10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:家電タイマー

エアコン 節約 暖房 電気代 節電



こんにちは、☆のっち☆です。
最近は一気に冬がやってきたような寒さですね。私の住む東京でも毎朝5℃くらいまで冷え込んで暖房をかけないと耐えられないほどの気温になってきました。つい先日まで季節外れの夏日とかいって冷房をかけていたのに、今では暖房です。こんな季節の変わり目はエアコンってとっても役に立ちますよね。
そんなエアコンの暖房効果を一気に向上させる方法をお伝えしますね。

エアコンの暖房がまったく効かない…


朝の冷え込みが厳しくなってきたこの1、2週間ですが、わが家でも朝起きたらピッとエアコンをつけることから朝が始まっていました。しばらくするとボーっと暖かい空気を吐き出してくれてリビングを温めてくれるから本当に助かりますよね。

そんなわが家の暖房の設定温度は27℃でした。。。
「ん?こんなに高めにしないとダメなんだっけ?」なんて思いながらしばらく使っていたんですが、先日すごく冷え込んだ日にようやくおかしいことに気づいたんです。

設定温度を29℃にしても一向に温まらないんです。でも、エアコンはいつもどおりボーっといって温かい空気を吹き出しているし、どうしていいのか分からずにやったことと言えば夫にLINEを送った程度。私はもう完全に混乱状態でした。
しばらくして夫が帰ってきて私に言ったことは「よし、掃除するか!」だったんですよね。

エアコンが壊れてるんじゃないの!?


帰ってきた夫は…

夫「ほんとだ、全然エアコン効いてないね」
のっち「そうでしょう。2年前に買ったばかりなのにもう壊れちゃったのかな?」
夫「それは困るなぁ。リビング用だからまた20万円くらいしちゃうしね」
の「でも寒いからなんとかして…」
夫「ネットで調べたんだけど、掃除をしたら生き返るらしいよ」
の「掃除?汚れているからというより何かが壊れてる感じじゃない?」
夫「そうかもしれないけど、掃除してまた使えるようになったらラッキーじゃん」
の「そうだね。掃除してみようか」

っていう流れで掃除をすることにしたんです。
わが家のリビング用エアコンは新築時に新品を取り付けていたんですが、見事に10年の家電タイマーが鳴り響き2年ほど前に買い替えたんです。値段としても20万円、決して安いものを買ったわけではないのにたったの2年で故障となると切ないですよね。なので、もし掃除することで生き返るんだったらという気持ちで頑張って掃除してみたんです。

2年前のエアコンって最新機種ではないにしてもいろいろな機能がついているんですよね。
まずは喋ります(笑)。そして、フィルターの自動清掃もしてくれます。さらには人がいる場所を感知して、そこに向けて風を送ってくれます。電気代も室内の気温・湿度も教えてくれます。本当にいろんな機能がついているんですよね。家電なんだけど一家の一員のような気持ちにもなってくるぐらいです。

自動清掃機能があるのに“掃除”??


さっきのように、このエアコンの機能を改めて見てみるとフィルターの自動清掃機能が付いているのが分かりますよね。たしかに購入するときも店員さんから「自動清掃機能付きだから1年に1回くらいダストボックスの埃をすてるだけでOKですよ」って言われていたんです。だから、昨年は言われた通りフィルター掃除なんて一切しないで、ダストボックスに溜まった埃を捨てただけだったんです。

そして今回、夫が「掃除しよう」っていうから本体前面を開けてダストボックスを取り外して、フィルターを引っ張り出してみたら大惨事でした…

汚れがうす~い膜のようになって、薄っすらカビも生えているんです。
「ウギャー!」ってな感じで、必至に夫と二人で掃除したんです。フィルターを水洗いして、エアコン洗浄スプレーをダーッと噴射して、本体のフィンについた埃も取りました。時間的には15分ですが結構しっかり掃除して、期待を込めてリモコンでピッ!。エアコンちゃんも「暖房29℃で運転を始めます」って言ってしばらくしてから風が出てきました。

ボーっと出てきた風は明らかにそれまでのものとは違って、メチャクチャ温かいんです。「29℃で暖房つけるなんてどこのアホじゃ!」って夫に言われるくらい一気に部屋が温まったんです。もうそれ以降は設定温度22℃。十分暖かいリビングへと生まれ変わりました。
めでたし、めでたし。



いかがでしたでしょうか。
フィルターが汚れているだけでエアコンの効きがこれほどまで落ちるなんて本当に知りませんでした。わが家のレベルまで放置してしまうようなご家庭はまずいないと思いますが、これから冬本番になりますから、一度掃除してみることをオススメします。効きも良くなるし、なによりも電気代の節約になると思いますよ。ぜひご参考に!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

家電タイマー ブルーレイレコーダー テレビ 外壁修繕 家電量販店



こんにちは☆のっち☆です。
以前の記事『“家電タイマー”の恐怖|新築戸建の恐ろしい10年後』でお伝えした通り、わが家は築10年をとうに過ぎていますので、新築入居時に購入した家電達が壊れ始めています。少し前には外壁や給湯器交換などの修繕も済ませ、「今度は何が壊れるかなぁ」なんて身構えていた矢先、意外にもブルーレイレコーダーが壊れました。
このブルーレイレコーダーは完全に想定外。突然の出来事で少しパニックになったので、みなさんにもお伝えしようかと思います。

朝起きたらテレビが映らない


ある日の朝、いつもどおりの時間に起きて眠い目をこすりながらテレビのリモコンをポチッ。ティファールのポットに水を入れてお湯を沸かしながら「今日の天気はどうかなぁ」なんてテレビを見てみると『E202|電波を受信できません』なんていうエラーメッセージが出ているだけで、爽やかな朝の番組が流れていませんでした。「はぁ??」と思って、テレビの主電源を入れ直してみたり、コンセントから抜き差ししてみたり…。何をやっても映らないんです。

テレビが壊れちゃったのか、CATVの電波障害じゃないかと思いつつも、朝の忙しい時間にそんなこと確認していられないのでその朝はテレビ無しで出勤して、帰宅後に夫に直してもらおうと思ったんです。

その日の晩、夫がテレビをいろいろとやって直そうとしたんですが、一切直らず… CATVの電波障害情報を確認しても該当なし。いよいよ夫もお手上げで「テレビ壊れちゃったね」って出費を覚悟した頃に「ん?テレビアンテナってレコーダー経由だったよね」って意味不明なことを言い始め、またモソモソとテレビ台の後ろをイジり始めて少しすると、テレビが今まで通り映ったんです。

夫が自慢げな顔して「やっぱりテレビは壊れてなかった。レコーダーが壊れてるんだよ」って。テレビが映る嬉しさのあまり笑顔が飛び交うわが家ですが、少し落ち着いて考えると「いやいや、どっちにしても出費確定じゃん」ってなことになるんですよね。。。

ブルーレイレコーダーも生活必需品


テレビほどではありませんが、レコーダーも生活には無くてはならない存在だったことをわが家では完全に認識不足でした。子供も大きくなり学習塾へ通うようになると観たいアニメがリアルタイムで観れなくなり、予約録画して空き時間に観る習慣になっていたんです。それに加えて、私たち夫婦も映画鑑賞が趣味で週末はよくDVDを借りて観ていたりと、壊れてみると非常に不便なものなんですね。

そんなわが家ですから、早速ネットでブルーレイレコーダーの相場をチェック。以前の記事『ブランド品を買うときにWEBで検索してますか?』でもお伝えしたように、まずは購入するアイテムを特定して相場を確認します。
実際には、“価格.com”で「ブルーレイレコーダー」の人気順でソート。そして、わが家はテレビがAQUOSなのでシャープで絞り込んで、値段とスペックで購入ターゲットを特定しました。今回ターゲットにした商品は『BD-NW1100』、2016年11月に発売された現時点の最新機種で最安価格は45000円程度でした。

急いでいるときはこうやって買いましょう!


家電に関しては“価格.com”の最安価格はほとんどの場合、日本全国でのその時の最安値だと思います。それだけリアルタイムで価格変動していますし参加企業も豊富ですから信用できると思います。なので、その最安値のショップのネット通販で購入してもいいんですが、今回の場合、すぐにでも手に入れて今までの生活リズムに戻したかったので近所の量販店へ行くことにしました。

価格.comの最安値が45000円(税込)だったものが、リアル店舗へ行ってみると53000円(税抜)。税込価格に直すと57000円オーバーで、ネット最安値よりも1万円以上も高いんですよね。同じ日本でこの価格差では到底買うことはできませんが、もし事前にネット検索していないとそんなことも知りませんから、表示価格で買っちゃう人も中にはいるんだろうなぁって心配になってしまいます。

さて、こんな状況のリアル店舗では夫の出番です。こんな感じで交渉開始です。

店員「ブルーレイレコーダーをお探しですかぁ?」
夫「そうなんですよね。家のが壊れちゃって…」
店員「テレビのメーカーはどこのをお使いですか?」
夫「シャープです。レコーダーも合わせたほうが便利ですよね」
店員「そうですね。いろいろとリンクした機能が各社付いてますからね」
夫「ですよね。それで、このシャープのレコーダーを見てるんです」
店員「コチラの商品は最新機種ですごくオススメですよ」
夫「でも、値段がすごく高いんですよ。ネットより…」
店員「調べてこられたんですか?」
夫「はい。ほら、このサイトだと45000円だって」(価格.comの画面を見せる)
店員「ちょっと控えさせてもらいますね。どこまで頑張れるか確認してきます」
夫「値段さえ合わせてもらえるなら買いますんで…」
店員「分かりました!」

店員「ネット価格通りとはいかないんですが、税込50000円でポイント10%お付けしますがいかがですか?実質価格は45000円程度ということでご理解いただけないですか?」
夫「ポイントは要らないんだよなぁ。現金値引きしてくれません?」
店員「いや~、現金値引きが厳しいんです。クレジットカードを利用いただいてもOKなんで」
夫「あ、そうなの。それならいいかな。じゃあ、これください。」
店員「ありがとうございます!」
夫「こちらこそありがとうございます。」


という感じでした(笑)
店頭で買うにしても一手間入れるだけで、ほぼネット価格と同値で買えるんです。それと、クレジットカードで決済できたからカードのポイントも貰えるし、夫のREXCARDはショッピング・プロテクションが付帯しているので+αのメリットも享受できて、まずまずのお買い物だったと思います。



いかがでしたでしょうか。
これからもわが家の“家電タイマー”は鳴り続けると思いますが、いざという時に失敗しないようにしっかりと心とお金の準備をしておこうと思います。今回のような盲点アイテムでそこそこの値が張るものだと驚いてしまいますからね。みなさんも「そろそろコレが壊れてもいい時期だなぁ」みたいな認識だけは持って、壊れても慌てて購入して損をしないようにしましょうね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

修繕 リフォーム 外壁塗装 マイホーム 家電タイマー



こんにちは☆のっち☆です。
わが家は一戸建て住宅なんですが、まだまだキレイな家だなぁなんて夫と話していた昨年の夏、台風が直撃したんです。今までも何度となく台風には当たっているんですが、今回はなぜかリビングのサッシから雨がポタポタと雨漏りをしたんです。恐らく風向きや雨の量なども関係しているんだと思うんですが、外壁やサッシ周りのコーキングなどの劣化も影響していたんでしょうね。さすがに雨漏りまでされると修繕しないわけにもいきません。
今回はわが家が修繕工事をした経験を踏まえて、住宅の修繕について記事にさせていただきますね。

戸建住宅の修繕は10年を目安にしよう


家を買ったことがない人でも住宅の修繕は10年が目処だってことをご存知ではないでしょうか。実家の修繕だったり、家を買う時に不動産屋さんに言われていたりで、みんなが知っている修繕時期が「10年」なんですね。10年が経つとダメになるわけではありませんが、そろそろ修繕を考えましょうねっていうタイミングなんですね。

以前の記事『“家電タイマー”の恐怖|新築戸建の恐ろしい10年後』でも書かせていただきましたが、わが家では10年の家電タイマーがあちこちから鳴り響いているんです…。もちろん、家族構成や日射時間、天候などによって大きく左右される住宅の劣化ですが、多くの住宅の外回り(外壁や屋根)は10年を目処に修繕してもらうことが前提で設計されています。外壁の塗装やサイディングの目地、屋根の塗装においては修繕目安が10年ですし、給湯器についても10年が交換の目安です。冷蔵庫や洗濯機、テレビやエアコン、自動車に至っても買い替えの目安は10年となっているんですよね。

そんな10年タイマーの中に住宅の修繕も含まれているということですね。

わが家の修繕内容はこんな感じ


いざ自宅の修繕をするぞと思い立った時に気になるのは「どこに頼むか」と「料金はどのくらいか」だと思います。なので、今回はわが家が内容を公開させていただこうと思います!

まず「どこに頼んだのか」ですが、ネットで検索してヒットしたリフォーム会社は良いのか悪いのか分からないのでパス。お願いしたのは、ママ友に設計事務所の人がいるのでその人のツテで紹介いただきました。やっぱりリフォーム会社さんとのトラブルってよく聞く話だから知らないところには頼みたくないですし、料金的にも限りがあることなんで一級建築士事務所のようなところにリフォームも兼ねてのお願いなんてできないし…。ということで、知り合いから紹介してもらったリフォーム会社さんにお願いしました。紹介ということもあってすごく親切に対応してくれましたよ。

そして「金額」ですが、外壁・屋根・雨漏り点検・給湯器交換で160万円程度でした。ハッキリ言ってしまうと、高いのか安いのかまったくもって不明ですが、依頼する決め手は営業担当者の誠実さでした。「この人が窓口だったら大丈夫かな」って思える担当者であればOKなんだと思います。

工事を終えて…


そんな信頼できる担当者に任せて修繕工事したわが家ですが、約3週間の工事期間を経てリフレッシュすることができました。屋根は見えないので分かりませんが、外壁もキレイ、給湯器も新しい物になってすごくスッキリした気分です。

工事期間中に一番困ったのはマイカーの置き場所。3週間と短期間だけ自宅に駐車できないので他の場所を借りなくてはいけないのですが、なかなかそんな都合の良い駐車場なんでないんですよね。近所の月極駐車場の「空きあり」って書いてある不動産屋へ電話して聞いてみても「1ヶ月だけの契約もできますが仲介手数料がかかりますよ」って言われてゲンナリ…。わが家の近隣駐車場だと一月3万円ほどかかりますから、それだけで6万円なんですよね。そんな時は個人経営の近所の駐車場にターゲットを絞って直接交渉しかありません。結果、「一日1000円×利用日数」という破格の条件を引き出せたんですよね。

そんなこんなで無事に修繕工事が終わりました。私達夫婦は現在40過ぎですから、次の修繕は55歳くらいでしょうかね。その頃には子育ても終わって、住宅ローンも残り3年になっているので修繕するのに問題ない時期だと思っています。



いかがでしたでしょうか。
賃貸派の方には全く関係のないテーマではありましたが、持ち家派の人には切実な問題の住宅修繕です。マンションであれば強制的に実施する修繕ですが、戸建てだと家主の判断で決まりますよね。いろいろと手配することが面倒で延ばし延ばしになってしまいますが、10年に一度のことと割り切って思い切って工事をしてしまいましょう。ご近所への配慮もみんながやる工事ですからお互い様だと割り切りましょう!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ