10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:収入

健康 資産 収入 生涯年収 節約



こんにちは、☆のっち☆です。
みなさん、健康には気をつけられていますか? 私の勤める会社の男性陣は約20%の割合で肝機能に異常があるんです。これを営業職に限って見てみると約40%までになります。お仕事でお酒を飲む機会が多いから余計に身体を痛めているのかもしれませんが、30代で毎年二次検査なんて将来が心配すぎますよね。
今回は「健康がすべての基礎となっている」というお話をさせていただきますね。

健康でなければお金は意味がない


いきなり結論のようなことを言いますが「健康でなければお金は意味がない」ということです。中には「お金がなければ病気にも勝てないじゃないか」と言う方もいるかもしれませんし、それも間違ってはいません。ただ、私たちアラフォー世代の人たちで今、節約して貯蓄に励んでいる人々は病気対策でお金を貯めているんでしょうか?

違いますよね。
「旅行に行きたい」「良い物を買いたい」「良い生活をしたい」「ひもじい思いをしたくない」などなど、生活水準を向上させたかったり、将来の生活の担保として貯蓄に励んでいるんだと思います。

そんな中、ある日突然働けないくらいの重病となり入院生活が続いてしまったらどうなるでしょうか?
お仕事は有給休暇やさまざまな手当で最初のうちは収入もありますが、それも長くて数ヶ月。もちろんこれはサラリーマンの場合で、自営業だと働けなくなった時点で収入は止まってしまいます。貯金を2000万円持っているとして、手取り年収500万円の人だと僅か4年でお金が尽きてしまう計算になります。それに加えて治療費がかかってきてしまいますから、2000万円という大きな金額の貯金を持っていたとしても働けなければ僅か数年で無くなってしまうわけですね。

この部分は、以前の記事『“健康”こそもっとも大切な資産なんです』『働き続けることが最大の資産形成術』でお伝えしたように、いかに健康で働き続けることができるかが重要になります。

健康なのに腰が曲がるだけで弱ってしまう


これは夫の父の話です。
義父は現在80歳。70歳まで雇用延長とパート勤めで働き続けました。それまではちょっと血圧が高い程度で大きな病気もせず健康そのもの。「戦前生まれは強いんだよ」なんて言いながら本当によく働いてました。
そんな義父でも、最近では腰が曲がってしまい動くことすらままなりません。少し前までは杖があればある程度歩いて出かけていたものが、腰が曲がることで腕がしびれて外出する気力が失せてしまっているんです。

すると高齢ですからどんどん弱っていってしまいます。食事の量が減り、筋肉が落ち、気力が失われ…。最近は「お金があっても使いみちがない。出かけないし、物欲もないからね」って言いながらずっと家で座っています。
そんな義父を見ながら「いくらお金があってもこの状況は打破できないし、逆にこの状況になってしまったらお金なんてあまり必要ないんだな」って思ってしまいますね。

お金ばかり追い求めても意味がない


私たち一般人がどんなにお金を追いかけて、支出を徹底的に抑えて貯蓄に励んだとしても目指せるところはどのくらいなんでしょうか?
世間一般のサラリーマンでは生涯年収は3億円にも届きませんから、頑張ってもそれ以上は貯蓄できませんよね。必死に頑張って1億円貯蓄したとしても、その金額では現状の生活とほぼ変わらないでしょうね。本当のお金持ちは資産がお金を生み、そのお金で生活するんです。1億円ではそれはできませんからね。

つまり、何よりも大切なことは安定した収入を止めないこと。そして、サラリーマン人生を無事にゴールできたとしても健康に気をつけなければ、お金に余裕があったとしてもまったく楽しめないことになります。
若いうちから健康診断で引っかかってしまっているようでは将来が不安でなりません。いつそれがきっかけで大病になってしまうかは分かりませんし、発症してしまってからでは手遅れです。健康で普通の生活を送れることを最優先に生活していきましょう。



いかがでしたでしょうか。
年収にこだわるあまり休暇も取らず頑張る人がいます。支出を徹底的に抑えるために不健康な生活を送る人がいます。
元気なうちは“健康”というものを当然のようにみんなが持っているものですから安易に考えてしまいますが、失ってしまうと一番困るものはその“健康”なんです。健康な体があってこそ、頑張って貯めたお金で楽しめるんです。お金はあるけど不健康なんていう人生にならないように気をつけましょうね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

98e6cf6393c25cedad53fc9c50468891_s

どうも夫です。
現代のサラリーマンにとって「転職」はネガティブ行動ではなく、“スキル”や“収入”など様々な面を好転させるためのポジティブ行動として認識されるようになってきました。大手転職支援サービスの『マイナビ』や『リクナビNEXT』など数多くの転職支援企業が存在するのも、こういった時代背景そのものだと思います。
今回は決して悪いことではない「転職」ですが、一歩間違えると家計破綻へとつながる恐ろしさを含んでいます。転職を考えられているみなさんは本記事を参考にぜひよい転職を目指してください!

退職日には注意が必要


転職するためには現職を退職する必要がありますが、その「退職日」には細心の注意が必要です。というのも、社会保険料の勘定はその所属する会社に“月末”に在籍しているかが問題になります。もし退職する月の月末が土日で、退職企業から金曜日付けの退職を勧められたとしても、頑として“月末最終日”の退職として手続きとしてください。この“月末最終日”に在籍しているかどうかで雇用保険や年金などが加入期間が継続されるか中断されるか決まります。
月末の退職は必ず“月末最終日”での手続きを行いましょう!

転職によって向こう1年の賞与は期待できない


賞与支給のある多くの企業では、賞与の算出対象日を6月支給分は10月~3月、12月支給分を4月~9月の在籍期間を対象に算出します。もしあなたが6月1日入社した場合、入社したばかりの6月賞与は支給対象外。その年の12月賞与も対象期間の2/3しか在籍していないため、満額支給にはなりません。つまり、6月入社したあなたが満額の賞与を手にするのは入社丸1年後の翌年6月になります。
賞与受給を切り口に退職するベストタイミングを考えると、賞与支給日に退職届を提出し早々に退職、翌月から転職先にて勤務開始という強行転職が一番無駄のないタイミングになります。算定期間に在籍していたとしても賞与支給日に在籍していなければ賞与の支給はありません。少なくても、直近賞与を手にしてから退職届を出すことを心掛けましょう。

転職後の定期昇給は期待するな!


転職時の給与には入社後の期待値も含まれた金額になっているものです。つまり、転職直後に入社した会社の期待以上の成果を上げられなければ翌年の基本給アップは見込むことはできません。転職時に提示された給与は入社後2年間変わらないものという認識が必要になります。

転職癖は家計破綻への近道


前項の賞与・昇給の内容通り、転職後1年間は満額賞与も定期昇給も見込めません。つまり、転職を5回した人は純粋に5年間分の賞与と条件アップのチャンスを自ら捨ててしまっているようなものです。1年間で賞与を60万円貰えるとしたら「賞与300万円」。定期昇給で5,000円上がるとしたら「毎月25,000円」分の基本給アップを諦めて転職していることになります。
“現職から離れられればそれでいい”と安易に考えず、将来に貰えるはずのお金の分もしっかり考慮した上で転職活動を行いたいものです。


いかがでしたでしょうか。
転職することにある程度の理解が得られた現代では気軽に転職することができます。しかし、仕事を手にする以外にも生活を送っていく中で非常に重要な事柄があります。“社会保険”“年金”“貯蓄計画”さらには住宅ローンや保険料などの“賞与での支払い”。すべての計画を遂行できる条件と環境が揃ったときこそが「転職」のチャンス到来となります。一歩間違えるとライフプランがズタズタになる「転職」。これ以上ないくらい熟考して行動に移しましょう!



 クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  

家計管理 袋分け管理法 収入 支出 赤字家計



こんにちは☆のっち☆です。
家計管理”と聞くとなんだかすごく難しいことをしなくちゃいけないように思って、未だに家計管理を一切やっていないという方はいらっしゃいませんか?
そんな貴方はもしかしたら“食わず嫌い”ならぬ“やらず嫌い”なだけなのかもしれませんよ。
というこで、今回は家計管理がどんなに簡単なことで、しかも大切なことなのかをお伝えしようと思います。

行き当たりばったり家計はこうなる


家計管理をするのが面倒で一切お金のメンテナンスをしていない家庭があるとします。ただ、そんなご家庭でもおそらく毎月の予算というものは大まかに決まっているのではないでしょうか。「食費は4万円で抑えたい」「小遣いは夫が4万円、私が2万円を守りたい」「外食費は1万円までで」という感じですね。それなのに家計管理をする概念のない家庭では袋分け管理法などの初歩的な家計管理術ですら一切取り入れていないという点。どうやって管理しているかというと、一つの銀行座にドカッと置いておくだけなんですよね。

どんなに頭が良くて、記憶力のいい奥様がお金の番人をしていたとしても、口座が1つだったり資金を分けていなかったりでは、残金は確認できても費目ごとの残金は管理できませんよね。逆に言ってしまえば、どんな初歩的なものであろうと何かしらの家計管理術を導入していなければ、お金の管理なんて絶対にできないということです。

コレだけでも効果絶大な管理術


まったくと言っていいほど家計管理ができない家庭でも、せめてコレだけはやりましょうというものが私の愛する『袋分け管理法』。以前の記事『食費予算を絶対守れる“袋分け家計管理法”』で紹介しましたが、お金を管理したくても管理のできない私が未だかつて予算オーバーしたことがない家計管理術です。

方法はとっても簡単。銀行ATMに設置してある長3サイズの封筒ってありますよね。それを必要分頂戴してきて費目ごとの封筒を作成します。そして、それらの封筒に該当費目の予算分のお金を給料日に振り分けて1ヶ月間、そのお金が尽きないように生活するだけです。

それまで一切管理なんてしてこなかった家庭であれば、もうコレだけで家計が一気に改善して貯金もできるようになりますよ。

家計管理はとても簡単!


このブログでいろいろと紹介している家計管理や節約・貯金術などは基本的な家計管理ができているご家庭が「あと少し、あと数万円なんとか捻出したい」といったときに活用いただければと思って書いている記事もあるので、中にはHow to的なものがあって初心者の人には読みづらいものもあるかもしれません。

ただ、本来の家計管理というものはそれほど難しいものではなく、要は「収入と支出を把握して目的のためにお金を管理する」というものです。入ってくるお金を知り、定期的にでていくお金を把握し、近い将来で一時的に発生する支出に向けて貯金する。家計管理というのはたったそれだけのことです。「難しそうだから私にはムリだな…」なんて思わずにまずは「収入」「支出」の把握から始めてみましょう。たぶん10分くらいでできてしまうと思いますよ。

その10分があなたの家計に革命を起こすかもしれませんよね。



いかがでしたでしょうか。
これから家計管理を始めるという人は“入ってくるお金”と“出ていくお金”をまずは知りましょう。すべてはそこから始まります。入ってくるお金以上に出ていくお金が多いのであれば「赤字家計」です。その状態が続くようであれば、その家計はいつか破綻を迎えます。そうならないために固定費を見直して節約したり、転職して収入アップを図ったりと具体的な行動が生まれてくるんです。
家計管理のプロになる必要はありません、貴方の家計を守るだけで十分なんです。家計管理をしたことがないという人はぜひその一歩を踏み出してみてください。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ