10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:年収1000万円

実刑 サラリーマン 年収1000万円 部長



こんにちは☆のっち☆です。
人間、長生きすると良いコトばかりではなく悪いコトと知っていながらついつい手を出してしまうこともありますよね。例えば、買う気もないのに試食したり、会社の備品を私物化したり… 。
社会に出るといろいろな誘惑が至る所にありますが、今回はそんな誘惑に負けて最後には実刑判決まで受けてしまったYさんのお話をしたいと思います。

MARCH出身の1,000万円プレイヤー


今回お話させていただくYさんは関東の私立大学群であるMARCH大学の出身者でした。MARCHとは明治、青山学院、立教、中央、法政の5大学を一つのグループとして示す通称で、早慶上智に次ぐ難関大学郡です。そんな学力優秀なYさんがそんなことで??と考えさせられてしまう結末になる、ノンフィクションストーリーです。

Yさんは御年55歳。東京郊外に大きな戸建てを所有し、子供も三人。奥さんは専業主婦で、Yさんの年収は1,000万円でした。

Yさんのお仕事はメーカーである勤務先の独自商品をPRすることを担当していました。その部署名は“プロモーション部”。毎週週末には出張して講演してもらう講師と共に全国を行脚するお仕事です。毎週末出張する勤務形態なので、他部署の社員からは敬遠されなかなか社内からも人員の補充が難しい部署でした。

スタッフから15年で部長へ


Yさんがプロモーション部に着任したのが35歳の頃。当時は業界的にも有名な方が部長職をしていて、その人の補佐として配属されたそうです。5年後、その著名な部長が体調不良で退任。以降はYさんが課長としてその事業を継続していたそうです。

課長職に就いたYさんは不人気部署で社内からの人員補充が難しいこともあって、パート社員と派遣社員で事業を運営していきました。それから10年、Yさんは粛々と業務をこなし部長職へ就任します。社内的にもこのプロモーション部の事業はY部長でなければ運営できないと思わせるほどの豪腕ぶりで、当時の役員も彼の言い分には一目を置きY部長のやり易いようにと配慮をするほどでした。

少しずつ社内から反発が生まれる


重要な事業を一身に背負うY部長ですが、社内での協調性はゼロに等しいものがありました。
商品を企画する部署から「講師の〇〇先生と新しい商品開発を行いたい」という申し出にも「時間がないから無理」の一言。企画担当者が「そこをなんとか」と食い下がると「そんなに〇〇さんと話したければ、別の時間に自分で交渉しろ!」と一喝する有り様でした。要するにYさんは部長職でありながら会社の発展には興味がなく、自分さえ良ければオールオッケーな考えだったわけですね。

また、この頃になるとYさんはプロモーション部事業についてBLACK BOX化を図っていました。社内の誰も知らない、誰も分からないという状況を作り、オープンにさせようとする人間には相当な圧力で潰しにかかっていたものです。そんな状況になるとYさんは会社事業の一部であるプロモーション部事業について私物化していきます。いま振り返ると、この時のY部長の事業の私物化に会社が早く気づき防衛策を講じておくべきタイミングだったんですね。


---------------

会社組織でありながら一つの事業を掌握できる能力を持つYさん。彼の努力は並大抵のものでは無かったのではないでしょうか。家庭を犠牲にし、事業を一身に背負うプレッシャーに耐えてきた功労は会社としても表彰に値するものだったのかもしれません。
そう、彼が定年までしっかりと勤めあげていれば…



後編につづく



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

パワーカップル 共働き 年収700万円 年収1000万円



こんにちは、☆のっち☆です。
わが家は以前からお伝えしている通りバリバリの共働き世帯です。まずまずの貯蓄ができているのに妻の私まで一生懸命に働いているのか…。まぁ、その点はいろいろな人生観があると思いますので今回は割愛させていただきますが、わが家では最近ちょっと流行っている言葉があるんです… それは『パワーカップル』。
みなさん、この言葉をご存知ですか??

『パワーカップル』ってなに?


2013年頃から“格差社会”をテーマにした書籍をきっかけに不動産業界で使われるようになったようですが、まだまだ一般的な言葉ではないかもしれませんね。そんな言葉を私が耳にして夫に伝えたところ「いい響きだねぇ」って感動していたんです。それからというもの、夫の目標は『パワーカップル』なんです。

夫の心を鷲掴みにするその言葉の意味はこんなカップルを指すそうです。


“夫婦共働きでお互いが年収700万円以上の世帯”


オマケで付け加えると「不動産購入意欲も高い世帯」のことのようですが、そこは省いて“夫婦お互い年収700万円”というキラキラワードが夫を射抜いてしまったようです。

“年収1000万円”という目標をヤメた理由


少し前までは夫も「目指す年収は1000万円だ!」なんて言っていましたが、現在では一切言わなくなりました。目指すことが無理になったわけではなく、やる気がなくなったわけでもありません。目指さなくなったのは夫婦それぞれが年収700万円を目指すほうがより充実した生活が送れそうだからです。

わが家では今春に息子が中学生になります。中学生になると部活動が始まって毎日遅く帰ってくるし、反抗期にもなっているので近い距離で世話をして可愛がるという子育てではなくなってきますよね。親は目を離し、手を離し、子供の自立を促さなくてはいけない時期なんだと思うんです。この時期に親が子離れできていないと親自身が精神的に辛くなってしまいますよね。

「そんなときは仕事に専念してしまえばいいじゃないか!」ということで、現在の契約社員という雇用形態から正社員になっちゃえばいいんです。正社員になれば私だってボーナスも貰えるようになるので年収100万円はアップします。そんな息子が離れていくことの気の紛らわし方だってありだし、夫婦で楽しめる時間も増えるし、お金も貯まるしで幸せだと思うんですよね。

一人で年収1000万円となると仕事に費やす時間は相当なものになります。年収700万円の人と1000万円の人では立場も責任も違いますから当然のことですよね。年収も職責もホドホドがいいんじゃないかとわが家では考えるようになったということですね。

どの世帯も『パワーカップル』になれますよ


私が正社員になるか、資格を活かして効率よくダブルワークをするかはまだ決めていませんが、どちらにしても収入を増やすことは十分に可能だということは分かっています。夫も管理職として働いていますが、現代では一気に年収が上がる可能性は低いですよね。すでに管理職の夫がもっと収入を上げるためには、猛烈に仕事をして上司にも恵まれて昇進しなくちゃいけないわけですよ。そんな家庭を犠牲にするほどの努力をするよりも、子育て時間がなくなった私がもうちょっと働けばいいだけなんだと思っています。

そんな考え方はわが家だけでなく、どこの家庭にも当てはまると私は思います。現代では余程の余裕が無い限り出産に伴う寿退社はあっても、専業主婦になるだけの寿退社ができる世の中ではありません。強弱はあっても夫婦共働きをするのが当たり前だと思ったほうがいいと思っていますし、それが現実だと思っています。

そして、パワーカップルの定義であるお互いが年収700万円、世帯年収1400万円というのも、内訳が600万円+800万円でも、550万円+850万円でもいいわけですよね。それなら頑張って働いていれば手の届く年収なんじゃないでしょうか。諦めたらそこで全てが終わってしまいますよ。



いかがでしたでしょうか。
世帯年収1400万円なんて夢のような話ですね。実際に全世帯に占める割合は2%ほどのようなので50世帯に1世帯と少ない割合ですが、今回お伝えしたように最初から諦めてしまうほどの難しさでもありません。ましてや、夫一人でその額を稼ぐよりも共働きのほうが税金も安いし、年金受給額だって上がるので、トータルで考えたらやっぱり“共働き”のメリットって大きいんですよね。
働けないと思い込んでいる専業主婦のみなさん!ぜひ頑張ってみてください。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

裕福 共働き 専業主婦 家計管理 年収1000万円



どうも夫です。
最近でもネットニュースなどではお金に苦労されている人や家庭がいますよね。ネット上の他人事ではなく、ボクの職場でも金欠に苦しむ同僚は職場の半数以上を占めているように思っています。その苦しんでいる人達の役職は平社員から拠点長に至るまでです。
そんな中、ボク個人としてはタイトルの通り「誰でも裕福になれる」と思っているんです。今回はそんなテーマで記事を書かせてもらいますね。

“裕福”ってなんぞ?


いきなりですが「裕福」とはどんなことか、Yahoo!辞書で調べてみると…

“財産や収入がゆたかで生活に余裕があること。また、そのさま。富裕”


なんだそうです。
「収入が多くて生活に余裕があること」という表現、すごく抽象的ですよね。要するに生活するのに困らない収入があって、ちょっとした贅沢ができれば裕福だと感じても良いのではないかと思います。人間は欲の塊ですから目標としていた段階をクリアできるとその次、そしてさらに次と「もっともっと…」という気持ちが芽生えてしまうものですが、一旦その場で立ち止まって今置かれている環境を見つめ直すといいかもしれません。実はもう十分に裕福な水準に立っているかもしれませんよね。

しかし、中には生活することで精一杯、食べていくのがやっとだと感じているご家庭もあるかもしれませんね。そんなときは次のステップです。

“共働き”をしよう


そんな苦しい状況の方々には「共働き」を徹底してもらいたいと思います。ボクの職場で金欠に苦しんでいる同僚たちは専業主婦のシングルインカム世帯がほとんどです。もうそれ自体がボクにとっては贅沢過ぎることなんですが、このご時世、旦那の稼ぎだけで裕福な生活を夢見ている主婦がいる事自体が理解不能なんです。

株価が上がって景気が良くなってきたと政府はアピールしていますが、世の中的には悪い状態がずーっと続いています。良くなっているのは新卒採用の雇用くらいでしょうか。給料なんて上がっている感覚はあまりないですよね。それなのに、家に帰ると「私のお仕事は家事です」なんていう人がいるなんて時代錯誤もいいところではないでしょうか。家事も大切ですが、それでは1円も収入が増えません。お金が無いって言っているのに矛盾していませんかね。

1日数時間でも働ける時間があるのなら積極的に働きましょう。1日3時間3000円を稼げたら、週3日勤務で9000円。1ヶ月(4週)で36000円です。年収では432000円ですから、バカにはできない金額ですよね。

“世帯収入1000万円”も夢じゃない


共働きができる家庭環境を作れるとパートやアルバイトといった雇用形態だけではなく、契約社員や正社員で働くことも選択肢に入れることができてきます。時給で働くよりも月給で働くほうが収入は格段に上がるし、社会保険にも加入できて将来的にも安定してきます。

例えば旦那さんが40歳で年収は650万円のご家庭があったとします。そこに奥さんが契約社員か正社員で働くことができれば300~400万円も夢ではありません。それが実現したら、世帯年収1000万円ですよね。年収1000万円なんて他人事だと思っていた金額ですが、こうやって夫婦力を合わせることができれば、どの家庭でも辿り着ける水準なんだということが理解できます。

世帯年収1000万円もあって“裕福さ”を感じられないのであれば、間違いなく浪費しています。そんなときは家計の見直しをすることで一気に改善すると思いますよ。



いかがでしたか。
お金ばかりを追いかけてもゴールなんてないんです。そうだとしたら、長い時間を走り続けられる自分達の気持ちいいペースを見つけることが一番ですよね。あなたのご家庭に収入と支出の心地良いバランスを早く見つけて“裕福”な生活を送っていきましょう。人は人、自分は自分。他人の年収、生活水準なんてどうでもいいことですよ。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ