10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:学資保険

教育費 仕送り 学資保険 学費 都市部 地方



こんにちは☆のっち☆です。
この夏は甥が来春の大学入学を目指して受験勉強に励んでいるんですが、気が気じゃないのは本人だけではないんです。本人は純粋に行きたい大学を目指して必死に予備校へ通い、赤本を解きまくって頭に詰め込んでいるようですが、意外と不安に潰されそうになっているのは親だったりするんですよね。
本人が必死に頑張っている傍らで言葉にできない不安でどうしていいのか分からなくなっている親たちの苦悩をお伝えしますね。

行きたい学部は都市部にしかない


私の甥っ子は山形に住んでいて現在高校3年生。県立高校に通うごく普通の男子高校生なんですが、誰のDNAか分かりませんが学校の成績は常にトップクラスなんですよね。そんな成績がいいのは高校だけではなく、小学校や中学校でもほぼオールAなんです。親も自分の子供がこんなに良い成績ばかり取ってくるから、不思議で困惑するくらいだったんですよね。そんな甥っ子が小学生だった時に夫が「〇〇君はどこの大学に行くの?」って聞いたら「東大!」って即答するくらいだったんです。

そんな勉強のできる甥っ子の目指す夢は交通系だって知っているんですが、具体的には教えてくれないので分かりません。ただ、その職業に就くのに最適な大学・学部が関東にしかないらしいんですよね。高校生となった今では「東大に行く」なんてことは一切言わなくなったんですが、希望する学部が関東で3校ほどしかないようなので相当な狭き門。その門をくぐれるように本人は必死に頑張っているわけなんです。

大学進学=仕送り開始


親としては子供が夢を持って、その夢に向かって一生懸命に頑張っているのを迷わずに応援したくなるものですよね。甥っ子の親ももちろんその気持ちは十分にあるんです。あるんですが… 希望の大学に進学するとなると関東、おそらく東京都内に一人暮らしをさせなくてはならないことになるんです。

18歳の息子を一人でそんな危険な東京に一人で住まわせるのも心配なんですが、それ以上にお金のほうが心配なんだそうです。だって、東京で住まいを探すとなるとワンルームでも6~7万円の家賃はかかります。さらに、水道光熱費、通信費、食費、小遣いとなると10万くらいは必要ですよね。勉強するために大学へ行くのにお金が厳しいからってバイトばかりさせることもできませんからね。そうなると毎月16~17万円は大学の学費以外にかかってくるということですよね。

毎月16~17万円ということは年間で200万円前後。学費を合わせると年間300万円が飛んでいく計算になるんです。

学資保険の300万円なんて一瞬で消える…


甥っ子も満期300万円の学資保険に加入していたそうですが、初年度分もカバーできないそうです。だって、3校受験するのにその都度、山形から東京へ移動して前泊してから受験するんです。変なホテルに泊めるわけにもいかないからシティホテルに宿泊させるとそれだけで交通費込みで10万円。受験料が35000円なので、(10万円×3回)+(35000円×3校)で約40万円が受験するだけで必要になります。さらに、私立大学へ入学となると理系なので初年度納入金として180万円以上を納めることになります。残りは一人暮らしなのでアパートの敷金礼金、引越し代、家具代などで100万円くらいはすぐに無くなってしまいそうです。

要するに、学資保険で受け取れる300万円は大学入学と同時に無くなることが予想できてしまうんですよね。そこから先は上記で計算した通り、毎月16~17万円の仕送りの始まりです。

みなさんご存知ですか?
地方に行くと給与水準がグッと下がるんです。女性が正社員で働いていたとしても年収300万円なんてなかなか貰えないんです。そんな中から年間300万円ですから、共働きでしっかり働いていないと地方に住んでいる人にとっては子供に満足な大学にすら行かせてあげることができないんですよ。本当に厳しい現実です…



いかがでしたでしょうか。
都市部に住んでいる人は「地方は給料水準も低いけど物価も安いからいいよね」なんて言いますが、とんでもない話です。逆に地方にいるほうがお金がかかるんじゃないかって思ってしまうくらいです。だって、自動車がないと外出もままならないし、今回のテーマのように学校に行くにも通える範囲に無かったりなんです。それなのに給料水準は都市部の3割減ですから、教育費だけで家計破綻してしまう恐れもあるんですよね。
これから大学進学を控えているご家庭はどうか将来を見据えたお金対策をしっかりしてくださいね!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

fc8bc498029a8eaaabdcdf7a1c4d5736_s


どうも夫です。
どのご家庭も努力されているものの思うように貯金ができていないのが現実ではないでしょうか。その結果、“あぁ、我が家は貯金ができない”とか“貯金できる家庭は収入が多いからできるんだ”などなど、少し後ろ向きな気持ちが強くなってきてしまいますよね。
しかし、ネット上には低収入でも安定して貯蓄できている家庭があるのも事実なのが悩ましいところです。
さてさて、この違いは何なのでしょうか??

“先取り貯蓄”は万能なのか?


多くの専門家が口を揃えて推奨する貯蓄法“先取り貯蓄”。では、先取り貯蓄をすれば必ずお金は貯まっていくのでしょうか??いやいや、そんな簡単なものではないですよね。
家計を分析して適正な予算配分をしてはいるものの、なぜか月末には底を尽き貯蓄を切り崩して乗り切る…結果、お金が貯まらない(泣)我が家でも結構な頻度で発生する事象です。。。

つまり、何の計画もなく貯蓄を目指すよりも“先取り貯蓄”を行うことで貯蓄が現実のものとなってくる確率は格段に上がるものの、それを行ったからといってゼッタイに貯蓄できるというわけではありません。
この“理想と現実の乖離”が多くの家庭の貯蓄モチベーションを下げてしまうのです。

“積立貯蓄”していればお金は貯まるのか?


“先取り貯蓄”の代表格である“積立貯蓄”。この“積立貯蓄”を行っている皆さんは、給料入金口座に紐付けた自動積立によって実行していると思います。任意の実行日を決めて毎月定額を積み立てます。この“積立貯蓄”を行っている方を取材したマネー雑誌などを一度はご覧になったことがあるのではないでしょうか。それらの多くのインタービューでは貯蓄の成功事例として紹介され「気づいた時には○○万円貯まってました(笑)」みたいなコメントでコーナーを締められてますね。

しかし、実際に貯蓄に成功したこのような成功者達はそもそも“積立貯蓄”をしなくても確実に貯められる方々なんですよね!
ん?? と思われるかもしれませんが、“積立貯蓄口座”は一般的な定期預金口座と違って預金を引き出すのに期限が決められていたり、解約違約金を徴収されるわけではありません。給料が振り込まれる普通口座から貯蓄口座へ単に振り替えられるだけですから、手元にお金が無くなれば簡単に引き出すことができます。

つまり、“積立貯蓄”でお金が貯められる方は月々のお金の管理がしっかりできている方。積立口座を利用しなくても貯金ができる体質の方が活用すると効果が絶大となるのです。逆に、お金の管理ができない方にとっては“積立貯蓄”を始めたからといって貯蓄できる確率は予想以上に低いと認識した方がいいでしょうね。

“保険”は消費なのか?


日常生活では消費のように感じてしまう“保険”。実は「保険は消費」ではありません!しかも、保険の中には貯蓄性の高い商品も多く存在します。カテゴリーとしては「学資保険」「養老保険」「介護保険」。学資保険は子供の教育資金を目的とした商品で貯蓄性の高いものでは満期時10~20%程度のリターンが見込めます。

そして、“貯蓄”に絞ったもので特にオススメしたいものが、「養老保険」と「介護保険」です。貯蓄性の面で考えるとどちらも同じような商品がありますので一緒に紹介しますが、考え方としては5年~10年程度の期間のみ保険料を支払い、払込み完了後は払込保険料を解約返戻金が大きく上回るといった貯蓄性の高いものとなっています。しかも、保険を解約せずに長期に渡り持ち続けることで保険という“安心”を享受でき、さらにその解約返戻金に発生するリターンが年々増加していくのです。
例えば、ボクが契約している「介護保険」では、保険契約後10年後には約10%程度、15年後には約20%程度のリターンが見込めます。保険なので保険料の徴収は強制的にされ、払込期間が終了するまでに解約してしまうと元本割れするため、手持ち資金の不足による安易な解約を防げて結果的に相当有効な貯蓄となります。
また、会社員であれば年末調整時の保険料控除を受けることもできるのでダブルで美味しい貯蓄です。


長くなってしまったので、次回にボクの実践する貯蓄法をお伝えします!


 クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  

24e2cde4fa1035bf2f72ad045553dab4_s


どうもです。
前回の記事『子供の教育費っていくらかかる?』では進路によっては子供一人の教育費は2,000万円を超える費用がかかることが分かりました。では、一般庶民の私達の家庭ではどんな対策が必要になってくるか、考えてみようと思います。

明るい家族計画


まず、各家庭でできる教育費対策は結婚初期にしっかりとした家族のライフプランを作ることから始めます。
「子供二人ほしいから自分も働かなきゃ」「子供の多い大家族になりたいから実家の近くで生活しよう」など夫婦間でしっかりとお互いの夢を話し合い、実現に向けて歩みを進めることです。
ちなみに我が家では「核家族だしお互い仕事をしていたい」というライフプランのもと、子供は一人という結論になりました。

学資保険はしっかりと


そして、将来の家族像をつくり、いざ子供が産まれたら、お金の面でまず行うことが『学資保険』への加入ですね。最低でも満期金300万円のものに加入しましょう。
私の知り合いにも『学資保険』に加入していないご家庭があるんですが、理由を聞くと「自分で貯めるから平気」なんだそうです。でも前述の通り子供一人1,000万円以上。通常の家庭の貯金とは別に貯めることってできるんでしょうか。もし親が計画通りに貯金できず資金不足で子供のやりたいことをやらせてあげられないような状況は親として絶対に避けなければいけないと思うんですよね。

『学資保険』なら半強制的に貯金させられて続けていくだけでまとまった教育費が貯められるし、契約者の親に万が一のことがあれば支払いが免除される保険。利用しない手は無いと思うんですよ…

教育費 最大のヤマ場


教育費の最大のヤマ場は18歳~22歳。そうです、大学通学期です。この期間を乗り越えたら晴れて長い教育費マラソンを完走したことになります。ではどれだけ辛く、険しい4年間なのか見ていきましょう。

ヤマ場の始まりは大学受験期の高校3年時から始まります。大学受験に向けて予備校へ通い、“前期・後期の授業料”“春期・夏期・冬期の集中講習費用”。そして、“大学受験費用”と何をやるにもまとまったお金が必要になります。おそらくこの高校3年時にかかる学校以外に必要となる金額は100万円を超えていくと思います。
そして、大学入学時の“入学金と初年度学費”。さらに、一人暮らしをさせるなら“仕送り”
ここまでの大学受験準備期~大学1年までで300万円は消費することになります。
そうなんです、学資保険でせっせと貯めた300万円はこの一瞬で消えてしまうんですよね。残り3年間の学費や交通費などは月々の収入から絞り出すことになります。

このシミュレーションは私立大学文科系を現役合格した場合を想定して書いていますが、“浪人”や“理科系・医療系”へ進学してしまうと追加の支出は必要ですね。それまでに学資保険や貯蓄で一生懸命にお金を貯めてもこの一瞬で多額のお金がなくなってしまう… ましてや子供が二人、三人なら本当に大変です。

さて、前回から『教育費』について考えてきましたが、勘違いしないでいただきたいのは決して子供を少人数にすることを薦めているわけではありません。
しかし、子沢山のご家庭は間違いなく将来やってくる教育費の荒波を事前に熟知して、しっかりと対策を打つことで乗り越えていただきたいと思います。

次回は『気づけばカンタン!誰にでもできる、教育費200万円を上乗せ貯蓄する方法』をお伝えします。




 クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  

このページのトップヘ