10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:定期預金

資産運用 株式投資 配当 定期預金



どうも夫です。
以前の記事『わが家でも起きている“金余り”|今後の運用戦略は?』で公開したわが家の行き場のない資金1000万円ですが、そのうちの120万円弱を『ゆうちょ銀行(7182)』の株を購入して以来、何に運用して良いのか分からず未だに貯蓄口座へ置きっ放しになっています。「金が余ってる!」なんて叫んでから半年が経とうとしていますが、わが家の大切な金融資産は未だに行き場がありません。
ということで、インターネットで有効な資産運用がないか必死に検索してみたので記事にさせてもらいます。

「資産運用」をキーワードに検索してみた


とりあえずインターネットの検索窓に『資産運用』と入力して検索してみたんですが、すると上から5つは広告で「ファンド」「アパート経営」「FX」「投資講座」などが表示されて、リアルに検索ヒットしているのが銀行サイトだったり、資産運用を紹介しているブログだったりなんですね。

さらに、広告も含めてほとんどのサイトを確認したんですが「お!これいいな」なんて思える情報は一つもなかったんです。まぁ、リスクをしっかりとれて積極運用を目指しているなら有効な情報もあるんだと思うんですが、ボクは比較的に安全志向なのでイマイチ活用できない情報ばかりだなっていう感じでした。

資産運用の情報って少なすぎない!?


こうやって改めて調べてみると、まともな資産運用の情報ってないんですよね。(不動産投資やリスク商材がまともじゃないって言っているわけではないので悪しからず…)

仕方なくネット銀行の定期預金の金利を確認しても「新規限定で3ヶ月0.5%」なんてものがあるくらいで、それ以外は良くても0.1%~0.3%がほとんど。例えそんなものに500万円預けたところで1万円になるかどうかってものなので、資金を動かすほうが煩わしいくらいですよね。

だって、3月に投資した『ゆうちょ銀行』の年間配当は今のところ50円/株なので800株をNISA口座で持っているわが家は年間4万円受け取れるんですよ。それなのに500万円も動かして1万円ではやる気も起きないですよね。

わが家の資産運用方針は?


「結局のところどうすんのよ?」ということなんですが、う~ん、やっぱり株式投資ですかね。先日アップした『100万円で3万円もらえる資産運用|あなたも始めませんか?』で紹介した通りメガバンク株でよろしいかと…

あとは『学資保険』ですかね。まぁ、これは小さいお子さんがいる場合に限りますが、10年以上使う予定のないお金があって行き場をなくしているようなら、一時払いの学資保険というのもありかもしれませんね。定期預金とかで資金を固定するよりは高利回りかもしれません。



いかがですか。
今回も結論出ずということです。ただ、資産運用の方向性としては「株式投資」ということに固まっていますので、あとはどのタイミングで資金を投入するかということだけですね。高値掴みしてしまうと長期スタンスで投資していると言っても精神的に辛くなってきますからね。しかし、ボク以外のブロガーさんもメガバンクを狙っている人がいるのでちょっと失敗するかもですね…
投資は自己責任ですよ!(笑)



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

銀行 貯金 資産 900万円 メインバンク 資産運用



どうも夫です。
みなさんは銀行からの勧誘電話を受けたことがありますか? まぁ正確には、勧誘というより営業電話ですね。わが家も資産がほとんど無かった10年前には皆無だった銀行からの営業電話が最近頻繁にかかってくるようになりました。たぶんその原因はいろいろなところの定期預金とか社債とかが満期になって、とりあえずボクと妻のを合わせると900万円くらいの資金をプールしておく口座がメインバンクにあるからなんだと思います。
今回はわが家のメインバンクからの営業電話のお話です。

メガバンクからの営業電話


ボク「もしもし…」
銀行員「私、三井住友銀行〇〇支店の●●と申します。☆のっち☆様はご在宅でしょうか?」
ボ「いま、外出中なんですよねぇ」
銀「お帰りは何時頃でしょうか?」
ボ「夜ですね」
銀「そうでしたか。ただ今おトクな定期預金をご案内させて頂く相談会を開催しておりまして、ぜひお越しいただけないかと思ってご連絡しました。お越しいただけたら500円分のクオカードをプレゼントさせていただいております」
ボ「へぇ。でも定期預金じゃ大した金利じゃないですよね?」
銀「!? 失礼ですが、お電話口はご主人様でございますか?」
ボ「そうですけど…」
(カツカツカツカツ… キーボードを叩く音)

銀「◯◯様でしょうか?」
ボ「そうです。スゴいですね、すぐに名前まで分かるんですね」
銀「はい、ご登録がございますので…。現在、☆のっち☆様のお口座には300万円ほど入っておりまして、定期預金にされたほうがお得かと思いましてご連絡させていただきました」
銀「そして、夫様の口座には…(またカツカツカツカツ)。600万円ほどございますね」
ボ「ある意味スゴいね。わが家の貯金状況が丸見えなんですね(笑)」
銀「ええ。いかがですか、一度ご来店いただけないでしょうか?」
ボ「いや、特別金利が出るわけじゃないんなら結構ですよ」
銀「クオカード500円分をお二人に差し上げられます。金利に換算すると…」
ボ「いやいや、いらないです。5000円なら考えますけどね」
銀「そうですか…。また少ししたらお電話させていただいてもよろしいですか?」
ボ「電話もらっても行かないですよ、たぶん」
銀「ご連絡だけでもさせていただきます!」


電話でのやり取りはこんな感じでした。というか、客の資産状態をリアルに見ながら話してくるのってどうなんでしょうかね。すごく違和感がありました。

数日後に気合の入った封書


その電話の数日後、今度は封書が届きました。
その中身は相談会の案内チラシやその他の金融商品チラシ、そして電話をかけてきた担当者の気合の入った直筆手紙でした。こういった細かい営業は地方銀行や信用金庫がやるイメージだったんですが、最近はメガバンクでもやっているんですね。ある意味びっくりでした。

恐らく、銀行の担当者にもノルマがあって定期預金とか投資信託とか生命保険とかの契約を取らなくてはいけないんでしょうね。特にこのマイナス金利政策で利益が取りづらくなっていますからね。

結局のところ、相談会には行くのか?


ということで、送ってもらったチラシに一通り目を通して、相談会に行くメリットがあるのか考えてみました。


やっぱり、行きません(笑)


投資信託とセットで金利上乗せを貰えたり、行くだけでもクオカード500円分貰えたりとメリットを謳っていますが、三井住友銀行で扱っている投資信託には興味がないことと、クオカード500円だってわざわざ貰いに行くほどの価値はないと思います。
それよりもやっぱり機動力ですね。コレだ!と思える金融商品が出てきたタイミングでスカッと資金を動かせる状態にしておきたいですね。



いかがですか。
わが家の資産が100万円ほどだった10年前にはこんな勧誘電話や手紙なんて一切無かったので、メガバンクでも営業対象にしてもらえる資産を作れたのかなぁなんて今回の件で自信にはなりました。こういった営業電話を貰うことができていけばオープンな条件以外にも特別金利なんてものがもらえる可能性もありますから、引き続き資産を膨らませていこうと思います。まぁ、特別金利を貰うのは地銀や信用金庫のほうが近道ですけどね…



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

ボーナス 賞与 預け先 使い道 貯金 定期預金



こんにちは☆のっち☆です。
昨日、6月15日に夫の会社から待ちに待った夏のボーナスが支給されました。みなさんはもう支給されましたか?今回は昨年に引き続き、わが家の夏のボーナスの行き先をお伝えしようと思います。

今年もボーナス額をぼんやり公開!


昨年(『【2016年夏ボーナス額公開!】あなたのボーナス、どう使う?』)に引き続き、夫のボーナス額をぼんやり公開させていただきます。


100万円強でした!


昨年同等といったところでしょうか…
どうしてもこういったタイトルを付けるとブログのアクセス数が伸びるんですが、やっぱり人の懐事情って気になりますよね。夫の会社は昨年同様の業績だったようで、まずまずのボーナスを貰うことができました!本当にありがたいことです!
そして、ボーナスのない私も夫がボーナスを貰ってくれるおかげでお小遣いを貰うことができるんですよ。私なんて冬のボーナスを貰った直後から半年間、指折り数えて今日という日を待っていましたから、買うアイテムはほぼ確定済みなんですよね。一週間以内には使い切る予定です(笑)。

今年のボーナスの使い道は…


さてさて、例年のボーナスの使い道は『貯金』でしたが、現在のわが家は定期預金や社債の満期のおかげで金余りが起きています。メインバンクからも営業電話が掛かってくるくらいで「これ以上現金ばかりを持っていても仕方ないのかなぁ」って夫も言い始めているのですが、どこに持っていけばいいのかが分からないんですよね。しかも、トランプ相場で一旦撤退していた株式投資も今年の3月に再開したことでNISAの非課税枠が残っていないんです。どうしたもんでしょうね…

とりあえずですが、昨日入金されたボーナスは避けておくためにいつもの“貯蓄口座”へ入金してあります。

お金は貯めているだけじゃ“つまらない”


少し前から夫は資金をいつでも動かせる“貯蓄口座”へ資金をプールして、資金の機動力を重視していましたが、いつでも動ける資金が1000万円以上になってくるとさすがに過剰ですよね。何かあったとしても、わが家レベルの資産規模では1000万円を投じることなんてできるわけないんですから、プールしておく額は今の半分くらいになってもいいと思います。
とは言っても、ムダに資金を固定させるのも意味がありません。ネット銀行ならあちこちで提示されている0.3%程度の1年定期預金。100万円を預けて、1年後に2400円弱の利息を受け取れます。500万円預けると12000円弱です。この金額をあなたはどう感じますか?

ちなみに、夫にこの金額を言ってみたんです。すると夫は「いらねぇ~」の一言でした。12000円じゃ、いらないんですって(笑)

不動産投資は物件価格の高騰でメリットが薄まり、金も高値止まり、株式はNISA枠が無いのでスルー、外貨預金も円高に触れる可能性があるので手を出せず…。結構お手上げですよね、みなさんはどうされるんでしょうか?



いかがでしたでしょうか。
昨年に引き続き多額のボーナスをいただけたことにまずは感謝です。そして、そのボーナスの預け先については答えが見つかりませんでしたが、他にある多くのブログを参考にさせてもらいながら預け先を探してみようと思います。「おぉ!これはスゴい」なんていう預け先がありましたら、すぐにこのブログで報告させてもらいますね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ