10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:家計

e4d2790a843e07e33d53100604956527_s

こんにちは☆のっち☆です。
シングルインカムの家庭から見ると収入面では羨ましい共働き家庭。今回は共働きなのにいろいろな意味で破綻した家庭をご紹介しようと思います。その家庭は近所のT家。T家が破綻していくまでのことを知人から聞いた話も混ぜて、知っている限り書いていきたいと思います。

T家との出会い


我が家とT家さんとの出会いは、かれこれ10数年前。子供が生まれ近所の公園で遊んでいたところにTさんも遊びに来ていたことからお付き合いが始まりました。
子供の歳も近く、親同士も年代が近いのでご近所ということもありよく話をするママ友になりました。お住いは同じ地区でT家はすでに2軒目の購入。駐車場や近隣とのトラブルもあって最初に買った都内のマンションを売りに出し、近所の分譲を購入されたそうです。
自動車についても「営業車」を自宅に「自家用車」を月極駐車場に止めて贅沢そのもの。当時の私から見ればそれはもう羨ましい限りでした。

当時の家族構成と所有車輌は以下の通りです。

家族T家☆のっち☆家
30代後半(正社員)20代後半(正社員)
30代後半(契約社員)20代後半(正社員)
第一子5歳(男)0歳
第二子2歳(男)
マイカー国産車+営業車営業車


T家自家用車 買い替え


3年後、ある日突然T家自家用車が「Audi」に変わりました。財政難真っ只中だった我が家にとっては驚きで「どんだけ稼げばあんな裕福な生活ができるんだろう…」ってよく夫婦で話していたことを覚えています。
さらに一家揃ってアウトドア派で夏は“海”冬は“スノーボード”とインドア派の我が家とは本当に正反対の優雅な暮らしぶり。一家での海外旅行も頻繁に行ってました。

そんな豪盛な生活はそれからも続きます。3年後に自家用車を乗り換え「メルセデス・ベンツ」。そして、またまた3年後…今度は「BMW」。。。 本当にどこからこのお金は出てくるのか不思議で不思議で…

同じ地区に不動産を買ったにもかかわらず、この自家用車の買い替えを見ているだけでも純粋に年収は我が家の2倍はあるんだと思い込んでしまうほどでした。

出会ってから6年後の家族構成と所有車輌

家族T家☆のっち☆家
40代前半(正社員)30代前半(正社員)
40代前半(契約社員)30代前半(契約社員)
第一子11歳(男) 6歳
第二子8歳(男)
マイカーメルセデス・ベンツ+営業車国産ミニバン


そんなT家がこのあと明らかに破綻の道を辿っていくとはこの時は思いもしませんでした…

後編へつづく



 クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  

21d1f074051f1ad6eeb2371794bf75c5_s


前半からつづく

最初の変調は“家族ゲンカ”


みんなが羨むTさん家族。今思えば、やっぱり無理をしていたんだなと思います。。。
以下はT家隣りに住む共通の知人からの情報です。

知人がT家の変調に気づき始めたのは“家族ゲンカ”でした。
T家は夫婦共働きで、早く帰ってくる奥さんも18時くらいの帰宅でした。なので、小学生の子供達はまさに『カギっ子』。15時過ぎに帰ってくると、友達を家に呼んで“ドッタンバッタン”大はしゃぎ。うるささのあまり知人は家にいられないほどだったようです。 …なのに、いざ奥さんが帰ってくる頃には静かにいい子を演じるそうです。T家子供達の親に対する“いい子”ぶりは末恐ろしさを感じるほどのようでした。
そして、奥さんは帰ってくるなり毎日のように子供達を怒鳴り散らしていたそうです。子供への「しつけ」というより、仕事で溜まったストレスを子供で発散しているかのように…

そんな毎日がしばらく続いたある日、今度は“兄弟ゲンカ”。お兄ちゃんが弟に向かって怒鳴り散らします。『オラ~!てめぇ、殺すぞ!こらぁ!!』。弟は堪らず家を飛び出し、自転車を全速力でこいで逃げ出します。一人になった家でお兄ちゃんは『うおぉぉぉぉぉぉーーーーー!!』(笑)。知人は「本気でどこかに通報しようかと思ったよ」と嘆いてました。

その後は戦慄を感じる毎日


あのT家の変調を初めて感じてからの3年間。近所では本当に噂になるほど有名な家族になられました。最初は子供達への奥さんの叱責から始まり、その後は異常な兄弟ゲンカ。そして、最終形はご主人。
ピーピーピーっと帰宅したご主人が車庫入れする音が聞こえ、エンジン停止。ピピッとドアロックする音。ガチャ…バタンと玄関が開き、そして閉まる音。。。その直後から始まる

『おうおうおう!お前ら何やってんだよ!ひとつもできてねぇーじゃねーかよー!お前、昨日約束したじゃねーか!…チッ!あー、もういーや。お前頭丸めてこい!』

いやぁ、純粋に家庭が壊れています。もうそんな表現でしか表せないほどの家庭環境です。ある意味T家の話は近所では年中話題になるし、笑い話とともに流行りの「虐待」じゃないかと心配するほどでした。

そんなT家は現在どんな家庭環境になっているのでしょうか…

T家の“いま”


いくらお金があっても家庭が崩壊してしまうのではまったく意味がありません。ほどほどのお金と幸せに満ち溢れた家庭があってこその人生。我が家から見ると家庭としての大前提が崩壊しているT家のお財布事情はどうだったのでしょうか。

前回、両家の環境比較をしてから5年後(出会ってから11年目)の“いま”。こうなりました。。。

家族T家☆のっち☆家
50代前半(正社員)40代前半(正社員)
50代前半(契約社員)40代前半(契約社員)
第一子16歳(男) 11歳
第二子13歳(男)
マイカーBMW輸入車


上記の表では家計の苦しさは感じられません。でも、実体はこうでした。

家族T家☆のっち☆家
50代前半(正社員)40代前半(正社員)
50代前半(契約社員)40代前半(契約社員)
第一子16歳(男:私立高校) 11歳(男:公立小学)
第二子13歳(男:公立中学)
マイカーBMW:リース5万円/月輸入車:現金一括
住宅ローン残24年、毎月14万円残20年、毎月10万円
貯蓄額数百万円(推定)1,300万円



あれだけ優雅な生活を送っていたT家。共通の近所の友人経由で耳にした状況で比較すると実体は我が家よりも苦しい状況でした。しかも子供がすでに高校進学していて人生で3回しかない貯蓄時期の2回分はすでに過ぎてしまっています。今後T家には教育費の荒波に揉まれる大変な時期、大丈夫なのでしょうか?

原因とT家の今後


T家がこんな状況になってしまった原因は明白ですね。そう、貯蓄するべきときに贅沢をしまくったことです。現在の「住宅ローン」と「車輌費」だけを我が家と比較しても毎月9万円違っています。さらに一度上げてしまった生活水準はなかなか下げられないもので、おそらく毎月の生活費は我が家より上。これも推測ですが収入は我が家のほうが上なので、おそらく貯蓄はできず毎月黒字にするのが精一杯な状況なのではないでしょうか。

そんなT家の今後はまず、自家用車は「BMW → 国産中古車」をするようです。なぜ分かるかというと、T家に国産ディーラーのジャンパーを着た営業マンが“納車日”とか“車庫証明”とかの話を玄関先で大きな声でしていたそうですから。。。 また、第二子には公立高校を必須条件と言い聞かせているようです。これもママ友経由の情報です。これだけの状況証拠だけでも、T家は今、必死になって家計防衛策を練っているようですね。もっと早く、10年前からしっかり計画的にライフプランを考えた家計計画を作られていたならこんな事にはならなかったことでしょう。

あれほどたくさんあったアウトドア用品はT家には一切見当たらなくなりました。また、奥さんの帰りは毎日21時頃。そして、ご主人も平日だけでなく土日もほとんど見かけなくなってしまいました。T家が売り出される日もそう遠くはないかもしれませんね。



いかがでしたでしょうか。
ライフプランにおける貯蓄時期。このタイミングをしっかり把握しているか否かでこれほど違いが出てしまいます。みなさんはTさんを反面教師にしっかりと貯蓄計画を進行させましょう!




 クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  

家計費 教育費 家計破綻 共働き



前編からのつづき

収入が上がらないのに、支出が増える…


あれから6年。小学生になったかと思えばあっという間に中学生になるもんだ。第2子も小学3年生でほとんど手間がかからない。第1子は運動部へ入部し毎日部活動に明け暮れているが、週に2日は学習塾へ通い、第2子も鍵っ子をしながらスイミングと公文へ通っている。子供が中学生になると一気に教育費の負担が大きくなる… おまけに、長く乗っていたマイカーもさすがに古くなったので買い替えたりと出費も続いた。
その反面、ボクはもう44歳。年齢に見合った給料を貰えればいいのだがこの不況の煽りで収入はほぼ横ばい。妻も多少は増えたが一般職ということもありこれ以上の収入増は見込めないようだ… この先大丈夫なのだろうか…

[第1子:12歳、第2子:9歳]
夫(44歳) 手取り31万円
妻(42歳) 手取り20万円
児童手当(12歳)  1万円
児童手当(9歳)  1万円
(収入合計 53万円)

住宅賃料 12万円
駐車場代 2万円
食費    6万円
第1子(中学校教材、小遣いほか)  1万円
学習塾  3万円
小学校  0.5万円
スイミング 1万円
公文   1.5万円
雑費    3万円
電気・ガス 2万円
水道    1万円
通信費   2万円
車両費   4万円
小遣い(夫) 4万円
小遣い(妻) 3万円
生命保険料 2万円
学資保険料 2万円
貯金    3万円
(支出合計53万円)

貯金額 400万円

教育費のヤマ場の入り口なのに…


3年後。早いもので第1子は高校入学。そして、3つ違いの第2子も中学入学。この教育費の嵐は産まれた時から覚悟はしていたものの実際にその環境になってみると抵抗することもできず、請求されるものを言われるがまま支払いを行う。県立高校の授業料は今のところ無償になっているからとても助かるが、以前のように徴収されるようになると相当厳しい状況になるのは決定的だ。とは言っても、昼食代、通学費、教材費etc はもちろん徴収されるんだけどね。
我が家はダブルインカムで頑張っているのにとうとう月々の家計からは貯金ができなくなってしまった。。。

[第1子:15歳、第2子:12歳]
夫(47歳) 手取り32万円
妻(45歳) 手取り20万円
児童手当(12歳)  1万円
(収入合計 53万円)

住宅賃料 12万円
駐車場代 2万円
食費    6万円
第1子(高校教材・積立、小遣いほか) 1.5万円
通学費  1万円
昼食費  1万円
予備校  3万円
第2子(中学校教材・積立、小遣いほか) 1万円
学習塾  3万円
雑費    3万円
電気・ガス 2万円
水道    1万円
通信費   2万円
車両費   4万円
小遣い(夫) 4万円
小遣い(妻) 2.5万円
生命保険料 2万円
学資保険料 2万円
貯金    0万円
(支出合計53万円)

貯金額 400万円

ヤマ場突入!家計は赤字へ


さらに3年後。我が家もいよいよ教育費支出のヤマ場に突入した。。。
まず、第1子は高校3年の夏から予備校の夏期講習や冬期講習で50万は消費。さらに大学受験料だけで5校受験したため175,000円(35,000円×5校)がかかった。結果、第一志望は不合格だったものの第二志望に合格。本人も納得して入学してくれた。私立文系で入学金は110万円。2年目以降は授業料 約80万円。学資保険の満期金200万円は“予備校集中講習”“受験料”“大学入学金”でキレイに無くなってしまった…

そして、第2子。県立高校を第一志望にしていたものの不本意にも私立高校への入学になってしまった。。。本人も相当落ち込んでいるから親であるボクがお金のことでブツブツは言えないが、公立高校では授業料無償だけど、私立では授業料相当を補助してくれるという形で学校によっては全額補助にならない。ましてや、我が家は共働きで世帯収入はそこそこあるため、国から貰える補助金はもらえるけど自治体から貰える補助は対象外になってしまった。年額授業料で 約50万円と第1子同様、昼食代、通学費、教材費etcは同様に負担になる。

大学、高校の授業料は年払いだけど月々からしっかり積み立てないといけないからそれぞれ6.5万円と4万円の毎月負担になる。53万円の収入に対して61.5万円の支出、我が家の家計はとうとう完全に赤字だ… 毎月8.5万円のアカ。。。

[第1子:18歳、第2子:15歳]
夫(50歳) 手取り33万円
妻(48歳) 手取り20万円
(収入合計 53万円)

住宅賃料 12万円
駐車場代 2万円
食費    6万円
(第1子)
大学授業料 6.5万円
教材、小遣いほか 2万円
通学費  1万円
(第2子)
高校授業料 4万円
教材・積立、小遣いほか 1.5万円
通学費  1万円
昼食費  1万円
予備校  3万円
雑費    3万円
電気・ガス 2万円
水道    1万円
通信費   2万円
車両費   4万円
小遣い(夫) 4万円
小遣い(妻) 2.5万円
生命保険料 2万円
学資保険料 1万円
貯金    0万円
(支出合計61.5万円)

貯金額 400万円


後編へつづく



 クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  

このページのトップヘ