10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:外資系企業

高学歴 エリート 出世頭 外資系企業 マイカー マイホーム



こんにちは☆のっち☆です。
現役で一流大学を卒業して、そのまま一流企業に就職した友人ってあなたの周りにもいませんか?そんな超エリートの人達って一生勝ち組なんだろうなぁって思っていました。でも、実際はそんなことないみたいですね。 今回は小学・中学では“神童”と呼ばれ一流企業に就職したMさんが老後破綻してしまったお話です。順調だったMさんの人生に何が起きてしまったのでしょうか…

学生時代は神童と呼ばれた


僕の名前はM。40歳。今は外資系電機メーカーで課長職に就いています。思い返せば、今までの僕の人生は怖いくらい順調だ。

小学校、中学校時代には成績が驚くほど良かったおかげで“神童”とも呼ばれていた。その後も学区内で一番の高校に進み、大学も国立大学には興味がなかったからK大学を受験して現役合格。氷河期だった就職も無難に乗り越えて国内大手の電機メーカーへ入社できたんだ。学生時代は学業を特段努力したというわけではなく一度教科書を読むと自然と頭に入ってしまうし、将来のやりたいこともコレといったことがなかったからとりあえず入社したっていうのが本音だったんだよね。それでも、仕事は要領よくこなせたから同期の中でも出世頭で一番早くに役職につけたんだ。要領が良かったのかな…
気がついた頃には「君みたいな超エリートは…」なんて会話の頭に付けられることが多くなったのもこの頃だったね。それから何年かした頃に今の外資系企業から声をかけられて転職。年収も1000万円くれるっていうから迷わず転職しちゃったよ。

M家の家計状況


わが家はパートで働く妻(37歳)と子供2人(10歳と7歳)。都内の戸建てを5年前に6000万円で購入したんだ。自動車は昔から憧れていたBMW3シリーズをマイホーム購入の金銭感覚が狂っていることを良いことに衝動買い。おかげで毎月のローン返済は住宅ローンが15万円、自動車が3万円。さらに、ボーナス時にはそれぞれ20万円と5万円が加算される。

収入は僕が1000万円、妻が100万円ってところだね。月にすると僕の手取りが45万円(税込60万円)、妻が8万円ってところかな。

収入53万円からローン18万円を差し引いた35万円で生活するってことだから、まぁ結構余裕があるわけですよ。なので、毎月5万円、ボーナスでは100万円を貯金できていて、その年額160万円の貯金をマイホームを買って以降5年継続しているから現在800万円が貯まっているんだ。なんだか貯金も苦労しないでやっていけそうだ。

見やすくするとこんな感じかな。


[収入]
夫(40歳)
45万円(ボーナス手取り250万円)
妻(37歳)
8万円

[ローン]
住宅ローン
(残30年)
15万円
(ボーナス時加算20万円)
自動車(残2年)
3万円(ボーナス時加算5万円)

[貯金]
毎月
5万円
ボーナス
100万円
現在の貯蓄額
800万円



自動車のグレードアップ


あれから2年後。貯金も順調に進んで1100万円まで膨らんだ。今年で7年払いで買ったマイカーローンが終わる。程度の良い中古で買ったこのBMWも流石にガタが出はじめてきて、今度の車検の見積もりを取ったら色々直さないといけないみたいで金額を聞いたら50万円って言っていたよ。愛着も湧いているから直そうかとも思っていたんだけど妻からの「買い替えたら?」っていう一言がきっかけで乗り換える気持ちが強くなってしまった。

子供も大きくなってきたからセダンよりは最近流行りのSUVっていうのもいいよね。ただ、国産車には魅力を感じないからやっぱり外車がいいんだよね。現時点で候補に上がっているのはマカン(ポルシェ)、X3(BMW)、Q3(アウディ)。どれを選んでも新車なら700万円くらいする。う~ん、結構キツイかな…

それでもディーラーに行ってローンシミュレーションしてもらったら、毎月5万円、ボーナス時で12万円だっていうから買っちゃったよ。ポルシェのマカン。今までより年間で38万円返済が増えるけど大丈夫でしょ。これだけ贅沢しても毎年100万円貯金できるんだから。


[収入]
夫(42歳)
45万円(ボーナス手取り250万円)
妻(39歳)
8万円

[ローン]
住宅ローン
(残28年)
15万円
(ボーナス時加算20万円)
自動車(残10年)
5万円(ボーナス時加算12万円)

[貯金]
毎月
3万円
ボーナス
80万円
現在の貯蓄額
1100万円



-------------------

Mさん、すごいですね。
40歳にして年収1000万円。6000万円のマイホームに住み、輸入車を乗り回しているんですから。やっぱり学歴が高くて仕事もできる人は将来も安泰なのでしょうか。



中編へつづく



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

老後破綻 転職癖 営業職 外資系企業 パワハラ



中編からのつづき


業務で会社に貢献したT君ですが、会社からの処遇は入社僅か2年での主任への昇格という社内的には驚きの昇格でした。しかし、給料という金額を重視しているT君にとってはたったの5000円という金額しか見えていません。このあとT君はどうなるのでしょうか…

年齢×1万円という水準


2年前に21万円という給料で入社した僕は、主任という肩書きをもらって責任も重くなったのに給料は21.8万円。年間にして96000円しか変わらない。300万円ちょっとで入社したけど、未だに320万円弱。社会人同期の彼女は資格も持っているからかもしれないけど年収450万円なんだよ。ボーナスが少ないから前職の年収を超えられない。この転職は失敗だったのかなぁ…

そう言えば、学生の頃にしていたバイト先のおばちゃんが「給料は年齢×1万円は欲しいよねぇ」なんて言っていたな。僕は今27歳なのに月給21.8万円、手取りでも18万円台。
僕は仕事できるのにこんな安いはずがないんだよ!また転職サイトに登録して今度はこの会社での営業成績を武器に高待遇を手に入れてやる!

二度目の転職


思い立ったが吉日。早速、以前利用していたサイトの情報を更新して再公開した。今度は営業職経験と実績があるおかげで、スカウトメールがバンバンくるよ。その殆どが不動産会社か生命保険会社だけどね。そんなリスキーな業界は今回もパス。彼女とも結婚したいから給料がドンと上がって比較的安定した会社が希望だね。まずは何より納得できる給料がほしいんだよ。

それから半年後。今の商社の会社は土日休みだから選考日程が組みやすかったこともあって、外資系医療機器メーカーへの転職が決まった。肝心な年収は年俸450万円。さすが外資系、年俸制なんだね。450万円を16分割して月給とボーナス4ヶ月分で支給される。つまり、月給28万円、ボーナス56万円くらいの給与水準だ。ようやく納得できる水準に辿り着けたよ。商社での勤務も2年6ヶ月だからまた退職金は貰えないけど、年収が一気に130万円くらい上がったから関係ないでしょ。営業経験があると転職もしやすいんだな。

外資系企業ってどんなイメージ


初めての外資系企業へ飛び込んだ僕は初日に衝撃を受けてしまった。この会社はアメリカ本国の医療機器メーカーの日本法人で、アメリカ本社が作る製品を病院などの医療機関へ販売する企業なんだ。つまり日本法人は営業中心の業務になる。
僕は外資系企業と言えば、ガラス張りのオフィスでみんな頭が良くてスマートに仕事をしているイメージだったんだけど、入社してみたらまさに“体育会系”。上司の怒号がオフィス内のあっちこっちで響き渡っている。「おいおい、ヤバイんじゃないか、これ。」

そんな会社の最初の2日間は人事部研修。人事部の方が終始笑顔で社内制度を説明してくれてウェルカムな雰囲気満載だった。そして、入社2日目の研修後に配属先の上司と面談したんだけど、これが強面過ぎていきなり泣きそうになってしまった。芸能人で言うと「笑わないアニマル浜口」。やばいやばい、怖い怖い…

上司が怖すぎて落ち着かない…


翌日から営業部内にある僕のデスクへ着席しOJTが始まった。指導は一番年齢の近い4つ上の先輩だ。その日は営業業務のいろはを教えてもらい、その日の夜は歓迎会と称して飲み会を開いてくれた。しかし、その時の飲み会が未だに忘れられない…

笑わないアニマル浜口の部長が来るまで、全員上着を着用し飲み食べもせずにヒソヒソ話で待機。部長が来るといきなり全員で起立して、部長が席に着くまで45度の最敬礼をし、部長の一声でようやく座ることができる。そして、部長が席にあるキンキンに冷えたグラスを手にすると瓶ビールを手に下座にいる部員が小走りでお酌し、みんなは部長が来る前から注がれていたヌルいビールを手に乾杯をする。
少し時間が経ち、部長が上着を脱ぐとようやく周りからも「失礼します」と声が上がって上着を脱ぎ始める。ビールの次は焼酎のお湯割りを指定した部長は「おい、T君。焼酎のお湯割りを作ってくれ」とひと言。「はい!」と元気に答えた僕はその後地獄を見ることになるんだ。

グラスを持って焼酎を入れ、ポッドからお湯をジョーっと注いだ瞬間…「バカヤロー!お前、お湯割りすら作れないのか!」と店内中に響き渡るような怒号。最初、僕は何が起こったのか分からず、ただただ呆然としてしまった。
お湯割りって先にお湯を入れてから温度の低いお酒を注ぐと温度差で自然と撹拌されるから敢えてかき混ぜないで作るのが作り方なんだそうだ。しかも味も良くなるんだって。それにしてもいきなりの歓迎ぶりに、それ以降は何も口を通らなくなってしまった。こんな調子で明日からやられるのか…


-------------------


待遇面でどうしても受け入れられなかったT君。またも転職し、今度は納得できる条件で外資系企業へ転職しました。ところが、その条件の良い外資系企業はパワハラが横行する会社だったのです。T君はこんな労働環境を乗り越えられるのでしょうか…


完結編へつづく



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ