものです。なので、以前の記事『黙ってでもお金が貯まる“貯金のコツ”』で書いた通り、その欲望を目的に変えて貯金することの味方につけてしまいましょう。毎月の家計管理と目標設定ができれば、必ず貯金は成功すると思いますよ。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ