10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:投資

ビットコイン 仮想通貨 暴落 投資 チャート



どうも夫です。
先週は週明け早々に「ビットコイン暴落」のニュースが流れました。少し前の記事『【質問への回答】ビットコインには手を出しません』を公開した直後のことだったので、「一人でも二人でも損害を受けずに済んだ人がいればいいなぁ」って思いながら、暴落のニュースを読んでいました。
そんな今回はビットコインが今後どういった動きをするのかを考えてみようと思います。

150万円がポイントだと思った理由


前回の記事の最後のひと言に「150万割れに注意」と書かせてもらいましたよね。まぁ、仮想通貨に大切なお金を投資しようと思う人が何も考えずに投資しているとはまったく思いませんが、実際に投資している人はチャートの勉強ぐらいはしていますよね?

もし「チャート分析なんて学んだことがない、知らない」という人がいるなら今すぐ資金をマーケットから引き揚げたほうがいいと思いますよ。というのも、そんな人達はマーケットに参加する準備が不完全ですから百戦錬磨のプロたちにカモられて大切なお金を奪われてしまいますからね。

話を戻して「なぜ150万円がポイントだったのか」ですね。
下の日足チャートをご覧ください。


ビットコイン 日足チャート
※Zaifホームページのチャートより


チャートに赤い線を引いていますが、ここのラインが150万円ラインです。今までに2回150万円の水準で反発しています。ということは、ここは相当な下値支持線になっているということですよね。だから、この150万円をしっかり割れてしまうと危険だと申し上げたんですよね。

そして、下のチャートが暴落したときの30分足チャート。


ビットコイン 30分足チャート
※Zaifホームページのチャートより


暴落が始まった時に一旦は150万円で踏み止まっていますよね。ただ今回はその抵抗むなしく150万円を割り込み、暴落を加速させてしまったんです。その後はそれまでの下値支持線が上値抵抗線となってしまって2回ほど上値を抑えられて更に下落する結果になったわけです。

ビットコインは“危険”と思った理由


ボクがビットコインには手を出さないと宣言した理由は典型的な暴落チャートを描いていたからです。前回の記事を書くきっかけになったのは質問をもらったから。その時に改めてチャートを見てみたんです。

その時のチャートがこんな感じでした。


ビットコイン 過去日足チャート
※Zaifホームページのチャートより


価格としては180万円くらいのときですね。ここも一つ重要なポイントだったのが分かりますか?
一つ前と二つ前の安値の間にある高値が抵抗線になっているんですが、そこに近づいてきたタイミングです。ここでしっかり反発できて高値を取りに行くような動きなら良かったんですが、この翌日になんの抵抗もなく割り込んでしまったんですよね。ここで止まらないのなら残るは150万円ラインだけなんですよね。しかも、その150万円ラインを割り込んだらその先は100万円ラインまで下値支持線が無いから怖いんです。

150万円が割れてしまったら、チャート形状としては綺麗なダブルトップが完成。相場の天井を示す鉄板チャートです。これを知らない人は投資をしないほうがいいですよと言われてしまうくらいのものです。

ビットコインはこのあとどうなる?


価格が暴落して含み損を抱えたまま売るに売れず握りしめている人には「このあとどうなるの?」ということが何よりも肝心ですよね。なので、相当無責任な予想をさせていただきます。これから書くことは当たらないことを前提に一個人の予測として読んでもらえたらと思います。


簡単に書きますね。

「150万円を回復できたら希望が持てるが、100万円を割ったらもうダメですね」


そんな気がします…
現時点での下値支持線は100万円ライン。こういった切りの良いポイントはチャート上でも重要ですが、投資家のメンタル的なキーポイントにもなります。今回の暴落も一旦100万円に到達して落ち着きましたから、そういった意味でも現時点では重要なラインですよね。

そして希望を持ちたい150万円ラインの突破。さらには200万円ラインの突破です。150万円ラインを回復しただけでは、高値の切り下がりは改善されませんから必要なのは200万円まで回復すること。昨年12月17日から始まっている下降トレンドを壊すにはそのくらいまでいかないと安心はできないということです。



いかがですか。
ボク自身が投資していないから好き勝手なことを書けているんですが、投資ってそんなもんだと思います。冷静にチャートを読み解けなければ勝てないんですよね。
他人事で大変恐縮ですが、ビットコインに投資している人の健闘を祈ります!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

ビットコイン 仮想通貨 投資 ギャンブル 為替



どうも夫です。
久しぶりにご質問をいただきましたのでお返事をさせていただこうかと思います。

今回いただいたご質問は「ビットコインには手を出さないのか?」といった内容でしたので、いきなりタイトルで返事を書いてしまいました(笑)その理由を以下に書いていこうと思います。

ビットコインって知ってる?


最近、ニュースを賑わしている『ビットコイン』ですが、みなさんご存知ですか?メチャクチャ簡単にお伝えすると「新しい通貨」です。よくニュースで「現在の円相場は〇〇銭の円高ドル安です」なんて伝えていますが、それは日本で使われている“円”とアメリカで使われている“USドル”の交換比率(為替相場)を伝えているわけですよね。
その交換比率という概念がビットコインにもあって、日本円とビットコインを交換する為替相場の上昇が激しくて最近はとても話題になっているんです。この状態を簡単に理解するには、1ドルが20万円くらいになってしまって大騒ぎしているような感じですね。

ビットコインがUSドルと大きく違う点は発行量に限りがあることなんですが、まぁあまり気にしなくてもいいかもしれませんね…

ボクがビットコインに投資しないワケ


はっきり申し上げますね。


怖いから」です!(笑)

2年くらい前にその存在に気づいていたら、5万円弱で1通貨へ投資できたんです。それが今は200万円ですよ。完全に乗り遅れています。。。しかも、最近の相場をチャートで見ると荒れ狂っていますよね。こんなチャートを描くものに素人が参入してはいけないんです。一日で50万円以上変動するんですよ、正気の沙汰とは思えません。完全にマネーゲーム化してしまっているんです。

投資しないと決めたら相場を見ない


最近のビットコイン相場の急騰、暴落をネットニュースなどで報じられていますよね。その度にニュースを読んでいると「ビットコインって上手くやれば儲かるのかな」なんて思ってしまうかもしれませんね。
なので、そもそもニュースすら見ないんです。「気にしない・知らない」を突き通しましょう。興味を持ってしまうとマーケットに大切なお金を投入せずにはいられなくなって一瞬で無くなってしまいますからね。

ここから先はものすごく無責任なことを書かせてもらいますね。
チャートを見る限りでは80万円前後で投資できた人はまだ生き残れるんじゃないでしょうか…。残念ですが、それ以上で投資している人は早めに逃げたほうが良いと思いますよ。完全にバブル相場になってますからね。



いかがですか。
ご質問いただいたので良い機会だと思ってビットコインについて書かせていただきました。投資するもしないも、もちろん貴方次第です。もしかしたら現時点の倍になるかもしれませんからね。ただ、ボクは参入しません。これは単なるギャンブルであって、投資ではないから面白くありません。
参入される方にはぜひ頑張ってもらいたいですね。
オマケになりますが、チャートで150万円のラインをしっかり下回るようだと危険ですからお気をつけて!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

株式投資 いざなぎ景気 投資 好景気 やめておけ



どうも夫です。
超低金利の現在、ある程度まとまったお金を持っていたとしても預ける先が見当たりませんよね。なので、ボクは今年の春と夏に株式投資を再開しました。その頃の記事は頻繁に「株式投資した方がいいですよ!」って書いていた記憶がありますが、それから約3ヶ月経った今、タイトルのような心境になっています。
今回はそのことについて書いてみようと思います。今から投資を始めようと思っている人は参考にしてください。

株式投資で勝てる人は全体の10%?


「投資の世界で利益が出ている人は10%だ」ということを耳にしたことがある人もいるかもしれませんね。それだけ株式にかかわらず投資の世界では勝つことが難しい… つまり、“怖い世界”だと思っている人が多いのかもしれませんね。

でも、ボクも22歳で株式投資を始めてから現在までのトータルでは100万円以上の売買益が出ています。ちょっと本を読んだりして勉強はしましたが、たったそれだけで勝ち組の10%に入れているということになるのでしょうかね。

実際は違うんです。
投資の世界では僅かな人しか勝てないというのは、短期売買いわゆるトレードの世界での話。ボクたちが戦う“長期”での投資においては関係ありません。なぜなら、リーマンショックやギリシャショック、東日本大震災なんていう大暴落を経験したこの10年間でも結果的には株価は上がっているんですからね。もっと長い目でみると世界経済は基本的にはこれから先も右肩上がりと言われていますから、投資をするということは理にかなっている運用方法なんですよ。

「一旦やめておけ」の理由


それなのに「一旦やめておけ」というのは何故か…
とても簡単な理由なんですが、純粋に“短期間のうちに上がりすぎているから”です。つまり、今は株式投資を始めるタイミングではないということです。
具体的には、先週の木曜日の日足チャートの形、そして金曜日に5日移動平均線割れとその晩のNYダウ下落による日経先物の暴落。おそらく、週が明けた今日(11/13)の寄り付きは安値で始まります。日中、上げて終われないとトレンドラインの下値支持線まで割ってしまう形になるので、しばらく調整相場になるのではないかなと思ってしまいますね。

最近の上昇相場は異常なほどですよね。だって、「いざなぎ景気」を超えたと騒がれているくらいです。これって、ボク達一般庶民に実感があるか無いかなんて関係ないんですよ。歴史的にも名前をつけられるくらいの好景気なんですよね、今は。

でも、だからといって単純に「株を買えば儲かる」わけではないんです。

投資のタイミングはすぐ分かる


株式投資を始めるタイミングって難しいように思いませんか?
でも、これって意外と簡単なんです。今回は特別にお教えしますね(笑)


みんなが“買いだ買いだ”と騒いだら売り。その逆も然り」です。
ね!簡単でしょ。

最近は経済ニュース以外でも好景気で株価が上がり続けていることを報道しています。バラエティ番組のような番組でもその状況が伝えられて、ボク達の世間話にも「いざなぎ景気超えたらしいね」なんて話題がでてきます。すると、普段は投資になんて興味を持っていなかった人たちがマスコミに煽られて「株式投資をすると儲かるぞ」と思い始めるんです。そう思い始める人が増えると、普段の会話に株式投資の話が出始める…。ボクはこの時点で新規で買うのを止めてしまうんです。だって、しばらくしたら暴落するから…

また投資を再開するのは、周りの人達が株式投資に対して否定的な意見が多くなってから。さらには評論家が悲観論を唱えはじめてからです。それは相場が反転する目印なんですよね。



いかがですか。
もしボクの予想が当たって下落相場に突入してしまったら、どのくらいまで下落してしまうのかが問題ですが、そんな時は絶好の買い相場到来という気持ちで相場をみていようと思います。以前からオススメしているメガバンク株を始め、まだまだ割安株がゴロゴロ転がっています。下落相場にでもなればそれらが今よりももっと割安になるんですから、仕込むには最高の時期になるかもしれません。
ボクは株式投資は長期と決めて運用していますから、安い時に買えれば将来の楽しみがまた増えます。健全な企業なのに配当利回りが4%を超える銘柄もドンドン出てくる環境になってくれると幸せですよね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ