10年で総資産3000万円超|3人家族の家計管理、資産形成術

10年で作った資産は3000万円超。共働き40代夫婦と10代息子の3人家族。実生活から生まれた節約、貯蓄、家計管理、資産形成ノウハウを分かりやすくお伝えします。

タグ:公文

教育費 公立小学校 学費 ドラゼミ 公文



こんにちは☆のっち☆です。
子供って不思議ですね。居てくれるだけで幸せを感じる時間が日々の至る所でたくさんありますからね。そんなわが家の息子も現在は小学6年生。「ママ、ママ…」と言っていた子がだんだんと生意気なことを言うようになり、学校へ着ていく服にもこだわりが出てきたりと大人への階段を一歩ずつ登ってきているのを日々感じています。
今回は、間もなく公立小学校を卒業する息子に消費した教育費の実数を公開しようと思います。小学校へ支払う給食費や教材費だけでなく、習い事や学習塾代も勘定してみようと思います。

小学1年生の教育費


まだまだ赤ちゃん顔の小学1年生。ランドセルで背中が全て隠れてしまって頼りない身体で一生懸命重たい荷物を持って学校へ通学していたのは未だに目に焼き付いています。ランドセルに黄色いカバーを付けられるのは1年生だけの特権ですよね。


項目金額(年間)
小学校(給食・教育費)
64000円
スイミング
120000円
合気道
72000円
公文
150000円
学童
36000円
合計
442000円


年間で44万円ほどを教育費として支出していたようですね。毎月36000円強といったところです。年長クラスの保育園代が毎月20000円くらいしていたので、そこからこの水準になったということは習い事が増えても毎月の負担は低下しています。ここのポイントが以前の記事『苦労しないで貯金ができる!知らないと損する3つの“貯めどき”』で紹介した“貯めどき”の理由です。

小学2年生の教育費


はじめての後輩ができる小学2年生。目下の子をかまってあげたり、面倒見てあげたりと少しずつお兄ちゃんになります。学校でも児童それぞれの個性がしっかり出始める時期なのでしょうか。ケガをしたり、イタズラしたり…。私も気苦労が絶えなかったことを覚えています。


項目金額(年間)
小学校(給食・教育費)
56000円
スイミング
120000円
合気道
72000円
公文
150000円
学童
36000円
合計
434000円


1年生のときよりも小学校費用が下がった分、教育費が年間で低下した感じです。息子は喘息気味だったこともあって3歳の頃からスイミングを始め、「礼儀は武道で学ぶんだ!」と夫の一存で合気道を始め、小学校入学と同時にドラゼミからの延長で公文を開始しました。小学校に入ってもこれらは継続です。

小学3年生の教育費


小学3年生にもなると結構立派なお兄ちゃんになります。話すこともヤルことも、そして、勉強の内容もですね。「お母さん、これどういう意味?」なんて勉強のことで聞かれて「え~っと」って考えることが徐々に増えてきてしまいます。勉強って触れてないと忘れていってしまうものなんですね…


項目金額(年間)
小学校(給食・教育費)
62000円
スイミング
120000円
合気道
72000円
進学塾
220000円
学童
36000円
合計
510000円


わが家では小学3年生から公文を辞め進学塾へ通わせることにしました。東京都内では今流行りの公立の中高一貫校が複数あって、早めに対策を始めたら受かる可能性が高くなるということでしたので、その公立中高一貫校受験に強みのある進学塾へ通わせることにしたんです。塾代だけで年間5万円アップ。この歳の月間教育費は42000円超になりました。



小学3年生を終えて消費した教育費は1386000円。やはり学習塾が大きな負担にはなっていますが、それ以外の習い事も小さくはありません。4年生以降はもっとお金がかかっていそうですが、最終的にいくらくらいになっているのでしょうか。集計するのが恐ろしくなりそうです…


4年生から6年生編へつづく)



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

学力 年収 子供 教育費



こんにちは☆のっち☆です。
わが家も含め子供のいる家庭では子供の学校の成績って気になりますよね。小学校高学年のうちの息子のクラスの中でも勉強ができる子とそうでない子との差がついてきてしまっているようなんです。息子からも「〇〇君は勉強が苦手なんだよ」とか「〇〇さんはいつも宿題をやってこないんだよ」って情報が溢れてくるくらい勉強嫌いが定番化している子も顕著に現れます。
親としては学校で一番にならなくてもいいけどビリにはなって欲しくないもの。子供の学力に影響を与えている親の要素があれば気になりますよね。ということで今回は、以前から言われている「親の年収と子供の学力」について調べてみました。

子供の教育費から親の必要収入をチェック


親の年収との関係を考える前に、実際に小学生の子供の教育費にどのくらいかかっているかを考えてみます。いろいろなサイトで調べてみると、小学校時代にかかる毎月の教育費(習い事代)は小学校での教材費と給食費で8000円程度、さらに5000円~10000円の習い事を1つか2つをさせている家庭が多いようですね。つまり、小学生の子供にかかる毎月の教育費は15000円~25000円程度と予測できます。

以前の記事『子供一人(小学生まで)共働き世帯の家計黄金比率』で提示した割合では家計の8%を教育費に充てられるので、教育費から逆算すると親の収入は187500円~312500円の手取り収入が毎月必要ということになります。ボーナスが年間3ヶ月出ると仮定すると年収350万円~580万円くらいが必要になるという計算になりますね。

小学校高学年になると学習塾へ通う子供が増える


東京に住むわが家ですが、息子の同級生を見渡すとクラスの2/3が学習塾へ通っているそうです。ご存知かもしれませんが、小学校高学年で通う学習塾には色々なタイプが合って「受験塾」「個別指導塾」「公文」などがあります。いろいろなタイプがあるということは、いろいろな料金形態があるということ。公文であれば13000円程度ですが、受験塾や個別指導塾では20000円~40000円ほどかかることもあります。

前項の習い事に加えてこの学習塾費用ですから家計にとっては相当な負担になること間違いなしなんですね。

結論:親の年収と子供の学力の関係は…


ハッキリ言い切ってしまうと…


子供の学力は親の年収に関係ありません!(笑)


子供の学力にいちばん重要な要素は「親がどれだけ子供と関わりを持てるか」なんだと私は思っています。もちろん学習時間と学力は比例しますから勉強の時間はしっかり確保しなくてはいけませんが、逆に学習塾に丸投げで親がまったく関心を持たなければ伸びないということです。『平成28年度全国学力・学習状況調査』(文部科学省)では親の世帯収入が高ければ子供の学力も高いといった結果になっていますが、世帯年収が高い家庭の子供はみんな勉強ができるのかと言えばNOですよね。
つまり、しっかりと子供と寄り添う時間を持ち、子供が興味を持てることにお金をかけてあげられる“余裕”があるのかどうかということではなかと思います。



いかがでしたでしょうか。
現代の小学生を取り巻く環境は日々進化しています。私達が小学生だった頃の生活環境とはまったく違うものになっていますよね。インターネットの普及、公立中高一貫校の増加、親の勤務時間の長時間化、専業主婦世帯の減少など「小学校から帰ってきたら親かジジババが待っていてランドセルを放り投げて友達と遊びに行く」といった風景はずいぶん減ってきてしまっているようです。ましてや夫婦共働きでフルタイムだと世帯収入が高くても遅い時間まで子供だけで家に居させることになり、勉強どころか非行へ走ってしまうリスクも高まります。 子育ては「収入=学力」といった簡単なものではありませんよね。常に寄り添いその時にしか見せない子供の表情、仕草をしっかりと目に焼き付けておきたいものです。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

このページのトップヘ