10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:家計簿

クレジットカード 家計 貯金


どうも夫です。
家計管理のサイトを読み漁っていると、クレジットカードの“推進派”“抑止派”にハッキリ分かれていますよね。以前の記事『クレジットカードでお金が生まれる考え方』でも書いた通り、ボクは完全な“推進派”です。
今回はクレジットカードすら管理できない人が貯金なんて出来るわけがない理由を書いてみようと思います。

お金の管理ができていない証拠


“クレジットカードは使いすぎてしまうから危ない”とよく耳にしますよね。では、なぜ使いすぎてしまうのでしょうか。そもそも、みなさんの生活の中で当り前のように消費しているお金ですが、消費の仕方が「現金」なのか「クレジットカード」なのかの違いなだけなんですよね。なのに、使いすぎてしまう…

その「クレジットカードは危ない」と感じる感覚は裏を返すと“お金を管理できていない証拠”なんです。

財布にいくらあるか、口座にいくらあるか… 把握もしないで買い物をするから使いすぎるわけです。現金であれば、お金が足りなくなって買えないから安心だと感じるんですね。

でも、お金の管理能力がこの程度の人はそもそも貯金なんて出来るわけがないんです。だって、持っているお金すら管理できないんだから、将来のマネープランなんて立てれるわけがない。計画的に貯金が出来るようになりたければ、まずはクレジットカードの利用程度はしっかり管理できるレベルになりたいですよね。

クレジットカードが家計簿へ変身する


そんなお金の管理が苦手な方には、クレジットカードを管理することから始めるのをオススメします。

多くのクレジットカードではほぼリアルタイムにWEB明細が更新されていきます。現時点でどのくらい利用しているのかは随時確認ができるわけですね。そして、翌月の請求予定金額も表示されます。今まで、現金で買い物していた人は財布にあるお金と相談しながら日々の生活を送っていたと思いますが、WEB上で利用履歴がすべて把握できるわけですから、使った金額も目的も管理することが可能になりますね。

利用履歴で消費活動の振り返りができれば無駄遣い(浪費)の確認にもなります。また、利用明細自体が家計簿にもなりますから、なるべくクレジットカード払いで利用していけば家計簿をつける必要もなくなるわけですね。

家計簿を勝手につけてくれるのに、ポイント還元まで受けられる。クレジットカードを避ける理由が本当に見当たりませんね。

電子マネーを最大限に活用しよう!


クレジットカードを家計簿代わりに利用していくには、お金の消費をできる限りカード払いにしていかなくてはいけません。しかし、日々のちょっとした買い物をその都度カード払いにしていくのは難しいと思われていませんか?

いえいえ、そんなことはありません。
ランチ代や飲み物代など細々とした買い物は、月々の予算を立てて月初めにクレジットカードで電子マネーにチャージして利用するんです。

ランチと飲料自販機で1,000円を一日の予算とすれば、月20日勤務で月間20,000円です。なので、給料日にすかさず20,000円をチャージして、一ヶ月間をその電子マネーだけで過ごせればOKなわけですね。生活圏に電子マネーが使える環境が整っていないと難しいですが、現在ではコンビニはほぼ利用可能ですし、自販機も随分普及してきています。

ここまでくれば、日々の生活ではほぼキャッシュレス。現金を持ち歩くリスクを無くして、さらに、すべての消費行動もデータ化されます。


いかがですか。
クレジットカードというのは無計画で利用してしまうと非常に危険なものですが、管理することができれば家計においてかなり便利なツールになります。交通ルールを守って自動車を運転するのと同じで、クレジットカードもあなたのマイルールを確立さえできれば安全です。家計管理が苦手な方はクレジットカードの達人をまずは目指しましょう!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

貯金 収入 支出 家計簿 ボーナス 貯蓄



どうも夫です。
貯金が苦手な人からすると貯金をちゃんとできている家庭が不思議に思われるのかもしれませんね。でも、貯金がしっかりできている家庭がどれだけ節約に努めているかと言えば、少なくてもわが家においてはそれほど大変なことはしていません。要は、貯金というものは把握するポイントさえしっかり押さえておけばできるようになるんです。
ということで、今回はその貯金体質になるための大切なポイントをお伝えしようと思います。

家計で把握するポイントは2つだけ


貯金をするためには、まず自身の家計を把握すること。そして、その家計の中でも把握しなくてはいけないものが『収入』と『支出』です。まぁ、当り前ですよね。

貯金というものは計算式で表すと「収入-支出=貯金」になります。ちょっと知識とこだわりのある人は「その計算式は間違っている、本当は“収入-貯金=支出”なんだ」と声高に言うかもしれませんが、ボクからすれば同じこと。
そんなこと、どっちでもいいです(笑)… 要は、貯金ができるかできないかということが問題なんですからね。

さらに「収入と支出を把握するなんて言われなくても分かっているし、すでに把握しているよ」と思う人もいるかもしれませんよね。把握しているのに貯金ができないとすれば、そもそも把握の仕方が間違っているかもしれません。次からそれぞれの把握の仕方をご案内させてもらいますね。

収入は“手取り年収”を把握する


では、まずは『収入』です。

収入と言われれば、ほとんどの人は“給料”になると思いますが、その毎月の給料でも総支給額と手取り額をしっかり区別して把握されているでしょうか?さらにさらに、ボーナスの手取り額もしっかり把握されていますか?

家計管理でいう収入というものはすべて可処分所得である「手取り収入」で管理します。毎月の手取り収入を把握して家計管理をしている人は多いかもしれませんが、ボーナスまでもしっかり手取り額で把握していますか?収入の管理についてはボーナスの正確な把握が重要なんですよ。

「毎月」と「ボーナス」の手取り額を把握すれば「年間」の手取り額も把握できますね。この3つの手取り額をしっかり把握してから、今度は支出を把握してみましょう。

支出の把握にはやっぱり“家計簿”


支出については「把握するぞ!」と意気込んでも、それまでに何も記録していなければ一瞬で把握できるものではありません。食費やら小遣いやら、1ヶ月を通して継続的に支出していくものがあると「何にいくら消費した」というものが掴めないからなんですね。

つまり、はじめて家計管理を始めるような人はまずは家計簿をつけて何にいくら消費しているかを把握しましょう。家計簿を頑張って1ヶ月続ければ、「食費に◯万円、小遣いは◯万円、その他の固定費が◯万円」のように数値化できますから、支出すべてをとりあえず数値化することが大切なはじめの一歩になります。

そして、その1ヶ月の支出全体が手取り月収に収まっていれば健全です。あとは数値化することで見えた無駄遣いを無くしていって、家計のスリム化を図れば完璧です。ただ、貯金ができないと悩まれている人で手取り月収に支出が収まっているわけがありませんよね。収まっていれば自然と貯金ができるはずですからね…

というわけで、毎月の収支を黒字化することが最重要課題となります。

毎月赤字家計ならボーナスを活用する


では、毎月の収支が赤字の場合、どうしたら貯金ができるようになると思いますか?

それは、ボーナスの有効活用です。
ボクが考える家計管理では毎月の収支は必ず黒字にしなくてはいけないと思っています。毎月赤字だと半年に一度のボーナスがすべて生活の補填のための資金になってしまうからですね。では、どうするか…

生命保険料、自動車の任意保険料、HNK受信料などの“年払い”ができて割引になるものがあれば、ボーナスを利用して一括払いをして毎月の支払いではその安くなった料金を12ヶ月で割った額を貯金していくんです。そうすることで、実際はまとまった金額が必要な年払いを一度に払うことが難しくてもボーナスを活用すれば可能になりますからね。
ただし、この年払いを活用しても10%程度しか節約にはなりません。毎月数万円もの赤字額になっているようであれば、そもそもの生活スタイルを見直すことが必要になります。住居費、小遣い、服飾費などお金をかけすぎている項目があるはずですから、思い切ってメスを入れなくては家計改善はできないと思いますよ。



いかがでしたか。
貯金というものは「収入-支出=貯金」という簡単な理屈ではありますが、“欲望”に邪魔をされて機械的に計画を進めていくことも難しいものです。なので、以前の記事『黙ってでもお金が貯まる“貯金のコツ”』で書いた通り、その欲望を目的に変えて貯金することの味方につけてしまいましょう。毎月の家計管理と目標設定ができれば、必ず貯金は成功すると思いますよ。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

大雑把 家計管理 節約 ストレス



こんにちは☆のっち☆です。
貯金って毎日欠かさず家計簿をつけて細かくお金を管理している几帳面な人のほうが向いているように思っていませんか?でも、それって実は違うんですよね。だって、わが家の家計管理担当の夫は相当大雑把な人ですから…
今回は“大雑把な人は貯金が得意な理由”について書きたいと思います。

貯金が続かない理由


貯金の苦手な人はどうして続かないのか悩まれているのではないでしょうか。かくいう私も貯金を続けられたことがありません。以前の記事『地道な貯金を成功させる一つのコツ』でも書きましたが、貯金はやり始めが一番ツラい期間だからです。
定期積立などをしてお金のことなんて考えるヒマもないくらい働いて、そしたらある程度の額になっていて、その金額を見たらもったいなくて使えなくなってしまうような状況であれば誰でも成功できると思うんですが、実際はそんなこともありませんからね。
毎月頑張って3万円を貯め始めても3ヶ月で9万円ですから、私なんてこのあたりでギブアップしてしまうんです。貯金が難しい理由は“地道”だからなんですよね。

貯金は大雑把な人が成功する


そんな地道な貯金を続けて、定年までに3000万円を貯めなくちゃいけないなんて考えていると本当に果てしないことですよね。私なんて考えただけでもゾッとしてしまいます。それを夫は貯められると思って結婚以来10数年ずーっと継続しているわけですから、本当に頭が下がる思いですね。

でも、夫がどれだけ細かくお金を管理しているのかと聞いてみると、本当に大したことはしていないんです。夫は何事も結構いい加減なのでしっかり家計簿なんてつけられないし、買い物をする度にレシートを貰うなんてありえないんですよね。それなのに貯金はできるんですよ。それって以前の記事『給料日当日のルーティンでお金が貯まる!』で紹介したことを毎月毎月なにも考えずに継続しているだけなんです。本当にこれだけ。これだけやっているだけで現在は金融資産が1500万円を超えているんですから驚きなんです。

生活費を切り詰めるような貯金術はNG


夫に比べて几帳面な私が家計管理を担当したとすると身近な食費や水道光熱費の無駄使いを減らすようなことをやってしまいがちですが、そんなことしたら乏しい生活になって生きていくことが辛くなってしまいます。毎日毎日10円、100円単位をケチケチと考えなくちゃいけない。そんなの私は耐えられないんです。

大雑把な夫が家計管理してくれるから「じゃあ、食費は毎月4万円で」とか「水道光熱費は普通に使っている分には気にしないでいいよ」なんて言ってくれるんですよね。それって夫自身もそんなケチケチ生活が大嫌いだからなんですけど、それでも順調にお金が貯まるんですから一番幸せです。

お金は貯まるポイントさえ掴んでおけばしっかり貯まる。それがわが家では住宅ローンだったり、保険代であったり、共働きであったりなんですね。当り前ですが、貯金のコツは大きなコストを削減すること、そして、収入を可能な限り増やすことです。



いかがでしたか?
大雑把で適度にいい加減な人は大きい費用しか手を付けないから、普段の生活レベルを落とすまでの節約生活にならないということです。几帳面すぎてしまってはアレもコレも節約しなくちゃと必死に頑張りすぎてしまうんですよね。そんな窮屈な生活を送ってしまうとだんだん疲れてしまいますから、できるだけ楽しみながら貯金していきたいものですね。
みなさんも是非、大雑把節約で苦しまない貯金を実行しましょう!


 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ