定期昇給 昇給 共働き 教育費 老後資金



こんにちは、☆のっち☆です。
つい最近、正月が終わったかと思っていたらもう3月ですね。40歳代になると時の流れの速さが一気にスピードアップして、月日がアッという間に過ぎ去ってしまいます。気をつけないとお金の準備もできないまま老後を迎えてしまうかもしれませんね。
そんな今回は多くの企業で定期昇給のある時期、4月を迎えますね。定期昇給はサラリーマンの特権の一つで仕事内容も大きく変わらないけれども、この一年であなたが経験したことに給料を加算しますよというものです。この定期昇給をどのように扱うかによってあなたの将来が大きく変わってきますよ。

定期昇給額ってどのくらい?


自分以外の人が毎年定期昇給しているか気になりますよね?平均的な定期昇給額をネットで検索してみると1.5%~2.0%程度のようですが、みなさんそれぐらいですかね?基本給20万円の人だと3000円~4000円、30万円だと4500円~6000円です。。。


…そんなに上がります??

もちろんそれだけ上がる優良な会社もあるんだと思うんですが、夫の今までを見てきた私としてはそんなに上がることって、入社して数年の若い頃とか、職責が上がったとか…、そんなことがないと5000円以上上がるってことが無かったと思うんですよね。特に、最近なんて現状維持が当たり前で昇給なんてほとんどありません。

そんな中で定期昇給があった場合、あなたはどうしますか?
毎月の生活費をその分増額しちゃいますか?

わが家の生活がラクな理由


わが家はダブルインカムということもあって、毎月の生活は決して苦しくはありません。毎月10数万円程度の貯金もできるし、ボーナスもほぼ貯金に回すことができています。こういった生活ができるのは、夫婦二人で協力して共働きを継続できているからです。

ただ、共働きということだけでは生活は楽にはならないと思うんですよね。だって、現在の日本は共働き家庭が過半数を超えていますから、共働きということだけでは余裕は生まれないと思うし、共働きということで余裕になれるならほとんどの家庭が苦しまないで済みますよね。

私が思うに、生活に余裕ができるかどうかというのは共働きとかシングルインカムだとかは大きな影響はないと思っています。毎月の収入を理解してそれ見合った生活スタイルを作れるかどうか…。もう、本当にコレだけなんだと思います。

わが家の生活が比較的にラクな水準に居られるのも、若いときの収入水準で今も生活しているからなんです。

なぜ生活に余裕が生まれるのか!?


本記事は“定期昇給”をテーマに書かせていただいています。
その“定期昇給”を切り口に「余裕のある生活」を考えると、わが家を例にすると、前述の通り若いときの収入水準で生活しているからなんですね。具体的には、26歳の頃の水準で今も生活をしています。

あれから20年弱の歲月が流れ、世帯収入は1.5倍位になっています。さらに、住宅ローンは繰上げ返済や借り換えをしていることで12万円が10万円にまで軽減しています。収入が増えているのに住居費が減っているというだけでも余裕ですよね。そこに教育費の準備が必要になったとしても、それほど影響はありませんよね。

つまり、定期昇給が毎年あったとしても生活水準を上げないこと。これができれば昇給した分を丸々貯蓄へ回すことができます。基準年の翌年に3000円昇給で年間36000円、2年目にまた3000円だとさらに年間36000円が上乗せされます。基準年からするとこの2年間で108000円を多く貯蓄できるようになるんです。これが10年も続くと余裕が生まれて当たり前の家計になれるんですね。



いかがでしたでしょうか。
簡単にお伝えすると、“生活水準を上げない”ということが何よりも重要なんです。お金を貯めなくてはいけない世代は絶対に生活水準を上げないということを徹底してしてしまえば、生活はラクにしかならないんですよね。住居費、教育費、老後資金の目処がたった時点で財布の紐を緩めて優雅な生活を楽しむようにすればいいんです。生涯収入はみんな大して変わりません。なのに、お金に困らない生活が送れる家庭とお金に苦しむ家庭があるのはそういった部分にあるのかもしれませんね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ