10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:投資信託

家計決算 金融資産 貯金 株式投資 THEO 投資信託



どうも夫です。
新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、大晦日に妻が書いたとおり、わが家の正月は比較的贅沢な生活を送らせてもらいました。息子が受験をするということもあって、今年は帰省もせず家族三人でゆっくり過ごしたんです。ファミリーレストランで好きなものを好きなだけ頼んだり、寿司屋では普段よりも良いものを頼んだり、大きなカニを買ったり…。やっぱり10万円くらいあると結構好きなことができちゃいますね。こんな生活が送れるようにまた一年頑張りたいと思います。

そんなこんなで、年末にはわが家の家計決算を終わらせました。今年初めの今回は『わが家の2017年家計決算について』です。

見込額は1700万円だったけれど…


以前の記事『【金融資産額公開!】2017年家計決算の準備を始めました』では、ずいぶん甘い見込みで1700万円でした。あの見込みを立てたのが10月でしたから約2ヶ月でどう変わったかというと、結果としては「1800万円」でした!

ボクとしては結構「おぉ!」と思った水準なんですが、驚いているだけでは今年以降に活かせませんから、何が原因で上振れたのかというものを考えておきたいと思います。ちなみに、詳細はこんな内訳でした。


10月見込額
決算額
現金
1200万円
1130万円
投資(株式、投信)
300万円
470万円
貯蓄型生命保険
200万円
200万円




“現金”が減って、“投資”が上振れですね。要は、見込んだ時以上に投資分野へ資金をシフトさせたということですね。
さらに、合計金額が100万円も増えているというのは、まずボーナスが想定以上に多かったこと、11月、12月での貯金もしっかりできたことで現金は見込みより約30万円を増やすことができました。また、投資では予想以上に値上がりをしていて評価額が60万円ほど増えています。その結果、1800万円になったということですね。

投資でそんなに儲かったのか!?


10月からのたったの2ヶ月でそんなに相場が上がったのかというと… そうですね、しっかり値上がっていますね。10月2日の日経平均株価の終値が20400.78円でしたが、12月29日には22764.94円になっていますから、11.6%の上昇率です。これってなかなかの急上昇ですよね。上がりすぎていてやっぱりちょっと怖いくらいです…

まぁ、それだけボクの持っている株式も上昇したということですね。それと、以前の記事『株式投資のトレードに参入しましたよ』で投資した銘柄が驚きの上昇中なんですよね。直近ではひと息ついていますがまだまだ期待しています。手放すまで銘柄は内緒ですが、その銘柄のチャートだけお見せしますね。赤丸で囲ったところで参入しています。ね!しっかり値上がりしていますでしょ!


チャート


それと、興味本位で始めた『THEO』(関連記事『【運用実績公開】ロボットにお任せ運用を始めました』)もしっかり値上がりしてくれているので、結果として1800万円まで資産を増やせたということですね。この『THEO』の運用状況については継続的に記事で報告させてもらいますから楽しみにしていてください。



いかがでしたか。
いよいよ第二の目標である2000万円まで200万円を切りました。200万円を切ったということは、ひょっとすると2018年に達成できるかもしれないということなんです。現段階の見込みではちょっと難しそうなのですが、諦めずにしっかり積み上げていきたいと思います。

みなさんも今年もお金が貯まる一年でありますように…



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

貯金 三井住友銀行 投資信託 あんしんスイッチ ドルコスト平均法



どうも夫です。
先日、妻が書いた『【体験談】二度と夫とは行きたくない…』の通りメインバンクの三井住友銀行に行ってきたんです。ボクは妻の言う通り銀行のあの独特な空間ってすごく好きでいろんなものを見たり触りたくなっちゃうんですよね。
今回はその時にオススメされた商品と検討したこと、さらにはこんなにも貯金が苦手だったんだと感じたことを記事にしたいと思います。

『あんしんスイッチ』を勧められました


ちょっと偉そうなオジさん行員まで登場してメチャクチャ勧めてきたのは2017年7月に発売開始した『あんしんスイッチ』という投資信託でした。
どんな投資信託かというと“投資後に値下がりを嫌がる投資家向けにプロテクトライン(下値維持線)を設定した投資信託”というものでした。つまり、100万円投資したら初期設定のプロテクトラインは90%の90万円に設定。基準価格が90万円を下回る水準になると自動的に償還されて、それ以上の損害を防ぐというものです。また、このプロテクトラインですが基準価格が当初の106%になると100%の水準まで切り上がるのでそれ以降は元本割れがなくなるというリスク商品なのに安全そうな投資信託でした。

たしかにボクも最初勧められた時は「へぇ、おもしろいね」って思ったんです。だって、投資信託なのに下値を維持しながら運用してくれて、値上がりしたらそのまま儲かるわけですからね。しかも、購入時と償還時の手数料がかからないってことなんで買いやすいなぁなんてね…

そして、熟考の末に出した結論は「お見送り」です(笑)
「なんじゃい、買わんのかい!」って怒られそうなところですが、結果として止めておきました。その理由は、担当した行員が「信託報酬を差し引くと実質年間利回り1%程度で運用している感覚」って言ったので、その程度なら自分でできると思ったんですよね。だって、以前からお伝えしているとおりメガバンク株を買ってしまえば年間配当利回りは3~4%あるわけですからね。

コツコツ貯金がこんなにも苦手だったとは…


今回、メインバンクでいろいろと話している時に感じたことは、ボクは“毎月数万円を貯めるというコツコツ型の貯金ができない”ということです。
行員の方が『ドルコスト平均法』とかを一生懸命に説明して時間を分散して投資することの有効性を説いてくれるんですが、途中で吐きそうになるんです(笑)。「そんなことやってられるかよ!」って。

たしかに、今から毎月2万円を60歳まで貯め続けられたとして、仮にそれが20年間あったとしたら、年間24万円×20年間ですから480万円になります。それを年間1.0%で運用できたとしたら最終的に530万円くらいになるので非常に有効かと思うんですが、でも言ってしまえば「たったの50万円」です。そのために毎月2万円を20年間も固定されるのがボクにはちょっと絶えられないんですよね。

地道な貯金が苦手でも貯金はできる!


コツコツ型の貯金が苦手でも今のわが家にはある程度の貯金があります。もちろんボク一人の力では絶対にありません。わが家がしっかり貯金できているのも妻がフルタイムで仕事をしてくれている完全なる共働き家庭だからなんですね。

どの貯金サイトを見ても「貯金はコツコツ続けなくては…」って書いてありますよね。でも、そのコツコツがボクにはできない…。なのに、貯金できている。すごく矛盾していますよね(笑)

でもですね、実はボクはこの答えが分かっているんです。
それは「コツコツ貯めない」ということ。「ガツガツ…」いや「ゴンゴン…」いや「ドンドン…」…。表現は別として、要は細かい金額で貯めていかないということです。

わが家だと毎月15万円以上、半年に一度はボーナスを貯めます。このペースだとアッという間にある程度の金額になるんですね。そうすると貯金することに飽きないんです。飽きるどころか楽しさすら感じられるんですよ。なので、ボクと同じようにコツコツ貯金することが苦手な方も諦めないでくださいね。



いかがですか。
メインバンクの窓口でその時のオススメ商品をご紹介していただくことは決してムダなことではありません。事実、5年ほど前に行ったときは人気過ぎて直後に募集停止になるような貯蓄型生命保険を紹介してくれたりもしましたからね。また、貯金の仕方はあなたにあった方法を見つけるのが一番の近道なんですよ。コツコツが苦手なボクはガツガツと、いや、ドンドンと…(笑)
もういいですね。。。あなたもぜひガンバってくださいね!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

メインバンク メガバンク 三井住友銀行 投資信託



こんにちは☆のっち☆です。
みなさん、銀行の窓口って最近では出向く用事もずいぶん減りましたよね。今ではインターネットバンキングが中心で時間のかかる窓口なんて余程のことがなければ行くこともありません。
今回はそんな銀行窓口へ久しぶりに行ったときの出来事をお伝えします。

夫婦揃ってメインバンクへ


冒頭にも書きましたが、先日、我がメインバンクの三井住友銀行の窓口へちょっとした手続きのために夫婦揃って行ってきたんです。用件としては本当にちょっとしたことなんですよ。ただ、ずいぶん昔に設定したサービスだったのでインターネットバンキングが対応していないとのことで仕方なく窓口へいくことになったんです。

夫は銀行に行くといつも楽しそうにしているんですよね。パンフレットとかポスターを見にあっちこっちに行ったり、銀行員の動きをチラチラ見ていたり…。警備員のおじさんに怪しまれそうだから止めてほしいのに、一切お構いなしなんです。仕舞い目には「遅い!」とか聞こえそうな声で言い出したりするんです。あの空間でリラックスしすぎですよね、ホントに。

ようやく窓口へ


番号札を取ってから15分くらいで呼ばれたんですが、呼ばれる少し前に夫がこんなことを言うんです。

めちゃくちゃセールスされるから楽しみにしときな」って。

「えぇ、なにそれ~」って感じで聞きながら、夫と二人で窓口へ。用件を伝え対応してくれた女性行員の方もほほ笑みを浮かべながら手際よく処理を進めていきます。もちろん行員の方と話をするのは夫です。夫は慣れた口ぶりで必要な情報をテンポよく答えていきます。すると、対応された行員の方も「あっ、この人慣れているな」って感じになってくるんですよね。

最近の窓口にはインターネットバンキングのタブレットのようなものが置いてあって、顧客自身が操作すればいいものはそれで操作させるんですが、なんせ夫は言われてから操作完了するまでが早いのなんのって。行員の方がついていけないくらいのスピードで操作するんですよね。何なんでしょうかね、この人は…

セールスのために偉い人がドンドン出てくる


みなさん知っていますか?
行員の人って処理をしながらその顧客の口座状況をすべて見ながら対応を変えているんですよ、たぶんですけど。。。
だって、今回の用事は開始数分で完了した感じだったんですが不自然にこう言うんです。

「いま、処理していますのでその間に当行がオススメしている商品のご案内をさせていただけないでしょうか?」

「いやいや、処理終わってるじゃん!」ってくらいなのに平然と言ってくるんです。それをまた断ればいいのに夫は「どうぞ(笑)」って言うんですよ。
そして、何を勧められるのかと思ったら『積立預金』『外貨自動積立』『自動積立投資信託』『生命保険』なんです。今回の用件とは全く関係ないのにね。
しかも「お客様のお口座には随分多くのご資金がお有りのようですが何か使用目的でもあるんですか?」って聞いてくるもんだから夫も「いや、別に。そのお金、行き場がないんですよ」って正直に言うんです。余計なこと言うなって隣で微笑んでいましたよ、私は。

すると、「商品に詳しい人間に確認してきますのでしばらくお待ちください」って大事になってくるんですよね。その後は別ブースへ移動を促され若い男性行員に担当が変わり、夫がその気がありそうに答えるもんだから少し偉そうなおじさん行員まで出てきて投資信託を勧めてくるんです。最後は夫が「資料を家でしっかり読んで考えてもいいですか?」とクロージングして終了です。

数分の事務処理をするために窓口に行って、終わったのが16時20分。銀行に行ったのが14時30分くらいだったので約2時間も銀行に居座るんですよ。
その間には、シャッターも閉まり、渉外担当者が電話営業を始め、事務の方々も事務処理をコツコツしていて普段の銀行窓口とは雰囲気がガラッと違う空間を行員みなさんから「ありがとうございました!」と言われながら退出するんです。

二度と夫とは銀行窓口には行きたくないと思った出来事でした。



いかがでしたでしょうか。
今回は読者のみなさんにお役に立つような内容ではなかったかもしれませんが、体験談としてご覧いただけるとうれしいです。ただ、メガバンクといえども収益を上げるのは大変なんだなぁって感じる経験にはなりました。この超低金利で融資しても利ざやが取りづらく、農協や信用金庫、ネット銀行が低金利や高利回りで資金を集めて融資もしますから、どうしても今回勧められたような商品に注力してしまうんでしょうね。
ぜひみなさんも銀行窓口に行かれる時はお気をつけください(笑)



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ