10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:家計決算

家計決算 金融資産 貯金 株式投資 THEO 投資信託



どうも夫です。
新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、大晦日に妻が書いたとおり、わが家の正月は比較的贅沢な生活を送らせてもらいました。息子が受験をするということもあって、今年は帰省もせず家族三人でゆっくり過ごしたんです。ファミリーレストランで好きなものを好きなだけ頼んだり、寿司屋では普段よりも良いものを頼んだり、大きなカニを買ったり…。やっぱり10万円くらいあると結構好きなことができちゃいますね。こんな生活が送れるようにまた一年頑張りたいと思います。

そんなこんなで、年末にはわが家の家計決算を終わらせました。今年初めの今回は『わが家の2017年家計決算について』です。

見込額は1700万円だったけれど…


以前の記事『【金融資産額公開!】2017年家計決算の準備を始めました』では、ずいぶん甘い見込みで1700万円でした。あの見込みを立てたのが10月でしたから約2ヶ月でどう変わったかというと、結果としては「1800万円」でした!

ボクとしては結構「おぉ!」と思った水準なんですが、驚いているだけでは今年以降に活かせませんから、何が原因で上振れたのかというものを考えておきたいと思います。ちなみに、詳細はこんな内訳でした。


10月見込額
決算額
現金
1200万円
1130万円
投資(株式、投信)
300万円
470万円
貯蓄型生命保険
200万円
200万円




“現金”が減って、“投資”が上振れですね。要は、見込んだ時以上に投資分野へ資金をシフトさせたということですね。
さらに、合計金額が100万円も増えているというのは、まずボーナスが想定以上に多かったこと、11月、12月での貯金もしっかりできたことで現金は見込みより約30万円を増やすことができました。また、投資では予想以上に値上がりをしていて評価額が60万円ほど増えています。その結果、1800万円になったということですね。

投資でそんなに儲かったのか!?


10月からのたったの2ヶ月でそんなに相場が上がったのかというと… そうですね、しっかり値上がっていますね。10月2日の日経平均株価の終値が20400.78円でしたが、12月29日には22764.94円になっていますから、11.6%の上昇率です。これってなかなかの急上昇ですよね。上がりすぎていてやっぱりちょっと怖いくらいです…

まぁ、それだけボクの持っている株式も上昇したということですね。それと、以前の記事『株式投資のトレードに参入しましたよ』で投資した銘柄が驚きの上昇中なんですよね。直近ではひと息ついていますがまだまだ期待しています。手放すまで銘柄は内緒ですが、その銘柄のチャートだけお見せしますね。赤丸で囲ったところで参入しています。ね!しっかり値上がりしていますでしょ!


チャート


それと、興味本位で始めた『THEO』(関連記事『【運用実績公開】ロボットにお任せ運用を始めました』)もしっかり値上がりしてくれているので、結果として1800万円まで資産を増やせたということですね。この『THEO』の運用状況については継続的に記事で報告させてもらいますから楽しみにしていてください。



いかがでしたか。
いよいよ第二の目標である2000万円まで200万円を切りました。200万円を切ったということは、ひょっとすると2018年に達成できるかもしれないということなんです。現段階の見込みではちょっと難しそうなのですが、諦めずにしっかり積み上げていきたいと思います。

みなさんも今年もお金が貯まる一年でありますように…



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

家計決算 キャッシュフロー表 金融資産額 株式投資



どうも夫です。
例年に比べて少し早いのですが、先日わが家の家計決算の準備を始めてみたんです。昨年も家計決算の準備をお伝えした以前の記事『そろそろ家計決算の準備を始めよう!』は12月でしたが、今年は10月です。
今年も残すところあと3ヶ月。年末のわが家の金融資産はどのくらいになっているのかボンヤリ公開させていただきます。

家計決算準備を早めた理由


今年に限ってどうしてこれだけ早く決算準備を始めたのかというと、お金がたくさんあるような感じがしたからです(笑)

「ん??」と思われるかもしれませんが、昨年、今年とそれまで複数年で固定していた定期預金が満期を迎え、いくつかの銀行にあったわが家の貯金がメインバンクの普通預金口座にまとまってきたので結構な金額になっているんですよね。
ボクの口座だけでも700万円以上。妻の口座を合わせると1000万円以上が現金として寝てしまっているんですね。

なので、さすがに金額が大きくなってしまうと管理も甘くなってくるので、ここで一旦すべての金融資産を洗い出したというわけですね。

3月以降に株式投資を再開したけれど…


いま振り返ると今年一年は“金余り”の一年でした。高利回りの定期預金が順番に満期になって100万円単位の資金が返ってくるけれど、帰ってきた資金を改めて運用する先が見つからない。利息が数千円にしかならない定期預金になんて預ける気にもなれないので機動力重視で手元においておくと、すべての金融資産が手元に集結してしまうんですよね。

なので、3月の配当権利落ち時期に株式投資を再開したんです。その時の記事『【購入銘柄公開】資産運用を再開しました!』をご覧いただければと思いますが、その銘柄は2回の配当権利落ちを経過しましたが、現在までのトータルでは利益も出してくれています。
その時に購入した金額は約150万円ですが、その後も別の2銘柄へ90万円ほど投資して現在ではボクと妻の今年のNISA枠を上限まで使用している状況です。この株式投資で見込める年間配当金は9万円。まずまずの配当利回りかとちょっとだけ満足しています。

わが家の年末金融資産見込額は…


ズバッと書かせてもらいますね、ボンヤリですが…。


現金
1200万円
投資(株式、投信)
300万円
貯蓄型生命保険
200万円



見込額としては1700万円ですね。
昨年末が1540万円なので150万円ほどの上乗せです。ただ、月々の貯金額やボーナスなどの金額を控えめに見積もったので、実際にはもう少し上積みできると考えています。今年はマイホームの外壁修繕、子供部屋作りなど支出も多かったもののまずまずの貯蓄ができたんじゃないかと、ちょっと安心しています。



いかがでしたか。
この年末1700万円という金額はわが家のキャッシュフロー表にはしっかり明記されているんです。つまり、今年一年も10年前にボク自身が作った未来予想図(キャッシュフロー表)の通りに進捗しているということになります。さらには、金融資産が2000万円を超えるのは2019年、3000万円を超えるのは2025年だということも現時点では暗示していますので、それを信じて毎日楽しく生活していきたいと思います。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

437c5d06bf4b15314fb0d8e69f1c7b81_s

どうも夫です。
貯金がデキる人とデキない人の違いって何だと思いますか?今回は多くの貯金がデキる人がやっている年に一度の習慣をご紹介します。

貯蓄額の目標は明確ですか?


このサイトをご覧になっているということは「貯金がしたい」「資産を形成したい」と思われている方がほとんどだと思いますが、みなさんは貯蓄目標を明確に立てていますか?
将来的に「1,000万円貯めたい」「老後までに3,000万円貯めたい」など、長期的な目標を現実のものにしていくには、しっかりとした短期・中期の計画に落とし込まなければ達成は困難になります。

考え方としては、定年まであと30年、残り3,000万円貯めたいと思うのなら、毎年100万円を貯めていかなければいけません。ただし、その30年の間に、子供の教育費、住宅購入、自動車購入などのまとまった支出が発生します。その支出を踏まえての毎年100万円です。

ですから、以前の記事『マネープランって必要なの?』にも書いたようにマネープランが重要になってくるわけです。

キャッシュフロー表をつくろう


ボクの記事によく出てくる『キャッシュフロー表』。今回はどんなもので管理しているのかを紹介しますね。下の画像のようなものがひな形です。

(クリックして拡大)
キャッシュフロー表(改)
「家族構成、年齢、住宅・自動車」「収入、支出」「金融資産」「資産種類比率(ポートフォリオ)」。おおまかに言えば、こんなカテゴリーで分けて数字をいれてます。このキャッシュフロー表はネットから拾ったものですが、なかなか良くできていて我が家では多少のカスタマイズを行なって使っています。

必ずやろう、家計決算


貯められる人は年間の貯蓄額を明確にして家計決算を毎年欠かさずに行なっている人です。「今年は○○万円貯めるぞ!」と立てた目標を年末もしくは年度末に資産の棚卸しを行い、1年を振り返ることで家計分析を行うのです。上手くできた部分、できなかった部分を明確にして、貯蓄効率を進化させていくわけですね。

このキャッシュフロー表を使うと縦1列が1年になっているので、貯蓄額が目に見えるようになっています。資産の見える化はモチベーションアップにも繋がりますよ。


いかがですか。
我が家では欠かすことのできない『キャッシュフロー表』。現在10数年目まで経過しました。我が家の足跡になり、とても思い入れのあるデータとなりますので、是非みなさんも活用してみてください!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ